Woman.excite

タグ:カナダ ( 2 ) タグの人気記事

Day4 スティーブストンへ

バンクーバー旅日記 2018」の続きです。
いまさら?笑

---

Day4 3:00 pm.

「仕事が早く終わったよ」と友人がピックアップしてくれて、
もう一人の友人が住むスティーブストン(Steveston)へ。

スティーブストンは、バンクーバーから車で30分くらいの
フレーザー川の河口にある港町で、
その昔、漁業をしていた日本人が初めて移住したところ。
日系カナダ人のルーツといえる街です。

車を停めて、まずはモンクトン通りを散策。
キャンディ屋さん、郵便局、ギフトショップなど小さなお店が並び、
古き良き時代を思わせる、かわいらしい雰囲気のストリート。
映画の撮影にも使われたそうです。*肝心の写真がなかった…涙

---

夕陽のころが近づいてきたので、水辺のレストラン「blue canoe」へ。
私がまた行きたかったレストランです。
なんとも素敵な眺めのこの席に案内してもらい、
オフのリラックスモードなココロが、さらに解けて(というか溶けて…?)いきます。

a0231828_23330468.jpg


さっそく地ビールで乾杯♡ 「Happy hour」でお得でした♪
2年半前にもここで、この4人で、同じ写真を撮ったような・・・笑

a0231828_23324282.jpg



ムール貝はワイン蒸し、牡蠣はフレッシュで。
合わせるのは、もちろんBCワインの白。
オカナガンの「Burrowing Owl Estate Winery」のものです。

a0231828_23324520.jpg

a0231828_23325662.jpg

a0231828_23324889.jpg



ビールからワインに移るころ、
窓の向こうのフレーザー川に夕陽が沈んでいきました。

a0231828_23325977.jpg

a0231828_23325253.jpg



親しい友人との近況報告や他愛もないお喋りが心地よくて、楽しくて、
シーフードの後はお肉と赤ワインを。

赤は、南オカナガンの「Blue Mountain Vineyard and Cellars」の Gamay Noirの2015年。
ここのワインはとても美味しいのですが、
家族経営の小さなワイナリーで生産量も少なく、なかなか手に入りません。
白と泡は飲んだことがありましたが、赤は初めて♡
ちなみに東京では、恵比寿にあるカナダワイン専門店に入荷されることもあります。

a0231828_23330837.jpg

話が尽きない長い夜・・・
このあと友人のおうちで飲んで、さらにちょこっと寄り道をして(!) ホテルへ。


日本から移住している友人たちは皆、それぞれ“物語”があり、この土地への“想い”があります。
もちろん海の向こうから日本へ馳せる“想い”もあります。
そんな話を聞きながら、私もまたバンクーバーへの想いが深まり・・・♡
8年前につながったご縁がこうしてつづいていることが、本当にありがたくて、嬉しい。

「おかえり」といつも笑顔で迎えてもらえる場所がある、
そんなしあわせをかみしめる旅の毎日です。


by mori-mado | 2018-04-10 20:48 | バンクーバー徒然なるままに | Comments(0)

バンクーバー2018

バンクーバーへ行っていました。
寒い季節に訪れるのは、
2009年秋〜2010年春まで暮らしたとき以来です。

過去のブログより
第1章 はじめてのカナダ暮らし♪ → こちら
第2章 雨、ときどき晴れのバンクーバーより → こちら


バンクーバー冬季五輪から、ソチ、平昌と、ちょうど8年が過ぎましたが、
変わらずに「おかえり」と温かく迎えてくれる友人たちファミリーと、
表情を変えながらも変わらずにリラックスさせてくれるこの街が、
私は本当に好きです。
数えたら9回目のTokyo-Vancouverでした。

今回も写真がたくさんあるので、まずはダイジェストで♡
パソコンでご覧いただく場合、写真をクリックすると大きく表示されます。



a0231828_23513895.jpg
上段左から
最近おしゃれな雰囲気になってきたGastown。これが有名な蒸気時計
Vancouver Art Gallery
スーパーマーケット「Urban Fare」のデリで朝食

中段左から
19世紀後半に日本人移民が多く住んだSteveston。水辺のカフェ「Blue Canoe」から見た景色
Granville Islandからダウンタウンをのぞむ
Granville Islandの入口

下段左から
Burrard bridgeからの景色。歩いてキツラノへ
Grouse Mountainのライトウォーク。真っ白な雪と光のトンネル
Stanley Parkのトーテムポール。朝ラン♪



a0231828_23514128.jpg
上段左から
Robson st.のカフェで朝食。Blue Horizon Hotelの1Fかな?
Vancouver郊外のLangleyにあるワイナリー「CHABERTON」にて
Olympic villageのクラフトビール工房巡りで「RED TRUCK BEER COMPANY」へ

中段左から
このコンドの17階に住んでいました。ダウンタウンからYaletownへ向かう途中
Granville Islandからダウンタウンをのぞむ
スキーシーズンでにぎわうGrouse Mountain

下段左から
朝ランで、イングリッシュベイのinuksuk(イヌクシュク)像へ。バンクーバー五輪のシンボル
Stevestonの「Blue Canoe」で生牡蠣。レモンを絞って、美味
RED STAR SEAFOOD RESTAURANT」で飲茶。これは蛸のカレー煮



a0231828_23514413.jpg
上段左から
羽田発のANA便は夜出発。仕事をしてから出発できるので便利
Langleyのワイナリー「CHABERTON」にある「Bucchus Bistro」で友人ご夫妻とランチ
Grouse Mountainのゲレンデ。スノーブーツでなくても歩けました

中段左から
友人Kさんがクッキングクラスで習ったお手製のチョコレートムース アールグレイ風味♡
Canada Placeの目の前にある水上飛行機の発着場。バンクーバーらしい景色
クラフトビール工房巡り。飲み比べると味や香り、それぞれの個性がわかって面白い

下段左から
Blue Canoe」から眺める夜のFraser River。ワインはOkanagan の「Blue Mountain
Queen Elizabeth Parkからダウンタウンをのぞむ
Granville Islandの「The Sandbar」でサーモンバーガー。シンプルな美味しさで好物♡


寒さの中にも春が近いことを感じる空気。
そう、こんな感じだったなぁ・・・と懐かしい。
雨が多い時期ですが、帰国日以外は降られることなく街歩きを満喫しました。

by mori-mado | 2018-03-10 23:17 | バンクーバー徒然なるままに | Comments(0)

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム