ポストに入っていて迷惑なチラシであんなものやこんなものを作っちゃおう!

ポストに入っていて迷惑なチラシであんなものやこんなものを作っちゃおう!_e0105047_16524991.jpg


さっそくですが、今回の「コレってMOTTAINAI?」は?

-----------------------------------
Q ポストに入ってるチラシの山
ムダにポストに入るピザのチラシなどなど。ポストに入ってるチラシの山。ほとんど見られることもなく捨てられるのに…。もったいなすぎる。(tomboさん)
-----------------------------------

チラシです。住んでいるところにもよると思いますが、本当にチラシ多いですよね。中には役に立つものもありますが、はっきりってほとんどはまったく読むこともなく捨てることになります。もちろんリサイクルゴミとして出すわけですが、印刷やリサイクルに使われるエネルギーはモッタイナイ!と思います。

みなさんの意見はどうでしょうか?

YES 95.9% 
NO 4.1%


やはり、圧倒的ですね。
しかし一方でまったく効果がないわけではないので、「作るな」という訳にはいかないこともわかります。「受け取るチラシのカテゴリを選択できるようにする」という意見もありましたが、出す側としては新たな市場を開拓したいわけで、無作為に配ることが重要なのでそれもなかなか難しいと思います。

そんな中、ちゃあさんのご意見は参考になります。

- - - 捨てられることがほとんどだけど、お店にとっても大事な宣伝だとは思うので、用紙のサイズを小さくする、頻度を少なくする、チラシ以外の広報の方法を考えるなどの企業努力も必要だと思う。それか、マンションやアパートならそこに協力を頼んで、掲示板を利用させてもらえるよう、お互いに協力していくといいとおもう。- - -

配るにしても省資源に取り組むこと、例えば小さい簡潔なメッセージを印刷したチラシを配って、興味を持った人はパソコンやケータイで詳しい内容を見られるようにするとか。もしそんな小さくて効果的なチラシを作ることができたら、その企業は広告の打ち方としてもセンスがあると思えるし、省資源に取り組んでいるという点でも好感が持てて、すごくイメージが上がるように思えます。

メディアの変化に応じて広告のあり方も変わってきていますので、そのように変化していくというのが必然という気もしますが、変化にはまだまだ時間もかかるわけですし、ネットを使っていない人ももちろんいるわけなので、いくら広告のあり方を変えようと頑張ってもすぐにこのモッタイナイ!が解消することはないでしょう。

それならば、いやいやながらもらってしまったチラシがなるべくもったいなくならないような工夫もしなければなりません。

一番簡単な方法はリユースですね。裏が白いチラシならメモ帳としてリユースできます。とはいえそんなにたくさんメモ帳があっても使い切れないので、他の方法も考えなければなりません。そんなヒントになればとMOTTAINAIでも「ブックカバーになるチラシ」というのを配ったことがあります。

紙は折ればいろいろな形になるので、リユースの方法が結構あります。要はおりがみで、そんなアイデアを沢山載せた本なんかも出ていたりします。

チラシでおる生活雑器―リサイクルおりがみ

実用チラシ折り紙

くず入れなんかはいちごを食べてる時にヘタを入れたり、みかんを食べてる時に皮を入れたり、さくらんぼを食べてる時に種を入れたり、そんな時に便利です(食べ物の例ばかりですみません)。

これはアイデアとしてはいいと思いますが、これもなかなか溜まっていくチラシ全部をつか切るというのは難しい。そこで、高知のおばちゃんが新聞紙でエコバッグを作っているという記事を思い出しました。

これは新聞紙でエコバッグを作って環境保全に役立てようという活動ですが、なんとボストンの美術館に置かれたり、からも注文があったりしたんだとか。それだけ質が高いものだということですね。現在は「しんぶんぶ」という「四万十川新聞バッグインストラクター」たちが部活動として活動を継続しているようです。
「そんなの持ってたら格好悪くない?」と思う方も多いと思いますが、これが意外といいんです!

ポストに入っていて迷惑なチラシであんなものやこんなものを作っちゃおう!_e0105047_1659119.jpg
Some rights reserved by kobapan
新聞紙で作れるなら、大きさは違えどチラシでも作れると思うので、「作ってみたい!」という方はワークショップなどに参加してみてはいかがでしょうか?

それでもごみになってしまうチラシは古紙回収でリサイクルしてもらいましょう。古紙は回収率が約78%、利用率が62%(2010年実績)とリサイクル率は比較的高いですが、どうしても費用分価格が上がるためこれをさらに上げていくには消費者の理解が必要になってくると言われます。「チラシがモッタイナイなぁ」と思ったら、それを古紙回収に出し、そのぶん古紙を使った紙製品を買うというのも「モッタイナイ!」を解消するためには大事な行動なのです。

■ MOTTAINAIからはじめること

工夫していろいろなものを工作してみよう!

リサイクル製品を積極的に購入しよう!



-----------------------------------
★あなたが『コレってMOTTAINAI!!』と思う事をコチラから是非教えてください。
★YES・NOに答えるのはコチラ
   by mottainai-team | 2012-04-16 17:30 | コレってMOTTAINAI? | Comments(0)
  
<< MOTTAINAIフリーマーケ... MOTTAINAIてづくり市開催報告 >>

CALENDAR

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

About MOTTAINAI

ワンガリ・マータイさんが提唱する環境キャンペーン。
この言葉には資源有効活動3R+Respectが込められています。
「MOTTAINAI」はさまざまな活動を通してマータイさんの植林活動「グリーンベルト運動」を支援しています。

About 事務局スタッフBlog.

MOTTAINAIキャンペーンに関わるスタッフがイベント情報や、MOTTAINAIキャンペーンを通じて感じたことなどをつづったブログです。


研究員ブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

MOTTAINAIクリック募金

前日までの募金額
無題ドキュメント