Woman.excite

<   2018年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ご褒美いちご&トマト

「マラソンの疲れが取れるように送るからね♡」と、
栃木の大粒「とちおとめ」と、有名なトマト栽培家・重田さんの「サンロード」を
義両親が宅配便で届けてくれました(*'▽')

a0231828_16281049.jpg

いちごが甘くて美味し~い🍓と、 パクパク(もぐもぐ?)食べていたら、
1人で1パックいっちゃいました。ふだんはあまり食べないので、びっくり。本当に美味しい♡

トマトも、ピカピカで、太陽のパワーを感じます。
いつもの肉詰めを作って、あとは何にしよう・・・♡

a0231828_16281320.jpg

走っただけで こんなご褒美!わーい\(^o^)/
ビタミン補給、ばっちりです。


by mori-mado | 2018-02-28 16:33 | 美味しいものたち | Comments(0)

「東京マラソン2018」完走しました!

東京マラソン2018、完走しました!

ネットタイムで4時間57分28秒。
ギリギリですが、目標の“サブ5”達成!!
でも、ほんとはもうちょっといけるかなな~んて思っていたんだけど、
意外と根性がないタイプ( *´艸`)

a0231828_22443466.jpg

今年も本当にたくさんのお友だちと、姉&甥っ子1号、叔母が沿道で応援してくれて、
ものすごいパワーが私の背中を押してくれ、足を前へ前へと進めてくれました。
思い出しても、その応援をもらったことの嬉しさで泣けてきます。


では、東京マラソン2018振り返り~♪♪


セキュリティエリアに入ったときの高揚感は何とも言えず、
これから始まる42.195キロの未知なる世界にワクワク。

ウェアは、「応援に行くから目立つ恰好してね」という声を受けて、ピンク!
気温が低かったので、急遽ウィンドブレーカーを着ることにしましたが、
途中で脱げるようにナンバーカードが透けるタイプを探しました。

a0231828_22444213.jpg

ウィンドブレーカー: New Balance (New!)
Tシャツ: NIKE
ロンT: anima
ネックウォーマー&グローブ: asics
パンツ: lulu lemon
タイツ: lulu lemon
シューズ: asics



昨年は、仮設トイレに30分並ぶもスタートまでに順番が来ず、
スタート早々のセブンイレブンで結局25分並び、大きなタイムロスになったのですが、
今年は、セキュリティエリアに入る直前の工学院大学がトイレを開放してくださっていて、
安心してスタートラインに並んでいました。

それでも、「J」ブロックというかなり後方からのスタートに不安を抱いていたとき、
「まどかー!」と呼ぶ声が!
アナ友の存在を超え“心の友”である大坪瑠実ちゃんと黒瀬智恵ちゃんが
スタートから応援に駆けつけてくれました♡

るみちゃんの東京マラソン応援記 → こちら

2人の姿を見たら、もちろんこの笑顔。

a0231828_23012347.jpg


荷物を預けてからスタートまでは約1時間。寒さ対策として、
“リユースに回してもいいパーカーやジャージを羽織って待ち、
スタート地点で脱いで「洋服ポスト」に入れる”
という方法を教わったので、
1年間着倒したユニクロダウンを着て待っていました。おかげで寒くない!


さぁ、スタート!

都庁前からしばらくは走りやすい緩やかな下りが続くので、
飛ばさないように、周りのスタートダッシュに引きずられないように、
20キロ、30キロの練習で刻んだ自分のペースを死守。

沿道の声援、ボランティアさんの支え、
そして、駆けつけてくれた友人の「まどかさん!」「がんばれ!」の声が、
ひとつひとつパワーになります。
清澄白河では、高田川部屋大雷童さんも待っていてくれました。


a0231828_22444001.jpg

試走しただけあって、前半は快調。
1kmごとの表示があっという間に現れ、「あれ、もしかしていけちゃう?」と楽勝ムード。

が、、、もちろんそんなに甘くない42.195キロ。

朝食を“しっかり”食べなかったことが響き、だんだんお腹が空いてきます。
あんぱんを用意してくれているるみちゃん&ちえちゃんとは浅草を最後にうまく会えなくて、
さらに、トイレもそろそろ行っておきたい? などと思ったら、、、

急に足にブレーキが!

とりあえず折り返した後の25キロ手前でトイレ。7、8分のタイムロス。
空腹は、沿道の人から かりんとうやお菓子をいただき乗り越えました。感謝♡

昨年苦しかった後半の日本橋は軽く走り抜けたものの、
日比谷を越えたあたりからだんだん辛くなります。
田町~品川の往復は、腿の裏側の重だるさと、5時間切れるかという焦りとで、
まったく余裕のない状態でした。走る、時々、給水しながら歩く、走る・・・

そんなときも、次々に友人や姉&甥っ子の声援をもらい、
その度に「もうちょっとがんばれる!」と自分に言い聞かせて、
とにかく1歩1歩、止まらずに走りました。

行幸通りで沿道の人たちから大きな声援を受け、東京駅を背にFinish!

自分のネットタイムがすぐにわからず、
「5時間切れた? ダメだった??」とドキドキしていたところ、
応援アプリで追っかけてくれていたラン友さんや平昌にいる夫、沿道で応援してくれた後輩から、
「やったね、サブ5達成!」「4時間57分28秒。がんばったね!」という連絡が次々に入り、
ホッと一安心。ホッとしたらじわじわ足が重くなり、完走したことを実感しました。

a0231828_23462398.jpg

走り終わって、、、

駆けつけてくれたみなさん
駆けつけてくれたのに見つけられなかったみなさん(ごめんなさい)
心配してアプリで応援してくれたみなさん
Facebookで見守ってくれたみなさん、
一緒に練習してくれたみなさん、コーチ、
そして、沿道の人はもちろん東京という街そのもの、
ボランティアや運営のみなさん、

すべての人に「ありがとう♡」という思いでいっぱいです。

3万6千人のランナーが混乱なくチェックインし、
荷物を預け、公道を走り、荷物を受け取って、帰れる。
これって、本当にすごいこと。
10倍、12倍という倍率なのに、2年連続で当選できた「しあわせ」を噛みしめています。

一緒にがんばってくれたシューズはasics。
練習で履いているもうちょっとスピード重視タイプのどちらにするかで悩みましたが、
最終的にサポートタイプの「NEW YORK」に戻しました。
膝、股関節、足首などにダメージがなかったので、私にはこの選択は正解だったと思います。

a0231828_22445351.jpg


おとなになってもらうメダルの嬉しいことと言ったら(≧▽≦)
昨年とまたデザインも変わり、裏には東京マラソンのコースが描かれています。
このデザインが発表になったときに「このメダル、ほしい!」と思ったことも、
モチベーションアップにつながりました。

a0231828_22445033.jpg


完走後に叔母からはお花もいただき、
なんだかオリンピックの金メダルを取ったような嬉しさ(^-^; 笑♡

a0231828_22445660.jpg

東京マラソン2018への道、私なりに、がんばってよかった!
その道のりは楽しかった!それで十分。それがしあわせです。

ありがとう、東京マラソン♡


by mori-mado | 2018-02-26 22:42 | RUN、RUN、RUN♪ | Comments(1)

ゼッケンをもらってきました。

東京マラソン2018のランナー受付に行ってきました。
ゼッケンをもらって、腕にIDを巻いてもらい、
顔認証みたいな写真を撮って(←これ必要?)、無事終了。
ボランティアさんの「がんばってください」の声に励まされます!

a0231828_21474409.jpg

目標タイムは4時間50分。
4時間59分でいいから“5時間切り”をめざします。ほんとは4時間40分台…と欲張りたい。
学生時代の陸上の先輩やら同期やらはいまも3時間台、2時間台(!)で走っていますが、
わたくし長距離とご縁のない「ハイジャンパー」ですから♡ですから♡♡

あすのテレ玉は手首にIDを付けたまま生放送。
袖の長い衣装を選びます( ̄▽ ̄;)

東京マラソンへの道2018、いよいよ当日を待つのみとなりました。
がんばれ、私!

by mori-mado | 2018-02-22 21:53 | RUN、RUN、RUN♪ | Comments(0)

闘病記にコメントをくださった方へ

闘病記にコメントをくださった方へ

しばらくブログから離れていたので
コメントをいただいていたことに気がつかず、ごめんなさい。
遅くなりましたが、返信コメントを書きました。
病気は個別性が高いので参考になることがあまりなくて心苦しいですが、
焦らず、ご自身に合った病気との付き合い方が見つかることを、
心よりお祈りしております。
コメントいただいたページにコメントしました。

森まどか


上腸間膜動脈(SMA)症候群 闘病記

by mori-mado | 2018-02-21 00:06 | SMA症候群 闘病記 | Comments(2)

お雛様

ことしもお雛様を出しました。

私の初節句に、父方の祖母が贈ってくれた立ち雛。
「あなたが持っていなさい」と、数年前に母が送ってくれました

a0231828_00484399.jpg

毎年一緒に飾るのは「浅草助六」の豆雛。
28歳のときに、おとなの私に母が買ってくれたものです。

春のお花の向こうに、お雛様。
早く暖かくならないかなぁ。。。

by mori-mado | 2018-02-20 23:48 | morimado的日常 | Comments(0)

朝日チャレンジフォーラム

いつもお世話になっている「有楽町朝日ホール」で、
「朝日新聞チャレンジフォーラム 〜グローバル時代を生き抜く子どもの教育〜」の
総合司会を担当させていただきました。

a0231828_23113700.jpg

中央教育審議会の北山禎介会長や、開成中学・高等学校校長の柳沢幸雄先生が登壇。
ご自身が経験したエピソードを交えて、興味深いお話を伺いました。

プログラムの最後は、
日本を起点にキャリアをスタートし現在は世界を舞台に
活躍されているパネラーによるディスカッション。
BTジャパン社長でいらっしゃる吉田晴乃さんの“爆裂トーク(←良い意味!)”が全体を活気づかせ、
とても具体的で、内容の濃いパネルディスカッションとなりました。

トークの面白さに、舞台袖で聴き入る私。
「開成の校長先生、子どもたちをよく見ているなぁ、さすがだなぁ・・・」
“ガリ勉のスーパー進学校”という開成のイメージも変わりました。

全体を通して心に響いたメッセージは、
「未来に、子どもたちに期待するのであれば、
まず現在を生きる私たちがポジティブに生き、進むことが大切」
まさにそうだなぁ、としみじみ思います。

男の子2人のママである同級生もたまたま聴きに来ていて、
「お互い良い刺激をもらったね」と。
私自身は親ではないけれど親世代であり、人生の折り返しを生きる世代であるいま、
考えさせられ、元気をもらった、そんなお仕事でした。感謝。

フォーラムの詳しい内容は、3月上旬の朝日新聞朝刊に掲載されます。
ぜひお読みください。

by mori-mado | 2018-02-18 23:13 | morimado的日常 | Comments(0)

おめでとう♡

かつて同じ事務所に所属していた、たいせつな友人のウェディングパーティー。
みんなのおめでとうの気持ちが詰まった、しあわせの時間を過ごしました♡

a0231828_22554632.jpg

当時からの仲間で、いまも“心の友”として支え合っている
大坪瑠実ちゃん、松田青華ちゃんとともに、パーティーの企画&MC&裏方スタッフを担当。
実は、このパーティーそのものが、
「お祝いしたい」と集まった40人超から新郎新婦へのプレゼントです。

彼女の中学の同級生、高校の同級生、仕事仲間それぞれがネットワークを駆使して、
心温まるお祝いパーティーとなりました。

で、「かなり優秀なイベンター!」と自画自賛しちゃう私たち。笑

花嫁ちえちゃんが、サプライズのブーケをとても喜んでくれて私も感激♡
本当に嬉しかった!

末永くおしあわせにね。

by mori-mado | 2018-02-17 23:52 | morimado的日常 | Comments(0)

ウェディングブーケ♡

生まれて初めて

「ウェディングブーケ」を作りました。


a0231828_22270464.jpg


a0231828_22271132.jpg


というより何より、ブーケの作成自体が数度目なのに…の無謀なチャレンジ。
でも、たいせつな友人ちえちゃんの結婚をお祝いしたくて、

るみちゃん&青華ちゃんも背中を押してくれて、

そして、フラワーデザイナーの曽我部翔さんが神様的なサポートをしてくださり、、、



みんなの想いが“おめでとうのカタチ”になりました


a0231828_22271613.jpg


a0231828_22272007.jpg


困ると「せんせーい!」とすぐにSOSを出す、困った生徒。笑

曽我部先生が、温かく見守りながらシャープなフォローをしてくださったおかげです。多謝☆


束ね終わって、このドヤ顔!


a0231828_22272330.jpg



ウェディングフォトを撮影しているスタジオの花嫁のもとへ、3人でお届けし、
美しいドレスの前にブーケがおさまったときは、感動。

a0231828_22272788.jpg

実は、この時は、花嫁ちえちゃんには“私が作った”ということはナイショ。
撮影後の夜のパーティーまでのサプライズに続きます。

by mori-mado | 2018-02-17 17:08 | morimado的日常 | Comments(0)

東京マラソン後半コース試走!

朝、ラン友3人日比谷に集合。
「あした走る?」「走ろう!」と話がまとまり、東京マランコース試走の後半戦。

日比谷〜芝公園〜田町〜品川(折り返し)
〜日比谷~東京駅(東京マラソンのフィニッシュエリア)まで走ったら、
お天気いいし気持ちがよくて、もうちょっと走りたい気分になり、、、
さらに皇居1周!

a0231828_09255604.jpg

桜田門時計台で解散し、走って帰路へ。
結果的に私が自宅へ着いたときは、22キロ走っていました(*'▽') Good job!

東京マラソンに向けて今年は20キロとか30キロを何度も走りましたが、
このラン友メンバーの存在がどれだけ支えになったことか。励まされたことか♡
1人は名古屋ウィメンズ、2人は東京にエントリーしていますが、
みんなそれぞれフィニッシュした瞬間に「楽しい42.195キロだった」と思えますように♡

東京マラソン2018への道、いよいよ2週間を切りました!

by mori-mado | 2018-02-12 22:20 | RUN、RUN、RUN♪ | Comments(0)

日本カプセル内視鏡学会

第11回日本カプセル内視鏡学会学術集会の
スポンサードセミナー(共催:コヴィディエン ジャパン株式会社 協力:富士フィルムメディカル株式会社)
司会をさせていただきました。

a0231828_09052348.jpg


大腸カプセル内視鏡の普及に向けて、
アンサーパッドで会場のドクターにも現状やご意見をお答えいただきながら、
コメンテーターの大宮直木先生のお隣に座らせていただき、
パネラーの岡 志郎先生、能田貞治先生とともに、
推奨レジメン、適応症例、検査運用についての話題を進めました。

お尻から内視鏡を入れる大腸内視鏡への、
特に女性の抵抗感が強いことなどを考えると、
女性のがん死亡の1位である大腸がんの早期発見のためにも、
選択肢の一つとして期待が高まります。
医療経済という側面からの効率化の検討も、
大腸がんの患者数が増加しているので興味深い調査でした。

実際、私の周囲でも大腸内視鏡(従来のカメラ)のハードルは高く、
便潜血検査で陽性になった後も先延ばしにする友人や、
「痛みに耐えられなかった」と感想を持った友人もいます。
私自身も個人的に40歳を過ぎたので一度受けたいと思いつつ、
人間ドックのメニューに加えるのを躊躇しております。

もちろん、カプセル内視鏡自体の様々な課題や、
個々の医療機関にとってのハードルも話題になりましたが、
“2人に1人が生涯がんになる”と推測されている「がん大国」に生きる者として、
がん医療を取材する者として、
カプセル内視鏡の広がりと効果について今後も注目していきたいと思います。

by mori-mado | 2018-02-12 09:00 | 医療キャスターのおしごと | Comments(0)

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム