Woman.excite

カテゴリ:患者として医療を考える( 8 )

カルテの値段


a0231828_16260210.jpg

朝日新聞 朝刊(2018.7.24)


このニュースが今朝食卓で話題になり、
試しに“カルテ開示”で検索して出てきた
全国の医療機関のホームページを15軒くらい見てみたら、
高いところは手数料が2万円(別途コピー代が1枚54円)、
安いところはコピー代1枚20円(手数料なし)、
開示する時間30分刻みに加算という病院もあったり、、、
確かにバラバラでした。

妥当な値段がいくらなのかわからないけれど、
“「生涯1人1カルテ」にして、
その人の診療記録は受診したどの医療機関ででも見られるようにしましょう”
という話は、2000年頃から盛んに言われてきました。
「電子カルテ」によってそれを可能にしましょう、と。

クラウドにあげて患者本人(場合によっては家族、指定された代理人)の同意で
アクセスできるようにすれば
こういうことも解消されるのでは?と思いつつ、
2003年にそんなビデオ(「ITで拓く、新しい医療」)を制作したことを思い出しました。
技術だけではないハードルが実現を阻んでいるようにも感じます。

ただ、以前 長期入院したとき、
転院の際にカルテのコピーをくださったけれど(←無料でした)、
そんなに色々詳細に書いてあるわけではなかったので、
“開示すると都合が悪いから高額にしている”という声は、
一般的なケースではあまり当てはまらないように思います。
(医療過誤や医療事故のケースは別です)


医療を提供する側の当たり前と、医療を受ける側の当たり前、
この感覚の違いを、どこで“両者納得”とさせるのか。
今回のような報道があったときだけでなく、
私たちはしっかり考えていく必要があると思っています。


by mori-mado | 2018-07-24 17:41 | 患者として医療を考える | Comments(0)

花粉症とたたかえ2016

今朝から急に、、、
花粉をものすごく感知(>人<;)

花粉症メガネを出しました。

a0231828_22024197.jpg


やっぱり今年も、、、花粉症 始まりました。
闘う仲間のみなさま、がんばりましょう。

わたしは飲んでいませんが、
花粉症のお薬は種類によっては眠気を感じるものがありますので、
車の運転などにはお気をつけください。

by mori-mado | 2016-02-10 22:06 | 患者として医療を考える | Comments(0)

「『余命3ヶ月』と伝えるときの医師のホンネ」

奥仲先生、こんなに“ぶっちゃけ”ちゃって、、、いいんですか(笑)???

公私ともにお世話になり、最多共演の、奥仲哲弥先生
『余命3ヶ月』と伝えるときの医師のホンネ」を出版されました。


a0231828_12595023.jpg


Amazonにもレビューを書きましたが、巷にあふれる健康・医療本は、
「○○をやめなさい!!」とか「○○で治った!」という極端な論調の指南本か、
病気&治療の教科書的なものが多数。
そんなラインナップにちょっと物足りなさを感じていた中で、
この本は「そうだったのか!」…の1冊で、面白い!!


a0231828_13180296.jpg


病院という場でのみ通用する摩訶不思議な“常識”を、
外側(患者側)の目で捉え、内側(病院側)の目で種明かしするという、“ぶっちゃけ”っぷり♪
裏ワザ満載の45項目を読めば、
敷居が高そうに見える医療という世界を、うまく歩けるようになれそうです。

同窓会で病気の話が出てくる世代は必読!
病院に行く時間がないほどバリバリ働いている人にもおすすめです( *´艸`)


by mori-mado | 2015-04-20 00:02 | 患者として医療を考える | Comments(0)

人間ドック

久しぶりに人間ドックを受けました。
事前にオプション検査を吟味。
年齢や性別、既往歴、環境、生活習慣等によって、
受けた方がいい検査と不要と思われる検査があります。
お任せではなく、受ける側も勉強することが大切ですね。

a0231828_23261318.jpg


健診後に出たお弁当は、お肉もお魚もお野菜もバラエティ豊かに入っていて、味もしっかり。
これで350kcalって、すごいなぁ。

a0231828_23265252.jpg


低カロリーの秘訣は、おそらく油&脂。
調理法を工夫すればこんなにヘルシーにできるのか…と感心。
今カロリーはともかく、デザートの黒糖アイスクリームまですべて美味しくいただきました♪♪

by mori-mado | 2015-03-04 23:23 | 患者として医療を考える | Comments(0)

闘病記を掲載しました。

思い立って、9年前の闘病記を掲載しました。

退院1年後になんとなく書いたものを、今年4月に加筆・修正したものです。
いつかちゃんとまとめよう…と思っていたその作業、ようやくできました。
なぜこのタイミングかは自分でもわかりませんが、
命について考えさせられる事件の報道が続いたからかもしれません。


a0231828_15292950.jpg


2005年、「上腸間膜動脈症候群(SMA症候群)」という、
比較的めずらしい病気で、長期入院、手術をしました。

痛みに苦しむも診断がつかなかった3ヶ月、
治療となかなか向き合えなかった2ヶ月、
手術と合併症の2ヶ月…、

現在、私が取材者として、情報の伝え手として、
“医療”と向き合うとき、
そのベースにあるのは、このときの患者としての経験です。

ご興味あれば、お読みください。


いま人生で最も健康であることに感謝して
医療キャスター 森 まどか


----------

闘病記① プロローグ、第1章 はじまり
闘病記② 第2章 診断
闘病記③ 第3章 転落のごとく
闘病記④ 第4章 迷い~何が“最善の治療”なのか~
闘病記⑤ 第5章 「フォアグラ療法」
闘病記⑥ 第6章 転院
闘病記⑦ 第7章 手術
闘病記⑧ 第8章 回復の階段
闘病記⑨ 第9章 足踏み
闘病記⑪ あとがき

by mori-mado | 2014-08-06 15:26 | 患者として医療を考える | Comments(0)

花粉症とたたかえ!2014

花粉症で鼻、目、くしゃみに加えて、喉の擦れるような痛み&止まらない咳。
とうとう声も“どこの世界の人…???”という感じに怪しくなってきたので、今年も病院へ。
診察室のドアを開けた瞬間、かかりつけのドクターに「花粉、始まった?」と言われました(;^ω^)
今年の花粉は少ないって言っていたのにねぇ…」
花粉症持ちのW先生も同じことを思っていたようです。

a0231828_20413438.jpg

マスクの下で鼻水が止まりません。嗚呼。。。

そんな中、新聞販売店さんのこの心遣いにビックリ♡
どこでもやってくれているサービスなのでしょうか?

a0231828_20431957.jpg

「効果の程はわかりませんが…、
つらい皆さんのお役に少しでも立てるとよいのですが…」という文章に、
このサービスを思いついた方のお人柄が表れています♡

by mori-mado | 2014-03-11 16:40 | 患者として医療を考える | Comments(0)

あと1歩! 副鼻腔炎(-_-;)

病院通い、3週目…。
鼻と痰の症状はようやく改善しましたが、ひどい顔面痛と頭痛が治まらず(-_-;)
副鼻腔のCT撮影をしました。
a0231828_23524755.jpg

「心配なことになっていなくてよかった。左側があと1週間くらいで治るかな」と、かかりつけドクター。
処置をしていただき、のみぐすりも1種類だけに減り、
信頼するドクターの丁寧&わかりやすい説明で、“安心♪”をもらって帰りました。

喉には細心の注意を払っているつもりですが、鼻で声をおかしくするとは!
花粉症デビュー以来、どうも粘膜系があまり強くないようです(涙)

by mori-mado | 2012-07-25 23:51 | 患者として医療を考える | Comments(0)

花粉症の春に泣く(涙)

新年度を迎え、例年より遅れてソメイヨシノも開花し、
いよいよホントの春がやってきました♪
希望にあふれた季節は、新1年生、新社会人でなくても、なんだかワクワクします♪♫
a0231828_22465344.jpg

と思ったら、花粉症ビギナーの私、
症状が急激に悪化して辛い春となっております。

鼻だけではなく、呼吸が苦しくなり、咳が出て、全身が痒くなる…
なにかに猛烈にアレルギー反応を起こしているようで、
点鼻薬、鼻うがい、吸入、内服薬、注射、マスク…etc.
あらゆる手段を使っていますが、思うような効果が出ていません。

花粉症って、こんなに辛いものなのですね(@_@) 嗚呼!!

さて、新年度を迎えレギュラー担当番組が変更になりました。
日曜 5:50~ 「サンデードクター」 YTV(読売テレビ10ch.)
月曜 18:00~ 「デイリーよこはま」 JCNよこはま
木曜 6:00~ 「アサカツ通信」 東海ラジオ(1332kHz)
各放送日にお目に&お耳にかかりましょう♪
「医心伝心」「ボイス~医療の扉をノックする~」などは、
引き続き、医療福祉eチャンネルで配信中。

今年度もどうぞよろしくお願いいたします!

by mori-mado | 2012-04-04 23:08 | 患者として医療を考える | Comments(0)

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム