音楽はやっぱりライブ!/文:char

ブログに付けてくれたコメントを見るのを、いつも楽しみにしています。
みんな、どうもありがとう。


茶箱の話で、「お母さんのウェディングドレスが真っ白なまま出てきてびっくり!」というコメントがあったけど、本当にその気持ちよく分かる!
うちでも無造作に裸で入れてあった写真や雑誌が、紙同士がひっついたりすることなく当時のままの状態に保たれていて、そのときは我が目を疑ったよ。
やっぱり古くから使われているだけあって、茶箱の素材や形が日本の気候にちょうどよく合っているんだろうね。
俺の棺桶も茶箱で作ってほしいくらいだ。すっごく綺麗なミイラができるんだろうな。(笑)


野音の話に対するコメントを読んでいて思ったのは、今の日本って大人が生の音楽を楽しもうとすると、「さあ、おしゃれな服を着て。さあ、高級な料理を食べて。」って、そんな店ばかりなんじゃねえの?ってこと。
イギリスやアメリカでは、普段飲みに行くようなパブとかカフェとかにバンドが入っていて、ライブをやってるところが多いんだよ。
常連達がぶらっと遊びに来たついでに演奏を聴いているようなね。
大人も若者も関係なく日常の暮らしの身近なところに音楽があるし、そういう風に楽しむのが本来の音楽なんじゃないかな。

文化の違いかも知れないけど、日本はライブっていうとすぐにミニコンサートみたいなノリになっちゃうし、それが野音くらいの大きさになると本当に音楽を聴くためだけに出かけていくという感じになる。
もし大人達の遊び場に、いつでも気軽に来れてお金もかからないで演奏が聴けるような場所があったら、きっと若い人達だって集まってくると思うよ。

俺の仲間同士で「じゃあ渋谷でも遊びに行こうか」ってことになっても、若者向けの店だと25時とか26時スタートなんてところが多くて、俺たちの世代じゃついていけないところがある。それで結局いつも居酒屋ばかりになっちゃうんだよな。
おじちゃん・おばちゃんと、兄ちゃん・姉ちゃんが、同じひとつの事で盛り上がれるような場が、もっともっとあってもいいのにね。


ライブって言えば、最近は衛星放送やケーブルテレビでも音楽専門チャンネルが増えてきて、それはそれでいいことだと思うんだけれど、中身はというとPV流すばかりでライブの映像がほとんどない。
予算的な問題もあるかも知れないけど、それだったら逆に、まだCDも出せないような駆け出しのバンドを集めてきて、スタジオで演奏させて放送すればいいと思うよ。

今時はCDでもPVでも、パソコン使ってアマチュアがそれなりのものを作れちゃうから、そういうメディアからは本当の姿が見えてこないというか、違いが表に出にくいよね。パソコンさえ上手くいじれれば、いくらでも演出できちゃうからね。

音楽番組なんかで同じステージにいろいろなバンドが集まれば、「あいつはすごい」とか「あいつには負けねえ」っていう気持ちが出てきて、それでまた一生懸命に練習に励んだりするもんだよ。
東京にはすっごい数のライブハウスがあるから、毎日毎晩、何十というバンドがライブやってるんだろうけど、100とか200程度のキャパを埋めることができて、CDも自分達で作ってライブハウスやネットでそこそこの数を売って、そういうことで終始しちゃってんじゃないのかな。
ライブハウスやバンドも多いし情報も溢れるほど多いから、逆に「ちょっとすごいやつがいるらしいぜ」なんていう噂も、それに埋もれちゃって隅々までは伝わらないっていう面があると思う。
やる方も聴く方も細分化しちゃってて、大きいムーブメントは起こりにくいよね。


最近は、東京、大阪、名古屋だけじゃなくて、いわゆる地方に面白いやつらが多いと思うよ。俺達みたいにロックを聴いて青春期を過ごした世代が、今では地方でそれなりの地位を得て政治や行政の中心にいたりして、そういう人達が地域活性化の一環とかで立派なホールを造ったり若いやつら集めてイベントを催したりしているんだ。

固定ファンの割合が多い東京のライブハウスなんかと違って、お客さんも老若男女いろんな人が来るし、どこのバンドに誰がいるっていう情報もすぐに広まるからライバル心も育ちやすい。そういう環境で生き残っていくには、個性やプロ意識を強く持ち続けていないとだめだろうね。だから地方で人気のあるやつは、誰しも光るものがあるよ。

それに加えて本当にうらやましいと思うのは、練習する場所が探せばいくらでもあるってこと。昼間から深夜まで大音響で楽器鳴らしても、お隣さんは1キロ先だから苦情も来ない、なんていうのも珍しくないだろうからね。
この数年、レコード会社がこぞって沖縄に新人バンドを探しに行っているのも、そういう環境が沖縄にはそろっているからなんじゃないかな。


東京でも俺達の世代を含めた縦のつながりとバンド同士の横のつながりをもっと強くして、才能のあるやつがちゃんと見いだされて上に行けるような環境を作っていってほしいよね。
それにはレコード会社や放送局も含めて、俺達大人が下地を作っていかなければいけないんだろうな。
   by mottainai-lab | 2008-02-15 16:15 | char | Comments(20)
Commented by ミキ姉さん at 2008-02-15 21:25 x
同感です。
バンド同士の幅広いつながりを強くしてほしいなと思います。
40代になっても気軽に行けそうな行きやすい場を設けてほしいです。
年齢と共にそういった場所に行けなくなりました・・・。
Commented by 金太郎 at 2008-02-16 01:06 x
地方の酒場として、嬉しいお言葉です。
うちは普通の居酒屋なのに
いつもお客様が勝手にギター弾いて歌ってます。
それを聞いてる人がいて
バンドになって、セッションして。
大人がわいわいと焼酎呑んで遊べる場所なんです。
結構スゴイヤツいますよ。
Commented by ろくげん at 2008-02-16 04:19 x
音楽はやっぱりライブ!!そうですよね。
音楽って、人と人とのコミュニケーションですもんね、結局。
僕がよく行く赤坂のライブカフェは、週末ともなると中年学芸会のような盛り上がりを見せてます。サラリーマンから中華料理店の料理長、時にはプロのミュージシャンまできて、純粋に音楽とお酒を楽しんでますよ。

Commented by ひろ げんた at 2008-02-16 11:28 x
Charさんのおっしゃるとおりですね。
自分は今東京から少し離れた神奈川のハズレに住んでいるんですが、まず誰が来ても楽しめるようなハコを作って、そこからだんだん大きなものになっていく、こんなことが出来れば理想的ですね。
ぜひやってみたいです。
Commented by mami at 2008-02-16 16:47 x
ライブハウスで音楽を聴くようになって6年位でしょうか。
生活も落ち着いてライブに行けるという環境になっていろいろ行っています。
一人のミュージシャンから広がっていく音楽の輪を楽しんでいます。
地元のライブハウスにお気に入りの方が来てくれたときなど自分の方が緊張してしまいます(^_^)v
Commented by 越中富山の薬売り at 2008-02-17 21:26 x
北陸からです、すぐ側に金沢って有名な田舎があるので美術にしても音楽にしてもブンカっていう香りのするイベント事が素通りして行くさびしいとこです!東京に在住していた時にはチャーさんやピンククラウドのコンサートに行くと必ず子宝に恵まれたオイラも今では40才をすぎて少し世の中を冷静に見れるようになってきました。

そこで良い音楽を地方に広める為に売薬発祥の地ならではのミニFM局を作ろうと野望に燃えています。
それは良質な音楽で耳が鍛えられたおっさん おばちゃん 兄ちゃん ねエちゃんを増やす事がすごく長い寄り道にみえるかもしれないけど、コマーシャリズムに流されないかっこいい音楽家を地方から誕生させる素地ができると思うからです。
その資金を稼ぐのに『ミラクルクリーム』なるハンドクリームを作って販売したりもしています。
いずれにしても『困難は人を成長させる』らしいのでメタボに気をつけながらもうちょっと成長する事にします。
記念すべき日には、なにがなんでもROCK小僧永遠の『アニキ』でありあの憧れのスーパーギターリストをゲストとしてお迎えしたいのでよろしくお願いします!
Commented by SHINJI at 2008-02-18 11:55 x
確かにパソコンあればそこそこのものが出来るようになりましたねー。でもやっぱりよさが伝わるのはライブ!実感してます。
Commented by みんさん at 2008-02-18 14:56 x
お茶箱の活用方法、もうひとついいですか?仙台出身の母にとっても「お茶箱」は特別で・・なんでもあちらでは福袋ならぬ「お茶箱」に品物が入っていて、初売りされているそうです。で、私が小さい頃はそのお茶箱にかわいい壁紙なんかを貼ってもらっておもちゃ箱にしていました。中身に何かいれるのは普通でしょうが、私はそれをなぜか「屋台」に見立て、対面式で「お店屋さんごっこ」をしていたのです。定番はおでん屋さんです。立つとちょうどいい高さなんですよ。とんでもない子供ですね。。楽しい思い出です。
Commented by イスラ at 2008-02-19 00:13 x
久しぶりのコメント失礼します♪多分Charさんもそうおっしゃってるかと思うのですが、音楽ってとても大切なモノだけど、特別じゃなく、もっと生活とか土地とかに密着したものであっていいんだろうなって思います。
もちろん、有名な大スターのライブに行くのも好き。でも、日常生活の中でもっと生の音楽を聴いていたいな♪って思います。
だから、私は行きたいライブを決めるときには場所や会場なんかで決めることもあります。へぇ~。こんなとこでやるの面白そう。とか、ここだとおいしいお酒飲みながら聴けるな~♪とか。近くでお買い物できるな。とか。
もちろん、大好きなアーティストの時には無条件ですが。
こちらに来る前15年程青春を過ごした京都のライブハウスでの数々の思い出、ときどき懐かしく思い出します。
自分の街、この街に来て聴かせてくれてる!!って感じがすごくありました。そして、同じお店で、昨晩は有名アーティスト、今日は先輩たちのサラリーマン・バンドってことも。
Charさん、なかなか難しいかとは思いますが、同じ思いの大人たちが普通に集まれるところでもどんどん聴かせてくださいね♪


Commented by ちーぼ at 2008-02-19 10:23 x
ライブが大好きで毎週のように、ライブハウスや居酒屋セッションを楽しんでいました。子供が出来るとなかなか出かけられず2年ぶりくらいのライブ体験に、BAHOライブ楽しませてもらいました!やっぱり、生の音って最高です!本物の楽器って心に響きます。
まだ幼稚園児の娘達ともライブを楽しみたくて、市のバンドバトルや消防音楽隊の公演を見に行ったりしています。子供ながら、演奏を一生懸命観て感動しているようです。
もっと、色々なジャンルの音楽に、親子で触れられる場もあって欲しいといつも思っています。
Commented by ニャロメ at 2008-02-19 19:00 x
初めまして、CHARさん。

私は明治生まれの?金子マリさんがCHARさんの保護者?(笑)だった頃からのCHARさんのファンです。

CHARさんの仰る通りですよね。冬はおでんに冷酒 !! ←(どこかで聞いた事がありますね。。。笑い)夏はビールに焼き鳥 !! 肩肘張らずに楽しめる大人のライブハウスがもっと増えると良いと思います。
古今東西、今の音楽シーンは質の低下が叫ばれていますよね。これではCDも売れない筈です。残念なことですね。
私も今年で48歳になるアマチュアのギタリストなんですがCHARさんがデビューされて間もない頃はミュージシャン同志の絆がとっても深い時代であった様に思います。
1970年代の様に本当に実力のある人が認められる本物の時代が来て欲しいです。
最近、CHARさんのCDで(ムスタング)のデジタル・リマスター盤を購入しました。ヤッパリ、ムスタングを弾き倒すCHARさんは好きです。
(=^ェ^=)v

CHARさん、これからもかっこいいロックギターを私達ファンに沢山聴かせて下さい。CHARさんのご活躍を陰ながら何時も応援しております。

ニャロメの心の師匠のCHARさんへ。
Commented by 濱のリリー at 2008-02-21 21:28 x
昔、昔、私が野音でCharさんの音に酔いしれ、その夜たまたま戸越の友人の家に泊めてもらうことになり、お風呂のないアパートに住んでいた友人と銭湯に行ってその帰りにアイスクリームを買おうとスーパーに入ったら・・・
Tシャツ&短パンのCharさんが奥様とお買い物にいらしていて、、、
さっき野音でギンギンにギター弾いていたのに~~~
ってびっくらしたことがあります。その時思ったのは、「音楽は日常というマインド♪」なのだということです。

私は横浜在住ですが、案外ハマには、老若男女が集える場所があるかも、と、渋谷とは違う感じがしました。
これから自分も歳を重ねていくわけですから、でもその時々の若者の感性とかもキャッチしたいとも思っているし、年代を超えて集える場所とか機会を自分の意識の中でも持って、なにかしていけたらいいにゃ~と思っております。

Charさんのブログ、色んなことを考えさせられますね。
これからも楽しみにしています~~~(^^♪
Commented by れいん at 2008-02-22 01:11 x
BAHOライブ楽しませて頂いてますよ~
今、私たち人間という動物が自分の周りの環境をラクにする為、
地球の環境をクルシクしていて・・・
この頃、思うのは人間って過去から何度も同じ過ちをおこしてて、ある日突然、氷河期やら、地球の大変動でイチカラやり直してるんでは・・・と
だから、今気づいている環境破壊を正し、地球を長持ちさせることが
未来の子供たちへの大人が行う使命ではと、強く思います

私も、反省がいっぱいあって、Charさんの
このブログがあったからこそ、
捨魔だった自分が会社のコピー用紙は裏表使い、無駄使いに気をつけ、MY箸,MY水等持参したり・・・
スタッフからは、この頃、モッタイナイって口癖ですね。なんて、言われるようになったり・・・
頭では、エコが判っていても、実践していなかった、ワタシが今や
立派なモッタイナイ人間に昇格?できました

Charさんの影響力って、絶大です!!(感謝)
おかげ様で、会社の維持費(電気代、その他)も大幅に削減できましたよ~。
みんなで、少しづつの気働きが、大きな業績になると信じて
MOTTAINAI道を、極めたいと思います
Commented by nami at 2008-02-22 21:07 x
Charさんがコメント読んでくださってるとわかって、うれしいです。野音のライブ、平日も許可して欲しいですよね。今年もCharさんのライブ、見たいです。出来れば、雨なしで(ムリ?)。私も一度、六本木のクラブに行って、お目当てのギグが26時とか言われて、帰ってきました。遅すぎ!
Commented by マダム ヴァイオラ at 2008-02-22 21:43 x
親愛なるCHARさま。はじめまして。
むかしむかし、バックスバニーを聞きに下北沢のロフトなんかに
行ってましたが、同じ空間にもしかしてCHARさんがいたかも、と
ン十年経ってからドキドキしたりしてます。
でも今は、子供もいるし、なにより埼玉に住んでると、
ライブ環境には恵まれませんよー。
何もかも東京に集中してて、ほんの少し東京を離れると、
ライブハウスって見当たりません。
思いついてふらっと立ち寄る、見たいなことしてみたいけれど・・・。

あと、CHAR様、個人的なお願いです。
エレクトリックライブ、オールスタンディングじゃないところでも
またやってね。
足が少し悪いので、オールスタンディングのライブハウスには
行けないんです。去年、CHARさんのライブ、行けなくて、悲しかったですー。
埼玉の椅子のあるライブハウスに来てー!
って、そりゃ、どこだよーっていう話になりますけどね。
Commented by keni at 2008-02-28 16:30 x
charさん、おひさしぶりです。
京都へ出て1ヶ月が経ちました。
無事仕事さきが決まり、お料理、お菓子の修業に励んでおります。

気軽に立ち寄れて、老若男女関係なく楽しめる、そして身近に音楽がある。
そんな空間を私は将来創ろうと思います。

よりよい未来のために、われら若者が動かなくてはいけない時代が到来したのではないかと思います。

ケニは4月に催される、フィンガーピッキングコンテストに出ることになりました。
これも与えてくれた何かに繋がるものと信じて、精一杯がんばろうと思います。

またお会いできればと思います。

永遠のファンでいさせて下さい。

長々と私事で失礼しました。
ありがとうございます。
Commented by all around me at 2008-03-05 00:03 x
名古屋ダイアモンドホール・BAHOライブ、ありがとうございました。

たくさんの老男女の中でライブを楽しみながら、ふと思いました。
私達の両親世代が、三波春夫やサブちゃんコンサートや
水戸黄門を観て幸せいっぱいになっているけど
私達の世代は、Charさんのライブの楽しみ方が三波春夫&水戸黄門
かなあ〜。

しかし『Wonderful Tonight』2小節聞いただけで
感動でノックアウト☆イスから滑り落ち
All around me の18年間の夢の2小節で
ゴングが『カ〜ンカンカン!』となって
完全KO!な感動は、完璧エコな精力剤です。
老男女には大切です。

そして私は、牛のようにその感動を反芻しながら
ビタミン剤不要な日々をすごしております。

ありがとうございました。
Commented by RAN太郎 at 2008-03-16 18:30 x
30年近く前に野音に行きました。
友達の下宿にとまり込んで!
あたしは、最近復活したので、またがんがんライブに
行きたいなあ。
Commented by WARAKU*和楽 at 2008-04-08 13:28 x
かなりの遅レスですがチャーさん見てくれるでしょうか。笑
痴呆という、いや地方という言葉に反応してしまいました。僕たちは栃木を拠点に音楽をやっています。神社やお寺でのコンサートというかたちでのオファーも多く地方ならではなのかなと思います。
小さな神社の夏祭りから世界遺産の日光二荒山神社までいろいろな
ところでやらせていただいていますが、オープンな場所なのですごく
やりやすいですし、やりがいもあります。

 ところで、僕たちのバンドは民謡、篠笛をロック、ファンクなどの洋楽的アレンジとミックスしたものなんです。地元や日本中にこんなに良い民謡があるのに知らない人が多いのは「もったいない!」ということと栃木の土地に根ざした音楽をやりたいということから始まりました。試行錯誤とバンドとしての成長の過程ではありますがMYSPACEではとくにアメリカからコメントをいただくことが多く、気にいってもらえているようです。
 これからも共存共栄の和のこころを埋もれたままじゃもったいない日本の唄、音楽に乗せていろいろな人に届けたいと思っています。
 (ちなみに栃木の民謡はハネているものが多いですよ)

http://www.myspace.com/warakuworld

Commented by ニャロメ at 2008-12-31 18:37 x
Charさん、こんにちわ。

今年1年はCharさんにとりまして如何だったでしょうか。
巷では悪い風邪が流行っているようです。
Charさんも健康管理には十分お気をつけになられて、音楽活動を頑張って下さい。
私も永遠にCharさんの信者でおります。

それではCharさん、どうぞ良いお年をお迎え下さいませ。
  
<< 全国各地のお赤飯/文:島本美由紀 お世話に成りましたトランクケー... >>

CALENDAR

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile