自宅のリフォーム計画のその後/文・char

“俺の自宅をリフォームするために、今は亡き両親の荷物を整理している。”
という話を昨年の9月に書きました。
一体どれだけの量の物があるのか、文字通り“先の見えない闘い”に覚悟を決めて挑んだわけだけれど、「この苦労は息子であるジェシーにも身をもって味わわせておかねばならぬ!」と、自宅へ呼び出して手伝わせることにしたんだ。
今ここで俺が何をしてるかっていうことを、見て知っておいてもらいたいと思ってね。

少しずつ部屋から物を運び出して片付けを進めていくと、今まで部屋の奥に隠れていた空間から、見覚えのある箪笥が現れた。
昭和ではなく、大正や明治の時代を強く感じさせる趣の箪笥だ。
そこにしまわれた物に陽の光が当たるのも恐らく50年ぶりくらいなので、引き出しを開ける時には「いざ御開帳!」なんて気分だったね。
その中からは、俺が子どもの時に目撃したきり所在不明になっていた8ミリの映写機や、その当時の懐かしい物が色々と出てきたよ。

息子はこの状況を目の当たりにして「これはトレジャーハンティングだ!」なんて面白いこと言ってたね。
息子にとっては、自分のおじいちゃんやおばあちゃん、果ては曾じいちゃんや曾ばあちゃんの時代の物ばかりなわけで、それはまるで映画で見る遺跡の発掘や海賊の宝探しのような体験だったんじゃないかな。
それが自分のご先祖様とはいっても、まるで現実感はなかっただろうね。

そんなこんなで何とか片付けも一段落したんだけど、何といっても大変だったのは写真の整理だった。
俺の兄弟なんかは「どうせ誰も見ないんだから捨てちゃえよ」なんて軽く言うんだけど、その写真にまつわる旅行の思い出話を親父やお袋から散々聞かされていたから、やっぱりなかなか踏ん切りがつかないんだよ。
でも、軽く二、三百冊はあるアルバムをそのまま残しておくわけにもいかないから、“風景や景色だけで親父もお袋も写っていない写真は有無を言わず捨てる。”とルールを決めた。それから、あまり表情が良くないのもどんどん捨てていった。
いつか息子や、もしかしたら孫がこの写真を見たときに、「自分のじいちゃん、ばあちゃんってこんな人だったんだ、こんな顔してたんだ。」っていう感じで何気なく楽しんでもらえたらいいなと、そんなことを考えながら、残す写真を選んでいったんだ。


今回、自宅をリフォームすることになって、建築や内装工事の専門家から話を聞いたり、打ち合わせをする機会が多くなった。
そういう話をするのは二十数年ぶりなんだけど、もうその頃とは使う資材や材料がずいぶん変わっているのに驚いたね。
ちょっとした壁とか床とかの素材とか、電気製品もそうだけど、エコとか節約という考え方が当たり前のように採り入れられている。
リフォームには内装、電気、家具、左官、その他にもいろいろな業種の人が関わるけど、その人達がそれぞれの職業の中で「エコロジー」や「もったいない」を考えていて、みんなでひとつのものを形作ろうとするときには、共通言語としてまずそれが出てくるんだ。

例えば湿気や臭いを吸収してくれる壁紙があって、余分なエネルギーを消費することなく生活に役立つ機能を果たしてくれたり・・・。
エアコンも最新型は消費電力が大幅に低くなっているし、それからトイレもすごい。30年前は一回あたり20リットルの水を流していたそうだけど、最新のトイレはその3分の1とか4分の1の水で同じようにキレイに流しちゃう。

そういうことを知ると、今までいかに無駄な生活をしていたかって思うよ。
日本が好景気に浮かれていた時代には、何かモノを選ぶときには色とか形とか、そんな外見ばかりを考えていたんだけど、虚飾を廃して機能性を追求していくとモノは自然とかっこよくなるんだなって思った。
無駄がないっていうのはカッコイイことだよね。

「人間も自然の恵みを享受するだけじゃなくて、共存していくことを考えなければ未来はない、」という状況が差し迫っていると思うし、それを進めていけば自然との共生につながっていくと思う。
つまり自然から何かを得ようとするなら、ほかの何かを我慢する、または保護する。そして人間から自然へも還元する。
そういう人間と地球の“持ちつ持たれつの関係”を作り上げて、その中でいい循環を作っていかないと、本当に今の地球環境の問題に未来はないと思うんだ。

もちろん現代生活の利便性は、にわかに手放せるものではないし、日々それにまみれて生きている自分がいるわけだけど、これからのライフスタイルは産業が発展する以前の「のどかな日本」の時代に近づいていくと思うし、そうしたいね。
   by mottainai-lab | 2008-02-05 12:13 | char | Comments(3)
Commented by 金太郎 at 2008-02-05 23:58 x
大きなバケツの中に、地球っていう星が浮いてて
その中に小さな小さな生物が生かされている。
それは、ばあちゃんの時代のチョンマゲの時代もサル時代も
マンモスの時代も。
自然の中で自然に暮らすスタイルが理想で
そこを振り返ると
便利なものと代償に失ったものの重大さは
他人事ではないはず。
文最後の「そうしたいね。」
やさしいひびき。
難しく考えようとせず
身の回りの小さなことからってことかなぁ。

Commented by れいん at 2008-02-13 01:39 x
先日、パリに行った(仕事ですが)時のことですが、今年は石油やら、ガソリンやら燃料費が高騰しているので、薪を燃やして暖を取っている家庭が多いとのことで、パリのアパルトマンやらの、煙突から煙が多く上がっていました。
パリの建物は、皆さんも知ってのとおり、何世紀も前からのものも多く、中をリフォームして暮らしているし、古いものを上手に、綺麗に見せ活用することの上手な国のお手本みたいでした。
古い煙突が、いいなぁと心に残った滞在でした。
Commented by suzan at 2011-07-21 22:01 x
ご両親様の残されたものを、選別される作業は膨大な時間と、労力と、知恵を使われ、あたらしい建築の知識も得られて、根気強く取り組まれたのですね。
いま、実際に住まれて、いかがでいらっしゃいますか?随所にご両親様の思い出やお守りを大切にされて継承されているんじゃないかなあと想像します。
そんな生き方もCharさんの素晴らしさだなあと思いますし、かっこよさだと思います。
お忙しくお過ごしと思いますが、ご自愛なさり、益々のご活躍をお祈りしてます。
  
<< ふろしき大冒険の旅/文:山田悦子 アフリカ・ザンビアの「One ... >>

CALENDAR

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile