アミ奉行は日本を救う?こげた焼肉は許しません!

アミ奉行は日本を救う?こげた焼肉は許しません!_e0105047_13302079.jpg

Photo by kimishowota


-----------------------------------
Q 誰にも取られず、こげた焼肉
焼肉屋に入るとテンションが上がって、どんどん網に肉を乗せますが、しばらくすると網の死角に、あわれな姿で発見されたりします。モッタイナイ。肉に対してモウシワケナイ。(亮さん)
-----------------------------------

まずは、皆さんの意見を見てみましょう。

YES 93.3% NO 6.7%

やや!これはいつになく高い割合でモッタイナイが!
皆さんお肉には厳しいモッタイナイの目を向けているようですね!

具体的なご意見を見てみても、

多少、焦げててもちゃんと食べます!っていうか、お肉が焦げるまで焼くことなんて、ぜったいにありません!焦げたとしても、焦げをとって食べます。(ぎゅうさん)




肉は全て食べなぁぁぁ!!!!!!!!!!!!牛さん豚さん鳥さんに悪いと思わないのかい!!!!!このおおばか野郎が!(団さん)

というきびしい意見が続々と。モッタイナイので本当にそういうことはやめましょう。うっかりでは済まされません。モッタイナイので炭になっていても、癌のリスクを負っても食べてください。よろしくお願いします。

まあ、冗談はさておき、この問題は、日本人にとって非常に大きな問題のようで『焼肉の掟―オーダーの鉄則から、アミ奉行作法まで』なんていう本まで出ていますし、「焼肉の作法」をうたったブログ記事なんかも星の数ほどあります。

これ以上かわいそうなお肉が生まれないように、それらを私なりに分析してみました。その結果、焼肉屋でのルールはまず大きく2つに分けることができることがわかりました。それは、

アミ奉行は日本を救う?こげた焼肉は許しません!_e0105047_141142.jpg



1.自己責任型
2.アミ奉行型


1は、自分が食べる肉を自分で乗せ、好みの焼き具合で食べるというもの。これならお肉が焦げるのも自己責任となって、モッタイナイ!となることは少なくなりますが、しゃべるのに夢中になっていっこうに箸が進まない人がいたり、逆に遠慮をせずに食べまくる人がいたりすると、不公平感が出てしまう恐れがあります。

2は、誰かがアミ奉行となり、みんなのお肉を網に乗せ、食べごろになったら食べるよう促すという方法です。アミ奉行が優秀ならば、食べごろにお肉をそれぞれが食べたいだけ食べることができ、みんなが満足できるわけです。

ですので、2のほうがお肉のモッタイナイ!も防げるし、美味しいお肉も食べれるし、理想的なわけですが、そのような優秀なアミ奉行は実に得難いわけです。しかもアミ奉行になってしまうと、網に付きっ切りでなかなか会話を楽しむことができないという難点もあります。

でも、「モッタイナイ!」と思って楽しめないくらいなら、アミ奉行をやったほうがいい!と私はいいたい! モッタイナイ!と思ってしまう人は、アミ奉行道を極めて、二度とモッタイナイ!ということがないように精進するべきだ! それが世のため人のためになるということなんだ! と大げさながら提案してみるのです。

「なら、アミ奉行になろう!」と思って下さった殊勝なあなたはぜひゲームでシミュレーションを。なぜか漫画「テニスの王子様」の焼肉ゲームなんてのが公開されています。
また、iPhoneユーザの方にはもっとリアルなアプリもあります。

これで修行して、次回の焼肉ではぜひ見事なアミ奉行っぷりをみせてください!

アミ奉行は日本を救う?こげた焼肉は許しません!_e0105047_13534655.jpg

Photo by kenleewrites



さて、最後に真面目な話を。

焦げて食べられなくなってしまった焼肉はもちろんもったいないですが、そもそも肉を食べるということは贅沢なことで、ある意味では肉を食べること自体がモッタイナイ!ともいえるかもしれません。

その理由はといえば、食肉を生産するのにかかる熱量は穀物を生産するよりはるかに大きいからです。現在の世界の食糧不足を考えると、穀物を食肉の飼料にするというのは大変モッタイナイことなのです。牛肉を生産するにはカロリーベースでその約10倍の穀物が必要となります。つまり、穀物をそのまま食べれば牛肉を食べる10倍の人が食糧を得られるというわけです。これは飢餓がいまだ大きな課題となっている世界では重大な問題です。

でも、だからと言ってベジタリアンやビーガンになれ!と言っているわけではありません。やはりお肉を食べると元気になるし、元気になれば効率も上がって無駄が省けることもたくさんあります。重要なのは、お肉を食べるということが贅沢だということを意識すること、生き物が生き物を食べるという連鎖の末にこのお肉を食べることができるのだと考えられれば、焦がして食べられなくしてしまうとか、残してしまうとか、そんなモッタイナイことはできないはずではないでしょうか?

昨今、「食育」ということがよく話題に上りますが、「食育」とはそのように食べ物を無駄なく美味しく食べることの意味を知り、食べ物がどのように私たちの口までやってくるのかを知り、そのありがたみを知るということです。ということは、アミ奉行は、大げさではありますが実は「食育」を実践しているといえるのかもしれませんね…

最後に、そんな「食育」を実践するアミ奉行を目指すあなたにオススメの映画を。

ブタがいた教室 (通常版) [DVD]

『ブタがいた教室』
前田哲監督、妻夫木聡主演。実話をもとに、クラスでブタの“Pちゃん”を飼った小学生たちの2年半の奮闘と、最後にPちゃんを「食べる」か「食べない」かという大きな問題をめぐって展開される子供たちの葛藤を描いた感動のドラマです。


MOTTAINAIからはじめること
→ 「食」について考えてみる
→ アミ奉行の修行をする


---------------------
★あなたが『コレってMOTTAINAI!!』と思う事をコチラから是非教えてください。
★YES・NOに答えるのはコチラ
   by mottainai-team | 2010-10-25 14:02 | コレってMOTTAINAI? | Comments(0)   

【JEN通信】スーダンで、の学校3校、ついに完成しました!

MOTTAINAIフリーマーケット 回収ステーションへ、本やCD、DVDを持ってきてくださったみなさま、いつも温かいご支援ありがとうございます。国際協力NGO JEN東京本部広報インターンの田中はなえです。皆さまが回収ステーションへ持ち寄ってくださった本やCDの買い取り額が、スーダンでは、学校の校舎建設と衛生教育へと役立っています。

6月のご報告では、スーダンで行っている衛生教育について、ご紹介しました。今回は、先ごろ無事に建設工事を終えた南スーダン中央エクアトリア州の学校の、完成までの道のりをご紹介します。

南スーダンの学校と聞いてまず何を思い浮かべますか?

この地方での典型的な学校は、泥壁でこしらえた小屋の中に、50人を超える生徒がガヤガヤとひしめき合い、ずいぶん賑やかです。落ち着いて勉強するというにはほど遠いと言えるでしょう。小屋の中に入れた子どもはまだ良い方で、あぶれた生徒は屋外の木の下でお勉強。青空教室といえば聞こえはいいですが、雨が降れば学校はお休みですし、授業に集中することもままなりません。

この状況を改善するため、ジェンはUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)と支援者の皆様のご協力を得て、南スーダンの中央エクアトリア州の州都ジュバに、3つの学校を建てました。
このプロジェクト、実は子どもたちのためだけではありません。

工事を始めるにあたってジェンはまず、地元の人々と話し合いをしました。そこで、学校運営委員会を作ります。今度はその委員会のメンバーに「作業に参加できる人を最低20人以上集めてください」とリクエスト。

【JEN通信】スーダンで、の学校3校、ついに完成しました!_e0105047_11164273.jpg

地元の人とのミーティング。プロジェクトについて、丁寧に説明します。

この「地元の人々の事業への参加」というプロセスはとても大切です。住民のほとんどは、内戦を逃れて他の地域に避難していて、やっとの思いで故郷に戻ってきた「帰還民」と呼ばれる人たち。この人たちが作業へ参加することで建設についてのノウハウを身につけ、将来安定した仕事を見つけ、定住するためのステップにするのです。

始めたころの様子。いわゆる「さら地」です・・・。
【JEN通信】スーダンで、の学校3校、ついに完成しました!_e0105047_1122258.jpg

現場の一つ、「ソンバ」の「建設予定地」。大きな石や岩もゴロゴロ出てきます。

野原をさら地にするのは最初、途方もない仕事に思えました。「巨大なブルドーザーがいる!」という意見もありました。けれど、がんばり屋の現地エンジニア、ロバート君の「自分たちの手でできる」のひと声で、プロジェクトはそのまま進められることに。地元の人びと総出で鋤(すき)や鍬(く わ)を使って、あっという間に地面の掘削がおわりました。

【JEN通信】スーダンで、の学校3校、ついに完成しました!_e0105047_11231370.jpg

頼りになるのはマンパワー!鋤と鍬で一生けんめいに地ならしをします。

【JEN通信】スーダンで、の学校3校、ついに完成しました!_e0105047_11231575.jpg

工事は順調!ミキサー車が大活躍。

【JEN通信】スーダンで、の学校3校、ついに完成しました!_e0105047_11231427.jpg

「みんな集まって!土地の調査をはじめますよ!」

【JEN通信】スーダンで、の学校3校、ついに完成しました!_e0105047_11231468.jpg

測量作業は真剣そのものです。うしろに見えるのは、スーダンの典型的な建物「トゥクル」。泥の壁でできている、もともとの校舎。


建物の工事中、作業を妨げるアクシデントに見舞われることもあります。選挙の騒動や、民族間のいさかい、洪水。工事を遅らせるのはこういう大きな問題ばかりとは限りません。あるときは、日夜学校を警備する羽目に陥りました。犯人はなんと、周辺に住むヤギたちです。

【JEN通信】スーダンで、の学校3校、ついに完成しました!_e0105047_11335016.jpg

これ、何だか分かります?犯人=ヤギの犯行の証拠、「足跡」。

【JEN通信】スーダンで、の学校3校、ついに完成しました!_e0105047_11362043.jpg

建物の基礎部分です。よくみると、周りにヤギさんが・・・
夜な夜なやってきては現場を歩き回り、生乾きのセメントの上に足跡を残して仕事を台無しにするのです!

【JEN通信】スーダンで、の学校3校、ついに完成しました!_e0105047_11373443.jpg

抜けるような青空のもと、上へ上へと積み上げられていく石材。

【JEN通信】スーダンで、の学校3校、ついに完成しました!_e0105047_11374635.jpg

建物に真っ赤なドアがつきました。

【JEN通信】スーダンで、の学校3校、ついに完成しました!_e0105047_11381231.jpg

出来上がり間近の教室。ここに子どもたちの笑い声があふれるのも、もうすぐです。


学校が完成間近となったとき、生徒みんなで最後の仕上げをしました。植樹です。子どもたち自身が8種類の違う木の苗から選び、1校につき120本、自分たちの学校の敷地内に植えました。みんな大喜びです。

【JEN通信】スーダンで、の学校3校、ついに完成しました!_e0105047_1138424.jpg

完成した校舎をバックに、好きな木の苗を持って、みんなにっこり!

これで、子どもたちにひとり1本、自分が世話をして、成長を見守る木ができました。新しい学校の校舎で学びながら、木が日光を浴びて育っていく様子を教室の窓から見ることができるようになります。自分たちが植えた木の下で、友だちと一緒にお昼ごはんを食べる日も来るでしょう。もしかしたら数年後には、その木からマンゴーの実がとれるかもしれません!

【JEN通信】スーダンで、の学校3校、ついに完成しました!_e0105047_1139290.jpg

私の木、元気に育て!

JENスーダンの活動について、もっと知りたい?
くわしくは、こちらへ 
http://jenhp.cocolog-nifty.com/jen_sudan/

JENって、どんな活動をしているの?
くわしくは、こちらへ
http://www.jen-npo.org/

MOTTAINAIフリーマーケットで本を寄付する?
http://www.mottainai.info/fleama/about.php


パキスタン地震の被災者へ、緊急支援を実施します。
くわしくは、こちらへ
   by mottainai-team | 2010-10-18 11:43 | フリーマーケット | Comments(0)   

気持ちのこもったご祝儀袋、捨てる?どうする?

気持ちのこもったご祝儀袋、捨てる?どうする?_e0105047_1847275.jpg

Photo by yostos


-----------------------------------
Q 結婚式の祝儀袋
結婚式のご祝儀袋。最近ではかなり凝ったデザインのもあるし、お値段も結構高い。でも一回使ったら捨ててしまうんですよね?もったいないです。(ミッチさん)
-----------------------------------

まずは、皆さんの意見を見てみましょう。

YES 80.5% NO 19.5%


モッタイナイ!と思っている方は多いようです。確かにご祝儀袋っていい紙を使っているし、それを一回で捨ててしまうっていうのはもったいないですよね。でも、伝統的な習慣だし、もったいないからと言ってやめるわけには行かないし、どうしたらいいのか…

ということでまずはご祝儀袋の意味について考えてみましょう。

ご祝儀袋とはつまるところ“包装”です。慶事に贈り物をする場合何かに包んで、水引と熨斗を載せて贈るという習慣が簡略化されてご祝儀袋となったわけです。慶事は繰り返すほどいいということで、包む紙は1枚ではなく2枚とするのが決まりごとになっていますが、それ以外に特に「こうしてはいけない」という禁止事項はありません。つまり、頂いたご祝儀袋を使いまわすことも特に問題はないし、再生紙を使ったご祝儀袋を贈ってもいいということです。

まず、もらった側はどうすればモッタイナクナイのか、考えて見ましょう。

まず頂いたご祝儀袋を他の誰かの結婚式で使うという方法が考えられます。ただ、使いまわしだとわかってしまうと気分を害する人もいると思うので、誰にでもというわけには行かないかもしれません。まあ、モッタイナイ!と思っている80%の人はおそらく使いまわしを逆に歓迎するのではないかと思いますので、それほど神経質になることはないのかもしれません。

でも、何十枚ものご祝儀袋を使いまわす機会などそうありません。そこで、次はご祝儀袋を他のものに作り変えて使う使い道を考えてみましょう。たとえば、ryoさんは

一旦ばらばらにして葉書みたいにつくり変えて結婚式に来てくれた方へのお礼状に大変身させる

という意見をくださいました。これはいいですね!手作りのハガキで気持ちをお返しするというのはとてもいいアイデアだと思います。

同じように作り変えられるものとしては、「箸袋」を作るやり方を発見しました。


気持ちのこもったご祝儀袋、捨てる?どうする?_e0105047_18491150.jpg

ご祝儀袋で作る「箸袋」

結婚式に来てくださった方をホームパーティーに招待して、こんな箸袋でお迎えしたらステキじゃないでしょうか?

話は変わりますが、タイでは、ご祝儀は招待状が入っていた封筒に入れて持っていけばいいそうです!なんとも合理的なシステムですね。日本でも招待状を贈る際に、そのように但し書きをしておけば、その封筒でもってきてくれる方も多いことでしょう。結婚式というのは結婚する2人が自分たちについていろいろなことを伝える場でもあるので、そうやって「モッタイナイ」という気持ちを持っているということを伝えるのもアリなんじゃないでしょうか?


では、逆に贈る側としてはどういう方法があるでしょう?

まずは環境にやさしいご祝儀袋を使うという方法です。もっとも一般的なのは再生紙を使ったご祝儀袋を贈るというもの。手軽ではありますが、ちょっと芸がないですね。そこで見つけたのがこちら!



なんと、間伐材を使ったご祝儀袋です。
間伐材は森を生育していく過程でどうしても出てしまう木材ですが、建築用途にはむかず、あまり利用されていないのが現状です。国内の森を育てるためにも国産間伐材の積極的な利用が求められており、この商品もそれを推進するひとつのアイデアとなっています。
ですので、このご祝儀袋を使えばそれだけで環境にわずかながら貢献していることになるわけです。


また、もう少し発想を変えて、もらった人がその後も使えるご祝儀袋で贈るという方法もあります。最近よく見るようになったのが手拭いをご祝儀袋として使うという方法です。これは見た目も美しく、もらったほうも嬉しいということで人気を集めているようです。今のところこれが一番わかりやすくて楽しい解決方法のように思えます。



ただ、あまりに普及してしまって全員が手拭いだったら使いきれなくなってしまって、それはそれでもったいないですが…

あるいは、再利用とは少し違う方向ですが、そのまま飾っておけるような美しいご祝儀袋で贈るという考え方もあります。MOTTAINAIショップでも商品を扱っている永田哲也さんはご祝儀袋も作っています。永田さんは、和菓子の木型を使って作って和紙でアートな実用品を作る方です、そのご祝儀袋もまさにアート、飾っておきたくなるご祝儀袋です。

気持ちのこもったご祝儀袋、捨てる?どうする?_e0105047_18562934.jpg




いろいろ書いてきましたが、なんと言っても大事なのは「気持ち」です。贈る側ももらう側もご祝儀袋というモノにどのような気持ちを込めるのか。「モッタイナイ!」と考えてご祝儀袋を再利用するのがふさわしいときもあれば、新品を送らないと気持ちがこもらないと感じることもあると思います。「モッタイナイ」という気持ちと「祝福したい」という気持ち、その2つが両立するようなご祝儀袋の使い方を身につけたいものですね。



MOTTAINAIからはじめること
→ モッタイナイの気持ちをこめて贈りましょう
→ なるべくモッタイナクナイ商品を探しましょう


---------------------
★あなたが『コレってMOTTAINAI!!』と思う事をコチラから是非教えてください。
★YES・NOに答えるのはコチラ
   by mottainai-team | 2010-10-13 19:06 | コレってMOTTAINAI? | Comments(0)   

菓子型と和紙が織りなす“和菓紙”の世界

MOTTAINAI Lab.研究員の永田哲也さんが銀座で展覧会を開催するそうです。
日本全国から集めた和菓子の木型を使って作られた作品は、とてもあたたかく見る度に癒されます。みなさんもぜひ一度ご覧になってみてください。

菓子型と和紙が織りなす“和菓紙”の世界_e0105047_16261588.jpg

菓子型と和紙が織りなす“和菓紙”の世界_e0105047_16262956.jpg


◇詳細は和光並木ホールを御覧ください。 
   by mottainai-team | 2010-10-04 16:51 | Lab日記 | Comments(0)   

CALENDAR

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

About MOTTAINAI

ワンガリ・マータイさんが提唱する環境キャンペーン。
この言葉には資源有効活動3R+Respectが込められています。
「MOTTAINAI」はさまざまな活動を通してマータイさんの植林活動「グリーンベルト運動」を支援しています。

About 事務局スタッフBlog.

MOTTAINAIキャンペーンに関わるスタッフがイベント情報や、MOTTAINAIキャンペーンを通じて感じたことなどをつづったブログです。


研究員ブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

MOTTAINAIクリック募金

前日までの募金額
無題ドキュメント