シブヤ大学MOTTAINAI学科授業報告:1泊2日のエコツアー(1日目)

9月29日(土)と30日(日)の1泊2日で、シブヤ大学MOTTAINAI学科ははじめての校外学習を行ってまいりました。

シブヤ大学MOTTAINAI学科
天ぷらバスと電車で行く!
赤城自然塾 自然エネルギー体感エコツアー


今日はその1日目の様子を写真とともにご紹介します。

シブヤ大学MOTTAINAI学科授業報告:1泊2日のエコツアー(1日目)_e0105047_1625633.jpg

(上左)AM8:30 東武浅草駅集合。特急に乗って赤城へ出発!
(上右)電車の中ではお互いの自己紹介を・・・このときはまだ遠慮がち
(下左)赤城駅からはバスに乗って移動。酸性霧といわれる深い霧の中を進みます。
(下右)本日の目的地、『国立赤城青少年交流の家』に到着

シブヤ大学MOTTAINAI学科授業報告:1泊2日のエコツアー(1日目)_e0105047_16401343.jpg

いったんお昼を食べて・・・

最初の授業。『松枯れ林地散策』に出かけます。
シブヤ大学MOTTAINAI学科授業報告:1泊2日のエコツアー(1日目)_e0105047_16404586.jpg


「松枯れ」とは、言葉通り「松」が「枯れ」る現象。
赤城山周辺では、もう30年以上も松枯れに悩まされているのだそうです。
この原因。長い間、外来種の「松食い虫(マツノザイレンチュウ)」のしわざだとされ、国による農薬散布が継続的に行われてきたそうですが、最近になって、松枯れは大気汚染や酸性霧、それに農薬散布が返って悪影響を与えているのでは・・・?!などの複合的要素によるものとの見方も出てきているんだとか・・・そんな悩ましいお話を伺いつつ林地を散策します。

因みに。
つたが絡まっている松の木を見て「なんかステキ♪」なんて思ったら大間違い。
弱って死に掛けている松につたが寄生しているのだそうです。怖い・・・。

シブヤ大学MOTTAINAI学科授業報告:1泊2日のエコツアー(1日目)_e0105047_1650896.jpg


その後。
炭焼き職人、小林武夫さんの指導のもと炭窯作りのお手伝いをしたり、
チェインソーを使って木を切ったり、
薪を割るお手伝いもさせていただきました。

真ん中の写真は枯れた松の木がチェインソーで切り倒された瞬間。
中が腐っていたためか、バガーーン!という大きな音とともに粉々に砕けたのには驚きました。

シブヤ大学MOTTAINAI学科授業報告:1泊2日のエコツアー(1日目)_e0105047_1704428.jpg

夕方からは講義を聴く時間。
(上左)森林の会事務局長 宮下正次先生による講演
 『炭は命も救う』
(上右)前橋工業高校教頭 橋本利夫先生による講演
 『赤城南面の松枯れについて』
シブヤ大学MOTTAINAI学科授業報告:1泊2日のエコツアー(1日目)_e0105047_1723226.jpg

その後はナイトウォークで本物の「闇」を楽しんで・・・

シブヤ大学MOTTAINAI学科授業報告:1泊2日のエコツアー(1日目)_e0105047_173529.jpg

夕食&先生も含めた地元、群馬の方との交流会。
フロンガス回収日本一の会社「中島自動車電装」の社長さんや、手品が上手な「㈱グンゴー」という地元メーカーの社長さんなどなど、普段なかなかお会いできない色々な方がいらっしゃいました。
ナゼか最後は全員で肩を組み、「ふるさと」を熱唱。
「うーさーぎーおぉ~~いし♪」ってそれはもう楽しそうなみなさんの様子です^^。
朝は電車の中で控えめに自己紹介をしていたハズの人たちが夜はガッツリ肩を組んで合唱(笑)

こうして1日目の夜は更けていき・・・
明日は5時半起床で『早朝自然観察ウォーキング』だというのに、そんなことはお構いなしに盛り上がり、案の定、ほとんどの方がツライ翌朝を迎えるのでした。

<つづく>
   by mottainai-team | 2007-09-30 23:11 | シブヤ大学 | Comments(0)   

MOTTAINAI Labプランター2007秋

ネキリムシの幼虫登場から2週間。
その間MOTTAINAI Labでは(幼虫を見つけることに若干の喜びを感じながら)
害虫駆除が日課となり、やっとすべての(たぶん…)害虫を駆除し終わりました!

MOTTAINAI Labプランター2007秋_e0105047_154746100.jpg


そして秋の収穫に向けて新たな種をまくことに・・・。
まずは、土の中に卵の殻を砕いて入れ(害虫退治に役立つそうです)、
良質の土にするためにMOTTAINAI有機質肥料を混ぜ合わせます。

MOTTAINAI Labプランター2007秋_e0105047_1650764.jpg


MOTTAINAI有機質肥料は、生活排水を有効利用した環境配慮型リサイクル商品で、植物にとって嬉しい微生物が沢山入っているそうです。

そしてMOTTAINAI Labプランター2007秋は・・・、
はやどり小松菜、はつか大根、べかなの三種。

MOTTAINAI Labプランター2007秋_e0105047_16554481.jpg


芽が出るのが楽しみだな~♪
でも一番の楽しみは、収穫&試食ですけど・・・(笑)。

*ゆっこ*
   by mottainai-team | 2007-09-27 16:58 | ガーデニング日記 | Comments(0)   

隠れコンテンツ~mokko日記~

MOTTAINAI Labには、「コレってMOTTAINAI?」や「ワクワク未来ニュース」、
研究員ブログ」などなど、色々なコンテンツがあるのですが・・・

実は、このトップページには、隠れコンテンツがあるんです!!

それが・・・もっこ日記!!

MOTTAINAI Labにお手伝いに来ているmokkoちゃんの日記なんです。

このコンテンツを見るためには、MOTTAINAI Labのトップページの『Lab×研究員TOPICS』の上にある扉(∞がくるくる回っている扉です)をクリック!!

すると『もっこ日記』を見ることが出来ます。

隠れコンテンツ~mokko日記~_e0105047_1532710.jpg


今日は特別に、ある日の日記を一枚だけ公開しちゃいます!!

隠れコンテンツ~mokko日記~_e0105047_159196.jpg


4月から日記を書いているので、ぜひバックナンバー(月別の日記)も見てくださーい!!

かなりの力作揃いです!!!!

今すぐ∞扉をクリック!!!!mokko日記を見てくださいね~♪

*ゆっこ*
   by mottainai-team | 2007-09-26 15:13 | Lab日記 | Comments(0)   

MOTTAINAIのチラシ

多くの方にMOTTAINAIキャンペーンのことを知ってもらうために、チラシを作りました。

MOTTAINAIのチラシ_e0105047_16171727.jpg


MOTTAINAIキャンペーンのチラシなんだから、
「すぐに捨てられちゃうようなもったいないチラシにはしたくない!」と思い、
色々考えた結果、裏面にもプリントをしてこんな風に活用できるチラシにしました!

じゃ~ん!!

ブックカバーになるんです!!

MOTTAINAIのチラシ_e0105047_1620173.jpg


このチラシは今のところ、シブヤ大学MOTTAINAI学科の授業。
MOTTAINAIフリーマーケットで配っています。
(まだまだ配布している場所が少なくてすみません・・・)


そして今日9月20日から23日まで東京国際フォーラムで開催している『東京JAZZ』用のバージョンも作成!

MOTTAINAIのチラシ_e0105047_1624324.jpg


ブックカバーにすると、ピアノを弾いているように見えるんです☆

MOTTAINAIのチラシ_e0105047_16201015.jpg


どこかでこのチラシを見つけたら、ぜひブックカバーとして活用してくださいね♪

*ゆっこ*
   by mottainai-team | 2007-09-20 16:28 | Lab日記 | Comments(6)   

カラスの晩餐

今日もまたネキリムシのお話です。

カラスの晩餐_e0105047_15452277.jpg


100匹を超える大量のネキリムシを捕獲したものの、
殺すのはどうにも恐ろしく、
できるなら、自然に風化してくれないかとひとところにまとめていたら・・・

カラスが

カラスが!

夕方カラスがやってきて、食べていきました。

ナント
MOTTAINAI Labのテラスで食物連鎖の現場を目撃できるとは思ってもみませんでした。

カラスの写真を撮ろうとしたのですが、撮れなかったので、
ネキリムシを発見する前のプランターと発見したのちのプランターの写真を・・・。

カラスの晩餐_e0105047_154746100.jpg


今度はほうれん草などを植える予定です♪
ではまた!


*ゆき*
   by mottainai-team | 2007-09-19 20:37 | ガーデニング日記 | Comments(0)   

シブヤ大学1周年記念!!

渋谷の街をキャンパスにして、地域密着型の無料講座を展開し、多くの人気を集めてきたシブヤ大学。今年1月からはMOTTAINAI学科も開設し、毎月すぐ実践できるMOTTAINAI講座を行ってきました。

そんなシブヤ大学が9月で1周年を迎え、先日シブヤ大学1周年記念パーティが
表参道ヒルズで行われたので行ってきました!
会場にはkurukkuやアースディマーケットの美味しそうな料理が並び、
これまでシブヤ大学に携わった多くの人が集まっていました。

シブヤ大学1周年記念!!_e0105047_15423377.jpg


まずは学長の左京さんからの挨拶。
これまでシブヤ大学の講師として参加した人の数はなんと100人!
そして授業に参加した生徒も5000人を超えているそうなんです!!

シブヤ大学1周年記念!!_e0105047_15401720.jpg


そしてここでもシブヤ大学の授業がスタート!
海外で活躍するパントマイムユニット・が~まるちょばのパフォーマンスが披露され、が~まるちょばの考える“パントマイム”とはこういうものだ!と言うものを教わりました。
とっても面白くて素敵な二人なので、機会があったら、ぜひパフォーマンスを見に行ってみてください!!

シブヤ大学1周年記念!!_e0105047_15475279.jpg


シブヤ大学MOTTAINAI学科では、これからもスグに実践できるMOTTAINAIをコンセプトに、面白くて役に立つ授業を色々企画していきますので、よろしくお願いします。
詳しくは、MOTTAINAIオフィシャルサイトや、 シブヤ大学のHPをご覧ください。

*ゆっこ*
   by mottainai-team | 2007-09-19 15:51 | シブヤ大学 | Comments(0)   

モッタイナイから捨てられない・・・、そんな時には!!

MOTTAINAI Labには、「これは、モッタイナイからなんとかしたい!」というお問い合わせが、日本全国の皆さんから数多く寄せられるのですが、特に多いのが・・・
「着なくなった衣類を処分したいけど、モッタイナイからどこかに寄付したい。」
「まだ使える文具を捨てるのはモッタイナイからどこかに送りたい。」など、
寄付に関するお問い合わせ。

残念ながらMOTTAINAIキャンペーンでは、途上国への寄付は行っていないのですが、衣類や文具などの収集を行っている団体があるので、いくつかご紹介させていただきます。

※各団体によって、収集しているものや収集方法などは違います。
事前に必ず各団体に連絡をして、送る際の注意事項を確認してから送ってください。
(送る際にかかる送料は、基本的に自己負担になっています)
また海外へ中古衣料を送るためには、自宅から受け入れ団体までの宅配便代と受け入れ団体が海外へ送るための輸送費(ダンボール1箱につき2000円前後)など、負担が必要となることがあります。

※特に中古衣類は、キレイでまだきちんと使えるものを送ってくださいね。

**********************************************************
<中古衣類など>
日本救援衣料センター 
〒658-0023兵庫県神戸市東灘区深江浜町22-2
TEL:06-6271-4021  FAX:06-6271-4022
Tシャツ・ズボンなどのカジュアル服・毛布など

マザーランド・アカデミー・インターナショナル
<命の尊さ等しさを行動で子どもたちに伝える母の会
 
〒140-0004東京都品川区南品川5-16-14
TEL:03-3450-5829(平日21時~22時)初回は往復ハガキでFAX:03-5461-8929
中古夏冬男女一般衣料・オーバー・背広・企業制服・毛布・布地・靴・帽子・バッグ・ぬいぐるみ・ボタン・折りたたみ傘・文房具など

**********************************************************
<学用品など>
●(財)ジョイセフ(家族計画国際協力財団)
〒162-0843 新宿区市谷田町1-10 保健会館新館6階
TEL 03-3268-5875 FAX 03-3235-9774
*学用品(未使用のノート、筆記用具(鉛筆、ペン等)、絵の具、クレヨンなど)
*外でも遊べるボール等(例:サッカーボール・バレーボール・縄跳びなど)
*体重計や巻尺(電池や電源が必要ないもの)
*使用済み切手、書き損じはがき、その他使用済み券各種など


**********************************************************
<使用済みテレフォンカード・切手・外国コイン・ディズニーランドチケットなど>
(社)日本キリスト教海外医療協力会(JOCS)
〒169-0051 新宿区西早稲田2-3-18-23
TEL 03-3208-2418

(財)緑の地球防衛基金
〒101-1162 千代田区神田駿河台1-2 馬事畜産開館B1
TEL 03-3233-3376 FAX 03-3233-1248

「世界の子どもにワクチンを」日本委員会(JCV)
〒100-0013 千代田区霞ヶ関3-6-14
TEL 03-3591-0623 FAX 03-3591-0624

使用済みのテレフォンカードや切手、ディズニーランドの半券などは海外の収集コレクターに販売され、その売り上げが国内・国外のさまざまな福祉のために、役立てられているそうです。
**********************************************************

他にも、様々な収集ボランティア団体があります。
いらなくなったものをすぐに捨てるのではなく、「モッタイナイの気持ち」を忘れずに、まだ使えるものは色々な団体へ寄付する方法もあることを、ちょっとだけ覚えていてくださいね。

*ゆっこ*
   by mottainai-team | 2007-09-18 17:11 | コレってMOTTAINAI? | Comments(0)   

シブヤ大学MOTTAINAI学科授業報告:黒田昌郎先生

9月15日(土)のシブヤ大学MOTTAINAI学科。
ふたつ目の授業は、MOTTAINAI Lab研究員 黒田昌郎先生による

『フランダースの犬が教えてくれること~忘れてしまうにはもったいない名作』

でした。
「フランダースの犬」とMOTTAINAIがどういう関係があるのか?!
と疑問に思われる向きもあるかもしれませんが・・・
MOTTAINAI Labの活動の中で黒田さんのお話をうかがううちに、「あっ、フランダースの犬って本当はそういうことだったのか」「この話は他の人にも聞いてもらわないとモッタナイナイ」「監督のキモチを継承していかねば・・・」と思うようになっていったのです。

エコ、環境、だけじゃないMOTTAINAI学科の授業があってもいいんじゃないか、と。
そこで今回の授業を企画しました。

さて当日は、実際の「フランダースの犬」の映像を交えながら先生に・・・

1)テレビアニメ創世記のお話
2)フランダースの犬~原作とアニメの違い
3)悲劇の仕掛け方。泣かせの法則について
4)あまりに有名なラストシーン。本当に描きたかったこと・・・
5)監督のお気に入りのシーンは、実は・・・

というような流れでお話うかがいました。

シブヤ大学MOTTAINAI学科授業報告:黒田昌郎先生_e0105047_1619337.jpg


フランダースの犬というと、どうしても悲劇の定番のような取り上げられ方をしますが、監督が本当に描きたかったのは死の悲しさではなく生きることの喜び

超有名なアニメのラストシーン。
ついに息絶えたネロとパトラッシュを天使が迎えに来て、天に召されていくというあのシーン。
あれは実は、監督は最後まで悩んでいたのだそうです。

結末が「死」の作品をどう子どもに見せるのか?
死を美化したり、逃避の死であってはならない。子どもたちに、死によって厳しさから逃れて別天地で幸せが得られるのだという誤解を与えたくない。

そんな葛藤のすえ、アニメ版の放映から20年のときを経て制作された「劇場版フランダースの犬」で、ずっと心にあった「死」の描き方に、ある結論を出した監督。
その結論とは・・・!

というようなお話を1時間半。

実際の映像を見る場面では、客席(生徒席)からぐすんぐすんと涙ぐむ声も聞こえてきたり、と、なんだかとっても心豊かな時間でした。また機会があれば、黒田監督のモッタイナイお話をきく授業第2弾!なんていうのも企画したいと思います!

なにしろ黒田監督は、「フランダースの犬」や「ふしぎな島のフローネ」「ピーターパン」などの世界名作劇場シリーズのほかに沢山の作品の演出を手がけられていて、古くは「ゲゲゲの鬼太郎(モノクロ時代の第1回放送回から!)」「魔法使いサリーちゃん」それから伝説のラストシーンで知られる「タイガーマスク」などなど・・・言ってみれば日本アニメの礎を築いたひとり。まだまだ聞きたいお話は沢山ありそうです。

最後にみんなで記念撮影をしました。

シブヤ大学MOTTAINAI学科授業報告:黒田昌郎先生_e0105047_16424390.jpg


参加してくださった生徒のみなさま、どうもありがとうございました!


※次回のシブヤ大学MOTTAINAI学科は、10月20日(土)島本美由紀先生再登場!MOTTAINAIレシピを教えていただく予定です。
   by mottainai-team | 2007-09-16 16:50 | シブヤ大学 | Comments(0)   

シブヤ大学MOTTAINAI学科授業報告:真田和義先生

9月15日(土)渋谷の電力館8階でシブヤ大学MOTTAINAI学科を開催しました。
9月はシブヤ大学1周年ということで、MOTTAINAI学科も特別に2講座開催。

13時からは、MOTTAINAIキャンペーン事務局長・真田和義先生をお迎えし、
MOTTAINAIキャンペーン入門!「MOTTAINAIはこうして始まった!もったいないとワンガリ・マータイさん」の講座を行いました。

シブヤ大学MOTTAINAI学科授業報告:真田和義先生_e0105047_1512575.jpg


真田先生からは、ワンガリ・マータイさんや「モッタイナイ」という言葉との出会い、
MOTTAINAIキャンペーン設立にいたるまでの経緯についてのお話のほかに、
“人生はタイミングが大事。3つの○○ン(『ロマン』『ガマン』『ソロバン』)が必要だ!”というお話を伺いました。

シブヤ大学MOTTAINAI学科授業報告:真田和義先生_e0105047_15211258.jpg


これまで、MOTTAINAI学科では「すぐ実践できるMOTTAINAI」をテーマに体験型授業を開講してきましたが、今回の講座を通して多くの方にMOTTAINAIキャンペーンのことを知っていただくことが出来ました。

シブヤ大学MOTTAINAI学科「MOTTAINAIはこうして始まった!もったいないとワンガリ・マータイさん」にお越しいただいた皆様、ありがとうございました。

シブヤ大学MOTTAINAI学科授業報告:真田和義先生_e0105047_1524202.jpg

   by mottainai-team | 2007-09-15 15:25 | シブヤ大学 | Comments(0)   

ネキリムシその後

昨日は取り乱しぎみのブログをアップしてしまいました。
すみません。

さて。

ネキリムシのその後ですが・・・
(Labのテラスをプロデュースしてくれた)ガーデンデザイナーの中村愛さんにレスキュー電話をしたところ、


*土をよく混ぜ返したほうがいい
*幼虫は全部取る

とのお言葉をいただき、
スタッフみんなで土を掘り起こし、
だいたい80匹(!!!)ほどのやつらを捕獲しました。

※今回写真はアップしません^^

ナインチェさん、よろず屋の、さんもアドバイスありがとうございます。
(コニーさんもいつもコメントありがとうございます)

さあ!あとはこの虫をどうするか?

・・・・・・。

とりあえず、容器に集めて様子を見ることにしました。
どうやら土から出してひとところに集めると弱る傾向があるようで、
このままいけば、殺さなくとも自ら息絶えるかなー、と。

あと、今後の対策としては、卵の殻を土に混ぜるといいとかいうお話も聞きました。
さっそく実践してみたいと思います。

今日は最後に衝撃写真ではなく、
ほっとするガーデニングのひとコマをアップします。

<収穫したローリエを乾燥させるの図>
ネキリムシその後_e0105047_20153318.jpg

ローリエは乾くと丸まるようです。かわいい。
シチューなどに使いたいと思います。

それではまた。


*ゆき*
   by mottainai-team | 2007-09-14 20:19 | ガーデニング日記 | Comments(1)   

About MOTTAINAI

ワンガリ・マータイさんが提唱する環境キャンペーン。
この言葉には資源有効活動3R+Respectが込められています。
「MOTTAINAI」はさまざまな活動を通してマータイさんの植林活動「グリーンベルト運動」を支援しています。

About 事務局スタッフBlog.

MOTTAINAIキャンペーンに関わるスタッフがイベント情報や、MOTTAINAIキャンペーンを通じて感じたことなどをつづったブログです。


研究員ブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

MOTTAINAIクリック募金

前日までの募金額
無題ドキュメント