どうしても捨てられないもの / 文:char

捨てるに捨てられない思い出の品というのは、誰しもひとつやふたつは持っているだろう。もう二度と使うことなんてないだろうに、後生大事にとってあるアレだ。
俺の場合はジーンズとレコードがそれ。

ジーンズは、若い頃にアメリカを旅したときに田舎町のフリーマーケットで見つけたリーバイス517のオリジナル。それは旅の思い出でもあるし、自分のアルバムのジャケットだとかスチールなんかの撮影でもよく履いていたから、自分の過去の本当に多くの場面を一緒に過ごしたジーンズなんだ。

もう今では、悪い病気にでもならなければあの頃の体型には戻れないだろうから、もう一度それを身に着けるという可能性はほとんどない。
でも、それを不要物だとかゴミだとかという風には思えないね。絶対。

ジーンズって素材自体が丈夫だし、すり切れたり穴が開いたりしても、モノとしての存在感とか味わいは一層深まるものだと思う。そういう質実剛健なところが、戦後を生きてきた俺らの世代を象徴しているような気がするしね。だからジーンズという存在そのものにも愛着とか思い入れがあるんだろうな。きっと。

うちの奥さんが趣味で洋裁やパッチワークをやっているんだけど、その素材になるような古着や端切れをいつも探しているんだ。だから俺のジーンズもいつかは奥さんの手で、買い物バッグやクッションにされてしまうんだろうと思ってるよ。
「これいらないなら使うわよ?」と言われても、最初は頑なに拒否するけど、「あの世まで持って行くつもりなの?」なんて迫られたら「はい、どうぞ」って差し出しちゃうかもね。

レコードは数は多くないけど、俺にとってはまさに教本だったもの。
当時の自分にとってはLPって高価なものだったから、本当に欲しいものだけしか買えなかった。だから一枚のLPを何万回繰り返し聞いたか分からない。
しかも「クラプトンのここのソロ」とか「ここの間奏から」って感じで、同じフレーズばかりリピートして一生懸命に耳コピしていたから、そこだけ溝がすり減って針が飛ぶようになっちゃった。

そういうレコードだからていねいには扱ってないし、傷だらけでコレクター的な価値なんて皆無だけど、俺にとっては青春のすべてを注いだ歴史の記録であり、本当に大切な思い出なんだよね。

思い出は心から消えることはないけど、その当時のモノを目にすれば一瞬にしてそのときの感情や気分が呼び覚まされる。思い出の品ってそういうもんなんだよね。
だから、どんな取るに足らないようなモノでも、もったいなくて捨てられないんだな。
   by mottainai-lab | 2007-11-05 11:53 | char | Comments(8)
Commented by 金太郎 at 2007-11-05 13:04 x
この頃、またドーナツ盤聞いてます。
捨てられなくて大事に持ってたものと、
中古屋で発見したものを。
やはり当時の風景や空気そのものがよみがえってきます。
同時に、あの頃の元気や勇気も沸いてくる気がするんです。
あの頃の体型も戻ってくれれば良いんですけど。
Commented by kay at 2007-11-06 01:03 x
こんばんは。
分かります。置き場が無くなるので定期的に処分するようにしてますが、俺にも、どうしても捨てられないデニムやレコードがあります。
勿論、あなたのレコードもですよ^^
最近は、その人にとって大切な物なら、価値が有ろうが無かろうが関係無いと思えてきました。
あの世にも持っていってもいいと思うし^^
Commented by Marie_LA at 2007-11-07 14:27 x
確かにその通り!!!チャーさんのレコードとともに1976年から78年が甦ります!!音楽って不思議ですね。久々に出して聞いてみると、今まで思い出さなかった記憶がどんどん戻ってきます。「逆光線」と「闘牛士」を久々に聞いたら小学生だった頃の思い出がいっぱい甦ってきました!!その頃住んでた家のレイアウトとか、着てた服とか鮮明にね。。。LP版はやっぱり絶対に捨てられません!!あの、CDにはないアンティーク感。。確かにあの頃のレコードは高かったですよね。。。捨てられません。。。Ipodのなかった時代にプレーヤーで聞いた音楽は最高でしたね。。。
ハイテク化した今の時代では、物のありがたみを知るのがとても難しくなった気がします。。。
Commented by nami at 2007-11-09 20:54 x
私の場合、自分で買ったものは処分しますが、もらったものは捨てられません。Charさんのレコード、ぬいぐるみなど。本は悩みます。「また読むかも」と思ったりして。洋服はデザイン次第ですね。
Commented by イスラ at 2007-11-11 02:53 x
2度目のコメント、お邪魔します!
捨てられないものって何かなー?って考えてみました。
古い着物と食器と教科書。
着物は祖父母や実家にあるものは絶対捨てないで!と言ってあります。既に母の若い頃の着物ももらって着たりとか。
昔の着物の生地のよさや、色の素敵さ。二度と再現できないと思います。なので、奥様の古着や端切れを探されているお気持ちもとってもわかります。
田舎の古い実家にある古い食器たちも私にとってはとても魅力的です。価値があるかどうかなんて全く関係ないんですよね。
うちの父がよく言います。価値のあるなしなんて人が勝手に決めるものんで、そんなの関係ない!って。思いがあるかどうかだけで、捨てるか捨てないかを自分の気持ちで決めろ。と。
なるほどー!と妙に納得です。
いつか勉強しなおせたらいいな~と思って、教科書もなんとなく捨てられないんです。。今のところ一度も開いてませんが・・・^^
Commented by Luka at 2007-11-13 12:08 x
こだわりのないのがこだわり。なんて意味不明的な思考で・・・
中学から使ってるセルロースの筆入れ。今でも使ってる。
小学校の時にマンションの管理人のおじいちゃんが誕生日にくれた
舶来品という皮の入れ物に入った小さな金色の鉛筆削り。
今でも宝物。
明日は姉の誕生日。姉は1年半後には家族でアメリカへ移住する身。
「荷物を増やしたくないの」とDVDもCDもレンタルで済ます人。
手元には残さないで記憶に残しておくというスタンスなのだろう。

価値観って何よ?とか最近思うんだけれど
うちの相方が自分のバイクを絶対に誰にも運転させない!
というのと、私は自分のテルミンをみんなに弾いてもらいたい
の違いなのかしら?と、眠たい頭でぼんやりと考える。

絶対に捨てられないものがあるとすれば
今までの歩いてきた道のり・・・・・過去の人生?(--;)

絶対。 絶対があるかどうかもわからないんだけれど。
Commented by meg at 2007-11-13 14:28 x
なんかかっこいいですね~!ジーンズとレコードかぁ.... charさんの歴史を刻んでるんですね。奥さんとの話おもしろいです!!
私はCDしか知らないので、レコードがすり減ってくことも驚きでした!でも、思い出を残してくれる味のある品ですね~
Commented by あしたのショー at 2008-06-17 17:41 x
“Slap My Hand”大阪・名古屋・東京と、ほんとうにお疲れ様でした! 正直疲れたんじゃないですか? 21日のチキンまさかギターを持たないで出てくるのでは無いでしょうね!?それは絶対にダメっ!!
今のCharさんのギターとSongs・顔の表情・しゃべり方や身のこなし・どれをとっても油が乗っていてもう最高にGoodです!ホントに!
男も女も、子供もお年寄りも、もうみんな頭クラクラです!罪な人!
話は戻りますが、ビルボード大阪2連戦させて頂きました。特に最終日終わった後でジムさんと言葉を交わしながら硬く抱き合った時、少し涙が出そうになりました!深い絆の様なものを感じました。ありがとうございました。ジムさんに感謝! 本当ににいいステージでした! 最終日にお渡ししたシャンパンの味どうでした?
大事そうに両手で抱え込むようにして頂いたのを見て、とても嬉しかったです。またチキンでお目にかかります。
  
<< ビビンバ奉行 / 文:島本美由紀 MOTTAINAIを超える出来... >>

CALENDAR

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile