Woman.excite

カテゴリ:バンクーバー徒然なるままに( 39 )

218種類から選んだジェラートは?

駆け足バンクーバー振り返り記2013③

飲茶を楽しんだあとは、新進気鋭のチョコレートショップ「BETA5」へ寄ってもらい、
美味かつ斬新なチョコレートを購入。(←後ほど詳しくアップします♪)
そして、向かったのは、旅行者には馴染みのないVenables St.にあるジェラート屋さん、「La Casa Gelato」です♪

アイスクリームは得意ではないのですが、アイスクリームよりややあっさり(乳脂肪分が低い?)なジェラートは大好物♥
暮らしていたときは家から近い「Yaletown Gelato」に通いましたが、こんな名店があるとは知りませんでした。
218種類から選んだジェラートは?_a0231828_18232739.jpg

なにがスゴイって、お店に入ると218種類のジェラートがドーンとショウケースに入って並んでいること!
お店の真ん中に立って、360度ぐるりと味のちがうジェラートが並んでいるのです!!

レジカウンターで「シングル」「ダブル」「トリプル」のプラスティックコインを購入し、
あとはフレーバーの札を見ながら食べたいジェラートを選び、店員さんにお願いするだけ…なのですが、
なにしろ218種類!そうそう簡単には決められません。

フルーツはもちろん、ビールやバーボン、シャンパンなどのお酒、チーズやチョコレート、野菜やお米、きのこまで…
ありとあらゆるものがジェラートになっているのです♪
興味を持ったら味見をさせてくれるのも「La Casa Gelato」流。
プラスティックのスプーンで、ビールとお米を試食させてもらいました。
まさにその素材の味がするのですが、うまーくジェラートに仕上がっているのは、さすが、さすがです。

迷いに迷って、私はアマレット入りピーチのジェラートをチョイス♥
218種類から選んだジェラートは?_a0231828_18415029.jpg

* ↑ 手の出演は、ここのジェラートが大好きなJさん♪

アマレット入りピーチは、果実味たっぷりの爽やかな味にアマレットの香りが加わって、おとなの甘さ♥
シングルでもかなりのボリュームなので1フレーバーしか味わえないのが残念ですが、
本場イタリア仕込みの個性的でフレッシュなジェラートを存分に楽しみました。

ちなみに、、、Mさんご夫妻はそれぞれビールとスプモーニ、夫はライスプディングをチョイス。
私はビールのジェラートのビールっぽさに感動しきり(^o^)丿東京にあったら毎日通っちゃいそうです。

このあと、ご夫妻が行きつけの「Milano」でエスプレッソを1杯飲んで、今日は解散。
数日後の再会を約束し、ホテルに送っていただくと現地時間の16時過ぎ。
一瞬のお昼寝をして、夜はまたまた会いたかったご夫妻とディナーの約束です。なんて、しあわせ♥

ということで、このあとはキツラノへ♪次回につづく。

by mori-mado | 2013-10-13 19:06 | バンクーバー徒然なるままに | Comments(0)

バンクーバーNo.1飲茶

駆け足バンクーバー振り返り記2013 ②

入国審査を通過したあと、Baggage claimでちょこっと手間取るトラブルがあり、13時頃にホテルへ到着。
見覚えのあるNISSANを見つけ、車の窓越しに目が合い、笑顔で手を振り合います。
そう、ランチの約束をしているM夫妻が、ちょうど同じタイミングで車寄せに到着したのでした。なんて偶然!

会いたくて、会いに来ました♪待ち望んでいた1年ぶりの再会です♪♪

チェックインだけ済ませ、お迎えに来てくれたMさん夫妻とさっそく向かった先は、
W.Broadwayにある中華レストラン「Dynasty Seafood Restaurant 」。

中国系移民の多いバンクーバーの中華料理はレベルが高く、
訪れる度に1度は、「麒麟」や「サンスイワ(新瑞華海鮮酒家)」などで飲茶を楽しみます。
しかし2010年のオリンピック以降はお店の入れ替えも激しくて、
名店「インペリアル(海天皇宮海鮮酒楼)」は閉店、「上海楼」も閉店(移転?)、
バンクーバーのBest of Chineseと言われた「麒麟」も評判がいまひとつです。

そんな中、Mさん夫妻が「いま、いちばん安定して美味しい」と太鼓判を押すのが「Dynasty」で、
どこのガイドブックよりバンクーバー事情を詳しく発信している奥様Nさんのブログにも度々登場!
私がぜひ行ってみたいとリクエストしていたのでした。
バンクーバーNo.1飲茶_a0231828_2314221.jpg

テーブルにつくと同時に私とNさんの“近況報告マシンガントーク”が始まり、
オーダーはご主人のJさんにお任せ(;^^A
ほどなくして、数種の蒸し餃子、細麺焼きそば、中華野菜炒めなど美味しそうなお皿が並びます。
大きな窓からダウンタウンの街並みを遠くに眺めながらいただく飲茶は、
“ここにいる”ことを改めて実感させてくれる、最高の“第1食”でした♪

きのこの蒸し餃子、エビとクレソンの蒸し餃子…など、
ひとつひとつの食材の個性がしっかり出ていて、確かにとっても美味しい。
私がとくに気に入ったのは、春雨とシャキシャキの野菜が入った炒めものでした。
バンクーバーNo.1飲茶_a0231828_23344343.jpg

大きめにカットされた野菜の食感と、春雨の食感のコントラストがなんともいい感じで、
お醤油ベースのやさしい味が後をひきます。

美味しいものをいただきながら、1年分の日めくりをするようにお喋りし、笑って、食べて、また喋って、食べて…。
早くもココロとお腹は満タンですが、まだまだ続きます。
このあとは218種類のジェラートから選べる「La Casa Gelato」へ。
バンクーバーの食文化は国際色豊かなのです♪ ということで、次回へつづく。

by mori-mado | 2013-10-12 23:56 | バンクーバー徒然なるままに | Comments(0)

いざ、バンクーバーへ2013

駆け足バンクーバー振り返り記2013 ①

9月某日@夕暮れの成田空港。
遅い夏休み、今年も第2の故郷・バンクーバーへ行ってまいります♪

JL18便は、定刻通り18時10分に出発し、一路バンクーバー国際空港へ。
時計の針を18時間戻して、現地午前11時過ぎに到着しました。
いざ、バンクーバーへ2013_a0231828_19493820.jpg

2009年11月~2010年4月、冬から春の5ヶ月を過ごしたあと、毎年夏に訪れているバンクーバー。
実は私は紅葉の季節に居たことがないので、今年は時期をずらしてみました。

いつもながら4泊と短い滞在ですが、
海~山~空へつながる景色の中に、ガラス張りの高層ビルが不思議ととけ込む景色を見ると、
自然に心がリラックスしていきます。見慣れた景色に秋の色が重なると、どんなふうに心が動くのでしょう。
大好きな街で深呼吸するしあわせな4日間のスタートです。

---

ちなみに、過去のバンクーバー日記は、こちら ↓↓↓
はじめてのカナダ暮らし 2009秋~2010冬
雨、ときどき晴れのバンクーバーより 2010冬~2010春
バンクーバー、徒然なるままに 2010夏
バンクーバー徒然なるままに 2011夏、2012夏

by mori-mado | 2013-10-12 19:43 | バンクーバー徒然なるままに | Comments(0)

旅するメープルシロップ♪

From Vancouver♪ 少し前の嬉しかったお話。

「とっても美味しいメープルシロップを見つけたから~」と、バンクーバーの友人Nさんが、
ちょうど旅行されていたお母様に荷物を託してくださり、
カナダから海を渡り、Nさんの故郷の空気を感じて、我が家のポストに、嬉しい小包が届きました♪

そんな“旅”をしたメープルシロップは、「NOBLE」という銘柄で、私は初体験。
バンクーバーの食通の間では有名なのだそうです。
「バーボン&オーク」と「バニラ&カモミール」の2フレーバー、さっそくメープルトーストにしていただきました。
旅するメープルシロップ♪_a0231828_112530100.jpg

さらりとした洗練された味わいのシロップで、
「バーボン&オーク」は深く強い味、「バニラ&カモミール」はほんのりバニラが香るやさしい味。
どちらもとっても美味しーい♪ いつものメープルシロップとまたちがうスイートな味が楽しめます。

さりげなく一緒に送ってくださったカードは、
グランビルアイランドに入っている、Nさんも私も大好きな「PAPER-YA」で見つけてくれたのだとか。
カードやノートなど素敵な紙グッズや文房具が並ぶお店です。

美味しくて、嬉しくて、感激♥ ココロはしばし大好きなバンクーバーへ飛んでいました。
Nさん&Nさんのお母様、ありがとうございます。

by mori-mado | 2013-07-29 10:26 | バンクーバー徒然なるままに | Comments(1)

カナダの魅力♪

CANADAの魅力がギュギュっと詰まった2分間♪
この作品を観たら、たった5ヶ月暮らしただけなのに、私がどうしてこんなにバンクーバーに魅かれたのか、
なんだかわかった気がします。

I love Vancouver♪ I love Canada♪

カナダ観光局が「カナダの魅力を撮影して送って♪」と、カナダに住む一般の人たちに募ったところ、
約65時間分の動画が集まり、これは、その数々の魅力を2分間に編集した作品だそうです。
カナディアンが撮った“ホンモノのCANADA”をぜひご覧ください。



「カナダの感動体験を共有しよう!」というウェブサイトもあります。→ KEEP EXPLORING
私は西部(ブリティッシュコロンビア州、アルバータ州)~中西部(サスカチュワン州)までしか行っていませんが、
冬のカナダもとっても素敵ですよ。

by mori-mado | 2012-11-26 23:33 | バンクーバー徒然なるままに | Comments(2)

思い出し日記:バンクーバー街歩き♪

バンクーバー弾丸旅日記⑦
忘れたころに振り返る、2012初夏の旅日記…の続きです(^^;)
過去の日記は、こちらから。


現地で過ごせるのは実質3日の弾丸旅は、あっという間に帰国前日。
この日は雨が降ったり止んだりのあいにくのお天気となりました。
ホテル近くのカフェで軽く朝食をとり、ダウンタウンをお散歩♪
思い出し日記:バンクーバー街歩き♪_a0231828_18113054.jpg

まずはバンクーバーのシンボルCanada Place周辺へ。
私たちをバンクーバーに導いてくれたオリンピックの聖火台も、新たな街のシンボルとなっています。
思い出し日記:バンクーバー街歩き♪_a0231828_17593738.jpg

ダウンタウンを歩いているだけでも、海、山、空、高層ビル… 街のいろんな表情と出会います。
都市でありながら開放感があり、ゆっくり深呼吸できる。
多くの人が同じような心地よさを感じているからこそ、“世界でいちばん住みやすい”と評されるのでしょう。

ランチは、BC州政府で働くバンクーバーっ子のLちゃん&Aちゃんマレーシア料理をご一緒し、
お互いの近況報告♪ カナダでマレーシア料理?と不思議な気がしますが、
Aちゃんは週1ペースでランチに来るほど気に入っているのだそう。確かに美味しかった♪♪

仕事に戻る2人とまた来年の再会を約束し、今度はコールハーバーへ。
大小のクルーザーが停泊するすぐ向こうにガラス建築の高層ビルが広がる、バンクーバーらしい景色。
ハーバー沿いが公園になっているので、犬の散歩やサイクリングの人とすれ違いました。
思い出し日記:バンクーバー街歩き♪_a0231828_18111582.jpg

思い出し日記:バンクーバー街歩き♪_a0231828_18105661.jpg

空から着水する水上飛行機は、何機見ていても飽きません。
のんびり眺めを楽しみ、何もしない贅沢を心ゆくまで味わう時間。来てよかった♪♪
思い出し日記:バンクーバー街歩き♪_a0231828_17583393.jpg

いつのまにか雨も止んで、太陽が顔を出しています。
本格的な夏を待ちきれない地元の学生たちは、カヤックを楽しんでいました。
思い出し日記:バンクーバー街歩き♪_a0231828_17591948.jpg

まだ少し肌寒く、雨も多い6月末でしたが、
メイプルリーフは青々と、夏の訪れを告げています。いい季節♪
思い出し日記:バンクーバー街歩き♪_a0231828_17585014.jpg

街歩きを満喫したあと、
夜はギャスタウンの話題のお店で待ち合わせです。これは次回へつづく♪

-----

*いただいたコメントに、さかのぼってお返事しました。遅くてすみません(>_<;)
いつもありがとうございます♪

by mori-mado | 2012-09-09 19:43 | バンクーバー徒然なるままに | Comments(0)

グランビルアイランド 夜

バンクーバー弾丸旅日記⑥
“弾丸”だったわりには、いつまでも続く旅日記です(^_^;)


SさんとYさんと4人で食事をするのも、毎夏恒例♪

シーフードと、北米独特の巻きずしである「ロール」が食べたい、とリクエストしたところ、
に続き、またまたグランビルアイランドへ行くことに♪
The Sandbar Seafood Restaurant」の1Fにある、すしバー「Hoshi Sushi」へ案内してくれました♪♪

日本的なすしを握るお店、「ロール」中心のSushi Restaurant、スタイルはいろいろですが、
素材に恵まれているバンクーバーでは、美味しいおすしを食べられるお店が何軒もあります。

「Sandbar (2F)」は何度か来ていますが、この「Hoshi Sushi (1F)」ははじめて。
カナダで36年間すしを握っている大将・星さんの“日本の手しごと”を目の前で眺め、
美味しいおすしを目と舌で堪能しました。

さて、夜はこれから♪と、今度は2Fに上がってワインとお喋りを楽しみます。
22時近くまで明るい夏のバンクーバーの空も、少しずつ暗くなってきました。
グランビルアイランド 夜_a0231828_03776.jpg

バンクーバーで旅行ガイドとして活躍するSさんは、
両親が個人旅行でお世話になったことが、もともとのご縁のはじまり。
私たちが長期滞在していたときも何かと気にかけてくださり、仲良くしてもらっています。

Sさんの元同僚のYさんはサバサバした素敵なお姉サマで、
はじめて会ったときから、まさにウマが合いました♪

2人とも、考えてみればなんだか不思議なつながりですが、
それが“ご縁”というものなのでしょう。
グランビルアイランド 夜_a0231828_0102071.jpg

お決まりのBCワインで、「乾杯~」♪♪ 改めて、再会の喜びを感じる瞬間です。

昨年 一時帰国しなかった2人とは、ちょうど1年ぶり。
お互いの近況報告をしあううちに、窓の外は雨も止み、夜の景色が広がっていました。
グランビルアイランド 夜_a0231828_020428.jpg

日付が変わる頃まで話は尽きず、最後はみんなで写真を撮って、また次の再会を約束。

行きたいと思う場所に、会いたいと思う友人がいる。
旅行中、毎日そのしあわせを感じられることに心から感謝し、いよいよ明日は最終日。
明日も素敵な予定が待っています♪

by mori-mado | 2012-07-26 22:49 | バンクーバー徒然なるままに | Comments(0)

「麒麟」で飲茶♪

バンクーバー弾丸旅日記⑤


バンクーバーは移民の街。
ダウンタウンのレストランでは、世界各国の“本場の味”を食べることができます♪
とくに中国、香港からの移民が多いので、中華料理店の数とレベルの高さは評判で、
地元カナディアンにも観光客にも、「飲茶(DIM SUM)」が人気です♪♪

3日間の昼と夜に何を食べるか、どのレストランに行くかが、今回の弾丸旅の悩みどころでしたが、
「やっぱり1度は飲茶に行きたいよね…」ということで、
バンクーバーにおいてもっともオーソドックスな選択、「麒麟」に行くことにしました♪
「インペリアル(海天皇宮海鮮酒楼)」「サンスイワ(新瑞華海鮮酒家)」などと並ぶ有名店です。

「麒麟」は美味しいけれど味が一定ではないというのが私たちの印象で、
最近はその振り幅が大きいという噂もあり…、ならば自分の口で試してみよう!という目的もありました(・.・;)


テーブルにお茶がセットされ、まずは、小ぶりの蒸籠(せいろ)に入った蝦餃子と、
蓮の葉に包まれた豚肉のおこわが運ばれてきました♪
「麒麟」で飲茶♪_a0231828_1436458.jpg

皮はモチモチ、中の蝦はプリっとしていて、変わらぬ美味しさ♪
「麒麟」で飲茶♪_a0231828_14343789.jpg

お肉の旨味が包まれた、小籠包♪
中からスープがジュワワワ~っ というほどではないですが(笑)、十分美味しい。
「麒麟」で飲茶♪_a0231828_14483041.jpg

千切生姜が入った黒酢をつけると、よく合います。

…と、ここまでは以前と変わらない味で、
「やっぱり、なんだかんだで麒麟は美味しいね♪」と、蒸籠が置かれるたびにテンションは上がる一方♪♪

そして、最後にこれだけははずせない「坦々麺」をオーダー。

坦々麺=辛いという概念を打ち破った一品で、
ピーナッツと胡麻の濃厚で香り高くまろやかなスープに魅かれ、毎回オーダしているのですが、、、
しかし、これが問題作でもあり、
ピーナッツと胡麻の配分やスープとの割合など、なぜかいつも微妙に味が変わるのです。
「麒麟」で飲茶♪_a0231828_1515569.jpg

さて、今回はいかに???

うむむむむ…(-_-;) これだけはちょっとベツモノになっていました。
見た目は変わらないのですが、辛さが増し、ピーナッツのまろやかさが消えていました。
麺も若干ポソポソしているような…。 嗚呼、残念!

そうはいっても、立地や雰囲気も含めて、トータルではやはり満足度の高い、「麒麟」♪♪
坦々麺の味の復活を願って、また次回来てみようと心の中で思ったのでした。

by mori-mado | 2012-07-18 15:18 | バンクーバー徒然なるままに | Comments(2)

雨のグランビルアイランド

バンクーバー弾丸旅日記④
  えっと、まだ続いていました…、バンクーバー日記。
  だってまだまだ写真があるし♪


6月末のバンクーバーは、夏に向かってあと一息という感じの気候で、
爽やかな晴天に恵まれるかどうかは運次第です。
私たちの到着と同時に太陽が顔を見せたそうなので、ツキは持っていたはずですが…、
この日はいまにも泣きだしそうな曇天。
雨のグランビルアイランド_a0231828_22583478.jpg

「降らないで…」と祈りながら、ダウンタウンのホテルからイエールタウンまで歩き、
AQUA BUS」という小さな船で「グランビルアイランド」に向かいました。
雨のグランビルアイランド_a0231828_23512594.jpg


グランビルアイランドは、バンクーバーを代表する観光スポットで、
工場街を再開発した小さな島には、お店やレストランが建ち並びます。
クリークにかかるグランビルブリッジや停泊しているフェリー、空にはためくメイプルリーフ(カナダ国旗)…
晴れていれば、バンクーバーらしい景色を楽しむことができるのですが、、、

どんより(T_T) 眺めも灰色がかって微妙です。
雨のグランビルアイランド_a0231828_23204355.jpg

でも(気を取り直して♪)、自然に囲まれたバンクーバーならではのこんな光景も♪♪
グランビルアイランドを歩いていると、何種類もの鳥に出会いました。
雨のグランビルアイランド_a0231828_23253549.jpg

雨のグランビルアイランド_a0231828_2325546.jpg

雨のグランビルアイランド_a0231828_23261030.jpg


グランビルアイランドでも人気No.1の「パブリックマーケット」には、
地元BC州をはじめ各地から食材が集まります。
山積みになっているカラフルな野菜やフルーツは、いつもとっても美味しそう♪
こういうマーケットに来ると、海外に来ていることを実感します♪♪
雨のグランビルアイランド_a0231828_23351217.jpg

雨のグランビルアイランド_a0231828_23352266.jpg

カナダの名産品「メイプルシロップ」の専門店もあり、
メイプルシロップだけでなく、シロップを煮詰めたメイプルバター、メイプルシュガー、メイプルクッキー…etc.
風味豊かでサラリとした甘さが人気のメイプルシロップを使った品々が並びます。
雨のグランビルアイランド_a0231828_23425792.jpg

私は「No.2(アンバー)」のシロップと、メイプルバターが好き♪ メイプルクッキーはおみやげの定番です。
(ちなみに、No.2というのは等級で、日本でも見かける一般的なものは「No.1(ミディアム)」という上の等級)

雨のグランビルアイランド_a0231828_23581594.jpg

残念ながら雨が降り出し、グランビルアイランドを満喫…とまではいきませんでしたが、
何度来てもやっぱり楽しい場所♪♪ バンクーバーに来たら、たとえ時間がなくてもココは欠かせません。

by mori-mado | 2012-07-18 00:03 | バンクーバー徒然なるままに | Comments(0)

バンクーバーのチョコレート事情2012♪

バンクーバー弾丸旅日記③

バンクーバーに行くとチョコレートショップに立ち寄るのも楽しみのひとつ。
パリやベルギーなどヨーロッパの高級ショコラティエの “1粒1粒が宝石のよう…”という雰囲気ともちがい、
“同じ北米でもアメリカより繊細で、ちょっとスパイシーなチョコレート”というのが、
私のバンクーバーのチョコレートに対するイメージ♪
素材の組み合わせに意外性があっておもしろいです。

これまでのお気に入りは、ノースバンクーバーに本店を構える「THOMAS HAAS」と、ダウンタウンの「mink」。
その2つのお店レポートは過去のblogからどうぞ♪

そして2012年夏、今回ぜひ訪ねたかったのが、New Open(なのかな?)の「BETA 5」。
Afternoon Teaをご一緒したNさんのblogで知って以来、行ってみたいと思っていたお店です。
Nさんといえば、「このblogを読めばバンクーバー中の美味しいものがわかる♪」と大評判のグルメ師匠!
事実、私の友人が何人も愛読していてビックリ♪

そんなわけで、高評価の「BETA 5」が気になります。

お茶を片手にその話をNさんにしたところ、
「いま行かなかったら、きっと行かないと思うよ。だって不便な場所だから…」と、
ホテルに送っていただく前に寄り道してくれることになりました♪♪ わーい!

観光で訪れたら行く機会はなさそうな「インダストリアル・アベニュー」とその名も工場地帯の一角に、
チョコレート屋さんだと言われなければ何屋さんかわからない佇まいで「BETA 5」はありました。
バンクーバーのチョコレート事情2012♪_a0231828_20105448.jpg

バンクーバーのチョコレート事情2012♪_a0231828_20121835.jpg

余計な装飾も色も一切ない、シンプルな店内。どちらかというと、化学品の工場とか実験室みたい!
この“無機質”な感じがひと目見て気に入りました♪ こういう雰囲気、好きです。
ショップスペースの向こう側が“制作工場(キッチンという雰囲気ではなく…笑)”で、
作りたてののチョコレートをそこから出してきて売ってくれます。

organicの素材にこだわり、産地も厳選して作っているそうです。
パッケージもいたってシンプル。でも中身はこんなに素敵♪ ちょっと宇宙を感じさせる???
バンクーバーのチョコレート事情2012♪_a0231828_20393344.jpg


あれこれ迷って、日本に持ち帰ったのはこの3点。
お土産ではなく、自宅でいただきます(笑)
バンクーバーのチョコレート事情2012♪_a0231828_20425148.jpg

・ドライオカナガンチェリーを63%のダークチョコレートで包んだもの
・キャラメルが中に入ったチョコレートの上に、アクセントで塩をプラスしたもの
・果汁たっぷりのフルーツジェリー

特に美味しかったのが「SALTED CHOCOLATE CARAMELS」。
ダークチョコレートの中に、トローンととろけるキャラメルが入っていて、
濃厚な香りと味が口に広がったあと、塩がアクセントになって全体が引き締まる、そんな美味しさ。
3つの素材の押したり引いたりのバランスが絶妙で、後味もとってもいいチョコレートでした。
バンクーバーのチョコレート事情2012♪_a0231828_20525946.jpg

箱に貼られた賞味期限を示すシール。
段ボールっぽい箱に貼られると薬品ラベルみたいで、やっぱりLABOみたいなお店です♪
バンクーバーのチョコレート事情2012♪_a0231828_20531518.jpg

装飾にお金をかけていないせいか、お値段も他のお店よりリーズナブル。
6ピース入った「SALTED CHOCOLATE CARAMELS」は、確か10C$でした。

こだわりぬいて作ったチョコレートを、さらっと売る、そこがこのお店の素敵なところ♪
チョコレートそのものへの自信と愛が、美味しさにあふれていました。

by mori-mado | 2012-07-11 20:55 | バンクーバー徒然なるままに | Comments(4)

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム