Yuji Nakada
Official Diary
NEWS
●メルマガ会員募集中!!
《PCからのご登録》
こちらの登録フォームまで

《ケータイからのご登録》
下記QRコードを読み取り、空メールを送信してください。
QRコードが読み取れない場合は、a-07qv35@cbz.jp宛に空メールを送信し てください。
中田裕二メルマガ

PROFILE
中田裕二(なかだ ゆうじ)
1981年生まれ、熊本県出身。
'00年、仙台にて「椿屋四重奏」を結成。歌謡曲をベースにした斬新なロックサウンドで多くの音楽ファンを獲得。'11年1月の突然の解散発表は大きな反響を呼んだ。
'11年、3.11東日本大震災の被災地/被災者に向けた作られた「ひかりのまち」を震災直後に発表 (収益はすべて義援金として寄付) 。11月、ソロとして初のアルバム『école de romantisme』をリリース。以後、これまでにオリジナルAL4作、カヴァーAL1作、ライブDVD3作をリリースしている。
また、新作リリース時の全国ツアーのほか、カヴァーライブ・シリーズ《SONG COMPOSITE》、期間/テーマを限定しない弾き語りライブ・シリーズ 《中田裕二の謡うロマン街道》、”中田裕二 trio saloon”名義でのライブと、様々なスタイルでのライブ活動も精力的に展開。
艶のあるオーセンティックな歌声もさることながら、幼少時に強く影響を受けた70-80年代の歌謡曲/ニューミュージックのメロディセンスを核に、あらゆるジャンルを貪欲に吸収した一筋縄ではいかないサウンドメイクと、様々な情景描写や人生の機微をテーマとした詞作によるソングライティングは中毒性が高く、熱心な信奉者が多数。

●中田裕二オフィシャルサイト


RELEASE INFO
LIVE DVD
『TOUR 15 BITTER SWEET 赤坂、春の宵』
2015年6月24日(水)発売

 SONG COMPOSITE
リリース詳細はこちら

PROFILE
中田裕二 trio saloon (中田裕二×奥野真哉×朝倉真司)
tour 15 “minimal dandyism”


7月5日(日) 神戸 クラブ月世界
7月7日(火) 東京 品川プリンスホテル Club eX
7月12日(日) 札幌 PENNY LANE24
7月15日(水) 京都 磔磔
7月16日(木) 横浜 赤レンガ倉庫1号館3Fホール
7月19日(日) 福岡 Gate’s 7
8月5日(水) 大阪 umeda AKASO
8月6日(木) 名古屋 ボトムライン
8月13日(木) 仙台 darwin

ツアー詳細はこちら

中田裕二の謡うロマン街道 (中田単独の弾き語りツアー)

6月14日(日) 弘前 SPACE DENEGA
7月4日(土) 広島 音楽喫茶ヲルガン座
7月8日(水) 東京 品川プリンスホテル Club eX
7月11日(土) 旭川 島田音楽堂
7月20日(月・祝) 岡山 城下公会堂
8月15日(土) 盛岡 あさ開十一代目源三屋
8月16日(日) 福島 大和川酒造北方風土館昭和蔵

ツアー詳細はこちら

旅の終わり、そしてあれから一年
あの日から一年が経ちました。
早かったような、でも今の被災地の現状を考えると
とても長い苛立に淀んだままの時間がただ流れただけのような
そんな気もします。

「絆」と色んな場所で目にしますが、
およそ程遠い感覚の人間が山のようにいること、
瓦礫の受け入れも全く進まないこと、
原発問題、被災地への差別、
国の対応の不誠実さ、他人事のような首相のスピーチ、
ひとつになろう、日本!なんて言葉があまりに虚しく
聴こえてしまったりもします。
がんばっぺ東北!のほうがずっと素敵です。

被災した人たちはただ、たまたまその場所で生活をしていただけです。
場所が違えば自分達も同じ被害に遭ったかもしれません。
いや、これからそうなる可能性は大いにある。
地震も頻発しています。
もうやさしくうつろうだけの平和な日常なんて無いんです。

あたりまえは、じつはあたりまえじゃなかった。

だからこそ想像しなきゃいけない。
自分を今ここに存在させてくれる全ての関わりについて、
思いを巡らさねばならない。

そこには沢山の愛情があり、苦労があり、歴史があり、人生がある。
身のまわりにあるものだけじゃない、
距離も超えた、様々なプロセスを経たその先に
今の自分の暮らしがある筈です。
それは当たり前じゃなく、
なんとか必死に保たれたバランスの上にある。
やっぱり他人事じゃないんです。
明日は我が身なんです。

だからこそ今こうやって仕事ができて、
生活できることに感謝をしなくちゃいけないし、
自分達だけで生きてるなんて奢りは捨てなきゃいけないし、
日本人としてこの日本に生きる以上、この困難は
分かち合わなくては、と思います。

被災された方々はこれからも毎日、
今目の前の現実と絶望と希望、
すべてを抱えて明日をはじめなくちゃならない。
その苦悩は相当なものだと思います。
だからやっぱり少しでも手を差し伸べるべきだと思うんです。
とはいえ、自分だって全く大した事はできてないですけど・・

それぞれのやり方でそれぞれの思いで
形は何であれ、良いと思うんです。
あの日を忘れず、
これからも東北を後押ししていきましょう!
多分それは日本人の未来へと直結するはず。

さあ、中田裕二はじめましてツアー
tour de romantisme
も残すところ、
追加公演、赤坂ブリッツ1本となりました。
いまこうやって音楽を分かち合える事に感謝しつつ、
とことん楽しんでいきましょう!



itunesでこの曲をダウンロードすると全額募金出来ます。
よろしくお願いします。

ツアーが終わったら、また仙台に行ってきます。
by nakadablog | 2012-03-12 22:52 | 中田裕二
<< J-WAVE「TOKYO RE... 最終コーナー >>