ワインのコルクがはんこに?サンダルに?断熱材に?エコな素材コルクをもっと活かそう!

夏と言えばビール!ですが、涼しくなってきたらワイン!という方も多いのではないでしょうか?
美味しい物が多い秋は一緒に美味しいワインがすすんでしまうわけですが、家でワインを飲む方はコルクがけっこうたまってしまうのではないでしょうか?
結局は燃えるゴミとして捨ててしまいますが、まだ何かに使えそうでもったいなくないですか…?

というのが今日の話題です。

コレってMOTTAINAI?
-----------------------------------
Q ワインのコルクってMOTTAINAI?
ワインのコルクってとっても可愛いので、勿体無くて捨てられずに取ってあるんですが、ほかに何に使えばいいのかわからないまま。勿体無いから捨てられないモノって意外とありませんか?(maikoさん)

-----------------------------------

皆さんのアンケートの結果は

YES 71.8%
NO 28.2%


と、モッタイナイと思っている方のほうが多いという結果です。

内容を見てみますと、「写真などのような『思い出の一品』ですから、M0TTAINAIとは思えません」という方(vinaさん)もいれば、工夫していろいろなものに再利用している方もいます。例えば「バークチップの代用品として、植木鉢の上に置く」「磁石を付けて活用」「半分に切ってフォトスタンド」などです。レストランでカトラリー置きに使っているところもありますし、色々使い道がありそうです。


コルクというのが木からできていることはご存知かと思いますが、実はコルクはもととなるコルク樫を切り倒してコルク材にしているわけではないのです。
一般に使われているコルクというのはコルク樫の樹皮の部分をはがしたものですが、コルク樫は樹皮をはがしても枯れることはなく、剥がした部分はすこしずつ再生していき、再び採取することができるようになります。つまりコルクというのはそもそもエコな材料なのです。
ワインのコルクがはんこに?サンダルに?断熱材に?エコな素材コルクをもっと活かそう!_e0105047_12391076.jpg
Some Rights Reserved. Photo by Alcalaina

とはいえ、使い捨てにしてしまうのはやはりモッタイナイので、ワイン消費量の多い欧米などではコルクのリサイクルが進んでいます。
例えばイタリアのエミリア・ロマーナ州では、ワインバーやレストランホテルからコルク栓を改修し、住居用断熱材の材料とする「Tappoachi」というプロジェクトがあります。


コルク生産量世界一ポルトガルの製造会社Amorim社はアメリカの関連会社との共同出資でReCORKというプロジェクトを行っています。
これはリサイクルされたコルクでサンダルを生産するというもので、サンダルブランドの「SOLE」と提携し、現在、原料のコルクをリサイクルされたものに転換中とのことです。SOLEのサンダルは日本でもけっこう見かけます。あなたの履いてるサンダルも、実は誰かが楽しんだワインのコルクから作られているかもしれませんよ!

ちなみに、ReCORKではこれまでに集めたコルクの数をサイトに表示しており、9月26日現在では、約1800万個のコルクを集めたということです。またReCORKはコルク樫の植樹活動も行っており、こちらはこれまで約7000本を植えたそうです。コルク樫は他の植物が育ちにくい土地でも育つ植物なので、そのような土地に植樹することで緑化・地球温暖化対策にもなるのです。


世界のコルクのリサイクル事情はわかりましたが、日本にはそういうコルクのリサイクルを行っている会社はないようですし、どうしたらいいのでしょうか?

日本でコルクをリサイクルして行われている素敵なサービスの一つがシャン判」です。
これは以前「WAKUWAKU未来ニュース」でも紹介したんですが、シャンパンのコルクをリユースしてスタンプにしたもの。スタンプ部分は自由にデザインできます。コルクの部分も自分の思い出の物が使えるとvinaさんが言うような「思い出の一品」を道具として残すことができていいと思うのですが…
アイデアを借用して自分でスタンプを作ってみるのもいいかもしれません。
ワインのコルクがはんこに?サンダルに?断熱材に?エコな素材コルクをもっと活かそう!_e0105047_12484116.jpg



それよりも、日本でもワインショップなどでコルクを回収して、リサイクルしてくれるといいですが…と探していたら、RE機構というリサイクルと障害者の雇用拡大を行っているNPOがコルクの回収を行っているそうです。回収されたコルクは障がいのある方々の手作業によってゴム印に加工され、社会科教材などとして販売され、オリジナルスタンプも作れるそうです。


他にもコルクを回収して雑貨などに加工しているところもあるようですが、やはり雑貨にするというのでは絶対数が少ないのでやはり限界がありますよね。それよりは断熱材やサンダルのように材料として大量に使うことができるシステムが是非できてほしいですね…


それはではどうするか…
とりあえずそれまではとっておきましょうか…
でも「邪魔」ですよね…

それならいっそ… コルクのリサイクルをする会社を起業してみてはいかがでしょう!
海外にモデルがあるんだから、日本でもできるんじゃないかと思いませんか? 誰かがやらなければ結局もったいないはもったいないのまま。「もったいない、もったいない」嘆いているくらいなら、自分でそれを解決してしまいましょう。大胆ではありますがそれもひとつの方法かもしれませんよ!

そのためにはまずはワインを沢山飲まないと…♪


◎MOTTAINAIからはじめること
→ やっぱりリサイクル
→ いい方法がないなら自分で作ってしまう!

   by mottainai-team | 2011-10-25 12:52 | コレってMOTTAINAI? | Comments(0)   

どうして会議は長引くのか?その理由と解決方法を教えます?!

どうして会議は長引くのか?その理由と解決方法を教えます?!_e0105047_12543794.jpg
Some Rights Reserved. Photo by antoniofurno

今、こんな退屈な会議の最中じゃありませんか?
議事録をとるふりしてネットサーフィンなんてしちゃダメですよ!

とはいえ、そうしたくなる退屈な会議ってのもありますよね。
そんな時は本当に時間がもったいない!何かちがうことしたい!と思ってしまいます。

-----------------------------------
Q 長すぎる会議時間ダラダラと続く会議。結局何も決まらず、こういう時って本当に時間がもったいないと思います。会議は集中して、簡潔にしたいですよね。(大久保さん)
-----------------------------------

皆さんのアンケートの結果は

YES 97.7% 
NO 2.3%


これだけ圧倒的な結果もなかなか無いですね。

長々とみんなが好き勝手なことを言って何も決まらない、そんな無駄な会議に時間を使うんだったら、自分の仕事をこなしてさっさと家に帰りたい!と思いますよね。しかし、それでも会議は来る日も来る日も行われます。あれは一体何なんでしょう?本当にやる意味はあるんでしょうか?

もちろん会議というは、何かを決めるためには必要な手続きで、やる必要はあるわけですが、なんかもっと効率よくできないのか、そう思うことは誰でもあることでしょう。しかしそもそも、会議=話し合いというのは集団が対立や衝突を避けて協調していくために不可欠な手続きだったはず、神や王といった絶対的な権力がない限り、社会は会議は必ず必要になるし、会議がなければ社会は運営していけないはずなのです。

ではなぜ、それがこんなに「無駄なもの」と感じられるようになってしまったのでしょう?

そんなことを考えていたら、ふと学生時代に世界史の授業で習った「會議は踊るされど進まず」という言葉を思い出しました。
これは、1814年から15年にナポレオン戦争終結後のヨーロッパの秩序再建と領土分割を目的としてヨーロッパ各国の代表者が集まって行われたウィーン会議を評した言葉ですが、舞踏会は毎晩行われるにもかかわらず話し合いはちっとも進まないということを揶揄したものです。

どうして会議は長引くのか?その理由と解決方法を教えます?!_e0105047_12584941.png
ウィーン会議の様子 Jean-Baptiste Isabey画


まあ、昔から会議ってのは進まないもんだったわけですね。
しかしですよ、ナポレオンがエルバ島を脱出したとの報が入ると、全然進んでいなかった話し合いが一気に進み、あっという間に妥協が成立してウィーン議定書が締結されてしまったのです。

このウィーン会議から得られる教訓はなんでしょうか?
それは「同じ方向を向いてれば、結論は早く出る」ということではないかと思います。
各国の思惑がバラバラでまとまらなかった会議が、皆がナポレオンという危険に眼を向けるようになったことでまとまったというわけですから。

これをさらに進めると、重要なのは「目標」「立ち位置」を明確にすることだとなると思います。ひとつの「目標」が定まっていて、それに対する各出席者の「立ち位置」がわかっていれば自ずと妥協点は見えてくるものです。

それを実現するには2つの方法があると思います。
1つは、妥協点に導ける人を置く。
もう1つは、あらかじめ準備をする。


「妥協点に導く人を置く」というのはその会議に利害関係を持たないひとを進行役として置くということです。最近、大きな会議ではファシリテーターという人がいる場合がありますが、それがこの役割をする人です。ファシリテーターは会議の出席者の立ち位置を理解して、皆が納得できる妥協点へと出席者を導いていく役目の人です。私もそういう人を何度か見たことがありますが、例えばひとりひとりの発言時間をものすごく短く区切るなど思いも寄らない方法を用いて出席者の集中力を途切れないようにさせながら、意見を集約させて結論へと導いていました。

きちんとしたプロのファシリテーターがいれば会議は効率良く進むのではないでしょうか。でも普段の会議ではなかなかそうも行きません。そういう場合には「あらかじめ準備をする」という方法があります。

これも私の経験になってしまいますが、最近「サイボウズLive」というグループウェアを使ってみることがあって、これを使ってみてわかったのは、こういうグループウェアであらかじめ論点を整理して、それぞれの立ち位置を明確にしておけば、実際に会って話しあうことは殆ど無いということです。準備をしっかりしておけば、会議というのは、あらかじめ予想される妥協点をみなが確認する場でしかないのです。

企業などでは「Lotus Notes」などを使っているところも多いかもしれませんが、こういうグループウェアというのは実に有効です。
会議というのは簡単に言ってしまえば、
(1)資料を揃えて、
(2)論点を明確にし、
(3)出席者それぞれが意見を述べ、
(4)結論を導く場です。

ファイルの共有ができて、掲示板やチャットの機能があるグループウェアを使えば、(1)~(3)までは会うまいにオンライン上でできてしまいます。つまり、会議では(4)だけをやればいいのです。

会議というのもは社会というものの成立と共に誕生したわけですが、社会の大きさの変化やコミュニケーション技術の進歩と共に様変わりしてきました。にもかかわらず旧態然とした会議をしている人たちがまだまだ多いということなのです。ファシリテーターでもグループウェアでも新しい技術を使うことでムダに長い会議というのはなくなっていくはずだと思います。

まあ、その前にどのグループウェアを導入するかについての長い会議が待っているかもしれませんが…


MOTTAINAIからはじめること
→ 最新技術で効率化!
→ プロの力を借りて効率化!

   by mottainai-team | 2011-10-20 13:02 | コレってMOTTAINAI? | Comments(0)   

MOTTAINAIフリーマーケット開催報告@秋葉原UDX/あきる野ルピア

10月16日(日)秋葉原UDXあきる野ルピアにてMOTTAINAIフリーマーケットが開催されました。

宮城での開催は、2日間とも雨天の為残念ながら中止とさせて頂きました。

■ 秋葉原UDX

朝方の雨から一転、日中は夏のような暑さとなりました。
街路樹がいい感じです。

帽子をたくさん並べているお店がありました。

MOTTAINAIフリーマーケット開催報告@秋葉原UDX/あきる野ルピア_e0105047_1433133.jpg


こちらは資源回収コーナー

MOTTAINAIフリーマーケット開催報告@秋葉原UDX/あきる野ルピア_e0105047_14334963.jpg


上から見ると・・・・

MOTTAINAIフリーマーケット開催報告@秋葉原UDX/あきる野ルピア_e0105047_14343239.jpg

街の中でのフリマはなんだか活気があります。
秋葉原という街のパワーなのか!?


■ あきる野ルピア

そしてあきる野ルピアです。
出店数は多くはありませんでしたが、
日中は天気も良く、ほのぼのとした開催となりました。

MOTTAINAIフリーマーケット開催報告@秋葉原UDX/あきる野ルピア_e0105047_1451519.jpg


・・・・MOTTAINAIフリーマーケット

今後の詳しい開催日程はコチラ

みなさまのお越しをお待ちしております!!


////////////////////////////

■ 開催報告 ■

2011年10月16日(日)
会場:秋葉原UDX 1階アキバ広場にて
出店数:120店
来場数:8,600名
古着回収量:240kg
天ぷら油回収量:500ml

////////////////////////////

2011年10月16日(日)
会場:あきる野ルピアにて
出店数:10店
キッズ:4店
来場数:900名
古着回収量30kg
天ぷら油回収量:15,000ml

////////////////////////////
   by mottainai-team | 2011-10-18 14:30 | フリーマーケット | Comments(0)   

MOTTAINAIフリーマーケット開催報告@プリズムホール

10月9日(日)東京ドーム プリズムホールにてMOTTAINAIフリーマーケットが開催されました。

■ プリズムホール

MOTTAINAIフリーマーケット開催報告@プリズムホール_e0105047_1756256.jpg


3連休の中日。周辺の遊園地などからの
来場者も多く、場内は、非常に盛り上がっていました。
キッズフリマも大盛況でした。

■ キッズフリマ

MOTTAINAIフリーマーケット開催報告@プリズムホール_e0105047_17555293.jpg


・・・・MOTTAINAIフリーマーケット

今後の詳しい開催日程はコチラ

みなさまのお越しをお待ちしております!!


////////////////////////////

■ 開催報告 ■

2011年10月9日(日)
会場:東京ドーム プリズムホールにて
出店数:180店
キッズ:35店
来場数:5,100名
古着回収量:300kg

////////////////////////////
   by mottainai-team | 2011-10-12 13:00 | フリーマーケット | Comments(0)   

MOTTAINAIフリーマーケット開催報告@池袋サンシャインAホール

10月2日(日)池袋サンシャインAホールにてMOTTAINAIフリーマーケットが開催されました。

■ 池袋サンシャインAホール

MOTTAINAIフリーマーケット開催報告@池袋サンシャインAホール_e0105047_11463049.jpg

今回は告知期間1ヶ月と短かったこともあり、
出店数は少なめではありましたが、
午後からはキッズフリマの開催や来場者も増え始め
だんだんと賑わいをみせていきました。



今後のMOTTAINAIフリーマーケットの詳しい開催日程はコチラ

みなさまのお越しをお待ちしております!!



////////////////////////////

■ 開催報告 ■

2012年10月2日(日)
会場:池袋サンシャインAホールにて
出店数:100店
キッズ:28店
来場数:2,800名
古着回収量:270kg
天ぷら油回収量:1,000ml


////////////////////////////
   by mottainai-team | 2011-10-04 11:43 | フリーマーケット | Comments(0)   

CALENDAR

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

About MOTTAINAI

ワンガリ・マータイさんが提唱する環境キャンペーン。
この言葉には資源有効活動3R+Respectが込められています。
「MOTTAINAI」はさまざまな活動を通してマータイさんの植林活動「グリーンベルト運動」を支援しています。

About 事務局スタッフBlog.

MOTTAINAIキャンペーンに関わるスタッフがイベント情報や、MOTTAINAIキャンペーンを通じて感じたことなどをつづったブログです。


研究員ブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

MOTTAINAIクリック募金

前日までの募金額
無題ドキュメント