Woman.excite

<   2012年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

春の彩り♪

春らしい彩りでお花を飾りました♪
ミックスカラーでかわいらしい雰囲気に。
ラナンキュラスやスイトピーで、春満載です。
a0231828_0574717.jpg


小さく飾ったこちらも、パステルのやさしい色で合わせました。
a0231828_104750.jpg

お花選びが楽しい季節がやってきて、お花屋さんに行くのが楽しみ♪♫

…なのですが、、、

きょうは、お店に入った瞬間から、
鼻がグズグズ、喉がイガイガ、全身が痒くなり、明らかに何かにアレルギー反応!!
花粉症デビューした影響でしょうか?!

美しいものには、
棘とか、毒とか、花粉とか・・・、何かがあるのですね(苦笑)

by mori-mado | 2012-03-30 23:54 | morimado的日常 | Comments(0)

「田中好子“いつもいっしょだよ”基金」発足記者会見

女優の田中好子さんが亡くなって、まもなく1年になります。

公私にわたるご縁で親しくしていただき、
いつもやさしい笑顔の田中好子さんとご一緒した楽しいひとときを思うと、
寂しさよりも、またお会いできるような…、
ニコニコしながら「あぁ~♪ 森さ~ん♫♪」とまた手を振ってくれるような・・・、
そんな気もしてしまう1年でした。

闘病中でもありながら、東日本大震災に心を痛め、
「被災された方のお役に立ちたい」という強い思いを残された、田中好子さん。
その思いが「田中好子“いつもいっしょだよ基金”」としてカタチになり、
きょう 厚生労働省記者クラブでおこなわれた基金設立の記者会見で、
進行役としてお手伝いさせていただきました。

基金の目的の第一は、東日本大震災によりご家族を亡くされた方の心理的回復。
ご家族を亡くされた方の中には、
ご仏壇も、地震や津波で失ってしまった方が多いということを知り、
“ご遺族のお写真を入れて近くに置けて、
ご家族が自然に手を合わせることができるモニュメントを作りたい”と言った田中好子さんの思いを、
ご主人の小達一雄さんが引き継ぎ、
長野冬季オリンピックのシンボルマークをデザインされた篠塚正典さんが
1年かけて素晴らしいモニュメントに仕上げました。

会見では、同時に、命日の4月21日に日本橋三越でおこなわれる一周忌の献花式と、
4月25日から開催される「思いをカタチに ~田中好子展~ “いつもいっしょだよ”」の詳細も発表。
a0231828_044727.jpg

展覧会の発起人の1人であり、ほんとうの母子のように仲良くされていた女優の国仲涼子さんは、
「『病に負けるようなことがあったら私が天国で、被災し亡くなられた方のお役に立ちたい』という
“お母さん”の思いが届き、多くの被災者のご遺族に少しでも笑顔が戻ることをお祈りしたい」
と会見でお話されました。

ほんの少しですが、私も、思いをカタチにするお手伝いができることがとても嬉しいです。

帰り際にいただいた、「星花火」という和菓子。
栗の渋皮煮をまるごと、栗や林檎を練った餡で包んだお菓子です。
a0231828_020435.jpg

義理の妹である夏目雅子さんを偲んで、ご親戚のお菓子屋さんが作ったもので、
田中好子さんが「はなまるマーケット」の“おめざ”で紹介するほど大好きだったそうです。

過ぎていく1年のスピードに驚きながら、
でも、1年という時間の中で“思い”のバトンは確実に渡ったということも実感し、
静かにいろんなことを思う1日でした。

by mori-mado | 2012-03-29 23:31 | morimado的日常 | Comments(2)

オフの日曜日♪

オフの日曜日♪
ぐっすり眠って、ゆっくり起きて、ランニング♪♫
きょうは赤坂御所の周りを2周、6.6キロを走ってきました。
皇居よりもup-downがあるので、いい汗をかきます!
春のやわらかい陽射しを感じながら、気分爽快でした。

走ったあと、猛烈にお腹が空き、“遅いランチ兼おやつ”はすぐにできるホットケーキに。
冷蔵庫のいちご&ドライのネーブルオレンジを赤ワインでさっと煮て、添えました♥
a0231828_21333339.jpg

美味しい♪♫
なにをするでもなく、どこへ行くでもなく、
好きなことをしてノンビリおうちで過ごす1日が好きです。充電完了~♪

by mori-mado | 2012-03-25 22:01 | morimado的日常 | Comments(4)

「がんを知る展」、装いを新たにはじまります!

アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)が社会貢献活動としておこなっている、
がん・医療等に関する啓発活動
そのひとつである「がんを知る展」を、
総合プロデューサーとしてお手伝いさせていただいています。

「がんを知る展」とは、
“見る・聞く・触れる”を通じて、「がん」のいまを具体的に知ってもらおうという目的で、
がん医療の最新情報をわかりやすく紹介する、がんの総合展示会です。

2004年から東京、名古屋、大阪、福岡、仙台で、年に1度の大規模展示を実施したのち、
もっと広く、もっと多くのみなさんに、がんについて知っていただくために、
現在は、気軽に立ち寄れるショッピングモールや駅のイベントスペースでの開催を、
都道府県との共催により年10ヶ所程度で展開しています。

2012年春、その「がんを知る展」がリニューアル!
装いも新たに、みなさんの都市にうかがいます♪♫
a0231828_934520.jpg

                       *クリックすると拡大できます。

新しくなった「がんを知る展」は、より身近な情報となるよう、内容をさらに充実!
「がん、日本のいま」「がんを知る」「がんを見つける」「がんを治す」の4つのコーナーで、
7部位のがん情報や、がんの現状、早期発見のための検診、最先端治療、がん医療の進歩などについて、
解説パネル、治療映像、体験型模型を使って情報発信していきます。

2012年は兵庫県からスタート!
【がんを知る展 ~「知る」ことが、あなたを「守る」こと~】
4月13日(金)~15日(日)まで 兵庫県神戸市の「イオンモール神戸北」にて開催!
入場無料で、「がん検診ダック携帯クリーナー」もプレゼント♪

お近くにお住まいのみなさん、ご来場をお待ちしています♥
今後も全国の都市で開催していきますので、決定次第、お知らせしていきます。

by mori-mado | 2012-03-24 00:41 | 医療キャスターのおしごと | Comments(2)

おいしいトマト♪

トマト栽培一筋の人生を送り、“トマトの名人”として知られているという、
重田茂勝さんがつくった有機栽培の完熟トマトをいただきました♪
「サンロード」という大玉のトマトで、
パンっと張った感じや艶が見るからに美味しそう。

生でそのままいただくのがいちばん♪ ですが、
たくさんいただいたので「トマトの肉詰め」を作りました。

中身は、牛&豚の合い挽き肉に、
細かく刻んだベーコン、炒めた玉ネギのみじん切り、卵黄、牛乳に浸した食パンと、
塩&胡椒、ジンジャーパウダーを加えて、ビニール袋の中でよく混ぜただけ。
簡単に、しかも清潔で手も汚れずに、下準備OK!
トマトの上を少しカットして中身をスプーンでザザっとくりぬき、具を詰めます♪

お肉の面を下向きに並べて、
くりぬいたトマト、セロリ、タイム、ローリエ、粒こしょう(黒)を入れて、
スプーン1杯程度のオリーブオイルを たら~っとまわしかけ、蓋をして煮込みました。
あとは「ル・クルーゼ」が働いてくれる、The放置料理です(笑)
a0231828_13324834.jpg

ポイントは、「アクと油もとるシート」をのせること…のみ?
見栄えがするわりには、ほんとに手がかかっていません(笑)
30~40分コトコト煮込んで、仕上げ間際に味を調えて、プロセスチーズを落としてみました。
a0231828_13481621.jpg

水を1滴も使っていない、トマトでトマトを煮込んだ肉詰めは、
濃縮されたトマトの味と酸味がとても美味しい♪ スープは意外とあっさりしています。
おいしいトマトならではの贅沢ですね♥

あ、ちなみに…、
チーズは入れなくてもいいような気がします(苦笑) 思いつきで作るので…(汗)

by mori-mado | 2012-03-22 22:11 | キッチンより愛をこめて♪ | Comments(2)

VIVA!担々麺♪

私の中で“美味しい担々麺♪”といえば、
東京の「汁なし担々麺」と、バンクーバーの「麒麟」が、ツートップ♥
長らく、ここ以外では食べていませんでしたが、久しぶりにグッとくる担々麺と出合いました。
a0231828_11555916.jpg

黒胡麻の香りがスープをうまくひきたてていて、とても美味しい!
いつもは“白胡麻only派”の私も、この白黒の絶妙な味のバランスに、一気にファンに♥
六本木の路地裏で、なんとなくピン!ときて入った「萬家菜」にて。
a0231828_12363061.jpg


もう1品、おすすめは「麻辣小龍包」。
熱々をハフハフいいながら口に入れると、
お肉のうま味がギューと凝縮されたスープと、山椒たっぷりのシビレル辛さが広がります。
a0231828_12323136.jpg

もちっとした皮も、手作りらしい素朴な美味しさ♪

映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」を観た帰り道、
英国とはなんの関係もない四川料理で(笑)、映画の余韻に浸るひととき。
ピリ辛の刺激に、紹興酒と、感動したシーンの振り返りトークが進みました。
担々麺も映画も、どちらもおススメです♥

by mori-mado | 2012-03-20 23:40 | 美味しいものたち | Comments(2)

がん治療薬の副作用と対策

がんの抗がん剤治療のひとつに、
がん細胞だけが持っている特徴的な分子をピンポイントで狙い撃つ、
「分子標的薬」という種類の抗がん剤を使う治療があります。
近年はさまざまながんに対する分子標的薬が研究・開発され、
治療の現場でも広く使われるようになりました。

「分子標的薬」は正常な細胞に与えるダメージが少ないため、
従来の抗がん剤より副作用が少ないとされていますが、
にきびのような発疹、皮膚の乾燥や亀裂、爪の周囲のひどい炎症など、
さまざまな皮膚の症状(皮膚障害)を起こすことがあるということがわかっています。

“がん患者さんを支える”という視線で、
その分子標的薬の副作用対策はどのように考えられているか、
メディア向けのセミナーで専門医にお話を伺う機会があり、取材してきました
3月16日に開催された「特定非営利活動法人JASMIN プレスセミナー」です。
a0231828_081226.jpg


たとえば私の場合、風邪の薬によって皮膚に蕁麻疹のような症状が出たため、
その薬を中止し以後は処方されなくなった、という経験があります。
その後 風邪をひいたときは別の薬でカバーできていますし、
極端なことをいえば薬を飲まなくても、時間をかければ風邪はやがて治ります。

しかし、、、
がんの治療薬は生命に直結しますから、簡単に中止するわけにはいきません!
それが、がん治療の難しいところでもあり、大きな課題でもあるのです。

今回のセミナーでは、がん治療医と皮膚科医が高度かつ密に連携し、
皮膚の症状をうまくコントロールしながら、分子標的薬による治療を続行させていく、
医療現場の先進的な取り組みについて報告がありました。

講演された吉野孝之先生が診療する国立がんセンター東病院では、
医師、看護師、薬剤師等がチームになって
皮膚治療に使用する薬剤や外科的な処置の理解を深め、
早め、早めの対応で、副作用が出た患者さんが
がん治療を継続できるように支援しているといいます。
(ちなみに、治療の基本方針は「予防」+「治療」で、
「ミノサイクリン」という抗生物質の内服、保湿剤、ステロイド外用剤の3つセット)
実際に薬を処方する地域の保険薬局が知識や情報を共有できるように、
勉強会も開催しているそうです。

東京女子医科大学皮膚科の川島 眞教授は、
皮膚科医の果たすべき役割は今後ますます大きくなると考え、
がん医療を実施しているような規模の病院だけでなく、
地域の皮膚科クリニックなどでも治療できるように、
症例や情報の共有など、さらに連携を深めていかなければならないとお話されました。

患者さんの生活の質を保ちながら、より高度な治療をおこなうためには、
今後ますます、それぞれの専門性を生かした「チーム医療」が重要となってくるようです。

これまであまり縁のない領域だったため、少し難しいテーマではありましたが、
最新の情報を入手することができ、とても勉強になりました。

by mori-mado | 2012-03-16 23:51 | 医療キャスターのおしごと | Comments(0)

御茶ノ水

地下鉄の御茶ノ水の駅を降りると、
目の前に東京医科歯科大学、その向こうに順天堂大学、
周辺には駿河台日本大学病院、杏雲堂病院などもあり、大きな病院が集中しています。
駅からの徒歩圏内だけで約2,800の病床があり、
外来患者の合計は1日平均で約1万人になるそうで、まさに“メディカル・タウン”。
きょうは医療に関する市民公開講座の打ち合わせで、順天堂大学へ行ってきました。
a0231828_10351859.jpg

橋の上から眺めるこの景色が好きです。
老若男女、多くの人が不規則にすれ違う御茶ノ水で、
ここだけはいつもスコーンと空に抜けています。
整然としたビル街とちがう、温かいような、寂しいような、懐かしいような・・・、そんな雰囲気。
いつも、ふと私の足を止める“東京景色”です。

認知症とがん ~明るい未来を語る~」が、3月24日(土)13:00~
ベルサール秋葉原HALLで開催されます。

締め切り1週間前にして定員以上の申し込みをいただいているそうで、
医療や介護への関心が高いことを実感します。
50〜70歳前後の方からたくさんの事前質問が届いていて、
ご自分の病気と親の介護をWで抱えている人も多いし、
がんや認知症への漠然とした不安を抱えている人も多い。
高齢社会を生きる私たち、備えておかなければならないことがたくさんありますね。

市民公開講座の内容は、またご報告します。

by mori-mado | 2012-03-15 22:34 | 医療キャスターのおしごと | Comments(0)

メロンパンのメロンとは?

HYSTERIA」で髪をカットしてもらった日は、
通り道につき、素通りできないパン屋さん 「パンとエスプレッソと」♪
今回は、待望の新作と出合えました!
a0231828_12191361.jpg

「ジャンジャブル」という名のメロンパン♥
その名(gingembre:仏語)の通り、パン生地に生姜を使っています。

表面は厚くて硬めのクッキー生地、2つに割ると中はふんわり。
ほのかな生姜の香りとともに、レモンピールも顔を出しました。
a0231828_12265682.jpg

パンというより、焼き菓子のようなメロンパンで、おやつにもピッタリなかわいらしいサイズです♪♫

ジンジャー&レモン。だけど、“メロン”パン(笑)
「メロンパン」の名の由来は諸説ありますが、
やっぱり「メロンパン」の“メロン”は味ではなくてカタチのことだよね♥と思っている、私。
メロン味を追い求めたフレッシュグリーンのメロンパンより、こういう新種に魅かれます♪


※ いただいていたコメントに、いまさらですが返信させていただきました。
  反応が遅くてごめんなさい。いつもありがとうございます♪♫

by mori-mado | 2012-03-14 13:08 | パン屋さん情報 | Comments(0)

再会と、名古屋銘菓と。

お互いがまだ20代のときからいっしょに仕事をしてきた、技術スタッフのIクン
「医療福祉チャンネル774」が開局した当初、
手さぐり状態からはじまった週1回50分の不妊治療情報番組で、
VTRの編集を待って夜中にナレーションを入れたり、
放送直前にスタジオ収録をしたりと、
ともに昼夜なく走り続けたのはもう12年も前で、
それ以来、テクニカルなことがさっぱりわからない私に、
パソコン周りのことを根気強く教えてくれたり、
教えるのをあきらめて全~部やってくれたり・・・、
公私ともにどれだけお世話になったかわかりません。

そんな、長年にわたって毎日のように顔を合わせていたIクンが、
Iターンで実家近くの放送局へ転職して1年。
奥様のTちゃんといっしょに東京に来ていると連絡があり、
1年ぶりのうれしい再会♪♫

お互い、新しい環境での現場話に盛り上がりつつも、
昔話に花が咲くのは歳のせい(笑)???
この1年何を思い、何をしてきたか、そしてこれから・・・、そんなことも真剣に話し、
長めのランチタイムでしたが、
楽しく有意義な時間は、あっという間に過ぎてしまいました。

おみやげにもらった、「千なり」という和菓子♪
ういろうと並ぶ、“名古屋みやげの定番”なんだそうです。
a0231828_151157.jpg

3種類の餡が入ったどら焼きで、
尾張の英雄・豊臣秀吉の馬印「千なり瓢箪」の焼印が美しい!
まず、めずらしい「紅粒あん」をいただきました♪
a0231828_15122366.jpg

薄桃色の餡は見た目もかわいい。
香ばしさが残る焼皮はふんわり、しっとりしていて、
ほどよい甘さの餡と重なり、とても美味しくいただきました♥

Iクン&Tちゃん、ありがとう。名古屋銘菓、覚えておきま~す♪♫

by mori-mado | 2012-03-13 14:31 | morimado的日常 | Comments(0)

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム