もったいないお言葉 / 文:char

プロ野球選手の胸元に光るネックレス。
ビジュアル系ミュージシャンの天に向かって一直線に逆立った髪の毛。
今でこそテレビで当たり前のように流れている一場面だけれども、三十数年前は放送中にガムをかんでいただけで視聴者からクレームが押し寄せる、という時代だった。だから俺も、しょっちゅう局のお偉いさんにしかられてたね。
若さ故というか、何か気に入らないことがあったりすると態度や行動に出さずにはいられなかったし、目立ちたい、人と違うことをしたい、という気持ちも強かったからね。

ある時、現場のスタッフと意見がぶつかって腹の虫が治まらなかったんで、テレビカメラが自分の手元をアップにしたときに写るように、ちょっとアレな英語のフレーズをギターに書いておいたんだ。いたずら心でね。
当時はそんな言葉を誰も知らないから、そのまま気づかれずに放送されたんだけど、俺は心の中でほくそ笑んでいたよ。番組を見た外人には結構うけて、「お前、あれ最高だったよ!」なんて言われてた。
またある時は、ゴムぞうり姿で生放送に出たら「あれはけしからん」みたいな電話がジャンジャンかかってきて、局の人に呼び出されてしかられた。俺も反発して「どこにゴムぞうり禁止って書いてあんの?」なんて屁理屈をこねてたな。

そんなこんなで、当時の俺は言いたいことは言う、気に入らないことはしない、という若造だったので、それを見かねた某ラジオ放送局の社長が「そういう態度なら出す人出すぞ。覚悟しろよ。」と言って、俺をとあるところに連れて行った。
誰が出てくるのかと思ったら、ミュージシャンの間では親分的存在の大先輩の某氏が現れたんだ。その人は俺の言うことにも耳を傾けてくれて、それなりに理解もしてくれたんだけど、そのときに言われた言葉は今でも忘れられない。

「お前はスターになりたいのか?スターっていうのは「星」だ。現実に存在するけれども遠く手が届かないものだ。お客さんというのは、そういう偶像を求めているのだし、そういうところに夢を見ているんだ。お前がそうやって思うまま、感じるままを態度に表すのも悪いことじゃない。でもそれはある個人の実像でしかない。空に輝く星のように現実と幻想の姿を併せ持つ者、その間を上手に行き来できる者だけが、本物のスターになれるんだ。」

そのとき俺は目から鱗が落ちたような気がして、心の底からの感謝の気持ちで「ありがとうございました」と頭を下げた。プロとしてやっていく上での大事なことを学んだという気持ちだった。
今から思うと、その大先輩が語ってくれたのは、若造だった俺にとっては本当に「もったいないお言葉」だったのかもしれないね。
   by mottainai-lab | 2007-10-16 13:03 | char | Comments(15)
Commented by 金太郎 at 2007-10-17 01:40 x
当時のことは鮮明に覚えております。
例のテプラーのことも。
その星に憧れました。
あなたから頂いた「もったいないお言葉」も大事な宝物です。
Commented by keni at 2007-10-18 01:40 x
「お前はスターになりたいのか?スターっていうのは「星」だ。現実に存在するけれども遠く手が届かないものだ。お客さんというのは、そういう偶像を求めているのだし、そういうところに夢を見ているんだ。お前がそうやって思うまま、感じるままを態度に表すのも悪いことじゃない。でもそれはある個人の実像でしかない。空に輝く星のように現実と幻想の姿を併せ持つ者、その間を上手に行き来できる者だけが、本物のスターになれるんだ。」


心に残りました。。

僕も、このお言葉を一生の宝にして、がんばってあなた方のいる境地へ目指そうかと思います!!

待っててください!!

Commented by れいん at 2007-10-18 22:15 x
Charさまの、若かりし頃、なつかしいです。
アノ頃、今までにないカリスマを感じ、TVに映るアナタを、目をハートにして見ていた中学生の自分を思い出しました。

アノ頃のCharさまの語録、(コメント?)サイッコーでした!
大人になった今でも、私のココロに強くインプットされていますよ。

『一日の出来事が、10あったとして、9個悪いことでも、1個が良い出来事だったら、その日は良い日だったとしよう』
なんて言うのは、私のフィロソフィーになっているし、

アノ頃のCharさまの創り出す、音楽、生き方、人となり、モチロン言動、すべてが
私にとって、スターそのものでしたし、今でも、大スターです!!

尖がっていた、Charさまも、大好きでしたが、歳を重ね、人の関わりを大切にして、少し丸くなった?Charさまも大好きです!
私も、歳を重ね多くの人の良心の上で、暮らさせて頂いていると毎日を感謝しています。
Charの音楽にも、毎日癒されてます。Thanks


Commented by k.o at 2007-10-19 01:40 x
まだ19の私は海外で一年暮らして
はじめて自分が生きてると思えました。
人種とか言語とか人の感じ方考え方
最近そんなものに敏感にふれて戦っています。

きっとCharさんと同じではないかもしれませんが
私は私なりにこの言葉を知ることができてよかったです。

なんだか少し気持ちが落ち着きました。

Commented by kay at 2007-10-19 17:20 x
なるほど...いい言葉、俺にはもったいないお言葉です。
若いうちに、そういった人との出会いは大切ですね。
でも俺のギターは負けませんよ(笑)
Commented by Capri at 2007-10-20 07:02 x
Charさん、素敵なアドバイスを頂いたんですね♪
今では素晴らしい☆ですよねえ。
Commented by Ayako at 2007-10-21 11:20 x
この数日間、訳あってへこんでいました。
さっきも、良く晴れた大阪の空を、家のベランダからぼぉ~っと見ながら、Amano-Jackが無性に聴きたくなったりで。 『おっとその前にCharさんのぶろぐぶろぐ♪』
・・・染み入りました。
私にとっていいタイミングでCharさんの更新が見れました。
やっぱりCharさんのファンでいれて良かったと思いました。

そして前回のブログ、Charさんちのパソコン付近の写真を見て、ひとりで舞い上がってました。
私には もったいない デス 感謝☆
Commented by Marie_LA at 2007-10-22 05:45 x
今、このブログを見つけてびっくりしています。現在はLos Angeles在住ですが、他の皆さんと同じように、小学生だった私にとって、TVで見たCharさんは他の星から来た人のようでした。Charさんを見た瞬間、気絶しそうになりました!!あれから、かれこれ20年以上経つなんて信じられません!!私は全人生の3分の1をロサンゼルスで暮らすこととなってしまいましたが、今、Charさんの過去のアルバムやツアーの映像等見ていると、こちらにいる間に、これら全部見逃してしまったことをただ後悔。。。。
今でも、「逆光線」や「闘牛士」を聴くとどきどきします。。。過去、いろいろやってきましたが、今も、たまに西海岸のラップアーティストのMgmt.に関わっています。やっぱり音楽が大好きです。今、考えると、EW&Fにはまる前にはまった音楽がCharさんです。現在、ハーフの息子がTeen Agerになりましたが、昨日早速ハリウッドのギターセンターに引っ張って行き、フェンダーを無理矢理持たせた私です。。。彼は今は、SoulJaBoy..等と言っていますが、きっとそのうちギターの良さを分かってくれると信じています。このブログでは、カリスマCharさんの人間的な部分を見ることができ、とても楽しいです!!
Commented by digikuro at 2007-10-23 23:41
そうそう、ゴダイゴと一緒にやってた頃の終盤、Charさんはカナリ荒れてましたね。
でも、その後、JL&Cで吹っ切れたようなCharさんが一段とカッコよかったな。
自分はスター云々っていうよりも、良い面も悪い面も含めて等身大のCharさんの生き様が好きですよ。
Commented by Marie_LA at 2007-10-24 08:29 x
「もったいない」がトピックですよね?
何よりも、JL&Cやピンク・クラウドの時期をほとんど見逃してしまった私の人生の何年間がもったいないです。今、その分、Catch upしようとがんばってCDを取り寄せてる最中です。。でも、Charさんの音楽をCDで聴くって言うのもまたCharさんの音楽がもったいないかな。。。やっぱり、レコードで聴きたい気がします。あの頃はまだ小学生で、子供だったからやっぱりCharさんの音楽性についていけなかったのでしょう。。。もっと早く生まれていればよかったかもですね。。。
Commented by Basquiat at 2007-10-26 13:40 x
当時charがビーチサンダルでテレビに出てきて演奏するのカッコよかったけどね。
アホなアイドル全盛の時代だったから新鮮だった。
真似してサンダルで大学行ってたら顰蹙かったけどね。
Commented by mitsuki-takenaka at 2007-12-24 01:13
こんにちは。
Charさんの音楽の大ファンです♪

前々から『Charさんはエコロジストなのでは?』と睨んでましたが(笑)、本当にそのようで、ファンとしてはとても嬉しいです。
商業主義に走らず、“残る音楽”を追究し続けるCharさんの音楽への姿勢もバックに見えます。

私は、物に執着があまりない方なのですが、他のファンの人たちと共に同じ地球の同じ時間に存在して、Charさんのギターと歌を聴けた記憶が私にとって“捨てられないもの”です。
あの世に持っていきたい大事なものですよ。^^

私、前世の記憶・・というか、感覚がほんの少しだけあるんですが、Charさんのことだけ唯一覚えてて、初めてCDを聴いた瞬間『この人知ってる!』と思ったんです。
前世でもよっぽど憧れてたんですね♪

これからもみんなの星であり続けてくださいね。
Commented by ウレオ at 2008-06-05 20:55 x
「その人は突然ブラウン管に登場した。そのしなやかでラフな存在感は今もって忘れることができない。美しい長髪に物怖じしない態度、ドスの効いた声、その破顔の表情、すらりと伸びた長い足、そしてあの生々しい声。マスタングを身体の一部のように操りながら弾き出されるソロプレイはそれまで観たこともないほどの即興性にあふれていた。ギターに一瞥もくれずに歌いながら続けられるリズミックなカッティングもはっきりと聴き取れる。彼は最後に恍惚の表情で天を仰ぎ見ると、トレモロアームですさまじい爆音を起こしたのである。衝撃的なその登場であった...」オレにとってギターのワイルドマンはジミヘンでもクラプトンでもない(ベックは? うっ...。)いや、冗談抜きでCHARちゃん以外考えられない。正直このブログを読んで驚きました。と同時にCHARちゃん(すみません、こう呼ばせて下さい、ここだけでも)の懐の深さ、人間的奥行きを考えると納得のゆくお話でした。いつまでもお元気で、でもタバコは控えめに(ぼくも日に40本吸ってた煙草やめました。酒はやめられませんが)。あなたにお会いするのが数少ない私の夢であります。CHARは永遠に最高です!
Commented by ウレオ at 2008-06-05 21:42 x
すみません、先程は非本質的な話に終始してしましました。「星」のお話すばらしいです、またそれを大事に育んでこられたCharさんも。またおそらくその言葉はCharさんの経験と内面的変化によって、実際はオリジナルのもの以上に深みを増し、変わっているのではないでしょうか。ともあれ、あなたの変わらぬ飾ることなきナチュラルさ、暖かい人間的魅力、そしてスターとしてのオーラの秘密を垣間みたような気が致します。本当にすばらしいお話有難うございました(その大先輩が誰なのか、個人的に興味は尽きませんが...)。
Commented by ウレオ at 2008-06-06 11:42 x
こんな機会滅多にない。僕にとってはもったいない機会です。だから書かせて下さい。僕にとってCharさんのアイドル時代の業績は本当に大きいものなのです。Charさんにとっては本意ではなかった部分もあるでしょうが、偉大な職業的作家と組んで、職人的伎倆を発揮して作られた珠玉の作品、とりわけ「逆光線」はぼくにとってオールタイムフェイバリットです。そこでお願いなのですが、是非とももう一度「歌謡曲」を作っていただきたいのです。この時代の作品の芸術性は私は非常に高いものだと信じて疑いません。そしてCharの魅力の根幹を成すものであると。コンセプト、プレイヤビリティ、コンポージング等の要素が期せずして絶妙のバランスで結実したのが、この時期の作品群ではないでしょうか。もう一度こういう観点からCharさんにトライしていただきたいのです。勝手なことばかり書いて恐縮です。素晴らしい才能です。あ〜、もったいない、もったいない。
  
<< シブヤ大学MOTTAINAI学... MOTTAINAIコミュニケー... >>

CALENDAR

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile