安藤美冬のMOTTAINAIブログ vol.4

革の切れ端でコーヒースリーブをつくる。

スターバックスが大好きです。

本を読んだり、原稿を書いたり、資料を読み込んだり、ぼーっとしたり、友人と語らったり。ゆったりとしたソファは長居できるし、テラス席に座って行き交う人を眺めるのはリフレッシュできるし、電源とWi-Fiが完備されていてバリバリ仕事をするにも事欠かない。
スタバは、私にとっての「もうひとつの自宅」みたいなもの。そう、自宅(第一の場所)でもなくオフィス(第二の場所)でもない、アメリカの都市社会学者レイ・オルデンバーグが提唱する「サード・プレイス(第三の場所)」としてスタバはとっても優秀な場だと思います。

最近は週のうち3日間を多摩地区にある多摩大学で働くようになったため、店内で過ごすことよりも「持ち帰り」が多くなりつつあります。自宅近くにあるスタバに朝立ち寄って、マイ定番の「ソイラテ(HOT)」を注文。そのまま電車に乗って45分間の通勤時間にゆっくりとコーヒーを飲むのが密かな楽しみなのです。

安藤美冬のMOTTAINAIブログ vol.4_a0083222_15282758.jpg


熱いラテを手持ちで飲むときに活躍するのが「スリーブ」。段ボール紙でつくられたロゴ入りのスリーブは、ホットコーヒーを飲むには欠かせないですし、ちょっとおしゃれな気分も味わえるのですが、毎回カップとともに使い捨ててしまうのはちょっともったいない。

そんな「MOTTAINAI」という気持ちから、「使い回せるスリーブ」を開発した友人がいます。彼の名前は宮下竜介さん。大阪出身で京都の大学を卒業後、メーカーにて営業職に勤務後、縁あって昨年まで私のビジネスパートナーとして一緒に働いていた男性です。彼は現在別の仕事へと転職したのですが、傍らで企画・開発しているのがこの「革製スリーブ」。

安藤美冬のMOTTAINAIブログ vol.4_a0083222_15275110.jpg


もともと革が大好きで、革小物を手作りしていた宮下さんは、普通なら捨てられてしまうか、用途に困ってしまうような革の切れ端を上手に使って、スリーブづくりを始めたところ、周囲に好評。そこで多くの人に使ってもらおうと『TODOK』を立ち上げます。ブランド設立のストーリーから、気に入った革製スリーブの注文もここから行えますので、ぜひサイトをチェックしてみてください。

日常の中にある「MOTTAINAI」という気持ちが、素敵な商品に生まれ変わることがあります。私も早速注文。今から届くのが楽しみです。
   by mottainai-lab | 2014-06-17 15:39 | 安藤美冬 | Comments(0)
  
<< Mt.Fuji クリーンツアー... 食べ物のMOTTAINAI話/... >>

CALENDAR

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile