Woman.excite

<   2014年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

おめでとうございます♪

お仕事でいつも大変お世話になっている株式会社シータイムの、
新垣直人社長の生誕50年のお祝い…ということで、
「デイリーよこはま」の生放送終了後、
ホテルオークラで開催されたパーティーに伺ってきました♡

5年前くらい前から医療系セミナーや学会の進行アナウンスでお世話になっているのですが、
現場は、一言でいうと、
“クライアントさんの満足を求めて1歩、いや10歩先まで用意されている” 現場!
その完璧さを壊さないよう、私も緊張感を保ちながらアナウンスを担当しております。
そんな緊張感の中でも、スタッフのみなさんはとても温かくフレンドリーで、
なんとなく体育会系?のメリハリをここちよく感じながら、(私、完全体育会系につき…笑)
いつもお仕事をさせていただいています。

お祝いの会は、協力会社との懇親の場としてもお気遣いいただき、
オフィスキイワードも小野マネージャーと私が参加させていただき、
司会を小谷大輔くんが担当しました。

a0231828_22504965.jpg

イベントの“プロ中のプロ”のみなさんが企画するお誕生祝いの会は、
とっても楽しくて、ホロリと感動したり(涙)、チームワークのよさに惚れ惚れしたり、
SpecialとSurprise に溢れた、素敵な素敵なパーティー。
現場では社員のみなさんにとても厳しい社長なのですが、
新垣社長、みなさんに愛されすぎです♡
a0231828_23331143.jpg
(50歳の5ポーズ♪ ご本人に掲載許可もいただきました♪♪)


改めまして、新垣直人社長、50歳おめでとうございます。社長かっこい〜い(≧∇≦)

by mori-mado | 2014-11-25 23:15 | morimado的日常 | Comments(0)

がんQ&A 日本人にいちばん多い胃がん

告知です。
明日(25日)の17:30~、3ch.テレビ埼玉にて「がんQ&A」オンエアで
テーマは、日本人にいちばん多い「胃がん」についてで、
埼玉県立がんセンターの川島吉之先生に、胃がんの傾向や検査、治療についてお話を伺います。

a0231828_00393104.jpg
(写真は10月放送回より)


テレビ埼玉(テレ玉)は埼玉県内はもちろん、関東全県でCATV回線を経由して視聴可能。
「がんQ&A」は毎月最終火曜に、情報番組「こごたま」内でお送りしています。
ぜひご覧ください♪

by mori-mado | 2014-11-24 23:44 | 医療キャスターのおしごと | Comments(0)

秋深し…。(夜編)

秋深し、今宵は「初孫 秋あがり」。
口当たりはすっきりしているのに、まろやかな味わいの美酒。

a0231828_23500203.jpg


新しい日本酒があったなーと思ったら、お料理を作りすぎました(笑)
京都の生麩、秋茄子の煮浸し、湯豆腐、おろしハンバーグ、適当野菜&肉炒めのパクチー大盛り乗せ。
大皿居酒屋みたいです。ご近所友の誰か、飲みに来ないかなー…なんて思ってみたりして。飛び入り歓迎(≧▽≦)

by mori-mado | 2014-11-17 23:52 | 美味しいものたち | Comments(0)

秋深し

出勤路、都心も秋の終わりが近づいていますね。

私は今日からダウンコート。

これから伊奈町の埼玉県立がんセンターへ取材に行きます。



a0231828_23101651.jpg


by mori-mado | 2014-11-17 12:09 | morimado的日常 | Comments(0)

ココロとカラダのステップアップセミナーin京都

秋の京都へ。
というと、どこからかJR東海「そうだ 京都、行こう。」のCM曲が聴こえてきそうですが、
紅葉ではなく、「ココロとカラダのステップアップセミナー」の
司会を担当させていただきました。


a0231828_23230132.jpg


ゲストは、タレントの安めぐみさんと、
独立行政法人 神奈川県立病院機構 理事長で財団法人 がん研究会 理事の土屋了介先生。

初めてご一緒させていただいた安さんは、
イメージ通り、ほんわか、ふんわり、やさしい笑顔♡
先日妊娠していらっしゃることを発表され、
公私ともに充実していらっしゃる感じが伝わってきます。

ご主人の東 貴博さんがとてもグルメでいらっしゃるそうで、確かにグルメリポートも相当していらっしゃるし…
安さんも美味しいものが大好きとか。
かつては焼きそばなどの一品料理くらいしか自炊していなかったというお料理も、
「私が食べているもので、私のカラダができあがっているんだ…と思ったら、
食事に気をつけるようになりました」ということで、
現在は、お店の味にヒントをもらったりしながら、いろいろと工夫され、
レシピ本を出版されたほどレパートリーも広がっているそうです。

食生活以外にも、ヨガや、資格も持っていらっしゃるアロマセラピーなど、
好きなことや趣味で上手にストレスを解消し、
ココロとカラダの元気をキープされているようでした。
気負うことなく、心地よさの延長に健やかな毎日があるという感じが伝わってきます。

そんなお話をあれこれと伺った後は、土屋先生にご登場いただき、
医療の面からの健康管理、「がん検診」について教えていただきました。

土屋先生のお話では、現在の検査技術で発見できる「がん」は、
大きさが1cmくらいになってから。
体の中にできたがんが1cmになるには10年~20年かかるそうですが、
そこから急速にスピードを上げて大きくなるとのこと。
1cmになった がんが2cmになるのには1年半もかからないくらいなのだそうです。
しかし、その段階ではがんに気づく自覚症状はほとんどないのが、困ったもの。

早期がんと言われる2cm以内に見つけることが、
治療の選択の上でも大きな意味を持ちますが、
そのためには、自覚症状がない、つまり“健康”なときから、
定期的に「がん検診」を受けるしかないのです!
言い換えれば、定期的な検診でがんから身を守れる可能性が高いということですね。
安めぐみさんも、数年前から乳がんと子宮頸がんの検診を受けていらっしゃるそうです。

肺がん、胃がん、大腸がん、+女性は乳がん、子宮頸がん、
この5つのがんの検診は公費の補助が受けられます。日本全国どこでも!
子宮頸がんは20歳から、そのほかは40歳から。
お住まいの市区町村によっては、対象年齢がさらに若いところや、
無料で受けられるところもあるようです。
「まだ受けていない」というみなさま、すぐに確認し、検診を受けてくださいね。
トークショーの詳しい内容は、12月の京都新聞に掲載されますので、ぜひご覧ください。

----------

とんぼ返りでしたが、“都のかほり”はいっぱい吸いこんできました♪
お昼に出していただいたお弁当は、美味しいお出汁で炊かれた煮物など、京都らしい幕ノ内。
帰りの電車では、ちょっと…いや、かなり? 奮発して
「紫野和久傳」の「秋鯖ちらし」をいただきました(≧▽≦) お約束の生ビールもホームの売店で購入♪♪

今日の京都で、春からお手伝いさせていただいていた、
アフラックさんの40周年記念イベントのシリーズも最終回。
全国各地で、ゲストのタレントさんとドクターと、トークショーをお送りしてきました。
いつも温かく見守ってくださるアフラック広報部のお二人と記念に1枚♪♪
今年に限らず長くご一緒させていただいていますが、改めて写真をお願いしたのは初めてかもしれません。エヘへ。
お世話になりましたすべてのみなさま、ありがとうございました♡

by mori-mado | 2014-11-16 23:22 | 医療キャスターのおしごと | Comments(0)

@ベトナム お買い物編

ただいま、日本♫
ホイアンのナイトマーケットで買ってきた食器や小物をゴソゴソと。

昔ホーチミンのお土産でもらったレックスホテルの食器みたいな
ブルーの食器を探したのですが、見つからず。
ホイアンにはまた別の雰囲気の、素敵な柄が並んでいました。
刺繍の小物は思っていたより少なく、それはハノイに多いそうです。
地域によって特徴があるようです。当たり前か…。

a0231828_21335783.jpg


椰子の実を半割にしたボウルは、内側の色と柄がとても美しい!
選びきれないほどの種類があって、迷ってこの6色にしました。
煮物を入れられるくらいの大きさの器は、ベトナムらしい雰囲気のものを4つ選びました。
食器もランジェリーケースのような小物も、
店先の飾り気のない台にダダダーっと並んでいて、
まさに“お店を広げた”状態(;^ω^)
値段を聞くと、必ず「いくつ買うのか?」と聞かれます。
ここからが店員さんと観光客の交渉の始まりで、
倍近いと言われている観光地プライスから粘って粘ってディスカウントしてもらうのも、
アジアならでは?の楽しいひとときでした。


そして、ホイアンはオーダーメイド天国でもあり、ワンピース2着と靴2足をオーダー。
サイズだけでなくて、素材、色、デザイン、なんでも思いの通りに、
なんと“一晩で”作ってくれます(≧▽≦)
失礼ながら「古臭いデザインなのかなぁ~」なんて思って恐る恐るオーダーしたら、とんでもない!
お店を選べばどこよりも流行に敏感、そして丁寧。なのにスピーディです

a0231828_22043926.jpg

ヒールのないドライビングシューズのような靴を探していたので、
素材と色を変えて2足作ってもらいました。
500パターンくらいの革の切れ端をパーッと見ていき、気に入った2色です。
デザインもさることながら、どこにも当たらず足にストレスなく履けるのは何よりも嬉しい。


モノトーン柄のワンピースはローウエストの位置にビジューっぽいベルトがぐるり。
ワインレッドのノースリーブも肩のところのデザインが素敵。
これはもともとショップに飾ってあったデザインです。

a0231828_22095400.jpg


東京で買う既製品の半分以下の価格で完全オーダーメイド♡
ホーチミンやハノイより安くて早いそうです。縫製もきちんとしています。
その底力は、まさにamazing!でした。

ベトナム旅行記  完 (笑)

by mori-mado | 2014-11-02 12:18 | morimado的日常 | Comments(0)

@ベトナム THE NAM HAI

今回の旅の目的は、“何もしないこと”。
予定を決めず、のんびり過ごす時間を楽しみたいと思っていました。
宿泊した「THE NAM HAI」は、そんな私たちを、
自然の恵みを生かした敷地、ゆったりくつろげるのプライベート空間、
ベトナムの伝統をモダンに表現したインテリア、温かさにあふれたホスピタリティで
迎えてくれました。

リビングダイニングとベッドルームが独立しているヴィラ。
窓が大きいので、お部屋から一体感あるガーデンを眺めながらリラックスできます。

a0231828_23493284.jpg



プライベートガーデンにプールが付いているので、
気が向けば水遊び?をしたり、プールサイドで本を読んだり、ビールを飲んだり。

a0231828_19385608.jpg



朝は、鳥のさえずりを聴きながら、
メインプールに隣接するビーチレストランで気持ちよい時間を過ごせます。
フルーツも野菜もたっぷり摂って、“朝シャン”なんかもしちゃいながら、爽やかな1日のはじまり。
テラス席に座っても、あっという間に激しい雨が降って室内に移動…なんていうのも、
“毎年洪水災害になるほど降る”という、雨季のベトナム中部ならではかもしれません。

a0231828_23502760.jpg

バトラーさんがきめ細やかなサービスをしてくれたので、本当にここちよいリゾートライフ。
ゆっくり流れる時間を満喫し、“また絶対に来たい”と思う、3泊4日の充電旅となりました。

by mori-mado | 2014-11-02 10:48 | morimado的日常 | Comments(0)

@ベトナム ホイアンの夜

昼とまったく異なる表情を見せてくれる、ホイアンの夜。
夕方の帰宅ラッシュ時のバイクの喧騒と活気が嘘のように、街はのんびりした雰囲気に。

a0231828_22071724.jpg



暗くなるとランタンが灯され、ライトアップされた建物とともに
街全体が淡い色の灯りで彩られます。

a0231828_22150398.jpg


a0231828_22125971.jpg


a0231828_22342188.jpg

お土産物屋さんが並ぶナイトマーケット、店の外まで賑わうおしゃれなレストラン、
川沿いを散歩する若いカップル、屋台船や燈篭流しを誘う商売の人たちなど、、、
ここに暮らす人たちと観光客の声は絶えることなく賑やかなのですが、
なんともいえない美しい夜の街並みがそれらを包み込んで、
ホイアンの夜を幻想的な風景として魅せてくれました。

by mori-mado | 2014-11-01 00:57 | morimado的日常 | Comments(0)

@ベトナム 本場の味

もともとベトナム料理が好きで、毎晩ベトナム三昧のしあわせ(≧▽≦)

定番の生春巻きは、野菜と海老、豚肉の具材でパンパン。
ホイアン名物の「ホワイトローズ」は、
ワンタンよりもモチっとした柔らかい米粉の皮の上に、
海老のすり身や揚げニンニクがかかっているもの。
「揚げワンタン」は、上に海老と豚肉のすり身と、煮詰めたトマトがのっていました。

何を食べても野菜がシャキシャキで、あっさりした胃にやさしい味です。


a0231828_21140292.jpg


他にも、ココナッツを使った炒め物、豚肉を角煮のように煮込んでスパイスの香りを加えたもの、
フォーや、焼うどんのような「カオラウ」、揚げたバナナのデザート…etc.

初めての“本場の味”は、同じメニューでも各レストランそれぞれ個性があって美味しい。
多種多様な野菜&ハーブの使い方は唸るほど絶妙で、さっそく真似したいところです♡

by mori-mado | 2014-11-01 00:26 | 美味しいものたち | Comments(0)

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム