exciteブログ ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
森山直太朗 SPECIAL SITE
TOP LIVE BLOG INTERVIEW My旬RANKING
BLOG
NEW RELEASE
君は五番目の季節 初回限定版
2006/03/01
¥1,500(税込)
UPCH-9226
このCDを購入する
君は五番目の季節 通常版
2006/03/01
¥1,260(税込)
UPCH-5379
このCDを購入する
PV視聴
君は五番目の季節
real 300K 56K
win 300K 56K
LIVE
森山直太朗コンサートツアー2005〜2006君は五番目の季節
GO!
LINK
OFFICIAL WEB SITE
ARTIST DATA
<   2006年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧
f0081364_241541.jpg

愛読フォー!!



ほげっス♪森山っス!今夜はサッカーの日本VSエクアドル戦をテレビで観た。久しぶりに代表チームの試合を観られたので試合内容云々、無条件にエキサイトしてしまった。さて、この試合の解説者は元日本代表の金田さんだった。興奮すると広島弁(京都弁だっけか?とにかく西の方)が出てたり、親しい選手をあだ名で呼んだりと親近感溢れる解説でお茶の間でもお馴染みである。とりわけサッカー中継をテレビで楽しむ時に重要なのはもちろんその試合のゲーム内容なのだが、実はその試合の解説者が誰であるかで満足度は大きく違ってくる。極端なことを言えばどんなにお粗末な試合だったとしても解説が良ければいいゲームを観た気になれたりするのだ。ここで今最も熱い名解説者をPick up!してみよう。
まずはテレ朝の解説でお馴染みのセルジオ越後。シニカルでいてユーモアたっぷりな解説、アナウンサー泣かせのダジャレも健在だ。たまに興奮するとピッチサイドリポートの堀池巧さんを「堀池!!」と呼び捨てにすることもある。そして忘れてはならないのが松木安太郎だ!熱血ハイテンショントークでアナウンサーのアカデミックな質問に対しても「もうね〜!ここまで来たら気持ちですよ!!大丈夫!加地は若いから!!!」といったパッションで受け答え、時折代表チームに不利な判定が下されたりすると、平気で審判を罵る草野球の監督並の下町解説でもお馴染み。
そして理論派ウンチク解説でその名を博しているのが我らがフローラン・ダバディ−。フランス人なのだがボキャブラリーは松木さんよりも上であることは間違いない。あまりにウンチクがありすぎて生中継に向かないのが玉に瑕(きず)。とはいえインテリジェンスとピュアネスを兼ね備えたトークは必見!心に残る名言は去年のCLバルサvsチェルシー戦での一言「一分一分が幸せですね〜!!」である。
他にも北澤豪のダイナモ解説、木村和司の唸り解説、加茂周のボヤキ解説と挙げたらキリがないのでまた別の機会で触れることにしよう。このように日本には他の国に負けないような名物解説者たちが揃っている。このメンバーで実況W杯を開いても世界相手に互角以上の戦いを見せるだろう。これからW杯も近づき、サッカー中継も増えてくる。視点を少しずらして解説者をチェックしながら観戦するのもひとつお勧めである。
by naotaroblog | 2006-03-31 02:42
f0081364_1194091.jpg

川魚とたわむれる直太朗


f0081364_1201265.jpg

吊り橋で一息つく直太朗



今夜は茨城県高萩市っていうとこでのライブ。お客ちゃんみんないい顔してたね♪嫉妬するくらい輝いてました。
実はここだけの話にしておいてほしいんだけど、未だに俺は“ハケ”のタイミングがわかっていない。「なんの“ハケ”?」ってそりゃあ〜あんた、ライブのに決まってるでしょ〜が。なんで俺がペンキとか塗んなきゃなんないのさ〜。全ての演目が終了してみんなとお別れする時のハケ際のこ〜とでごじゃいましゅよ〜。
なんかさ、今日だってさ、歌い終わって拍手喝采の中もう客席ん中入っちゃって、みんなとハイタッチ(現代社会における心と心の交流ね♪)とかしたいわけよ。ねっ?せっかくいいとこまでいったのに、さよならすんのってなんかもったいないじゃん?ほら育ちはそこそこ裕福だったけど根が貧乏性だからさ♪あまりにも惜しすぎるの、なごりが!ダハッ!でも気にしいだから終電だいじょぶかな?とかケガ人出たらシャレんなんないよな〜とかいろんなこと考えて、若干うしろ髪引かれるような思いを持ってのさよならになってしまう。よ〜く見てみ?ハケ際の俺、うまく笑えてないから(恥)
いつになったらさよならが上手に出来るんだろ?どうやったらスムースに手が振れるんだろ?さわやかに笑えるんだろ?通り過ぎていくさっきまで“今”だった“さっき”……“さっき”だった“今”。その刹那に永遠の別れを告げることができたならどんなに楽だろうか?潔い未来へ…。GO〜!
by naotaroblog | 2006-03-30 01:22
f0081364_1434558.jpg
 
f0081364_1435983.jpg

         愛読フォー!!



や〜びっくりした〜。参った参った!今夜はこれっぽっちも書くことがない。あ〜びっくり。今日は一日中外にも出ずボンヤリ&まったりコースで、これといって刺激のある出来事がなかったもんで(あるとしたら朝食時、卵に黄身が二つ入っていたくらいだ)どこをどう探しても心にヒットするようなトピックスが見当たらない。
こんな時どうすればいいんだろ?なにが一番いい解決策なんだろ?百戦練磨のブロガー達はこの苦境をどう乗り越えていったんだろ?疑問は募るばかりだ。くしゃみが止まらない。とはいえこんな俺にだっていくつか策はある。例えば「潔く更新しない」
あ〜でもこれは無理だな。だってタップとExciteのつかこっちゃん(←巨漢なのにベビーフェイス)に「毎日更新するっ!」って見栄切っちゃったもんな〜。
はたまた「白紙の文章をアップする」
いいね〜♪これはね、いつかすんごいしてみたいんだよな〜(憧)でも危険だ…だってみんなそれぞれの感度でもってその白紙の中から行間を読みとろうとするでしょ?「ん!?もしやこれは遺言か?」とか「おや!?まさかのヘロイン中毒か?」とかさまざまな憶測を呼んで無駄に混乱を招くでしょ?苦情質問メールが殺到してExciteのつかこっちゃん(←ここだけの話、自称・ニ年で体重20Kg増えたという奇跡の人☆)はじめスタッフさんに迷惑かけちゃうも〜ん。俺そういう
のやだよ〜。悪戯にミステリーなのやめよ?若人あきらじゃないんだから(暴)
お次はなんだ?「代筆を頼む」あ〜これもダメね。これが一番デンジャラス!だって日頃ただでさえ「あんないい加減なやつに毎日ブログが更新できるわけがない」とか言われてたりする中、代筆とかで茶ぁ濁したら、真っ先に「なんか今日の書き口調が違う!」とか「この前書いてたことと矛盾してるぅ〜」とか言われるベ?実際仮にそこまでして毎日更新しても後々困るって。だって連続記録とか更新させていったらそのプレッシャーで筆が進まなくなる可能性が出てくるじゃん。あげくギネスとかかかっちゃったりして、すっげ〜面倒臭ぇ〜よギネスとか。とにかくこの危機的な状況をどう乗り切るかが問題だ。追い込まれた時にこそ、己の本性が現れる。出来るだけ落ち着いてこの現況を見守ることにしよう。そうすれば自ずと答は出てくるはず。辛いのはみんな同じなんだから、なにも自分だけが世界の不幸を一身に背負っているわけじゃない。起きよ!ミラクル!出(い)で居よ!散文の神!フンガ〜ッ!!…無理!撤退!寝る!おやすみ!
by naotaroblog | 2006-03-29 01:51
f0081364_23243489.jpg

エキサイトミュージックの取材にて気さくに写真撮影に応じる直太朗



f0081364_23244931.jpg

エキサイトミュージックの取材にて気さくにインタビューに応じる直太朗



風邪が流行っている。周りでも流行に敏感な輩(やから)達がまんまとその最先端をいっている。なんだか俺も朝から頭がボンヤリ…だからなんにも手につかないの、この文だって朦朧とした状態で書いているため甚だテンションが定まらない。
きっと誰かに移されたんだろう。だいたい目星は付いている。タップだ!間違いない!周りのスタッフで風邪こじらせてた不届き千万な大人といえば彼女しか思い当たる人間がいない。心当たりは大いにある。
さかのぼること三日前。タップが猫みたいに鼻ぐしゅぐしゅさせてたからだいじょぶかなぁ〜?って思ってたの。そんで「だいじょぶ?風邪?それとも花粉?」って聞いたら「わかんな〜い」とか抜かしやがって(しかも丈夫が売りのタフウーマンだけに自分が風邪だということを認めたくないニュアンス!)とりあえず「マスクとかした方がいいんじゃない?」って半分心配と半分移されちゃかなわんという気持ちで提案したのさ、そしたらなんて言ったと思う?「あたしこういう病気は自然治癒で治しちゃう人なんだぁ〜だからマスクはだいじょぶ〜」だって、治し方は人それぞれあってしかるべきだけどもマスクと自然治癒まったく関係ねえべ!もともと俺もタップも根性があるから張った意地が凝り固まってテコでも譲らない感じになってんの。揚げ句今になって頭がぼんやりしてる有様だ。我ながら情けない…トホホのホ。
根性が曲がっているのも質(たち)が悪いが、根性が座っていすぎるのにもいささか問題がある。ややもするとただの勘違いになってしまうからだ。俺にしても気ばかり張って蓋を開けてみたら人間ドックで胃腸が爛れてたなんてことがざらにある。病は気からとは良く言ったものだが、まず俺もタップも現実を受け入れる根性を養わなければいけないのかもしれない。
by naotaroblog | 2006-03-27 23:33
f0081364_0453266.jpg
ボールをもらうためにサイドに流れる直太朗(photo by 関口タカシ)

f0081364_0461460.jpg
ハーフタイムでチームのみんなと作戦を練る直太朗(photo by 関口タカシ)

f0081364_049297.jpg
コーナーキックで正確なキックを蹴る直太朗(photo by 関口タカシ)

f0081364_115713.jpg
試合に負け土下座をする直太朗(photo by 関口タカシ)

今日はお昼にSHAMPOO HATという劇団の舞台を観に下北のスズナリというところに行って、その後夜からJ-WAVEのスタッフ達とフットサルを楽しんだ。昔から観劇とサッカーは三度の飯と同じくらい好きで、物心ついた頃からのめり込んでたの。それほど趣味の多くない俺にとって数少ない開放的なれる時間なのです。
こういったブログ等にも代表されるように今は手元でなんでも出来るご時世。株とか下手したら告白とかだって光一つで出来ちゃったりしちゃったりして。。。いろんな功罪あるよな、うん。今のヤングな若者(重複!)の文章能力は昔より確実に上がってるんだろうし、その分コミュニケーション力(←“ぢから”と読むべし!)が乏しかったりもする部分もあんだろうし、でもその是非を議論してもこりゃ〜埓が明かない(およ?「らち」ってなんじゃろ?)まあ〜とにかくそんな混沌とした状況だからこそ、いろんなチャンスが転がってる。だから今こそその“混沌”をしっかりと受け止めてやれ。ほれ、混沌を真上から見下してやれ!己が混沌の中にいるんじゃなくて、己の中に混沌があると仮定しちゃえ。だいじょぶ世界は間違ってもなければ、正しかったりもしない♪
話しは変わるが俺はサッカーでボランチというポジションをやっていた。最初は、相手の攻撃の芽を積むべく齷齪(あくせく)走り回ってな〜んか働きバチ的で損な役回りだなぁ〜と思っていたが、これがやればやるほど面白い。もし生まれ変われるんだとしたら“ボランチ”そのものになりたいと答えるくらい愛すべきポジションなのだ。
例によって話は逸れたが、良く学生時代コーチから味方が攻めてる時にこそ守備のことを考えろ!とか逆に攻められて守っている時間帯だからこそ攻撃のことを意識しろ!とかよくわからんことを言われて「矛盾してる…」とか思って挫折してしまったなぁ〜。ボランチは、ある意味自分が楽をしてどれだけ周りの選手をコントロールできるかがポイントなんだな。だって唯一四方から囲まれてて身動きが困難なポジションなんだもの〜出来るだけ楽をしてその楽した分のゆとりでもって味方とゲームを支配する。これが最大の魅力なんだな。
少し理屈っぽくなっちゃったけど、なんかさ、今日球蹴りながら思ったの「はぁ〜つくづく俺は理性に欠ける人間だな〜」って。やっぱ攻めてる時は攻めのことしか考えらんないし、また逆もしかりだし。俺がイッパシのボランチになった暁にはもっと世界だったりが美かったり見えるのかしら?さっ、ストレッチして寝よ♪グンナイ☆


by naotaroblog | 2006-03-27 01:17

f0081364_2411161.jpg


憧れの大将とタッグアウトで談笑する直太朗


f0081364_2421373.jpg


尊敬する兄貴とのツーショットに緊張を隠しきれない直太朗


f0081364_243616.jpg


ティラノザウルスと


f0081364_2444799.jpg


このお店に入るのは少しの勇気が必要だね(ハイパーグレードスライドショーin下松より)


今夜は山口県下松市でのライブ〜昨日の米子に引き続き初めましてのアットバットにも関わらずパチパチドンパッチだったぜ!
それはそうと今日は徳山で山本譲二(以後:兄貴)さんと萩本欽一(以後:大将)さんの野球の試合を観られることになったんだわ。草野球におぼろ毛が生えた程度のノンプロゲームと思っていたら大間違い!!ガッチガチの真剣勝負でプロ顔負けの素晴らしい試合だったよ。でね?それに輪をかけて素晴らしかったのが両監督。お二人とも試合途中にも関わらず、ましてや突然訪問したのにすんげ〜親切で、大将にはベンチにまで招かれ、兄貴にはなんとグランドにまで呼び込まれ3000人の観客を目の前に握手を求められ興奮のあまり失禁寸前だった。もう感動で欽ちゃんファミリーと北島ファミリー両方に同時に弟子入りを志願したいくらいだった。
地方からアマチュア野球を盛り上げようとする二人のスター。ベンチから身を乗り出して相手チームをヤジるその横顔はさしずめいつかの野球少年ようでした。おしまい♪


by naotaroblog | 2006-03-26 03:16

f0081364_1565927.jpg


水木しげる記念館で憧れの水木しげるさんのパネルと念願のツーショット(水木しげる記念館にて)

f0081364_1581116.jpg


鬼太郎コスプレでご機嫌な直太朗(鬼太郎ロードにて)


f0081364_1584283.jpg


サラリーマン山田のコスプレでパラパラを踊る直太朗(鬼太郎ロードにて)


レオパレス21の紀香先生のダンス〜、武富士以来の衝撃ヒアウィーゴー♪と、いうわけで乗っけからハイテンションな森山なんだけども、それもそのはず森山今夜超ごきげんだぜなの♪なぜ?って…聞くだけ富田ラボ…(笑)ヤボだぜブラザー。
ごきげんなのには理由がある。我らが自称敏腕マネージャー・関口タカシがまた快挙をやってのけた!この旅三度目の楽屋の鍵ポッケに入れたまま持って来ちゃったの巻ぃ〜!!ニャー!
森山の楽屋キーは常に現場マネージャーが保持して退館する際に責任を持ってお返しするというシステムになってるんだけど、再三の注意を振り切ってこの度めでたく持ってきちゃいました〜!しかも今山口に向かうバスの中だよ〜。ヤッホーイ♪
おやおや〜?タカシ君…さっき怒られたばかりなのにもうスヤスヤと眠っているよ〜☆まさかの爆睡に森山テンション上げないとやってらんないや(笑→泣)なんで持って帰って来ちゃうんだろ?あれか?犬か?犬がお気にな遊具を穴掘って埋めちゃうあれと同じか?そんでそのまま隠した場所忘れちゃって後から土の中からワンサカ宝が出てくるパターンか?なら頼むから見せてくれよ!小判ザックザク掘り当ててくれ!な!頼む!あと絶対あくびしたのに「発声練習なんすけど、それがなにか?」的嘘つくのやめろ!それとブログ用の写真撮ってくれんのはありがたいんだけどもなんで決まって10枚中9枚がブレてんだよ?あれか?手ブレあり的な設定にでもしてんのか?このドテチンが〜!!
はぁ〜幾分スッキリしたべ。あれあれ〜?いつの間にやらブログ書き終えてる?これも敏腕タカシ君のプロデュースによるものなのか?
「やっと気付いてくれたか!大将♪」(タカシ君談)
おそまつ!減俸!!


by naotaroblog | 2006-03-25 02:06

f0081364_132170.jpg


ふらりとよったステーキ屋さんにて

f0081364_142433.jpg


色んな人が来てるんだね

f0081364_16919.jpg


色んな人が来てるんだね

ども♪ハバネロ大好き森山っす。今日は四月から始まるJ−WAVEのラジオとCSの番組の打ち合わせに行ってきたのね。
週に生番組のレギュラーをラジオとテレビ二つ同時に持つのは初めての経験なんで、いささか未知数なんだけど、その分刺激も多いしリハビリ(人見知りなんで…)と社会勉強(無知なもんで…)を兼ねてなんか一つでも自分に克服出来るもんがあれば程度に頑張ってみようと思う。
普段俺はテレビを見ない。正確には見ないようにしてんの。というのも筋金入りの超テレビっ子なもんだからして一度テレビを見出すと止まらなくなっちゃうんだ。ザッピングに次ぐザッピングを重ね、揚げ句深夜のテレビショッピングで寺門ジモンに共感したりしてる…ひどい時はテレビを消した後の不意に襲われるあの孤独…そう、耳を劈くような沈黙と目を覆いたくなるような暗闇に耐えられなくて再度テレビを点けて結局思考を完全停止したまま「めざましテレビ」の今日のわんことかで癒されたりしてる有様なんだ…。
といった荒んだ日々を経て、一人暮らしをはじめてからテレビはほとんどと言っていいほど見なくなった。よく海外に留学したりすると日本でやってるめぼしい番組だけを録画して送ってもらったりするでしょ?たぶん俺にはあれぐらいがちょうどいいんだな。今の俺には「TVチャンピオン」と「英語でしゃべらナイト」さえ見られれば十分なのさ♪
今は昔と違って国営・民放・BS・CS・インターネットetc…と数えたらキリがないほどどんどんチャンネルの選択肢も広がってきてるでしょ?これだけ情報が蔓延(はびこ)ってるわけだから、各々である程度限定して好みの番組をチョイシングしてかないと大変なことになっちゃうよね。俺らには「知る権利」があるのと同時に「知らなくてもいい権利」もあるわけだから。そんな半ばカオス状態にあるテレビ欄の中から自分の番組がみんなの「お気に♪」な番組としてチョイスされたら嬉しいな(あんまし薦められたもんじゃないけど…)そんじゃね!今後とも〜〜♪


by naotaroblog | 2006-03-24 01:09

f0081364_331471.jpg


愛しの衣☆


こんばんは、森山直太朗です♪好きなサッカーはスポーツです!
今日はオフだったんだけど、野暮用あって事務所に行ったついでにタップとついつい話込んでしまった。タップは我が事務所のチーフマネージャーで、何を隠そう一児のママちゃんなのです。今日もまだ一歳にも満たない赤ちゃんをあやしながら仕事に勤しんでたのね。そのクソガキ…いやいやキャワイイ赤子は衣(ころも)ちゃんといって、会社のみんなからは「専務」の愛称で親しまれてんの。まだ“立っち”も“あんよ”もままならない睫毛の長いつぶらな瞳の女の子なんだけど、これが悔しいかな本当に目に入れても痛くないくらいかわいいんだわ。基本的に俺は子供とプリンセス天功(←あくまでイメージ☆)とはうまく接することが出来ないんだけど、衣のことは生まれた時から知ってるからなのか愛おしくってしょうがねえ。
昔、大学生の頃だったけかな?小学生相手にスキーのコーチをしたことがあって、一週間くらいの短いスクールだったんだけども、ガキ…いや子供相手になにかを教えたりすることに、恐怖からなのかすごく戸惑いを覚えたことがあったなぁ〜(懐)よく「構えないで同じ目線で接すれば良いんだよ」なんて言われるけど、なかなかその意味を掴み取れなかったんだ。今俺がこの子のことを叱ったらこの先そのことで悩んでしまったりしないだろうか?とか単純に嫌われたくないとか思ったりして…あっ、そういえば自慢でも自嘲でもないが俺は親父に一度も殴られたことがない。最近になって理由を尋ねてみると「嫌われたくなかった」だかららしい。なんとも自分の父親らしい答えだなぁと我ながら俯に落ちてしまった自分に甚だ俯に落ちなかった。当然のごとく俺も最愛の人に嫌われたくないって心のどっかで思ってる一介の臆病者で、だからって誰からも好感を持たれるような松岡修造的パッションは甚だ兼ね備えていない、残念!衣にだって絶対嫌われたくないし、やっぱりプリンセス天功とも最終的にはうまくやっていきたい。永遠の俺のテーマ…いつか嫌われても良いから愛される無邪気なお父さんになりたいなぁ(憧)ムニャムニャ…おやすみ★


by naotaroblog | 2006-03-23 03:39

f0081364_9394198.jpg


久居駅にておいしい空気をいっぱい吸う直太朗


f0081364_9401749.jpg


ベビースターでおなじみおやつカンパニーでの工場見学を前に興奮を隠しきれ
ない直太朗


f0081364_9404433.jpg


まさかの休日に苦虫を噛み潰す直太朗


押忍!森山直太朗です!同じ日に生まれた有名人はIZAMです!今日は三重県久居市でのライブ♪いいところだったなぁ〜とにかく空気がうまい!あと〜空気がうまい!そしてなによりも空気がうまい!
今夜はあろうことか母親と帰りの新幹線が同じだった!名古屋でライブがあるのは知ってたけど、まさか同じ新幹線の同じ車両だなんてオーマイガッ!オーマイリルガッ!
そこから東京まで延々隣に座って(ちなみに隣にいた自称・敏腕マネージャー、タカシ君はいつの間にか移動を余儀なくされた)右手に天むす左手に手羽先を持ち、あーでもないこーでもないと半ば一方的に喋られ、東京に着く頃にはパンチドランカーのように灰と仮していた。例によって反射的に鼓膜を閉じ相槌に徹底していたためほとんど内容は覚えていないが口がピーチクパーチクと開いたり閉じたりしてたのは覚えている。
母親という生き物はどうしてこうも平野レミなんだろうか?俺もいつかあんな風になるんだろうか?そしてその境目はどの季節なんだろうか?まだまだわからないことばかりだ。


by naotaroblog | 2006-03-22 09:41
Excite Music の連載ブログ
◇ Aqua Timez
◇ ART-SCHOOL
◇ アンジェラ・アキ
◇ 安藤裕子
◇ いきものがかり
◇ AIR
◇ ケイタク
◇ GOING UNDER GROUND
◇ THE BACK HORN New!
◇ Salyu
◇ the ARROWS
◇ ジン
◇ スクービードゥー
◇ スパルタローカルズ
◇ SOIL&“PIMP”SESSIONS
◇ 椿屋四重奏 New!
◇ TRICERATOPS
◇ BEAT CRUSADERS
◇ PE’Z
◇ POLYSICS
◇ MEN☆SOUL New!
◇ 森山直太朗
◇ Yum!Yum!ORANGE
◇ Rie fu
◇ レミオロメン

◆連載ブログの
バックナンバーはコチラ

おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。