アーカイブ

2017.05.13 O.A

2017.05.13 O.A_d0378149_16405989.jpeg


H:こんにちは、平戸祐介です。

E:EmilyStylerです。

H:今日、5/13はカクテルの日、だそうです。カクテル・・お酒は好きですか?

E:私お酒結構好きです!

H:へ〜!!打ち上げとかでEmilyちゃん、あんまり、飲んでるイメージなかったな。

E:しれ〜っと1人でずっと飲んでる感じですね(笑)

H:え〜(笑)そうだったんだ!

E:平戸さんはお酒飲まれますか?

H:僕はあんまり飲まないですね。でもね、やっぱり若い頃は飲んでましたね〜。すごく飲んでました。それで学ぶものもありました。

E:あはは(笑)色んなことが起きますよね。

H:そうなんです。なので、そこで学んだものが今に活かされているのかどうか!というところですね(笑)
はい!と言うことで、今週のファーストソングはポーランド出身のバイオリニスト。Michal Urbaniakが1978年にリリースしましたクロスオーバー作品をご紹介したいと思います。このMichal Urbaniakなんですが、巨匠のMiles Dewey Davisとも共演した事のある素晴らしい、才能溢れるバイオリニストです。そんな彼が1978年に残しましたアルバム『Ecstasy』から聞いてください「Ecstasy」。

2017.05.13 O.A_d0378149_16274245.jpeg

Michal Urbaniak, Anthony Jackson, Pee Wee Ford, Bernard Pret「Ecstasy」 https://itunes.apple.com/jp/album/ecstasy/314565953


H:改めまして平戸祐介です。


E:EmilyStylerです。


H:今週のゲストはですね、レーベルMonocreationからキーボーディスト、そしてトラックメーカーでもあるGlamさんに来ていただきました!


Glam:(以下G:)Glamと申します。よろしくお願いします!


E:まずは、Glamさんプロフィールからご紹介します。キーボーディスト、トラックメーカーのGlamさん。卓越した演奏技術で、国内外様々なアーティストのライブ、フェスに出演。AD Recallの名前でトラックメーカー集団CST Laboratoryにも所属しており、Jose James、AWA、Funky DL、Cise star等の海外人気アーティストへの楽曲提供も行なっております。そして、2017年4月12日にGOON TRAXのモンスターコンピ『IN YA MELLOW TONE13』にて自身初の楽曲「One Step Forward feat.Nieve&Kelpie」をリリースとなりました。


H:はい、まずは4月12日リリースおめでとうございます!


E:おめでとうございます!


G:ありがとうございます!


H:はい、やっぱりリスナーの方はGlamさんって何者なんだろう・・と思ってる方もいらっしゃると思いますので、まずは音楽活動についてお伺いしたいと思うんですけれども、本格的な活動、音楽業界に入った・・足を踏み入れたのはいつ頃からなんですか?


G:そうですね・・だいたい10年ほど前ですね。今はトラック制作などもやらしていただいてるんですけれども、最初は完全にアコースティックのみで。色んな知人を介して3年ほど前からCASIOの案件に関わらせていただき始めました。


H:なるほど。EmilyちゃんもMonocreation所属じゃないですか?それでEmilyちゃんが所属したきっかけも知人・友人だった事に驚いた記憶があるんですよ。Glamさんもそんな感じですか?


G:そうですね!たぶん似たようなルートだったのかな?


E:割と音楽の世界って狭いですよね!知り合い同士が繋がっていたりする事もよくありますね。


H:確かにね!ちなみに同じ人からの紹介だったり?はしないの?


E:そうですね。私とGlamちゃんは別のルートなんですけど、その間にたまたま共通の知人が居たり・・なんかこんな事やってる子がいるよー!という話の流れで、一緒のオーディション情報がまわってきました。


H:なるほど。3年前から電子音、エレクトリックな要素を取り入れつつ活動をしているという事ですが、その電子音とか、エレクトリックな表現をしようと思ったきっかけはあったんですか?


G:きっかけ・・そうですね。自分の住まいとか生活の都合で、アコースティックピアノを手放す事になって、その時に電子ピアノを購入したんですよ。結構その事がこの世界に足を踏み入れるきっかけになったかなと思います。


H:なるほどね〜。で、その電子楽器にも触れるようになって、エレクトリックな音楽もそれから沢山聴くようになった?


G:そうですね!自分で演奏はしてなかったんですけれども、中高生の頃とかすごいレゲエにハマっている時があって、そういうのは聞いてはいましたね。


H:そうなんだね。そしたらこれまで参加した作品を紹介していただけますか?


G:冒頭でもご紹介していただきましたが、CSTというCasio Sound Traditionの頭文字になっているんですが、そこの制作チームにAD Recallとして入れてもらっています。出演したイベントとなると、Monocreation関係が多いですね。面白いのがEmilyの出演するイベントでDJとして出演したり・・


H:え、DJもやるの?!多種多彩だね!


E:すごいですよね!


H:さっきのさ、Emilyちゃんが読んだプロフィールで思い出したんだけど、AD Recall=Glamちゃんなんだよね?!


E:そうなんですよ!彼女は2つ名前を持っているので混乱する方もいらっしゃるかもしれないですよね。


G:ですよね(笑)


H:ほら、あの僕の作品の『Monoliths』でも弾いてくれたんだもんね。素晴らしいプレイをしていただいて、ありがとうございました。


G:こちらこそありがとうございます!


H:では、最新作となると、4月12日に出したアルバムになるのかな?


G:そうですね。ちなみにAD RecallとGlamには使い分けが一応ありまして、制作・・裏に回るようなものはAD Recallの名前を使って、自分が演者として出演するようなものはGlamとしてやらしていただいているんですね。なので、今回のアルバムはGlam名義で出す初のアルバムとなります。


E:じゃあ、記念すべき1枚ですね。


H:なるほど!じゃあこれからはGlam名義が増えてくるといいですよね。


G:頑張っていこうと思います!


H:ちなみに、今回の作品はどんな気持ちで作られたんですか?


G:これはですね、当初はものすごく悲しいメロディを作りたかったんですよ。でも色々こねくり回してるうちに、そんなに悲しいメロディにならなかったという(笑)


H:なんで悲しい気持ちにフォーカスしたの?


G:昔からマイナーの曲の方が好きで・・


H:それはコード進行も?


G:そうですね!それで最初こだわっていたコード進行があったんですけれども、ちょっとクラシック感が強めに出てしまって、結局こねくり回した結果なくなりました(笑)


H:でも悲しいというか、ちょっとセンチメンタルな曲が好きっていうアーティストは、逆に私生活が明るかったりするんだよ。


E:へ〜!そういうものなんですね!


H:そう、それは比例しないの。反比例するものだよね!だからたぶん、わからないけどGlamさんのプライベートな事はわかりませんけれど、たぶん明るいのかなっていう。


E:わたしが知ってる限りでも、割とGlamさん明るいですね(笑)


G:明るいと思います。自分でも(笑)


H:では!そんなGlamさんの反比例な一面も見られる、そしてGlam初名義の曲を最後にご紹介下さい。


G:「One Step Forward feat.Nieve&Kelpie」聞いてください。


2017.05.13 O.A_d0378149_16385717.jpeg


「IN YA MELLOW TONE 13」 https://itunes.apple.com/jp/album/in-ya-mellow-tone-13/1218156960


H:今週はMonocreationレーベルよりGlamさんにお越しいただきましたが、いかがでしたでしょうか?


E:来週もまた来てくださるとの事で、もっともっとお話聞いてみたいですね。


H:悲しい感じの曲が好きという事で、これからどんなトラックを僕らに届けてくれるのか楽しみですね。さて今週のテーマは〝愛犬〟です。今バックに流れております、今日のエンディングソング。ピアニストのVince Guaraldiのチャーリーブラウンのテーマという事で・・

このVince Guaraldiさん、スヌーピーの映画のサウンドトラックを全て編曲、担当されてる名ピアニストなんですよ!


E:すごい!!そうなんですね。


H:そのスヌーピー、可愛らしい白のね犬ね。


E:今また再ブーム来てますよね?


H:あ、そうなの?


E:PLAZAっていう海外製品などをよく置いてる雑貨屋さんとかでも、結構な大きさのブースが構えてあったりしますね!


H:じゃあなんかちょっとムーブメントに乗れた感じなんですかね。という事で今日はVince Guaraldiの「Charlie Brown Theme」お送りしました。


2017.05.13 O.A_d0378149_17002771.jpeg


ヴィンス・ガラルディ・トリオ「A Boy Named Charlie Brown」 https://itunes.apple.com/jp/album/a-boy-named-charlie-brown/183049756


H:みなさんカジュアル&リラクシングな週末を!


H&E:バイバ〜イ!




by mono-creation | 2017-05-13 15:41 | アーカイブ | Comments(0)

YUSUKE HIRADO MUSIC HORIZON

  • FM長崎
  • 毎週金曜 19:30~19:55
  • DJ / 平戸祐介  Emily Styler

日本のジャズ・クラブ シーンを牽引し、様々なミュージシャンとも親交もある平戸祐介(長崎出身のジャズ・ピアニスト)によるProgram。 新進気鋭のシンガーEmily Stylerがアシスタントを担当。JAZZをメインにスタイリッシュなブラックミュージックを普段着感覚のトークとともに。また、2人の親交あるミュージシャンやゆかりのある方々をゲストに迎えて様々なカルチャーにもフォーカス。