アフリカゾウのいない地球を想像できますか?/滝田明日香

ELEFACT: Did you know? 〜1980年代の危機〜

1980年代には象牙やトロフィーハンティングの影響で、アフリカゾウ達にとって史上最悪の密猟の時代でした。日本では1970年以前は印鑑の先だけが象牙で作られていましたが、70年以降は印鑑すべてが象牙で作られたものが好まれ始め、我が国の象牙需要の発端となりました。

そして80年代の日本は、全世界の象牙消費の40%を占める「象牙大国」として全世界に知れ渡ることになりました。1979年に130万頭いたアフリカゾウは、たったの10年後である1989年までに60万頭まで激減しました。この危機的な状況のもと、1989年にワシントン条約で象牙取引が禁止されました。その後ゾウの平和もつかの間。一部合法取引が許された結果、状況は悪化し、今や80年代の危機よりもひどくなって来ているのが、アフリカゾウ達が置かれている現状です。今のままではあと10年で地球からゾウがいなくなってしまいます。


アフリカゾウのいない地球を想像できますか?
そしてその原因が私たち日本人にあったら?
アフリカゾウが消えてしまう日が来ないように日本の象牙需要をなくしましょう!
今のままではあと10年でゾウが消えてしまいます。


アフリカゾウの牙は自然に落ちたり生え変わったりしません。象牙はゾウを殺さないと捕れません。それは書類上の合法も違法も関係ないです。日本を含むアジアの需要が密猟の¬勢いに火をつけました。日本のハンコやピアノのけん盤がサバンナのゾウ達を殺しています。このままの勢いでいけば、地球からアフリカゾウが消えます。15年以内という専門¬家もいます。その前にみんなで象牙の需要をなくしましょう。大人は子供に伝えてください。

-SAY NO TO IVORY- アフリカゾウの涙より 




『アフリカゾウの涙』(Facebookコミュニティ)は、アフリカ育ちの日本人達の手により始められました。大好きなアフリカで祖国日本を含むアジアの国々の象牙需要により苦しめられているアフリカゾウたち。彼らが この地球からいなくなってしまわないよう、末永くサバンナで 平和に過ごせる日々が続くよう。アフリカゾウの涙は、そんな思いからスタートしました。

1989年に全世界が「象牙を欲しがらない世界」を作り上げてアフリカゾウを危機から救ったように、私たちがアフリカゾウを救う為に出来る一番大切なことは、「象牙を持つのはいけないこと」を常識とする日本社会を作ることです。

アフリカゾウのいない地球を想像できますか?/滝田明日香_a0083222_11253316.jpg

アフリカ大陸の最後のゾウが、象牙に変わってしまう前に・・・。
アフリカゾウのいない地球を想像できますか?/滝田明日香_a0083222_11254366.jpg
© Nick Brandt
   by mottainai-lab | 2013-01-30 11:21 | 滝田明日香 | Comments(1)
Commented by TAMA at 2013-03-23 09:50 x
リンクさせていただきました
国内では「象牙=高級品」の価値観が根強い事が残念です

  
<< ゴミ拾い/文:ルー大柴 アフリカゾウの危機/文:瀧田明日香 >>

CALENDAR

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile