Woman.excite

カテゴリ:バンクーバー徒然なるままに( 39 )

友人宅でBBQ!!!

バンクーバー弾丸旅日記②

空港からAfternoon Teaへ、
その後、Jさん&Nさんご夫妻とは2日後の再会を約束し、ひとまず「またね♪」。ホテルまで送ってもらいました。

-17時間の時差は、1日をもう1回やり直しているようなものなので、
ベッドを見たとたん このまま眠ってしまいたい衝動に駆られ('_';)…ましたが、
この後も“お楽しみ♪”が待っています。Sさん&Kさんご夫妻のお宅を訪問することになっていました♪♪

少し早めにホテルを出て、2010年の滞在時に暮らしていたエリアを散策。
雨続きだったというお天気も回復し、お散歩するにはちょうどよい気候です。
友人宅でBBQ!!!_a0231828_1717251.jpg

住んでいたコンドミニアムの前を通っては懐かしむ、毎夏の定番散歩コース。
ここの17階の部屋が、短い期間ながら住所を持った“我が家”でした(笑)
友人宅でBBQ!!!_a0231828_17213220.jpg


イエールタウンから「カナダライン」に乗り、シティホール駅で下車。
迎えに来てくれたSさんとは、2月に東京で会っている ので、
「お久しぶりです~!!」という感じでもなく、なんだか近所の友人宅を訪ねるような気分♪

夕食の準備をして待っていてくれた奥様のKさんがいつもの温かい笑顔で迎えてくれ、
4人の顔が揃い、そして、これがバンクーバーだと思うと、東京での再会とはまたちがう感動でいっぱいです。
友人宅でBBQ!!!_a0231828_17333570.jpg

青空の下で爽やかな風を感じながら、まずは乾杯(^o^)丿
友人宅でBBQ!!!_a0231828_0531084.jpg

Sさん、私の大好きな地ビール、「GRANVILLE ISLAND BREWING」のビールをいっぱい買っておいてくれました。
ビールはその土地で飲むのがいちばん美味しい。とくにこれは日本では飲めないので…。
友人宅でBBQ!!!_a0231828_10574.jpg

缶を手にすると、またまたバンクーバーに居ることを実感。渇いた喉にスーっと沁みていきました。美味しい~!!

ひとしきりお喋りを楽しんだ後、ダイニングへ移動してDinner Time。今度はワインを楽しみます。
友人宅でBBQ!!!_a0231828_165854.jpg

バンクーバーがあるBC(ブリティッシュコロンビア)州は、オカナガンという一大ワイナリー地帯を擁し、
良質なワインの産地でもあるのです。昨夏にはこのご夫婦と一緒にワイナリー巡りもしました。

そんな思い出話をしていると、ちょうどお肉も焼けてきて、ベランダから食欲をそそるいいにおいが~。
お料理が得意なKさんが手作りのタレに漬け込んでおいてくれたお肉の美味しそうなこと!
友人宅でBBQ!!!_a0231828_184763.jpg

焦げ目もいい感じです。アスパラとサラダと一緒に、いただきました。
お肉はもちろん美味。そして野菜も、味と香りが濃厚でとっても美味しい。
ワイルドにかぶりつきながらBBQ Dinnerと、BCワインを堪能。なんて贅沢な時間!
友人宅でBBQ!!!_a0231828_1131834.jpg

ラストはおふたりのサプライズで、パートナーの誕生日をお祝い。
席を立ったタイミングにロウソクを立てて運んできてくれました。Happy Birthday~♪♫
友人宅でBBQ!!!_a0231828_1185116.jpg

友人夫妻のおかげで、心からリラックスして楽しんだ初日の夜。

また来年?今秋??の再会を約束しお別れするのは、もう何回目でしょうか…。
毎回寂しいけれど、でも年々確実なものになっていく、年に1、2度の再会。
TokyoとVancouverは確かに離れてはいるけれど、心の距離の遠さは全く感じません。
こういう関係も“いいね!”、そんな気がします♪ Sさん&Kさん、ありがとうございました(^^)♪

by mori-mado | 2012-07-09 01:19 | バンクーバー徒然なるままに | Comments(0)

再会、そしてAfternoon Teaへ♪

弾丸バンクーバー旅日記①

前日21時発の新幹線で大阪から戻り、無事 出発の朝を東京の自宅で迎えました。
バンクーバー便は夕方の出発。とはいえ、浮足立った気持ちを抑えられず、
空港にはかなり余裕を持って到着。
再会、そしてAfternoon Teaへ♪_a0231828_21515247.jpg

JL18便で17:35に成田を発ち、いざバンクーバーへ♪♪
およそ8時間30分のフライトは、マイルのおかげでいつも以上に快適な空の旅となりました。

バンクーバー国際空港の到着ロビーに出ると、大きく手を振る笑顔を発見!
空港まで迎えに来てくれたMさんご夫妻と、昨夏以来の待ちに待った再会です♥

会いたかった…。

Mさんとは初日の飲茶ランチをご一緒するのが毎年恒例となっていましたが、
ことしは私のリクエストでアフタヌーンティーへ♪
一昨年案内していただいた「secret garden」が気に入り、事前に奥様のNさんに予約をお願いしていたのです。

地元でも人気の紅茶専門店「secret garden」は、
ダウンタウンから車で15分ほどのケリスデールにあります。
再会、そしてAfternoon Teaへ♪_a0231828_2233419.jpg


時差は-17時間。日本では深夜にあたる時間なので食欲は大丈夫かしら…?と心配しつつ、
4人分のHigh Teaをオーダー。3段トレイにサンドウィッチやスコーン、プチフールが並べられてくる、
由緒正しきアフタヌーンティーメニューです。
再会、そしてAfternoon Teaへ♪_a0231828_2244126.jpg

ため息が出るほどかわいらしい♥

お茶は、数あるメニューの中からそれぞれが好きな茶葉を選びます。
再会、そしてAfternoon Teaへ♪_a0231828_2247419.jpg

若干の飛行機酔いをスッキリさせたくて、私は「apricot tango」というフルーツ&ハーブのお茶をチョイス。
アプリコットやオレンジの香りと、ローズヒップやハイビスカスの酸味が重なり、エレガントな味わいです。
再会、そしてAfternoon Teaへ♪_a0231828_22544321.jpg

なんといっても、鮮やかな赤色が美しい♥

一口サイズのサンドウィッチは3種類。トレイの1段目に並びます。
再会、そしてAfternoon Teaへ♪_a0231828_2323026.jpg


2段目はスコーン、パウンドケーキなどの焼菓子。
再会、そしてAfternoon Teaへ♪_a0231828_23454737.jpg


いちばん上の段には、ブルーベリーやチョコレートのケーキ、レモンパイなど、
小さくても味がしっかり異なるお菓子たち。
再会、そしてAfternoon Teaへ♪_a0231828_23423254.jpg

銘々のお皿にのせては またトレイに手を伸ばし、あっという間にほぼ食べ尽くしてしまいました。
あれ?! 時差で食欲が…なんて心配をしていなかったっけ?!?!

大好きな友人とのんびりお茶を飲みながら、1年分のあれこれを報告しあう楽しい午後のひととき。
お喋りしているうちにいろいろなものが解き放たれて、心の底からリラックス♪
忙しく時を刻むTokyoモードから、ゆっくり時間が過ぎるVancouverモードへ、いつのまにかスイッチしていました。

こうして弾丸旅行の1日目がスタート。このあともまだまだ続きます♪♪

by mori-mado | 2012-07-04 21:48 | バンクーバー徒然なるままに | Comments(0)

“第2の故郷”へ♪

私の生きかたを大きく変えてくれた大好きな街バンクーバーへ、
現地“3泊”という弾丸旅程で行っていました。
気分的には“第2の故郷”へ、里帰りみたいなものです♪
“第2の故郷”へ♪_a0231828_995931.jpg

“第2の故郷”へ♪_a0231828_9115370.jpg

“第2の故郷”へ♪_a0231828_9102965.jpg

“第2の故郷”へ♪_a0231828_9103927.jpg

“第2の故郷”へ♪_a0231828_9105380.jpg

夏を迎えようとしているこの街で、深呼吸しココロとカラダの全部をリフレッシュ♪♪
たいせつな友人たちと会い、お互いの近況をアップデート♥
ここちよい街でここちよい時間を過ごし、次の1歩のための充電完了です♪♪
「車検」みたいなものですね(^_^)

「バンクーバー2012 徒然なるままに」も掲載予定。ご期待ください♥

ちなみに、過去のバンクーバー日記は、こちら ↓↓↓
はじめてのカナダ暮らし 2009秋~2010冬
雨、ときどき晴れのバンクーバーより 2010冬~2010春
バンクーバー、徒然なるままに 2010夏
バンクーバー徒然なるままに 2011夏

by mori-mado | 2012-07-02 09:26 | バンクーバー徒然なるままに | Comments(4)

オカナガンでワイナリー巡り「Quails' Gate」

2011夏♥バンクーバー振り返り記⑤

今回の夏旅では、バンクーバー市から約400km離れたケロウナ市まで足を伸ばし、
オカナガン湖を中心にワイナリーが広がるレイクリゾートへの1泊2日旅もしてきました♪
少量生産のBCワインの魅力を知ってから「行ってみたい」と言いつづけていたワイナリー巡りを、
いつも“おとなの遠足”を企画してくれるバンクーバー在住Mさんご夫妻が誘ってくださり、
夏休みになる前から楽しみにしていたイベントです!

朝7時にバンクーバーのホテルでピックアップしてもらい、いざ出発!
オカナガンを訪れたことのあるご主人のSさんがドライバーとガイド役をかって出てくださり、
久しぶりの再会に弾む車中のお喋りの合間には、
「この滝はね~、」「この山はね~、」と景色が変わる毎に
バンクーバーとはまたちがうカナダの自然の魅力もたっぷり教えてもらいました。
そんな5時間のドライブは快適すぎて、奥様のKさんと私、途中で記憶が飛ぶ場面も・・・(苦笑)

ZZZ・・・(ぐっすり)

目覚めたときには、もう目の前に葡萄畑が広がっていました!!
オカナガンでワイナリー巡り「Quails\' Gate」_a0231828_11195413.jpg

まぶしいほどの夏の陽射しが、畑いっぱいに降り注いでいます。

まずは「Quails' Gate Estate Winely」のレストランでランチ。
からっとして爽やかな空気がきもちいい、オープンエアのテラス席で、
地元の食材をふんだんに使ったお料理をいただきました。
私はお魚をチョイス。レアにグリルしたTuna(マグロ)にYuzu(柚子!!)のドレッシングがかかっています。美味。
オカナガンでワイナリー巡り「Quails\' Gate」_a0231828_11153818.jpg

そして、このメニューにも「Ocean Wise」マークがありました。
オーシャンワイズとは“海洋環境を破壊することなく海産物を食す”ことをめざして、
ブリティッシュコロンビア州が2005年に立ち上げた環境保全プログラム。
多くのレストランがオーシャンワイズの考えに賛同し、その理念のもと仕入れた食材を提供しています。

日本の“たたき”に近い調理法で、柑橘系のドレッシングでさっぱりいただくお魚料理には、ロゼを勧められました。
ふだんロゼを飲む機会はあまりありませんが、このワイナリーはロゼが得意だと聞き、せっかくなのでグラスで1杯♪
オカナガンでワイナリー巡り「Quails\' Gate」_a0231828_11193224.jpg

近づけるとふわっとチェリーが香るロゼはとても美味しく、軽やかさの中に葡萄の個性もしっかり感じました。
よく晴れた空の下で、こんな景色をながめながらいただくランチ、しあわせすぎます。

小さなワイナリーが100以上あるオカナガン地方。
最初に訪れた「Quails' Gate」ですでにその魅力にココロ奪われそうです。

ランチの後は、また少し車を走らせて「Kettle Valley」へ。
これから、1910年に走っていたという蒸気機関車に乗ってオカナガンの夏景色を満喫します。

次回へつづく♪

by mori-mado | 2011-10-13 12:58 | バンクーバー徒然なるままに | Comments(0)

ブランチ のち 散歩

2011夏♥バンクーバー振り返り記④

16時間の時差を少しだけ実感する2日目。
朝から行動しないとうっかり寝てしまいそう。

ひとつずつ懐かしい街の雰囲気を確かめるようにダウンタウンを歩き、
lulu lemon athletica」でランニングウェアの新作をチェックしたり・・・
革製品の「m0851」でレザージャケットを試着したり・・・
スーパーマーケットの「Urban Fare」でオーガニックのドライフルーツを買ったり・・・
Tokyoにないものを求めてあちこちのお店をのぞいているうちに、
まだ日本時間を引きずっていた脳も、シャッキリ♪
からだがしっかり目覚めた瞬間におなかも空いたので(笑)
The Listel Hotelの1Fにある「O'DOUL'S」でブランチをとることにしました。

ブラウンマッシュルーム&ホウレン草のオムレツ。
ソテーしたマッシュルームが中に入っています。
ブランチ のち 散歩_a0231828_2184994.jpg

日本のものより野性味あふれる大きなマッシュルームは、味が濃くてとても美味しいのです。
いつも山のように買っては、スライスしてサラダに入れたり、スープに入れたりしていた大好物♥
メニューに載っていたブルーベリーパンケーキも魅力的でしたが、
ここはブラウンマッシュルームに軍配があがりました!

パートナーはエッグベネディクトをオーダー。
半割にしたイングリッシュマフィンの上にハム&ポーチドエッグがのっていて、
上にかけるオランデーズソースにお店の個性が出て美味しいという、人気メニューです。
ブランチ のち 散歩_a0231828_2175976.jpg

そのオランデーズソースがあまり得意ではない私は、残念ながら1度しか食べたことがありません(苦笑)
たっぷりのフレッシュオレンジジュースのあと、それぞれのメニューをいただきました。満腹♪


夕方までダウンタウンで買いものをし、
その後は、ブリティッシュコロンビア州政府で働く同世代の友人♥Lちゃん&Aちゃんと会うため、
「サウスグランビル」と呼ばれるエリアまで出かけます。
ダウンタウンから南へ南へ、「グランビル橋」を渡った向こう側で、高級住宅街に続く素敵な雰囲気のエリア。
ダウンタウンからは“けっこう遠い!”というイメージがありましたが、
待ち合わせまで中途半端に時間があったこともあり、歩いて向かうことにしました。
ブランチ のち 散歩_a0231828_21113671.jpg

こんな感じの、車がビュンビュン走る道路の両脇に、
歩行者用の道路も一応・・・ではなく、ちゃんとあります。意外と歩いて橋を渡る人が多いことに驚きました。
ブランチ のち 散歩_a0231828_2112651.jpg


橋の下には、工場を再開発してできた小さな島「グランビルアイランド」が広がっています(写真右奥)
ギャラリーや食材のお店、レストランなど100以上が集まった、観光地としても有名な場所です。
ブランチ のち 散歩_a0231828_2242687.jpg


いつも車窓から見ていた景色とはちがう、橋からの眺め。
振り返るとだんだん小さくなっていくダウンタウンが、なんだか新鮮に映ります。
ブランチ のち 散歩_a0231828_21124590.jpg

立ち止まったり、振り返ったりしながら、いつのまにか橋を渡りきり、
ダウンタウンの中心から30分の散歩ののち、再会の場所へ到着♪
話題のIZAKAYAで、気の合う仲間とのたのしい夜を過ごしました。

by mori-mado | 2011-10-10 23:17 | バンクーバー徒然なるままに | Comments(0)

街角から

2011夏♥バンクーバー振り返り記③

引っ越して2年も経っていないのに、去年も旅行で行ったのに、
また、懐かしいという思いに駆られて、
住んでいたコンドミニアムの前まで行ってみました(笑)

ダウンタウンの中心から、歩いて10分弱。
Seymour st.とNelson st.が交差する、元・ホームグラウンド。
街角から_a0231828_23392679.jpg

秋から冬にかけて滞在し、春の訪れを感じるとともに帰国したので、
夏の景色には馴染みがありません。
ほとんど毎日雨が降り、どんよりした空の下で巡った季節しか知らない私は、
陽射しが顔を出して輝いている、それだけで感動します!!
街角から_a0231828_23395637.jpg


こうして(↓) ほぼ同じ場所で撮影した冬の景色と比べてみると、
バンクーバーの人たちが爽やかな夏を待ち望む気持ちがわかります。
街角から_a0231828_2345456.jpg

当時は紅葉さえ終わって、完全に葉を落としていたメイプルリーフも、
鮮やかなグリーンの葉っぱをつけていました。
街角から_a0231828_23394791.jpg


グランビルブリッジに向かって少し歩くと、こんなかわいい壁アートを発見♪
街角から_a0231828_23401174.jpg

懐かしさと新鮮さがクロスして、楽しい街歩きです♥

by mori-mado | 2011-10-07 23:37 | バンクーバー徒然なるままに | Comments(0)

やっぱ、これでしょ?

2011夏♥バンクーバー振り返り記②

「そんなに美味しい?」とカナダの友人は首をかしげますが、私は好き♪
「メープルディップドーナツ」。
やっぱ、これでしょ?_a0231828_1313368.jpg

のどが渇くほど甘いし、手もベトベトになるけれど・・・、でもやっぱり好き。
「甘いー!!」と言いながらアメリカンコーヒーを流し込むように飲んで、満足♪♪♪

街のあちこちで「Tim Hortons」を見かけると、カナダに居るということを実感します。
以前出張について行ったサスカチュワン州のスウィフトカレントという、
ひたすら平野がつづいているだけの何もない街にだって、「Tim Hortons」はあったもの。
やっぱ、これでしょ?_a0231828_13123086.jpg

「日本に上陸したらウケると思うんだけれど…」と、
ブリティッシュコロンビア州の経済産業省ではたらく友人に言ったら、
「ミスタードーナツのほうが美味しいよ」と笑って却下されました。

地元の友人にはあまり賛同されませんが、立派なカナダ名物です!

by mori-mado | 2011-10-05 13:34 | バンクーバー徒然なるままに | Comments(0)

いざ、バンクーバーへ♪

2011夏♥バンクーバー振り返り記 その①

8月某日。羽田-バンクーバー直行便は結局中止になったので、今年も成田空港から出発。
時計を逆回りして8時間半のフライトは、日本の夜を越えて、バンクーバーの朝へ。
飛行機は少し遅れて、お昼前に到着しました。
いざ、バンクーバーへ♪ _a0231828_1144567.jpg

さっそく懐かしい顔を発見! 仕事で空港に来ていた友人とバッタリ再会し、
「ついでだから…」と急いでいる私たちをホテルまで送ってくれました。感謝♥
空港から車で20分、橋を渡り、ガラス張りの高層ビルが見えてくると、そこはダウンタウン。
厚かましくも「ただいま~♪」という気分になります。

さて、急いでいたのはなぜかというと、
Mさんご夫妻と到着日のランチを約束していたから。
お店はダウンタウンの「麒麟」。昨年とまったく同じ行動パターンのリクエストです(笑)

オーダーはグルメ隊長のMさんにお任せし、
奥様のNさんと私はメニューそっちのけでお喋りモード全開!!
フルスピードで1年分のあれこれを報告しあいます。

こちらは、飲茶の定番「蝦餃子」。
モッチモチの餃子の中に、ぷりっとした蝦が入っていて美味。
中華系の移民が多いバンクーバーでは、飲茶は人気があり、味のレベルもとても高いのです。
いざ、バンクーバーへ♪ _a0231828_12124740.jpg


ガイラン(チャイニーズブロッコリー)とか、蒸しものとか揚げものとか…etc. もオーダーしたのですが、
喋るのと食べるのに忙しくて、写真があまりありませんでした。失敗、失敗…。

シメは毎度おなじみ、名物メニューの「坦々麺」。
まろやかなピーナッツと白胡麻のスープで、唐辛子の辛さが尖がっていないところがお気に入り。
味や香りは豊かなのに、見た目ほど濃厚ではなく意外とあっさりいただける絶品麺です!
いざ、バンクーバーへ♪ _a0231828_12361984.jpg


このあとは、私にとっては“もちろん”の、「胡麻団子」。
日本の中華レストランではではいまだに見つけられない、大好物です。
いざ、バンクーバーへ♪ _a0231828_12573659.jpg

お団子というよりお餅の中にトロ~ンとした黒胡麻ペーストが入っていて、
表面にきな粉みたいなピーナッツ粉がまぶしてあります。
たとえおなかがいっぱいでも無理する?価値あり!!と、このデザートにすっかり魅せられている私、
時差もものともせず、到着直後とは思えないほどの食べっぷりです。

思えば、もともとはなんのご縁もなかったバンクーバーがこんなに好きになったのは、
たくさんの人とつながり、Mさんご夫妻をはじめ、かけがえのないたいせつな友人ができたおかげ。
こうして今年も、駆け足ながらここに戻ってこられたことが素直にうれしい初日のランチでした♥

by mori-mado | 2011-10-04 11:43 | バンクーバー徒然なるままに | Comments(0)

2011夏♥バンクーバー振り返り記

この夏も、もちろんバンクーバー上陸♪
帰国してからあっという間に時間が経ってしまいましたが、
振り返ってぼちぼち旅行記を書いていこうと思います。

2011夏♥バンクーバー振り返り記_a0231828_2343193.jpg


私がバンクーバーに心魅かれるようになったのは、
冬季オリンピック開催に先駆けて
2009年11月からバンクーバーに駐在することになったパートナーについて行き、
約5ヶ月暮らしたことがきっかけ。

当時の日記は旧ブログから。
第1章 はじめてのカナダ暮らし
第2章 雨、ときどき晴れのバンクーバーより 

それまで、止まることが怖くて、追いつめられるように走りつづけてきた私が、
持て余すほど時間をもらい、山と海と空の下で深呼吸したら、ココロにユトリができました。
そのスペースに、バンクーバーの街で見るもの、触れるもの、体験するものは
スーッと染み込んでいき、この街で暮らすことに心地よさを感じるようになりました。

これまで尖がっていたきもちがどうでもよくなるくらいの、
大きな包容力を持って私を迎えてくれた街、バンクーバー。

だから、毎年夏は深呼吸しに里帰り(笑)♪

行く度に新たな魅力発見!ますます好きになっていきます。
2011夏♥バンクーバー振り返り記、これからマイペースで掲載予定です。

by mori-mado | 2011-10-02 23:41 | バンクーバー徒然なるままに | Comments(2)

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム