ツマをツマミにするレシピ。これであなたもモッタイナイ料理上手に!

ツマをツマミにするレシピ。これであなたもモッタイナイ料理上手に!_e0105047_17101081.jpg
Photo by Dennis Wong

★コレってMOTTAINAI?★
刺身のつま
お刺身についている“つま”って、あまり食べないんですが、必ずついてきますよね。
私、アレはもったいないからいらないと思うんです。
みなさんは、どうですか?(築地好き☆さん)



スーパーなどでお刺身を買うと必ずと言っていいほどついてくる刺身のつま、食べればいいんでしょうが、そんなにたくさん食べられるものでもない。
食べない人も多いのだから付けなくてもいいのに、モッタイナイ!と思うこともありますよね。皆さんのご意見はどうでしょう?


YES 32%:NO 68%


意外にも?「NO」が3分の2を占めました。
「NO」という方は、「食べるのでもったいなくない!」という意見が圧倒的でした。
中には「むしろ刺身よりメイン」という方も。
私も、大根にポン酢をつけて大葉でくるりと巻いて食べたりしますが、パサパサになっているものがあったり、お刺身から出たドリップが沁み込んで赤くなっていたりすると食べる気もなくなってしまいます。
そんなときはモッタイナイ!と思ってしまいますね。

でも、そもそも、刺身のつまは何のためについているのでしょうか?

まず、「つま」という言葉には「」または「」という漢字が当てられます。
まず「妻」という字には主に対する従という意味があり(夫婦が対等な現代では怒られそうですが、あくまでも漢字の意味なので、ここは穏便に…)、料理の添え物に対して「つま」という言葉があてられたという説があります。
もうひとつの「端」という字は見ての通り「端っこ」という意味です。
こちらは、そもそもはあらゆる料理に添えられる添え物のことを端(つま)に載せるものとして「つま」と呼ぶようになり、いつしかそれが刺身にだけ用いられるようになったという説です。

いずれにしろ「つま」は「添え物」ということのようです。
しかし、単に添え物とは言っても、意味がないわけではありません。
つまの主役である大根には消化を助ける作用があり、消化不良を予防します。
また、シソには食中毒を防ぐ働きがあります。
冷蔵庫のなかった時代には痛みやすく食中毒を起こすことも多かった生魚を長持ちさせる工夫だったわけです。

とはいえ、今はお刺身はきちんと冷蔵されているので、衛生面から言うとつまは必要はありません。でも、見た目や彩りも食べ物の重要な要素、パックに生魚だけが盛られているより、白い大根や青い大葉が入っていたほうが食欲をそそるもの、やはり「つま」は添え物でもあったほうがいいと思います。

というわけで、そのつまを無駄にしないためのレシピをいくつか紹介していきましょう。
題して「ツマをツマミに!大作戦!!」

その前にツマはお刺身のドリップなどを吸っている場合があり、生臭くなってしまうので、水洗いしておきましょう。しんなりしてしまっている場合は、氷水につけるとシャキっとしますよ!

まずは、個人的にツイッターで刺身のツマレシピについてきいてみたところ、いくつか美味しそうなレシピが寄せられたので、ご紹介します。

====================
☆簡単和風ツマミ
つま(大根)と千切りにした大葉に、ゴマ油と塩をまぶし、鰹節と刻みのりを乗せる。

☆簡単洋風ツマミ
つま(大根)と細切りのロースハム、カッテージチーズ、乾燥パセリを和え、塩胡椒で味を整える。
====================

これだけで十分美味しそうですね… お酒が進みそうです。

さらに、レシピ検索No.1の『クックパッド』で検索「大根 ツマ」と検索して、それを参考に、レシピを考えてみました。

ツマをツマミにするレシピ。これであなたもモッタイナイ料理上手に!_e0105047_17171889.jpg
target="_blank">Photo by nekotank(写真はイメージです)

まずは、サラダから。
====================
★大根とツナのサラダ
[材料]
・つま(大根) 適量
・つま(大葉) 適量
・ツナ缶 1缶
・ゴマドレッシング 適量

[作り方]
つま(大根)と千切りにした大葉に、ツナ缶のツナを加え、市販のゴマドレッシングで和える。

====================

★ちょっと贅沢!ツマとホタテのサラダ

[材料]
・つま(大根) 適量
・つま(大葉) 適量
・ホタテ缶(ほぐし身) 適量
・ポン酢
・マヨネーズ

[作り方]
つま(大根)と千切りにした大葉に、ホタテ缶(ほぐし身)を加え、ポン酢とマヨネーズで和える。

====================

続いて、本格的なツマミ!
====================
★ツマの大根もち
[材料]
・つま(大根) 100g
・干しえび 少々
・小麦粉 50g
・水 50cc

[作り方]
つま(大根)は10cm位に切り、フライパンにごま油をひき、炒める。あれば干しえびも一緒に。ボウルに小麦粉と水を同量入れて混ぜ、その中に炒めた大根を入れて混ぜる。油を敷いたフライパンに流し入れ、両面がこんがりと色づくまで焼く(厚さは1cmくらい)。


====================
★ツマの鶏そぼろ煮
[材料]
・ツマ(大根) 100g
・ツマ(大葉) 20枚くらい
・鶏ひき肉 50g
・砂糖 適量
・醤油 適量
・みりん 適量

[作り方]
ツマ(大根)は10cm位に切る。
鍋にサラダ油をひき、鶏ひき肉を炒めます。
ひき肉がほぐれてきたら、砂糖、醤油、みりんを加え、ひき肉がぽろぽろになるまで炒める。
そこにツマ(大根)を加え、しんなりするまで炒め、しんなりしてきたら強火にし、大根から出た水分を飛ばす。大葉に適量を乗せてくるりと巻いて食べる。

====================

いっそ、お刺身と一緒にツマミに!
====================
★マグロとツマのキムチ和え
[材料]
・マグロ(ブツ切り) 適量
・つま(大根) 適量
・キムチのタレ 適量

[作り方]
マグロとツマ(大根)それぞれをキムチのタレを和える。
マグロの上にツマを載せる。


====================
★白身魚のカルパッチョ
[材料]
・白身魚(薄切り) 適量
・つま(大根) 適量
・ベビーリーフ 適量
・醤油
・オリーブ油
・パルメザンチーズ

[作り方]
つま(大根)を10cm位の長さに切り、皿に敷く。
白身魚を薄切り(5mmくらい)にし、大根の上に載せる。
周りにベビーリーフをあしらい、醤油とオリーブ油を同量あわせたものをかけ、仕上げにすりおろしたパルメザンチーズをふりかける。

====================

これで刺身のツマが美味しいツマミに!
「捨てようかな」と思っている食材でアイデアレシピを考えるというのは意外と楽しいもの。
真の料理上手は余りモノであっという間に美味しいものを作ってしまうのです。
これであなたも料理上手になれるかも!


MOTTAINAIからはじめること
→ 捨てる前に料理法を考えてみる。
→ 工夫を凝らして料理上手になる!

   by mottainai-team | 2010-08-09 17:46 | コレってMOTTAINAI? | Comments(0)   

CALENDAR

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

About MOTTAINAI

ワンガリ・マータイさんが提唱する環境キャンペーン。
この言葉には資源有効活動3R+Respectが込められています。
「MOTTAINAI」はさまざまな活動を通してマータイさんの植林活動「グリーンベルト運動」を支援しています。

About 事務局スタッフBlog.

MOTTAINAIキャンペーンに関わるスタッフがイベント情報や、MOTTAINAIキャンペーンを通じて感じたことなどをつづったブログです。


研究員ブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

MOTTAINAIクリック募金

前日までの募金額
無題ドキュメント