エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ

 
長友啓典
Keisuke Nagatomo
--------------------
1939年大阪生まれ。1964年桑沢デザイン研究所卒業。日本デザインセンター入社。1969年黒田征太郎とK2設立。
エディトリアル、各種広告、企業CI、及びイベント会場構成のアートディレクションを手がけるほか、多数の小説に挿絵、エッセイ連載など、現在に至る。
日本工学院専門学校グラフィックデザイン科顧問
、東京造形大学客員教授




Translation to English

--------------------
装丁問答イッキ読み
--------------------


「PIKADON」
衣食住をテーマにイノチのことを考えます。




お友達ブログ
山村幸広さん
南川三治郎さん
勝手にロワイヤル!!
宮澤正明さん
貫場幸英さん

お友達ホームページ
新正卓さん
以前の記事
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2009年 01月 16日 ( 6 )
アササン
c0009877_13092.jpg

昨日港区のデザインシンポジュウムで子供達のことを話していたところ、大橋近くのマンションの外装に近所の小学生が絵を描いていた。凄く言いこころみに感心する。これに終わらずに続ける事が大切なんで、先生方、生徒諸君、ゼネコンさん よろしくお願いします。
by k2-d | 2009-01-16 13:00
松六家
c0009877_77275.jpg

東京ミッドタウンにて「港区デザイン資源活用シンポジウム」という会合があった。赤池学さん(科学ジャーナリスト)柴田文江さん(インダストトリアルデザイナー)と僕がパネリストとして藤崎圭一郎さん(デザインジャーナリスト)の司会で進行した。学生相手じゃなく一般の人たちが熱心に聴講、デザインの浸透が感じられた、まずは港区という行政がデザインに関心を持ったことにちょっと嬉しくなりましたね。
終わってから仲間の広村、北川、三井、山岡君たちと柴田さんと僕をまっていてくれて六本木俳優座裏の和食やさん「松六家」さんにいく。
by k2-d | 2009-01-16 07:07
松六家六本木
c0009877_762256.jpg

水炊き鍋会席が予約されていた。先付の葛豆冨にずわい蟹の棒鮨。造里には鮪 帆立 かんぱちとなかなかのあしらいとなっている。
by k2-d | 2009-01-16 07:06
六本木
c0009877_742220.jpg

焼き物がまた良い。寒鰤天然塩炭火焼きがさすが旬のもの油が乗って実に旨い。
by k2-d | 2009-01-16 07:04
松六家
c0009877_731121.jpg

数時間かけて地鶏を煮込むとこのような豆乳のようになるらしい、良い味が出ていた。
柴田さんがいま、ゴルフに嵌まっているらしく、北川、広村、山岡とこのところ僕もメンバーである「日光カンツリー」に通っている話になる。
山岡くんが柴田さんにボロ負けした話に花が咲く。痛快。柴田さん「やったね」。
by k2-d | 2009-01-16 07:03
六本木
c0009877_70565.jpg

水炊き鍋には、キャベツ、榎木、水菜、豆腐、白ネギ、人参、麩、蓮根と野菜が豊富に入り地鶏のカラーゲンと相まってヘルシー、ダイエットで女性群に人気があるらしい。
男どもにとってもこれをおつまみにしての日本酒がめっちゃ合うので満足のものでした。

この後ながれて飯倉片町の「オプ」にいく、(小生の個展を開催中)しばらくして「クリネタ」のメンバーの中核コピーライターの柴田常文氏(もう一人の柴田さん)が登場、盛り上がる。

北川、山岡、長友、に柴田常文氏が編集会議の催促「時間がないぞ、君たち危機感がないのか」と叱咤される。柴田氏酔った中でも冷静さを失わない、我にかえり、反省。

次号「クリネタ」 乞 ご期待。
by k2-d | 2009-01-16 07:00
Copyright © 1969-2008 K2. All Rights Reserved.
Copyright © 1997-2007 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム