機内でのふろしき活用法と空港で感じた「もったいない」(パリ編)/文:山田悦子

いよいよパリに向けて飛び立ちました。
4年ぶりのパリはどんな風に変り、どんな風に変っていないのか……。
今回はどんなパリの魅力と出会えるのかワクワクドキドキです。

さて、飛行機大好きの私ですが、
やっぱり、何度乗っても狭いですね。
男性は大変だと思います。
そんな狭い機内でのふろしき活用法をご紹介しましょう。

荷物の収納や出し入れがしにくい機内では
けっこう重宝しますよ。
写真のようにふろしきをバッグの状態にして
くくりつけてしまうのです。

a0083222_0552250.jpg


特に冬は、コートやダウンで
頭上の収納ボックスもはちきれそう!
かと言って、座席の下において取り出しにくいのも不便ですよね。
どうですか? 即席、収納バッグ!
どこにでもくくったり、引っ掛けたりできる、
取り付けも外すのも簡単なのがいいところなのです。

搭乗前の免税で買ったお土産や食べ物だってOK。
今度の旅行や、出張には一枚持ってお出かけ下さい!

シャルル・ド・ゴール空港について最初に感じた「もったいない」は
空港におけるデザイン。
建築物、POPサイン、カーペットの色、階段の手すり、ドアのノブ……
気がつくとそれぞれにデザインがちょっと凝ってる。
バランスもいい。おもしろいんですよね。
同じ、工業製品。
日本は……なぜか遊び心がないような……。
性能、耐久年数、生産効率などはもちろんいいのかもしれませんが、
成田から飛び、シャルル・ド・ゴールについた私は、
同じ空港にすら違いを感じました。

デザイン、そこには
人を心地よくするチカラがあると思うのです。
日本人はもともと美意識も高く、技も持っていたと思うのですが、
効率、スピード、生産性……が優先された現在、
日本人の美意識は置き去りになってしまったのでしょうか。
もったいない……。

同じものを作るなら、
美しいもの、楽しいもの、こころをあたたかくする視点や
気遣いを大切にしたいものです。
単にきれいなだけ、抗菌、衛生的なもの優先の冷たいデザインではなく
味のある、遊び心のある、温かみのあるデザイン……。
豊かになった日本に、今もとめられているものかも知れませんね。

がんばろう日本!

a0083222_0562213.jpg

   by mottainai-lab | 2008-03-14 01:01 | 山田悦子 | Comments(0)   

CALENDAR

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile