迷惑メール対策はやっぱり基本とこつこつが大事

迷惑メール対策はやっぱり基本とこつこつが大事_e0105047_1753764.jpg

Some rights reserved by Betchaboy

今や「メールが無かった時代はどうやって仕事してたんだっけ…?」と思ってしまうくらいメールで連絡を取るのが当たり前な時代です。毎朝何十通とかヘタすると何百通というメールを処理している人もいるのではないでしょうか?そんなメールの処理の時に困るのが迷惑メール。あまりにたくさんあると大事なメールが埋もれて見逃してしまうことも…
今日のMOTTAINAIはまさにそんなもったいないです。

-----------------------------------
Q 迷惑メール
毎日大量に送られてくる迷惑メール。あまりにもすごい量のため、大切なメールを探すのも一苦労。迷惑メールを削除する時間がもったいないです!!(しのぶさん)
-----------------------------------

みなさんの意見はどうでしょうか?

YES 90.6% 
NO 9.4%


そうでしょう、そうでしょう。本当にそうです。

みなさんもそうでしょうが、私も自分の時間が本当にもったいない気がしてきたので、ちょっとしっかりと考えてみようと思います。まずは分析、ということで昨日(平日)1日でどれくらいのメールが来たのか、調べてみました。

メールの総数は153通、うち仕事の連絡が8通、ソーシャルメディアなどの通知が8通、完全なスパムが41通で、一番多かったのはいわゆるDMやリリースで96通でした。DMやリリースは自分で登録したものや楽天やアマゾンからくるもので、一応件名だけをザーッとながして要りそうなものはキープしておいてあとで読むという感じです。96通の内、今回キープしたのは4通でした…

仕事用なのか、プライベート用なのかとか、いわゆるプロバイダメールなのか、自社ドメインのアドレスなのか、などいろいろな条件があってそれぞれ異なるとは思いますが、一般的に言ってスパムDMにどう対応するかということだろうと思います。

そこで、それぞれに場合に分けて対処法を考えてみましょう!

まずはDM

これははっきり言って簡単です。必要ではないものは購読をやめる。それだけ。だいたいこういうDMやメルマガというのは取り始めるときは「有益そうな」情報があって、それを知りたくて取り始めるわけです。ポイントが貯まるとか、セール情報が載ってるとか、仕事で使えそうな最新情報が手に入るとか、そういう感じで。で、最初は「ふむふむ」といって読むんですが、結局毎度同じような情報ばかりなので、来たらすぐゴミ箱行きになってしまうわけです。それがどんどん増えていくと。なら、購読をやめればい。面倒くさいですが、いるのか要らないのかを判別して要らないものはヤメればいいのです。

と、何度も書いているのは、そんなことを書いている私が面倒くさくてなかなかそれをやらないから… 重い腰を上げてやりましょう!「楽天が勝ったから明日はポイント2倍!」という情報を楽天が勝つ度に送って貰う必要はないはずです!

そして、次はSPAMです。

これは厄介です。どこから情報を得たのかわからないけれど、突然送りつけられるメール。購読をやめる方法も無いですし、時には上手く偽装されて「必要なメールなんじゃないか?」と開いてしまうこともあります。

まずは基本、ということで日本データ通信協会という法人がやっている迷惑メール相談センター(そんなものがあるんですね)が作成している「迷惑メール対策BOOK」というのをおすすめしておきます。まずは基本、と書きましたが、この冊子(PDFでダウンロードできます)がかなり詳しくて、これを読めばかなり対処できるように思えます。ので、重要そうなところをかいつまんで書いておきます。

まずは、「識別情報を含むURLやリンクをクリックしない」というもの。まあこれはご存じの方も多いでしょうが、最近はHTMLメールでURLを偽装しているものも増えているので、気をつけたいですね。身に覚えのないHTML形式のメールマガジンが送られてきて「不要な場合はこちらから解除」というリンクがあったら、それは識別ようの偽装リンクであると疑ってかかったほうがいいです。誤って踏んでしまうと大量のメールが毎日送られてくることになってしまいます。

次は「フォルダ分け」。迷惑メールを識別して即ゴミ箱へというフィルタリングをやっている方は多いと思いますが、そうではなくて必要なメールをフィルタリングしてそれ以外を受信トレイに残すというフィルタリングの方法があります。私もやっていますが、仕事で使うメールの場合は特に社内のメールや特定の相手先のものはフォルダに分けてしまうというのが有効です。見逃しはありますが、忙しい時などは助かります。

もう一つは「複数のアドレスを使い分ける」というもの。プライベート用と仕事用を分けるというのは多くの人がやっていると思いますが、仕事用でもアドレスが2つくらいあると便利です。というのも、仕事で使うメールアドレスも名刺に載せてあったりすると、だんだんとあまり必要ではないメールが来るようになります。そこで、絶対に重要な連絡しか来ないメールアドレスを設定するのです。会社によって出来るところとできないところがあるとは思いますが、例えば今携わっているプロジェクトに関するメールだけを受信するアドレスを作っておけば、いまほんとうに必要な情報は見逃さずに済みます。

あとは、逆に「使い捨てアドレス」を使うという方法もあります。迷惑メールが来るようになる仕組みというのは情報の漏洩です。資料請求とかプレゼント応募とかネットショッピングとかに使ったアドレスが漏れて迷惑メールが来るようになるわけです。それをあらかじめ防ぐのがいわゆる「捨てアドレス」、その時だけ使えるアドレスを使って連絡して、連絡の必要がなくなったらすぐに無効にするというものです。例えば「連絡in」というサイト(⇒http://renraku.in/)は30分有効なアドレスをすぐに発行してくれて添付ファイルなども送れます。

ここまで「対策」の方法について書いてきました。なんだか話が複雑になって、「どうしてここまでしなきゃいけないんだ!」とすら思えてきましたが、迷惑メール対策でもっとも有効なのは予防です。忙しい時に迷惑メールに埋もれていらいらしないためには、時間に余裕のあるときに予防策を打っておくことが何よりも重要なのだと思います。これぞMOTTAINAIを防ぐ時間の有効活用ではないでしょうか。

しかし、そもそも迷惑メールなんてものがなくなってしまえばもっといいですよね。なんと国内のISPが扱うメールの70%が迷惑メール!だそうで、国も実は10年も前に「特定電子メール法」という法律を定め、対策に乗り出しています。知っていましたか?私は知りませんでした。この法律は迷惑メール業者に罰金などの刑法罰を課すことが出来る法律で、かなりの抑止効果があるのではないかと思います。そして、その迷惑メール業者に関する情報は一般のユーザーからも受け付けています。

その方法は、受け取った迷惑メールを添付したメールを日本データ通信協会の専用アドレスmeiwaku@dekyo.or.jp)に送るというものです。詳しくはサイトを見てもらうとしてOutlookなどで使えるプラグインも用意されていて、意外と簡単にできますので、繰り返し同じ業者からメールが送られてくる等の場合には利用してみてください。また、報告の際に送信元にカーボンコピーを送るとそれだけで抑止力になるという裏ワザ(もあるようです。

■ MOTTAINAIからはじめること

迷惑メール対策は予防から
時間は有効に使おう!


-----------------------------------
★あなたが『コレってMOTTAINAI!!』と思う事をコチラから是非教えてください。
★YES・NOに答えるのはコチラ
   by mottainai-team | 2012-08-09 18:14 | コレってMOTTAINAI? | Comments(0)
  
<< MOTTAINAIフリーマーケ... MOTTAINAIフリーマーケ... >>

CALENDAR

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

About MOTTAINAI

ワンガリ・マータイさんが提唱する環境キャンペーン。
この言葉には資源有効活動3R+Respectが込められています。
「MOTTAINAI」はさまざまな活動を通してマータイさんの植林活動「グリーンベルト運動」を支援しています。

About 事務局スタッフBlog.

MOTTAINAIキャンペーンに関わるスタッフがイベント情報や、MOTTAINAIキャンペーンを通じて感じたことなどをつづったブログです。


研究員ブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

MOTTAINAIクリック募金

前日までの募金額
無題ドキュメント