Woman.excite

タグ:医療 ( 1 ) タグの人気記事

「ポリファーマシー」とは?

今日の取材は、高齢者の「ポリファーマシー(多剤併用)」。

メディア向けのセミナーで、
秋下雅弘先生(東京大学医学部附属病院 老年病科)と、
池上あずさ先生(社会医療法人芳和会 くわずみ病院 院長)のお話を伺いました。

ポリファーマシーとは、多くの薬を同時に服用することで害をなすもののことを言います。
高齢になると多い脳血管の病気や糖尿病、高血圧、
脂質異常症(高コレステロール、高中性脂肪)、
胃の不調、便秘、不眠、痺れなど…、
これらで医療機関にかかり、それぞれの病気や症状に対する「薬」が積み上がっていくことで、
認知機能を低下させたり、転倒の原因となったり、、、
様々なリスク(害)が生じることをご存知ですか?

a0231828_23323269.jpg


厚生労働省の資料によれば、日常的に飲んでいる薬が6種類以上という人は75歳以上で4割以上。
ピークは80代後半で、10種類以上服用している人も15%近くになります。
秋下先生のお話では、
日常的に服用する薬が5、6種類を超えると明らかにハイリスクとなることが
日本老年医学会の調査でもわかっていて、
慢性の病気のコントロールについては症状や生活環境などを考慮しながら
“処方の見直し”をする必要があるというのが、これからの考え方とのこと。

とくに不眠症に対して処方される治療薬は慎重にする必要があり、
薬を減らす→止めることが治療のゴールであることを明確にし、
睡眠に関する生活習慣改善をしっかり実行していくことが重要だそう。

眠れない、夜中に起きる、早朝に起きるということに悩む高齢者のみなさん、
何時間眠れたかということは問題ではないそうです。
眠ることにこだわるのでなく、
昼間の生活に大きな支障がなければ
睡眠時間は何時間でも(例えば3時間でも4時間でも)良いということを知ってください。
寝付けないときは一旦起きることも有効。
眠れないからとベッドで何かするのではなく、
一旦起きて疲れをためて眠くなったらベッドに入るということを心がけるといいそうです。
本人と家族&医療者が不眠症治療のゴールを正しく認識することで、
現在高齢者の7%程度である不眠症治療薬の処方は半分くらいに減らせるのでは、、、と
池上先生は話していました。

不眠に限らず薬の処方の適正化に向けては、
医師はもちろんですが、薬剤師の専門性と経験がカギを握っています!
“チーム医療”の時代、地域の薬剤師さんがもっと専門性を発揮できる医薬連携を!
医師も薬剤師もどちらも意識を変えることが求められます。


今回のセミナーのベースとなったのは、
MSD株式会社が行った「シニア世代における服薬・不眠症治療に関する実態調査(2018年)」。
シニア世代の7割が「多剤併用(ポリファーマシー)」を「知らない」と答え、
「配偶者には睡眠薬に頼らず眠ってほしいが、眠るためには薬も仕方ない」と板挟みの状況が9割…など、
調査結果からは、高齢者の薬を巡る実態が見えてきます。

薬を創る製薬会社が健全な社会をめざして服薬の実態を調査し、
適正使用に向けて啓発していることに、大きな意義を感じました。

----------

メディアセミナー「高齢者の多剤併用に関する実態と不眠症治療の課題」
主催:MSD株式会社


by mori-mado | 2018-11-06 23:33 | 医療キャスターのおしごと | Comments(0)

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム