カテゴリ:ペオ エクベリ( 30 )

   |   

MOTTAINAI投票を!/ 文:ぺオ・エクベリ

a0083222_16212058.jpg


Ahhhhhhh!

先日、ヨーロッパ(EU選挙 *)では、「MOTTAINAI投票」のパワーで、
ヨーロッパ人がこれまでより多くの「エコカシコイ政治家」を選んだのです!!

*)欧州議会の選挙

理由は簡単。国民が温暖化をストップしてほしいからです。

日本ではどうでしょう? 
たとえば、あなたはヨーロッパのように、ストップ温暖化に前向きな政治家を探していますか?


私が初めて日本に来たとき、日本人の知り合いに「今の政治はどう思いますか?」と聞いたら、ほぼみんなただ笑っていました。僕は22才でしたが、その「自分の世界に関する無関心」のような答えに大変驚きました。政治についての簡単な会話でもできないのはMOTTAINAI!


私が小学生のころ(inスウェーデン)の授業では、各政治党についてを調べたり(新聞の中など)、先生とクラスメートとディスカッションをしないといけなかった。目的は社会を積極的に変えるため、投票の大切さを学ぶことです。


一番おもしろかったことは、学校での「学校選挙」。先生たちが学校体育館の中に本物の投票所のような状態を作り、学校内で選挙を行ったのです。小中学生の一人ひとりが授業で調べた政治党の中から、一つを投票をしました。学校選挙の結果も発表し、子どもたちがゲームみたいにとても盛り上がりました!
a0083222_19324851.jpg

スウェーデンではこの学校選挙のおかげで、大人になって本当の国選挙に参加するときに初めてという感じがしません。やっぱりすごいと思います。「投票」という形で社会への影響ができる、思うより難しくないのです。 

日本人でもヨーロッパ人と同じことできると思います。「MOTTAINAI社会」に本気に変えたければ、マイ箸やマイバッグ運動だけは十分ではありません。「MOTTAINAI投票」が社会を変える近道なのです。
   by mottainai-lab | 2009-06-12 16:27 | ペオ エクベリ | Comments(1)   

Mottainai Taxi/文:ペオ・エクベリ

エコに関する美しい言葉は言いやすいが、実行しなければその美しさの意味はない。

私は全国で環境講演をしているが、温暖化を防ぐため去年から国内線の飛行機をやめて電車に切り替えた。海面に沈む島の国やホッキョクグマ、日本の珊瑚翔を守りたいという簡単な理由だった。

言いわけなし、日本でもできる気候カシコイ移動がいろいろある。タクシーもそう!
最近エコタクシーがかなり増えていると思わない?
私はタクシーに乗らないといけない時、まずはエコタクシー(ハイブリッド車)がないかをチェックする。私の簡単な調査によると、東京中心の場合ハイブリッド車はほとんどどこでも5分以内に現れるよ!!

この間も、妻と一緒にタクシーに乗ろうとした時「ちょっと待って、エコタクシーあるかも!」と探してみた。
このエコカシコイ一瞬の我慢だけで、30秒以内にハイブリッドタクシーが現れた!
簡単!30秒の我慢のおかげで、15分の満足になった!普通は逆よね。

(そのタクシー会社によるとCO2は一般のタクシーより約4分の1だけ - 75%削減!)。しかも一般の化石タクシーより安かった!

環境破壊タクシーに乗る時代が終わりました!化石タクシーに乗る言い訳の時代も終わりました!!
a0083222_23512126.jpg



私は最近、九州や北海道への出張もありましたが、飛行機の代わりに電車に乗りました。
a0083222_23493468.jpg

温暖化を防ぐためには当然ですが、同時にいろんな人と話したり、飛行機から見えない美しい日本の風景や夕日も見ることができます!!
   by mottainai-lab | 2009-04-11 23:50 | ペオ エクベリ | Comments(0)   

Climate Smart? 気候カシコイ決断?「日本全国の学校をソーラー学校に切り替える」  文・ペオ エクベリ

総理の「2兆円プレゼント」は温暖化防止のため使えば…

…日本から世界中にこんな素晴らしいニュースが流れるかもしれない:


------------------------------------------------
NEWS: 世界初!日本全国の学校が100%ソーラーになる!! 
------------------------------------------------
”日本政府が提出した予算案で、日本全国の学校を100%
ソーラーエネルギーにするため、2兆円が割当てられました。

2兆円で何枚のソーラーパネルが手に入るかというと、
全国の学校で100%ソーラーを設置するには十分の枚数です!

政府担当者:
「ソーラー学校”は子どもにとって、素晴らしい“教科書”になります。
より明るい将来のための希望を与えます。次世代への投資でしょう。」

ソーラー学校の環境で育つ子どもたちが社会人になったら、
次の世代は自動的にグリーンエネルギーのプチ専門家になる、
再生可能エネルギーに関する新しい仕事も生まれるはず!

しかも京都議定書も達成しやすくなる。

------------------------------------------------

…現実に戻りましょう。総理が“ソーラー学校”を考えたら、

国民への“2兆円プレゼント”はより役に立つのではないでしょうか?

日本のイメージもUp!

総理の電話番号、どなたか知りませんか?



※計算:Japan Timesによる全国の学校の数(高校まで)/横浜市の小中学校の年間電力使用量/

京セラのソーラーパネルの値段/行政が得る割引...に基づく計算です。


a0083222_17114798.jpg

あなたは不可能型or可能型or未来型?
   by mottainai-lab | 2009-03-05 17:15 | ペオ エクベリ | Comments(2)   

【エコツアーinスウェーデン Part 1】あなたは気候カシコイですか?/文・ペオエクベリ

スウェーデンでは「温暖化」のかわりに「気候カシコイ」と言います。
あなたは「気候カシコイですか?

a0083222_1940610.jpg


毎年、スウェーデンへのエコツアーをやっています。

a0083222_19402710.jpg



◆目的はシンプル:
  失敗事例と成功事例を学んでから、日本も環境先進国になること!

◆背景:
  日本は現在、温暖化防止のための約束
  「京都議定書」達成していない(CO2=8%増)が、
  スウェーデンは達成(CO2=マイナス9%減)。



去年は日本の銀行+エコを目指す居酒屋チェーンを
連れて行きました(エコビジネス研修)。
そのとき見た日常生活…


◎到着する前からエコ!
飛行機がまだエコじゃないが、今でも「気候カシコイ」ことは体験できる。 首都ストックホルムの空港は世界初の空港として「Green Landing」を前から実行。 到着する前にエンジンをスローダウンして、到着までに浮かんで到着する。 とても静、びっくり!しかも1回ごと900kgCO2の削減。(比較:1人日本人が60年間レジ袋を断ると同じCO2量)


◎到着してから、コーヒー飲みたい、
スターバクス見つけた!毎日フェアトレードのコーヒー(公平なコーヒー)がある。(日本のスターバクス:月に1日だけ、残りの29日間は不公平なコーヒー)


◎コンビニでもエコ
プラスチックは石油=温暖化=ホッキョクグマの絶滅…日本人の皆さんすでに知っていることと思う。 スウェーデンのコンビニでのホッキョクグマを守るための 「気候カシコイ」体験できる! 空港内のセブンイレブンでバナナを1本買った。包装がない。しかもバナナはオーガニック!そして、コンビニのレジ袋は有料(22円)… (なぜ日本のコンビニはホッキョクグマを守りたくない?)

a0083222_19433784.jpg



◎風で街への移動
空港から街へ、3つの「気候カシコイ」移動方法がある:
1.CO2ゼロの電車(風力や水力で動く) 
2.バイオエタノールのバス(菜の花油)
3.エコタクシー(ハイブリッド車)。

a0083222_19441163.jpg


到着ターミナルの外には日本よりハイブリッドのエコタクシーが待っています。しかも消費者に分かりやすい「葉」や「花のブケー」の目印がドアに付く。 (あなたはどれに乗りたい?風or花orハイブリッド?面白い!!)


◎「何がほしい?車それとも移動?」。気候カシコイ言い方と思わない?
日本ではまだほとんどないが、専用自転車道路が各街の数100kmの距離があちこちあるため、5km以内の通勤なら車より早く会社に着く。市民の3人に1人が 自転車通勤をする街は多い。


a0083222_1945271.jpg

a0083222_19463427.jpg



車をやめて自転車に切り替えれば給料アップ!という「エコボーナス」(インセンティブ)を導入した会社もある!健康?もちろん!スウェーデンの大人向けた環境教育の言い方:「1枚のチョコレートを食べても、5kmまで自転車に乗ればメタボにならない」。

経済の利点も大きい!車を売って、かっこいい自転車を買換える人が非常に増えています。その自転車のコストはすぐに相殺して、乗りながら家計がとてもよくなっています!


◎最後に…
日本ではメタボの問題がない、CO2も増えていない、市民の家計もグッドなので、スウェーデンみたいなことはしなくともいい?(笑)

あるいは、日本でもできると思ったらぜひ政治家にメールを送りましょう!あなたの理想の街づくりは市町村の公式ホームページからEメールは送ることができるよ!

インターネットでの検索キーワードは:
「000市 市長の部屋」 or 「000市 市民からの提案」or 「000市 市民の声」



日本人は世界で最も親切な国民の一つと私は思う(今まで行ったことがある60カ国からの経験)。ですから、親切な街も作らないのはMottainai!
   by mottainai-lab | 2009-02-25 20:00 | ペオ エクベリ | Comments(0)   

TOYAKOサミットや京都議定書は遠く離れていると感じるのはMOTTAINAI!/文:ペオ・エクベリ

TOYAKOサミット!温暖化。CO2削減。
It`s time for MyCO2(マイ・シーオーツー) !
自分のCO2を知らないのは「体重計のないダイエット」と同じ。MOTTAINAI!
計りましょう!自分のCO2。そこで、"MyCO2"(マイ箸、マイバッグ、マイ・シーオーツー)。
スウェーデン発の丸ごとライフスタイルのCO2テスト、日本版。
TOYOKOサミット中ぜひチェックして下さい →  www.myco2.net

a0083222_12304662.jpg


...ところで、私は最近スウェーデンを案内したエコツアーから帰ってきました(次回発表!)。
スウェーデンの場合:京都議定書を達成しています。CO2も減っています。
日本の場合:現在京都議定書の約束を破れています。CO2が増えています。
日本ではすばらしい努力があるのに。

a0083222_12313665.jpg


■じゃあ、何が違うか?
自分のCO2を計ること、かもしれません。

また、省エネに関する見方かもしれない。

日本の場合:「電気を消して、節電しましょう!」
悪くないけれどワクワクしますか?
スウェーデンの場合:「電気を消せば、より明るい将来になる!」
う~ん、考えさせられる…。


■何が違うか? 
目標を明確にすることや、数字の意味の紹介の仕方かもしれない。

日本の場合:「電気を消す=年間1人あたり100グラムのCO2削減」
でも何のための100グラムでしょう?
日本に住んでいる私たちは京都議定書を達成するために、年間1人あたり約1300kgのCO2削減(=目標)が必要です。(※環境省)
目標達成のために、たとえば100グラム単位の“削減のためのヒント”が必要だとすると、だいたい1万種類。 1万種類のヒントを覚えられますか?

a0083222_12323237.jpg


スウェーデンの場合:「省エネ電球に切り替える=年間1人あたり100kgのCO2削減」
アッ! より大きいな数字ですよね。1300kgの目標と比較やすい。簡単!


京都議定書を達成するための「スウェーデン流」のヒントを見てください!
目標は忘れないでね(年間1人あたり約1300kgのCO2削減。)
あなたも楽々京都議定書を達成できるよ! (すべては年間1人当たりの数字です)

a0083222_12325778.jpg


出典は国内・国外のデータ: 国連、Chicago University, 日本環境省、WWF International,
オーストラリアカーボンオフセット会社、スウェーデンの自然保護協会、Panasonic(日本)。
   by mottainai-lab | 2008-07-09 12:34 | ペオ エクベリ | Comments(1)   

温暖化:日本の可能性が見えないのはもったいない!/文:ペオ・エクペリ

エコに関する次の英語を聞いたことがありますか?
If you are not a part of the Solution, then you are a part of the Problem.
“あなたが 解決の一部 でなければ、あなたが 問題の一部 になる”

中立はない、という意味です。温暖化の場合、あなたはどちら側ですか?

「問題側」については、皆さんもうすでにいっぱい知っていると思います(ホッキョクグマの問題、日本での車のアイドリングの問題、南米やアフリカでの森林伐採・干ばつの問題)。

でも今回は、温暖化に関する「解決側」に立ちましょう! 
今月(4月)から温暖化を防ぐための約束「京都議定書」が始まっている。温暖化の問題になっているCO2を6%減らさないといけない。無理? いや、絶対可能!!

私とワイフは日本に住んでいる。
しかし、いまのライフスタイル(家庭+仕事+遊び)の中で、私たちはすでにCO2を60%減らすことを成功した! しかも、日本でのエコライフスタイルのお陰で24万円/年、節約できました。「日本では無理」というよりも、「日本、だからこそできる!」という「解決側」の話をぜひ皆さんに紹介したいです。

背景
私たちの一般的な「1日」を紹介します(例えば金曜日)。
苦しみながらCO2を削減するよりも、楽しみながら減らすこと。

しかも、京都議定書は大幅に達成!! 思うより簡単。

目標は「CO2を約1300kg削減/1人」=京都議定書(環境省/2004年)です。
各行動の数字は1年間の合計です。出典は国内や国外の政府・NGO・カーボンオフセット会社・消費者協会・大学です。

どう思いますか? 
私たちはCO2を約2000kg減らすために、苦しまなければいけないのでしょうか?
いいえ、苦しむ必要はありません。


おはよう! 約10kgのCO2カット! 
でも、どうやって?
答え:オーガニックベッド
a0083222_2294151.jpg


朝食!
約70kgのCO2カット! 
でも、どうやって?
答え:国産の朝食
a0083222_2302249.jpg


着替える
約25kgのCO2カット!
答え:オールオーガニック服
a0083222_233229.jpg


仕事
仕事へ
約266kgのCO2カット!
答え:車の代わりに、自転車通勤(週に3回)
a0083222_234594.jpg


好きなコーヒーを飲みながら、働く
約813kgのCO2カット! 
でも、どうやって?
答え:風力パソコン、ソーラーケータイ、リユースカップ(コーヒー)
a0083222_2345261.jpg


ランチタイム!
約413kgのCO2カット!
答え:オーガニックランチ
a0083222_237897.jpg


遊び
ワイフへの花!!
約164kgのCO2削減。
でも、どうやって?
答え:プレゼントやモノ、食品を買う時、
包装や箱を少なくする+No Bag!
a0083222_2393238.jpg


ワイフと一緒に映画へ行って、
その後、素敵なディナーやワインを!
約191kgのCO2カット!
答え:近くの映画館へ、
オーガニックワイン(月に1回)とベジタリアンフード
a0083222_2403589.jpg
a0083222_2414555.jpg


おやすみ!(ハイブリッドのタクシーで帰りながら約5kgのCO2カット!)


a0083222_2422748.jpg

   by mottainai-lab | 2008-04-21 02:51 | ペオ エクベリ | Comments(2)   

Do you believe in Pink Bicycles? ピンク自転車を信じていますか?/文・ペオ・エクベリ

スウェーデンではエコ教育の中「何のためエコをやらないといけないの?」をよく聞かれます。
今回のコラムには答えは現れる...かもしれません。
以前の「オーガニックコーヒー」のつづき、

今回は「オーガニックジーンズ」と"ピンク自転車"についてです。


あなたの服と世界のつながりって考えたことがありますか?

例えば:
オーガニックでないモノを選ぶことは、
--->殺虫剤を使う農家が病気になる 
--->給料が減る  
--->子どもを学校へ行かせることができない  
--->教育を受けることができない  
--->貧しさから乗り越えられない...

...という結果になることも珍しくありません。
これは本当の意味で MOTTAINAI と思いませんか?


でも、この「悪MOTTAINAI循環」から逃げ出す方法は実際に思うより簡単:
私たちがオーガニックなものを選ぶ!
そして、もしエコな選択肢がなければ消費者として声を出すによってオーガニックなどの選択肢が増える可能性がビックリするほど高い!!

これは「ピンク自転車現象」と呼ばれています。
えっ?ピンク...何?
ピンク自転車現象!スウェーデンで習った「エコマジック」です。

例えば、あなたが好きになった人が、ピンク自転車に乗っているとします。
あれ?急に、あなたにとって街中あちこちにピンク自転車が現れてきませんか!
これはもちろん、ピンク自転車は急に増えたわけではないが、
ただ、今まであなたはピンク自転車を意識していなかっただけです。
でも、好きな人がピンク自転車に乗っているという理由であなたの頭の中の新しい「窓」が開いたのです。
これが「ピンク自転車現象」です。


エコもまったく同じ。
オーガニックな商品が見つからないとき、店の人に一言(声を出すこと):
「オーガニックのモノがありますか」と聞くだけで、店員さんの頭に新しい「窓」を作ります!
その店ではすぐにオーガニックのモノを導入しないかもしれないが...
いつか、新しい商品を仕入れるとき、「オーガニック」という言葉に気づく(あなたのおかげ)。
このきっかけでいつか店の人はオーガニックなものを導入するかもしれません。


数ヶ月前の話ですが、私とワイフはオーガニックジーンズを渋谷へ探しに行った。
海外のLEVI'sの場合(スウェーデン、イギリス、アメリカなど)では5種類ほどの女性用や男性用のオーガニックジーンズがあるって知ってる?すごいでしょう!
でも最近まで、日本のLEVI'sでは1種類もなかった。
そこで、いろんな人がLEVI's に「オーガニックジーンズを日本でも入れてほしい!」と伝え、今はオーガニックジーンズがある!
やった!!

でも...店に行ったら...何と、男性用のオーガニックジーンズしかない!ビックリ。何で?
僕はうれしかった(買った/写真)けど、ワイフはがっかり。
店の人に「女性もオーガニックの服への関心が高まっているからぜひ仕入れてください」という提案をしてきました。


私は実際は店向けにもエコに関する講演をします。
店のオーナーからよく言われることの一つ:
「ペオさん、私たちは新しいことをやりたいけど、お客さんは声を出さないので、何を望んでいるか分からない...」


Hmmm。
「ピンク自転車現象」って、思うより大事ね。
皆さんもぜひ日本を変えるため -いや、世界を変えるため- 
「ピンク自転車現象」を起こしませんか?

エコって、世界の人々の生活や命も助けるし、新しいエコビジネスにもなる、ゴミや温暖化に影響するCO2も少なくなる。しかも、ファッションの場合、自分の肌にも優しい。


a0083222_11353866.jpg

今年の秋頃、オーガニックジーンズも提供しているスウェーデン生まれの
ファッションショップが東京にオープンしますよ!H&Mという店です。
ピンク自転車は街中に増えるかもしれない!

a0083222_1136630.jpg

私たちのエコファッション:
party? オーガニック麻・ヘンプ(聡子)
casual オーガニックLEVI'sジーンズ(ペオ)、
business 麻、ヘンプ、コットン(シャーツはハイブリッドです:オーガニックコットン+ヘンプ)

a0083222_11372538.jpg

今月号のソトコトで僕は着ている服から靴まではすべて 「エコの基準」で選ばれた。
(写真:YUSUKE ABE/ソトコト4月号)
   by mottainai-lab | 2008-04-15 11:40 | ペオ エクベリ | Comments(1)   

一緒のプラネットを感じないのはMOTTAINAI/文:ペオ・エクベリ

先進国と発展途上国:一緒に何ができる?

前回は、アフリカの国ザンビアの村に住んでいる仲間BillyさんとOscarさんを日本に招待し、東京で一緒に講演した話を書きました。私と聡子(妻)がBillyさんが住んでいる村での女性7人と一緒に大人の学び場「One Planet Cafe」を立ち上げました現地の環境と健康の問題を解決するための場所です。

先日ハッピーなニュースが届いた! One Planet Cafeの場所はPlanet (地球) をイメージし、壁を青色に塗りました。しかも入口にはわら屋根ができました!!ザンビアではこのわら屋根の伝統が失われつつある(トタン屋根に変わりつつある)ため、これは私たちからの提案でした。

BillyさんとOscarさん、OnePlanetCafeは前回のコラムを参照

a0083222_11441752.jpg

South Luangwa国立公園の近くにある村の中のOne Planet Cafeザンビアのメンバーです

a0083222_11451956.jpg

One Planet CafeザンビアでのBlue House。入口には私たちがお願いした伝統の「ワラ屋根」があります

チャレンジもあります。

●チャレンジ1:アフリカでのインターネット
2台の中古パソコンを日本から持っていき、インターネットカフェができるようにします。

しかし2つの問題がある
1.e廃棄物(パソコンが使い終わったら電化製品のゴミになる)。
e廃棄物にならないよう、パソコンを使い終わったら、ザンビアのリサイクル会社へ送ります。

2.インターネットの接続費用は1万円/月のため、インターネットはまだ始めることができない(この地域では、よい仕事でも月給は約2万円)

a0083222_11464614.jpg

日本から持ってきた中古パソコンでBillyさんにパソコンの操作方法を教える聡子

●チャレンジ2:初めてのカメラ
しかし、もう1つのチャレンジもあります。
カメラメーカーのカシオからカメラをOne Planet Cafeの女性たちに渡しました。
カメラを初めて使う彼女たちと村の人たちは大盛り上がりでした。
これから女性たちは自分の視点から見た日常生活の写真を撮ります。そして日本初(?)として
「アフリカ人の目からみたアフリカ」についてのコラムを日本のために書き始めます。

この地域での野生動物を見に行く(サファリ)旅行者へのポストカード・サービ
スや村での結婚式の写真サービスもこれから始まる予定です。

皆さんもOne Planet Cafeのためのアイデアがありましたらぜひ!
One Planet Cafeはどんなことになるでしょう?これからが楽しみです!!

皆さん、One Planet Cafeザンビアのため何かアイデアがあれば聞かせてください!
   by mottainai-lab | 2008-03-10 23:46 | ペオ エクベリ | Comments(1)   

アフリカ・ザンビアの「One Planet Cafe」/文:ペオ・エクベリ

今日は私が、アフリカ・ザンビアで行っている「One Planet Cafe」についてご紹介します。

そもそもザンビアという国は、40年間内戦のない国。70以上の言葉や宗教があっても、部族間でも自由に結婚する。野生動物と自然は、映画「Jurrasic Park」を想像するほど溢れている……ゾウ、キリン、シマウマなど、空港に到着すると、滑走路にはヒヒがお出迎え!

●ザンビアへ行った時、撮ったビデオ(10分)はこちら

a0083222_0282054.jpg
泊まったところの近くに森の中に急に現れた32頭のゾウ

a0083222_0291779.jpg
聡子と村の子どもたち

しかしザンビアの人々は、健康(エイズ、衛生)や環境(ゴミ、森林伐採)問題が原因で平均寿命はわずか37才程度。
村の女性たちは、料理のために薪を使います。薪は、数十km離れた森まで拾いに行くこともしばしばで、その途中でゾウやライオンにあい、殺される場合もあります。

そこで私たちはザンビアのBillyさん(野生動物ガイド)と7人の女性(7つの村の女性)と一緒に大人の学び場「One Planet Caféザンビア」(一つの地球のカフェ)をスタートしたのです。

One Planet Cafeは、アフリカのザンビアで大人が集い学べる場のこと。アフリカ(ザンビア共和国)のワイルドライフ、エコツアー、現地の人が自分に関わる問題や可能性を学びながら、健康や環境問題を解決することができる場、自分のビジネスをスタートができる場を目指しています。すでにザンビアで最初のミーティングを開いています。

a0083222_0295592.jpg
One Planet Cafeの初めてのミーティングinザンビア

その活動の一環として2007年12月、One Planet Cafeザンビアの仲間Billyさん(野生動物ガイド)とOscarさん(エコツーリズム・マネージャー)を日本に招待し、一緒に東京で講演をしました。

講演のテーマは、「先進国と発展途上国はこれからどうやって一緒に世界の問題を解決できるか?」 (●講演のレポートと写真はこちら )

講演の合間にBillyさんとOscarさんと一緒に東京の街を歩きました。
電気が通っていない村(写真)に住んでいる二人と一緒にお台場や渋谷に行くと本当に面白いことが起こります……。

a0083222_031229.jpg
BillyさんとOscarさんin日本の庭園

二人はここで見たり聞いたりすることを、大自然の中のものと比較する。

「大きな蛇みたい!!!」(山手線の電車を初めて見て)

「ヒヒの泣き声だ!」(カラスの泣き声を聞いて)

「これはワニの卵じゃない?」(朝ごはんで出た卵を見て)

a0083222_0313885.jpg
J-Waveでのインタビュー 王理恵さんと一緒にロハスサンデーでの出演

皆さんも「One Planet Cafe」のアイデアがありましたらぜひ教えてください!
これからが楽しみです!
   by mottainai-lab | 2008-02-04 00:35 | ペオ エクベリ | Comments(1)   

豊かなアフリカから学ばないのはもったいない!/文:ペオ・エクベリ

皆さん、発表です!

私(ペオ)と妻が2回訪れたことがある南部アフリカの素敵な国ザンビア。そこに住んでいる素敵な仲間たちが今週来日します。

彼らはアフリカで最も素敵な国立公園のひとつSouth Luangwa National Parkで働いています。

ゾウ、キリン、カバなどが溢れている国ザンビア! South Luangwa National Parkな中にあるレストランでご飯を食べていると、その前をゾウやキリンが通っていくのです。

そして、私たちは現地の人と一緒に「大人のための学び場」であるOnePlanetCafe(一つの地球カフェ)を設立しました。

モノごとを積極的に考えている人々も多いザンビア。しかも70種類の言葉や部族があるのに、40年間内戦がない。

日本とアフリカはこれからサステナビリティ(環境・健康・経済のバランス)のためどうやって協力ができるか?

どんなフェアービジネスができるか?

アフリカ人の目から見たよりよい世界とよりよい未来とは?

よかったらぜひ参加してください。

申し込み、場所、時間、講師の紹介は
http://www4.famille.ne.jp/~oneworld/Seminar.html
へお願いします。

One Planet Cafe

see you there!

ペオ・エクベリ


a0083222_11403887.jpg

   by mottainai-lab | 2007-12-05 12:32 | ペオ エクベリ | Comments(2)   

CALENDAR

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile