ネタの合間にギターを弾くBAHOライブ/文:char

2月からBAHOツアー2008が始まり、それから1ヶ月と少しの間、ギター片手に全国津々浦々を回ってきた。

このBAHOでは、全国各地の会館等が独自にイベントを企画する、いわゆる「会館自主事業」というやつでお呼びがかかることが多い。

今どきは日本全国どこへ行っても、新幹線の停車駅があるような街の近郊には、必ずと言っていいほど最新設備の立派な会館がこさえられている。
そういうところの年間スケジュールを見ると、大体がクラシックとか軽音楽、コーラスなんかのコンサートで、ロックバンドなんてまずあり得ないだろうって感じなんだけど、そういう意味ではBAHOはしゃべりあり、ネタあり、合間に演奏ありという、いわゆる「演芸」だからね。
それで会館の方でも「いっちょやってみっか」ということになるんじゃないかな。きっと。

俺がまだ人のバックで演奏していた三十数年前は、ツアーで地方に行くと女子高生はロングスカートのセーラー服にお下げ髪、男子は丸刈り頭、ほっぺたは真っ赤っかってのが当たり前の時代だったから、いざライブが始まっても客席は鳩に豆鉄砲みたいな顔していてね。
どうしてなかなかロックが日本で売れないのか、そのとき直観した気がしたよ。

今では東京と地方の格差は無くなってきているけれども、お客さんの反応っていうのは様々で、ライブが始まってみないと本当に分からない。
ある時、畑の真ん中にぽつんと建っているような会館でライブをやって、いきなりお客さんを驚かしちゃいけないから様子を見ながら、なんて思っていたら、もう音が聞こえた瞬間に拳を突き上げてこれモンで飛び跳ねちゃってね。
どうしよう?これ?って、バンドと顔を見合わせた。
ちょっと待ってよ、俺たちを置いていくなよ、って。
そうかと思えば、ときには正反対の場合もあるしね。

そういえば昔、Creedence Clearwater Revivalっていうバンドが来日したときに武道館へ見に行ったことがある。
ところが日本人ってPoliteな民族だから、向こうが一生懸命やればやるほどお行儀よく拍手で応えちゃうんだ。
いつもはビールとかバーボン片手に酔っぱらって彼女といちゃいちゃしながら、イエーイ!って盛り上がってるような奴らを相手にしているバンドだから、客席の反応を見て「自分たちは受けてない」と思ったんだろうね。
拍手喝采の中、アンコールもやらずに帰っちゃったんだよ。
そうしたら客がみんな怒っちゃって、窓を割る、火を放つ、機動隊が出るの大騒ぎ。そのエネルギーを最初から出しておけばいいのにね。
演奏は最高だったんだけど、ステージと客席の気持ちがすれ違っちゃう。そういうのを目の当たりにして、アウェーでやるのって難しいもんだなと学んだ気がしたね。

俺はライブっていうのは宴会と一緒だと思っているんだ。
最初は緊張してぎくしゃくしていても、最後にはもう誰も彼もなく打ち解けていくところが楽しい。そうじゃない?
だから例えばフェスティバルで持ち時間30分とか決められていると、こっちの作戦の立て方も変わってくる。
お客さんの雰囲気とか、出番が昼か夜かとか、いろんなことを考えるしね。
そういうステージと客席の駆け引きは、三十何年やってきてもまったく変わりがない。相変わらず緊張感は高いし、また楽しみなところでもあるんだ。

でも、石田長生という関西人と十数年BAHOをやってきて、鍛えられたなあと感じることがある。
俺はMCでもあまりしゃべる方じゃなかったし、オマエらこのサウンドを聴け、みたいな感じだったんだけど、石やんは当たり前のように客席とボケツッコミしてる。
お客さんが「石や~ん、石や~ん」ってしつこく呼んでいたら、「誰が漬物屋の大将やねん」って返して。
俺はそういうことに慣れてないから、そのときは「こいつ何言ってんだ」と思ったね。もうDNAに演芸が刻み込まれているんじゃないかと思った。

関西のお客さんっていうのは、ステージの上の俺にどんどん話しかけてくるし、ライブが終わるとステージに上がってきて「この服かっこいいやん。どこで買うてん。」とか訊いてくる。
最初の頃は面食らって「演奏の話じゃないのかよ。」とか思ってたんだけど、だんだん慣れて「かっこいいやろ?既製品ちゃうでえ。」なんて受け答えができるようになってきた。
だから石やんとBAHOをやるようになって、コール&レスポンスとか会場の雰囲気を読むのが得意になっちゃったね。残念ながら。

ただ、未だに苦手なことがあって、それはギターを持たずに人前に立つこと。
以前もギターの弦が切れたときに、スタッフが演奏中にそれを持ってどこかへ行っちゃったことがあって、しばらくの間ギターなしでマイクの前に立ちつくすしかなかった。もうどうしていいか分からなかったな。
あるべきものがあるべきところに無くて、裸で人前に出された気分だった。ギターじゃなくてもいいから、その辺にいる犬でも何でも抱きかかえたかったよ。
結婚式の乾杯のあいさつでさえも、やっと最近できるようになってきたくらいで、それも長い時間は無理。とんでもない。
もうそれだけギター持っているのが当たり前だし、マイク一本でスポットライト浴びるなんて想像しただけでも恥ずかしいよ。本当に考えられない。

でももし、見たいっていうリクエストがたくさん集まったら、やってみてもいいかな。

Charがギターを弾かないライブ。

え?お呼びでない?
そらまた失礼しました。
テケテンテンテン・・・
   by mottainai-lab | 2008-03-28 14:56 | char | Comments(25)
Commented by ニャロメ at 2008-03-28 16:49 x
CharさんBAHOツアー大変お疲れ様でした。

なかなか関西の人のボケとツッコミには太刀打ちできませんね。関西の人達は生まれた時からお笑いの環境で育って行くわけですものね。

話は変わりますが公民館と言う、いわゆる箱物と言う物を行政側の方々は立て続けますが、あまり使われていないのが現状ですよね。それこそ、モッタイナイ !! です。
私も中学生の頃に練習場所に困っていまして公民館を使わせて頂く事になったのですが、係りの人がどんな曲をやるの?って聞くので嘘をついてレッド・ツェッぺリンと言う美しい曲を演奏するフォーク・バンドの曲を練習しますって。練習が始まるや否や、いきなり(ロックン・ロ-ル)をやったので係りの人がビックリこいて部屋に飛び込んできて鳩が豆鉄砲を喰らったような顔をしていました。
そんでもってその時の私はといいますと、ジミー・ペイジの真似をして咥えタバコにストラップを長めにしたレスポールの姿でした。(爆)
それではCHARさん新作のアルバムも楽しみにしております。
くれぐれもお身体に気をつけて素晴らしい音楽を創り続けて下さい。
Commented by 金太郎 at 2008-03-29 01:06 x
見たいっていうリクエストします。
博多にもやって来て。
うちのお店は20人も入れば満員御礼。
こんな夢のライブ実現しないかなぁ。
ステージから奥まで3メートルのコール&レスポンス。
でもギターはやっぱ聞きたい欲張り博多っ子より。
Commented by ろくげん at 2008-03-29 02:55 x
Charさん。
面白いお話ありがとうございます。
こういうお話を聞けるのは本当にありがたいし
僕らFANにはとても、もったいないくらいの価値があるんですよね。
僕はCharさんの音楽も大好きですが
生き様というか人生を生きていく後姿に本当のミュージシャン像を感じます。
我々は輝いてるCharさんの側面ばかり見がちですが
今回のようなCharさんの苦労話(?)は、おんなじ人間なんだなぁ!と『共感』や生きる『勇気』を与えてくれるんですよね。
これからも話さないと『もったいない』お話を期待してます!!
Commented by mami at 2008-03-29 14:26 x
>Char(さん)がギターを弾かないライブ…

なんてもったいないライブでしょうか!?

BAHOライブは毎年何回か参戦しています。
相方の方とのギターを聴けるのはもちろん
お二人の人柄が出てくるような楽しいひとときを楽しんでいます。
Commented by ken at 2008-03-30 01:30 x
ライヴツアーお疲れ様でした。ニセコと札幌でBAHOライヴ参加させていただきました。大変楽しかったです。北海道のファンはいかがだったでしょう。
Commented by takako at 2008-03-30 20:49 x
ライブとても楽しかったです☆
私は千秋楽のNHK大阪ホール
に参戦させていただきました(○・∀・○)
三弦ギターはとても感動しました(p>∧<q)
涙ポロポロ札幌はCharMeetingで聴いた時から
お気に入りでまた聴けて嬉しかったです(#・pq・)
是非次のアルバムに入れてほしいっっ
と思ってます。笑
父の夢であったBAHOキャップを被って
家族三人でライブにいけて嬉しかったです\(´V`*+)
Charさんのギターを聴いて
またドラム頑張ろうって思いました(o゚ω゚o)
でもギターにも興味を持ってしまい
浮気でしゅ・・・(*`ε´*)ノ
ドラムはドラムで自分の音がだせるし
ギターはギターでいろんな音がだせるし
やっぱり音楽って素晴らしいと
いつもCharさんのライブで思います(*vωv`*)
6月のJimさんとPaulさんとのライブ
絶対に行きます!!!!
楽しみにしています☆
Commented by kyonpyon at 2008-03-30 23:57 x
毎年、BAHOツアー楽しみにしてます。
今年は町屋、そして東海村まで遠征しました。
来年はうちの近所の北千住まで来てください!
聴かないと「もったいない」ような、おしゃべりネタと
演奏ネタを楽しみにしてま~す!
Commented by nami at 2008-03-31 21:11 x
BAHOの営業、おつかれさまでした。何年か前、六本木の「スイートベイジル」で、焼酎をガンガンあおって、石やんに「つまみも食べた方がええで」と言われていたのを覚えています。私も東京生まれですが、憂歌団や泉谷さんのライブで鍛えられたので、(天王洲でカーマイン・アピスに英語で言ったこともあり)Charさんにもどんどん突っこみますよ~。去年の野音で「雨だけで良かったじゃん」と言われ、「降らせすぎ!」と言ったのは私です。ビルボードで待ってます。
Commented by asuna at 2008-03-31 21:34 x
BAHOの札幌ライブに参戦しました女学生です。
CHARのライブに行った時はあんまりしゃべってくれなくて残念だったけど、BAHOはたくさん色んな話をしてくれて大満足でした!

CHARはギターがなくてもかっこいいよ☆
Commented by れいん at 2008-04-01 00:30 x
BAHOライブ楽しませて頂きました☆
待っていた地元!町屋にてのライブ、こんな下町に来てもらって、
うれしかった~
Charさんの住む、品川とは同じ23区の中でも、山手線の品川と、田端、ハシとハシ、ずいぶん雰囲気も違って感じたんではないでしょうか・・・
下町ってね、みんな、口は悪いし(ブラックジョークの中で育ちました
)、見栄っ張りだし、お祭りが大好きだし、気ー短いけど、アッタカイトコなんですよ。
だから、Charさんのブラック系ジョークやら、OYAZI系ギャグ大好き、笑わせてもらってます。(頭良くないと、ジョークやギャグって思いつかないんですよ)

大阪の人は、子供のころから、吉本毎日見て育ってて、笑いという文化では、先進国?大阪出張行くと、社内でもボケ、ツッコミで会話してるし、なにより、男の人は面白い人でないともてないんですって!
そんななか、東京の特徴のブラックジョークという文化で、石やんに互角に対抗している、Charさんすごいです。

さてさて、次はCharさんのギターを持たないライブも楽しそうですが、エレキを持ったライブも見たいですね。




Commented by イスラ at 2008-04-01 01:19 x
BAHOライブお疲れさまでした!
今回はサンポール、いやサンパール荒川にお邪魔しました!!
関西からこちらに越してきてはや6年。
最初はライブでのお客さんの様子の違いにとまどいもありました。
そして、Charさんは、『大阪は外国だ』っておっしゃいますけど、こちらに住むようになって、その意味なーんとなくわかります。
確かに異国ですね。その中でも石田さんの血は濃いように思いますけど^^
コテコテの関西人ではないつもりですが、心のどこかに『オチのない話』『オモロナイ話』はしてはいけない、って気持ちがあるのは確かです。
そうそう、ギターなしで歌うCharさんも素敵かと。
マイクはスタンドでお願いします^^いつか見れますでしょうか。
Commented by あしたのショー at 2008-04-01 13:17 x
ボケもツッコミもできる大阪人ですが、いつもCharさんの前ではシドロモドロで毎回後悔しています。MOTTAINAI。
去年横浜でのカウントダウン、年明け1月2日ご自宅へ伺った時、わざわざ外へ出てきて頂いた時(緊張のあまり、まともなご挨拶が出来ず、さらには、カンナさんの名前まで間違え、ほんとうに失礼しました。)、公開収録のあった銀座アップルストア(トレンチ姿も様になっていました!)、そして最終のBAHOツアーNHK大阪ホール…。あの時、信号待ちされた時、奇跡的にお会いできました。私たちが車へ近づこうとした時、車の窓を開け、「ひかれまっせ」と声を掛けて頂いたのに何ひとつ反応できなかった事など、いつも失礼ばかりでほんとうにすみませんでした!
この場をお借りしてお詫び致します。
熱烈なファンの方から「MOTTAINAI、なにしとんねん」のブーイングが聞こえてきそうです。
6月ビルボード大阪の2日間、会場のど真ん中で夫婦揃って旗振りに行きます!かっとばせ! Char!!!
最後に、この世にCHARさんを生んで下さった御両親に一言、
ほんとうに、ほんとうにありがとうございました。
Commented by みっちゃん at 2008-04-02 00:13 x
朝からみぞれ模様の春の大嵐の四月1日でした。昨年六月の野音も雨で・・・BAHOは東海・調布と楽しみましたが、やはりそろそろステージ中央でエレキをもったCharがみたいもの。残念ながら四月20日は姪の結婚式で横浜・・途中から着物でいけないしビルボードのチケット確保に頑張るしだい。是非、今年は体に少し鞭うって営業していただくことをせつにねがいます。才能は惜しげもなく使ってこそ凡人の活力となりますもの。。
Commented by みんみん at 2008-04-02 15:09 x
ボケしかできない大阪人ですが。。6月のビルボード楽しみにしてます。ボケとツッコミだけが関西人じゃないですよ。「お触り」というおばちゃんも出現しますので、お気をつけくださいませ。特に、客席近いステージだと・・。
Commented by あしたのショー at 2008-04-04 20:21 x
今回のブログの中で「ステージと客席の駆け引きは、三十何年やってきてもまったく変わりがない。……。」とありましたが、
三十何年やっていて、いつも同じ気持ちにさせるライブって何なんでしょう?数人のアーチストに大勢の人が一つになって向き会った瞬間瞬間に生まれる、目に見えないひとつのミュージックパワーの凄さなんでしょか? Charさん、聞く側もそうなんですョ、毎回行くライブでも、出待ちの間から終演までの瞬間瞬間の心の動き、あ〜ッ!もう今日も最高に良かったなぁ!そしてしばらくは聞けない寂しさ、家路につく間…そして夢の中でライブのリピート…お早う!(うちの奥さんに)今度のライブは5月かぁ〜長いなぁ〜!(あたし、ひとりで4月の「LOCK LEGENDS SP」行こかなぁ!!)てな具合で3年目の駆け出しChar熱烈ファンなのです。(ちなみに、数年前CharさんがCMに出ていたのをタマタマ見たのがきっかけでした。中学1年の時に少しギータやっていましたが、家の事情でそれっきり…でも今年から始めましたョ!夢は「江戸屋さんで自主レコード(CD)創る事です!!!」)私の年齢はと言うと、五歳、五歳(後妻さんとちがうで!ほんまやで〜)かっ飛ばせ!♪Char♪
Commented by one Love at 2008-04-04 21:56 x
全然関係ない話ですが~うちのおかんが乳がん発覚で!三月から抗がん剤投与の付き添いで病院通い!・・なんですが・・先週、エライ元気よくスタスタ歩いてるんですよ~奴は・・二週間前までは、ヨタヨタヨロヨロ歩いてて、やっぱ、ガンやからしんどいんやろな~と思って、重いもん持ったり、買いもん行ったり、一応子供らしく?やってたんっすよね~!それが、スタスタ歩くもんやから、「エライ元気やな~!」と聞いたら、おかん曰く「ガンやからな~手術すること考えて、ビールやめてん。ほしたら、抗がん剤のせいもあるけど、痩せてきて、歩いてても息上がれへんし、体軽いねん!」ガンやなくって、単純に太りすぎで歩けなかったって!絶句!!Charさん!人類の敵はガンやなくてビールですよ!!お~い!歓送迎会で、ゲロゲロやってるそこの君!!もったいないから、ビール飲むのんやめなはれ!!ではチキンでお逢い出きる日を夢みて♪
Commented by のりまきのりぴー at 2008-04-11 02:09 x
BAHOツアーはじまりのさいたま市民会館おおみやは、フアン歴30年と年期が入っている割に初のライブ参加でありました。そこであまりに魅せられてというか頭の中がカアーと熱くなり、つづけて調布グリーンホールにも行ってしまいました。 さいたまは昔は大宮市民会館と言って私が小学生の時ピアノの発表会をしたところなんですよ。(笑) ちなみにBAHOの翌週はたしか落語会となっていました!
この二つのホールでも相当ちがってましたねえ。さいたまはお客さんも石田さん、charのお二人もちょっとさぐりさぐりな感じで堅さがありましたかね? しかしドキドキで初ライブ参戦をした私には調布よりも空気が合っていたかもしれません。 土地柄というものもあるかもしれないし、まあ世でいう一期一会ということもありますよね。 それこそがステージが始まってみないとわからない、ほんとのおもしろいところでしょうか?
良い音楽を聴くと使われずに固まっている脳が活性化します!
せっかく備わっている人間の能力や機能をもっと活かせるように、時に刺激的だったり心地よい波を求めて生きたいですね。 だってもったいないですから。 (お後がよろしいようで。)
Commented by アイマスク at 2008-04-13 13:45 x
Charさんのライブは、いつも緊張感ありますよね。
毎回その日限りの演奏が詰まっていて、焼き直しのないステージはいつ見ても感動できるし、ライブというものの良さも実感できます。
98年以降のCharさんの東京ワンマン公演は、ほぼすべて参加していました。
私は昨年まで東京に住んでおりましたが、このたび家族の事情で地元の愛媛県に帰ることとなりました。

是非、愛媛にもライヴをお願いしますっ。
もちろん、私も可能な限り県外ライブに参戦し続けます。

そのときは、どうかギターを持ってステージに・・・。






Commented by みゆき at 2008-04-21 12:29 x
スモーキー・メディスンのライブ、お疲れ様でした。めっちゃ楽しかったです♪Charさんのライブは自分が高校生・20台前半時はよく行ったものの、結婚し子持ちとなりなかかな開場に行く事が出来なかったのですが、子供も大きくなりまた行けるようになりました。生まれた時からCharさんの曲を聴いている息子(16歳)もCharさんファンで、年末の横浜モーションブルーへは親子で行き、初生Charライブでめっちゃ感動していました。私も開場を出る時握手をしてもらい、とってもHAPPYでした☆最近は程よい大きさの開場でのライブがあり、Charさんが近くてとっても嬉しいです。『お母さんも楽しんだっていいじゃん!』と、またライブに行きたいと思います(#^.^#)
このブログの主旨“もったいない”は・・・昨日のJCBホールの席番号です。プリントアウトした紙をテープで椅子に貼り付けた物でした。。。。プラスティック版に印刷した物を作りマジックテープで貼るなど工夫があってもいいかと思いました。 あっ!もったいないとは言え、これはCharさんへ言うよりはJCBホールへ言った方がいいですね。失礼しました(~_~;)
Commented by miki at 2008-06-02 17:14 x
昨日は平塚でのLIVEお疲れ様でした。
子どもの頃に聞いた「俺のギターについてくるか~い♪」のフレーズがあまりにも強烈で、以来ずっとCharさんの隠れファンでした。
そんなCharさんを間近で見られて、演奏が聴けて、息遣いを感じられて、ホントに感激でした!
昨夜の興奮冷めやらず、Charさん関連の記事を読みあさっていたらココにたどり着き、これもご縁なのかLIVEに対するCharさんの想いがわかり、さらに感激!!
それにしても、Charさんと石やんのトークはおもしろかった・・・。
もちろんギターは、本物。だから余計に「演芸」が成り立つんですね。是非また平塚へ来てくださいね!ふりむけば平塚!!
Commented by waka at 2008-06-10 02:42 x
名古屋ダイアモンドホール☆
ありがとうございました。

JimmyのドラムでAll Around Meが聞くことができて
最高に酔いしれました。

海のようなターコイズブルーはCharさんの色。
スタッフの方々への気配りや、ファンを大切にして下さる
嘘のない心のコミュニケーション。
これもターコイズブルーの質です。

そんなCharさんのライブに行くと日頃のカツカツ句読点のない
生活に、ゆとりができて心が潤います。

ロイヤルブルーxターコイズブルーのボトルは
アロマのマッサージオイルです。
49種類のハーブ&クリスタルのエネルギー
が入ったものです。

頭の生え際や、胸元に塗ってケアして下さい。
直感力が高まり、アイディアがいっぱい生まれます。

そして、6月16日からの数秘学での運気では
自己超越!!再スタート!!
ラッキーカラーは、イエローレッドです。

何か新しい企画やライブが形になるのでしょうか?
それともギター漫談家デビュー????

楽しみにしていまぁ〜す。
Commented by サイコロ at 2008-06-16 11:13 x
こんにちは、いやぁみてみたいなぁ、ギターを持たないCharさんを・・
のこぎり持たない大工屋さんみたいな感じ(のこぎりとは限んないけど・・)多分、もの凄くスリリングな感じになって、見てる方も面白いかも・・バンドのみんなのパートを全部交換ライブじゃないけど
そんな洒落のあるのも良いよなぁ・・
Commented by ウォータールック? at 2008-06-16 23:00 x
こんなところにいとしのチャーさんが!お誕生日おめでとうございます。同じ誕生日のうちの息子もびっくり21才?俺もびっくり!今後もご活躍を楽しみにしてます。ギターじゃなくてゴルフクラブ握りしめて~それでは一曲!!!大ヒットしちゃったりして???
Commented by pinoco at 2008-06-17 15:08 x
はじめまして・・・

charさんの存在ってすごおく遠い場所だと思ってた

一般人と次元が違うみたいな?

けど、ブログ見てあー違ってた!って気づいた


とにかく格好イイっす
また来ます 木も植えます
Commented by あしたのショー at 2008-06-17 19:02 x
“Slap My Hand”大阪・名古屋・東京と、ほんとうにお疲れ様でした! 正直疲れたんじゃないですか? 21日のチキンまさかギターを持たないで出てくるのでは無いでしょうね!?それは絶対にダメっ!!
今のCharさんのギターとSongs・顔の表情・しゃべり方や身のこなし・どれをとっても油が乗っていてもう最高にGoodです!ホントに!
男も女も、子供もお年寄りも、もうみんな頭クラクラです!罪な人!
話は戻りますが、ビルボード大阪2連戦させて頂きました。特に最終日、終わった後でジムさんと言葉を交わしながら硬く抱き合った時、少し涙ぐんでしまいました。何か深い絆の様なものを感じました。ほんとうにいいステージでした! ジムさんに感謝!Charさんありがとう!
それから、ステージの最後にシャンパンお渡ししましたが、味はどうでした?両手で大事なものを抱え込む様にして頂いたのを見て、とても嬉しかったです。あの時頂いたピックで少しだけCharさんになりきりながら、練習に励んでいます。21日チキンジョージ楽しみにしています。くれぐれも体調には気を付けてください。
  
<< もったいないレシピ『余ったカレ... 安吾的な生き方/文:野口健 >>

CALENDAR

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile