Woman.excite

タグ:災害支援 ( 1 ) タグの人気記事

平成の災害と赤十字展

日本赤十字社(港区芝大門)で、
今日からスタートした「平成の災害と赤十字展」。

a0231828_18111904.jpg


そのオープニングにあたり
「平成の救護活動から学び、新時代の支援を考える」
と題したトークセッションが行われ、取材してきました。
次世代を担う大学生と、伝えるを担うメディアが参加しての開催です。

a0231828_18123539.jpg



まもなく終わる平成の間に、
日本だけでもいくつもの大規模自然災害がありました。
長期間の避難を余儀なくされた平成3年の雲仙・普賢岳噴火災害から
阪神・淡路大震災、新潟県中越地震、東日本大震災、熊本地震、
西日本豪雨、北海道胆振東部地震…まで。もちろんほかにも。

改めて振り返ることで今後につなげたい、
「災害支援」「防災」を“自分ごと”として捉えてもらいたい、
という願いをこめて、写真パネル展は一般公開されています。

a0231828_18130351.jpg

時系列に並んだ写真パネルと解説



今日のトークセッションでは、
日本赤十字社の白土直樹さん、人と防災未来センターの菅野拓さん、
現場で救護活動を行う職員、看護専門学校在学時に被災経験を持つ看護師、
大学在学中に被災地の子供たちの学習支援ボランティアに参加し、いまも交流を続ける若手職員、
それぞれの意見、経験や思いを聞く貴重な機会となりました。

a0231828_18124880.jpg


a0231828_18125567.jpg


災害支援は、いのちを守る応急的な活動はもちろん、
こころのケアや生活再建までを見据えた長期的なケアへ。
ひとりひとりの尊厳を守るために必要な支援は、
より広く、深く、長くなっています。

日本赤十字社の白土さんは
「全員に同一の質と量のサービスを提供する“平等”ではなく、
全員が一定水準の尊厳を確保できるよう
必要に応じて差異のある質と量のサービスを提供する
“公平”な扱いを考えていかなければならない」と話し、
ハッと気づかされるものがありました。

欠かせないのは、医療、福祉、介護の専門職や
地域をつなぐ役割を担っている人たちの、“平時からの”連携と、
ボランティアのチカラ。
成熟した社会での新しい災害対策を、
私たちも“平時から”考えていかなければならない。そんな時代です。

-----

「平成の災害と赤十字」は、3月29日(金)まで平日午前9時半〜午後5時まで、
日本赤十字社 本社1階で開催中。御成門の駅からすぐです。

会場には、写真パネルのほかに、
阪神・淡路大震災の炊き出しで使用された災害用炊飯器と同じ物や、
北海道胆振東部地震の避難所で使われ
睡眠環境の改善につながったという「段ボールベッド」などを展示。
また、支援活動時の救護日誌や、
登壇した看護師さんの看護専門学校卒業式での「答辞」など、
経験から学び未来へ活かすための貴重な記録の実物もあります。

a0231828_18130893.jpg

「段ボールベッド」を体験する大学生と、取材するメディア


a0231828_18131130.jpg

石巻赤十字看護専門学校在学時に被災した看護師さんの、卒業式での答辞


ぜひ見て、知って、感じてください!

by mori-mado | 2019-02-19 19:18 | 医療キャスターのおしごと | Comments(0)

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム