Woman.excite

カテゴリ:医療キャスターのおしごと( 165 )

ラジオ初め2013

きょうはラジオのお仕事♪
1月から新たに担当させていただいているラジオ番組、「ギュッと健康エッセンス」♪♪
東京・田園調布のHKCスタジオからお届けしている番組では、
同世代以上のみなさんがとくに気になる病気のお話や健康生活に役立つ情報と、
番組からのお知らせ、時には、私のリラックス法や趣味のランニングなどについてもお話することも。
a0231828_104318100.jpg

ラジオ日本(RF)、札幌テレビ放送(STV)、岩手放送(IBC)、山形放送(YBC)、
東北放送(TBC)、山梨放送(YBS)、東海ラジオ、ラジオ大阪(OBC)、山口放送(KRY)、
九州朝日放送(KBC)、長崎放送(NBC)、ラジオ沖縄(ROK)の全国12地域の放送局と、
コミュニティFM局のFMサルース、かつしかFMで、ON AIR♪

放送スケジュールは各局の番組表でご確認ください(^o^)丿

by mori-mado | 2013-01-09 18:33 | 医療キャスターのおしごと | Comments(0)

市民のための心臓病予防イベント♪

市民のための心臓病予防イベント「Healthy Heart Osaka~心臓病で命を落とさないために~」で、
今年も司会を務めさせていただきました。

日本人の死亡原因2位の心臓病。
昨日までバリバリ働いていた人が、ある日突然に心臓発作で倒れてしまう・・・
それは決して遠い世界の出来事ではなく、家族や親しい友人に起こる可能性だってあるのです。
だからこそ、“心臓病で命を落とさないために私たちのできることを知っておきましょう”という目的で、
このイベントは昨年から開催されています。

まずは、大阪警察病院心臓センターの上田恭敬先生から、
心臓病の現状、原因のひとつである「動脈硬化」と その予防についてお話がありました。

動脈硬化は自覚症状がないため、自分では気がつかないまま進行します。
その恐ろしさは「サイレント・キラー(静かなる殺し屋)」と言われているほど。
動脈硬化の大きな原因となっているのが、コレステロール値の異常で、
LDL(悪玉)コレステロールの値が高い状態が続くと、
血管が狭くなったり、弾力を失ったりという動脈硬化を引き起こし、
血液の流れが悪くなり、さらには血管が詰まり、血流が途絶えることで心臓や脳に症状が起こります。

つまり、予防するためにはコレステロール値をきちんと管理することがたいせつ!
健康診断を定期的に受け、もしコレステロール値や血圧に異常があれば医療機関を受診し、
生活習慣の改善とともに、必要あれば治療をきちんと受けましょう。これをぜひ覚えておいてください♪

気になる人は、こちらもチェック!
会場には、LDL(悪玉)とHDL(善玉)のキャラクターも登場しました。
a0231828_22463032.jpg


さて、みなさん、これ ↓ を見たことがありますか?
a0231828_2241175.jpg

「AED」。目の前で誰かが心臓発作で倒れた、そんな一刻を争うときに
このAEDを正しく使うことによって、命を救える確率が上がることがあります。

でも、「見たことはあるけれど、使い方はわからない…」という人が多いかもしれませんね。
イベントでは、関西医科大学附属枚方病院の岩坂潤二先生に、AEDの使い方も教えていただきました。

そして、最後はトークセッション♪ バルセロナオリンピック シンクロナイズドスイミングの銅メダリスト、
現在はスポーツキャスターやコメンテーターとして活躍されている奥野史子さんをお迎えし、
毎日の生活の中でできる健康法や、2人ともオリンピックメダリストであるご夫婦のライフスタイルなど、
楽しく爽やかなトークセッションをお届けしました~♪♫
a0231828_22364852.jpg

(右から、岩坂先生、奥野さん、上田先生、私)

知っておいてほしいことをギュギュッと詰めた1時間半。
会場の皆さんの、ウンウンうなづいたり、熱心にメモを取っている姿が印象的でした♪

by mori-mado | 2012-12-08 23:57 | 医療キャスターのおしごと | Comments(0)

ラジオ収録♪

1月からラジオ番組を担当させていただくことになりました。
初回の収録で田園調布にあるHKCスタジオへ。
a0231828_21481878.jpg

アサカツ通信」でお世話になったスタジオなので、“ただいま♪”という気持ちもあり、
新しいお仕事なのでピリっとした緊張感もあり…。

詳細は1月になったらお知らせいたしますが、
北海道、秋田、仙台、東京、山梨、名古屋、大阪、福岡、沖縄…など
10局くらいで放送しているそうなので、
多くの地域のみなさまにお聴きいただけると思います♪

収録、楽しかった―ヽ(^。^)ノ

by mori-mado | 2012-12-05 21:57 | 医療キャスターのおしごと | Comments(2)

キレイをアップ in 群馬

がん検診啓発セミナー「キレイをアップ ~キレイのために知っておきたい“がん”のあれこれ~」が、
群馬県前橋市で開催され、司会を担当させていただきました。
a0231828_2258156.jpg

会場が結婚式場とあり、いただいた控室も“Bride's Room”、そう、花嫁さんのお支度部屋♪
広いし、雰囲気のある調度品の置かれたとても素敵なお部屋でした。

プログラムの最初は、オスカープロモーションで10年以上モデルやタレントを指導してきた、
園田美香さんによる「実践! 女性のキレイ、立ち居振る舞いの極意」。
美しい立ち方、歩き方、相手を魅了する笑顔など、
すぐに役立つ“キレイ”をアップするためのヒントを、実践を交えて教えていただきました。
一緒にやってみましたが、“まっすぐ美しく立つ”という最初のstepも、
意外とできていないことがわかります(>_<) コツ、しっかり教わってまいりました。

園田さんもおっしゃっていましたが、ココロとカラダが健康であってこその“キレイ”♪
つづいてのプログラムは、健康でありつづけるためにも受けていただきたい「がん検診」について、
公益財団法人がん研究会 理事の土屋了介先生とのトークセッション。
“がんって?”“なぜ、がんになるの?”という基本のお話から、がんから身を守るための具体的な方法まで、
とてもわかりやすく、やさしい笑顔で教えてくださいました。

「がんは高齢者の病気!」とか「うちは“がん家系”じゃないから大丈夫!」などと思っていたりしませんか?
とくに女性は年代によって気をつけたいがんの種類が変わってきます。
子宮頸がんは20代~、乳がんは30代、40代~増えているので、若い世代も他人事ではありません。

胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、子宮(頸)がんの検診は、
国の法律に基づく健康増進事業として、40歳以上(子宮頸がんは20歳以上)を対象に、
お住まいの市区町村でおこなっています。
自分のために、たいせつなひとのために、ぜひ「がん検診」を受けてくださいね♪♪

この日のトークの詳しい内容は、11月25日(日)の上毛新聞に掲載される予定です。

秋田奈良、群馬と3ヶ所で「がん検診啓発セミナー」でお仕事をさせていただき、
輝いている魅力的な人ほど、自分の健康に関心を持ち、実際に行動しているなぁ♪と、実感しました。
ひとりでも多くの人に、「がん検診」をはじめとする健康管理のたいせつさが伝わっていることを願っています。

by mori-mado | 2012-10-29 22:40 | 医療キャスターのおしごと | Comments(0)

大阪ロケへgo!

1泊分の荷物と2回分の衣裳が入ったキャリーケースをガラガラ引いて、新幹線のホームへ。
いまや全くめずらしくない「N700系」なのに、この表記を見るとなんだか嬉しくなってしまうのは、なぜ?
“撮り鉄”ゴコロをくすぐられて、つい携帯電話でカシャッ(-_-;)
a0231828_23104841.jpg

夕方から「サンデードクター」のロケがあり、大阪へgo!
ここのところ心身ともに酷使しているので、ランチは牛肉弁当を買ってみました。
a0231828_23172744.jpg

新横浜で食べ終わり、名古屋までぐっすり眠って、それから慌てて台本をチェックしたりして、
あっという間に新大阪に到着…という、いつものパターン♪
環状線の森ノ宮駅からすぐの「大阪府立成人病センター」へ向かいます。

病院の外や廊下で私ひとりのコメントを撮ったあと、2人のドクターとの対談をそれぞれ収録。
歴代院長のお写真がずらり並ぶお部屋に、
昭和34年にわが国最初の成人病センターとして設立されたこの病院の歴史を感じました。

準備中の制作スタッフのみなさんが忙しくしているところを、隠し撮り(^^;)
この回は、内容があまりに難しかったので、CGに加えて久しぶりに“手元フリップ”が登場!
CG全盛ですが、イラストを指さしながらの説明はやっぱりわかりやすいです♪
a0231828_23393222.jpg

前半に収録したテーマは「白血病」で、2週連続でお届け。
まずは、11月11日(日) あさ5:50~ 「治療が劇的に変わった! 慢性骨髄性白血病のいま!」と題し、
大阪府立成人病センター 血液・化学療法科 部長 石川淳先生にお話いただいています。
関西圏のみなさん、10ch. ytv(讀賣テレビ)でお会いしましょう♪

by mori-mado | 2012-10-25 23:04 | 医療キャスターのおしごと | Comments(0)

2013年はこの顔で♪

所属事務所の名鑑が毎年1月に新しくなるので、2013年用のプロフィール写真の撮影をしてきました。
前回から1年半が経過し、髪も少し短くなっているので…。

ヘアメイクは、いつもお世話になっている「Make Code」の桂木紗都美さん。
7、8年のおつきあいで、私の姿カタチだけでなく、性格まで知り尽くしている紗都美ちゃんに、
どんなイメージで撮るか、じっくり相談に乗ってもらいました♪
2013のイメージテーマは…、さて、なんだったでしょう(笑)???

撮影は、毎年お世話になっている「GADPA」で、昨年に続き、小池博さんにお願いしました。
a0231828_22353031.jpg

↑ これは終了してからの余裕の笑みですが、撮影中はカチンコチン(>_<;)
スチール写真の撮影はTV収録とは似て非なるもので、動きを止めた瞬間に、ド・緊張します!
小池さんがあの手この手でリラックスさせてくれたおかげで、なんとか無事に撮り終えました。

2013年の顔は、こ~んな感じ♪ あ、実際は頭も全部写っていますが(^^;)
a0231828_22412451.jpg

a0231828_2241659.jpg

別パターンで、カジュアルスタイルとスーツスタイルも撮影。用途によって使い分ける予定です。

お仕事の入口ともいえるプロフィール写真。おかげさまで、よいご縁に恵まれていることに感謝♪
新しい写真で心機一転、またがんばりまーす(^o^)丿

by mori-mado | 2012-10-17 23:19 | 医療キャスターのおしごと | Comments(0)

がん検診を受けよう!奈良県民大会

10月10日は、「奈良県がんと向き合う日」♪
県民のがんによる死亡を減らすことと、がん検診の受診率50%達成をめざして、
奈良県では「がん検診を受けよう」県民会議が発足。
その記念フォーラムである「がん検診を受けよう!」奈良県民大会が開かれ、
元・プロテニスプレーヤーの杉山愛さん、がん研究会理事の土屋了介先生とともに、
がん検診や健康管理についてのトークセッションに出演♪ 進行役を務めてまいりました。

奈良といえば、このお方、「せんとくん」ヽ(^。^)ノ
京都から奈良へ向かう近鉄電車の入口で、さっそくお出迎えいただき、ちょっと感動。
a0231828_21305483.jpg

会場では“ホンモノ”のせんとくんとお会いすることができ、
廊下で会ったカレのつぶらな瞳と、一生懸命手を振ってくれる姿に、ドキュン♥
意外にもかわいらしいせんとくんに、ハートを奪われました。

そして、奈良といえば、このお方もヽ(^。^)ノ そう、大仏様です♪
奈良名物 まほろば大仏プリン本舗の「大仏プリン」を、スタッフさんが控室に差し入れて下さいました。
かわいい♪♪
a0231828_2148054.jpg

卵の味とやさしい甘さが美味しい、なめらかなカスタードプリン。
なんといっても「大仏プリン」ですから、ありがた~くいただきました。いいことあるかな?

と、本番前から奈良を満喫していますが、お仕事ももちろんがんばってまいりました♪

土屋先生とは「教えて!がん検診」と題し、がんの早期発見のために知っておきたい基本のお話を、
その後、杉山愛さんに加わっていただき「プロフェッショナルのボディメンテナンス」をテーマに、
世界を舞台に活躍されていた杉山さんが、トップアスリートとしてどんな体づくりをしていたか、
食事や、カラダとココロの健康管理法、リラックス法などについて、たっぷり伺いました。
a0231828_2263351.jpg

杉山さん、爽やか~♪ 笑顔いっぱいで太陽のようです。
現役時代、常にベストな状態で試合に臨むため、体と心としっかり向き合い、自分自身と対話していたそうで、
17歳でプロに転向してからずっと活躍してきた彼女の健康管理術は見事、まさにプロフェッショナルです。
トークを楽しく進める中で、刺激を受けたり、勉強になったり、とても充実した時間となりました。
杉山さん、土屋先生、ありがとうございました。

★このトークセッションのくわしい内容は、11月4日の奈良新聞紙面に掲載されるそうです。

by mori-mado | 2012-10-10 23:07 | 医療キャスターのおしごと | Comments(0)

美力アップセミナー in 秋田大学

“1人でも多くの人に「がん検診」の大切さを知ってもらい、「がん検診」を受けてもらいたい”、
そんな願いをこめたイベントが、秋田県秋田魁新報社アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)の
主催でおこなわれ、司会を担当させていただきました。 「美力アップセミナー in 秋田大学」♪
a0231828_23315092.jpg

がんは高齢者の病気だと思われがちですが、若い世代が気をつけなければいけないがんもあります。
だから、“20歳前後の人たちにも「がん検診」についてもっと知ってもらいたい”。
大学のキャンパスを会場にし、同世代に絶大な支持を集めるBENIさんをトークゲストにお招きしたのも、
主催者の方たちのそんな思いがあったからだと思います。

大成功♪♪ 250人が入るホールは、20代を中心に女の子たちがギッシリ。
制服を着た女子高校生もお母さんと来ていたり、関心を持ってほしい世代のみなさんが集まってくれました。

私は、がん研究会理事の土屋了介先生、地元 秋田大学附属病院の熊澤由紀代先生、BENIさんと、
それぞれトークをさせていただきましたが、共通のテーマは、美の基本は健康から! ということ。
がん診療の最前線にいる土屋先生や、産婦人科と女性外来で活躍する熊澤先生はもちろんのこと、
BENIさんも健康管理についてとても意識が高い!
睡眠時間をきちんと取るようにし、走ったり、ヨガ、ボクシング(!)などの運動をするとともに、
子宮頸がんをはじめとするがん検診をきちんと受け、友人にも声をかけているとのこと。
ほかにも、ココロのリフレッシュ法やスタイルキープの秘訣、さらにファッションの話まで、
ご自身のエピソードを交えてたくさんお話してくださいました。
それにしても、キラキラ輝いてとっても素敵♪ まさに「美力」の持ち主です♪♪

お2人のドクターからは、がんとがん検診について、わかりやすくお話いただきました。
土屋先生とは以前番組でご一緒させていただいているので、安心してトークを進められましたし、
熊澤先生はほぼ同じ世代の女性同士、控室から話が弾み、本番も楽しく女性の健康について伺えました。
a0231828_024344.jpg

本番終了後に、土屋先生&熊澤先生と♪
会場のみなさんが真剣に聴いてくださったことが、とても嬉しかったです。

セミナーの最後には、秋田県のがん対策室の金子治生室長から、県内の状況などをお話いただきました。
秋田県のがん検診受診率は20%~30%台、
全国平均より少し高いものの、3人に1人も受けていない現状とのこと。めざせ50%!
今回のセミナーがきっかけで、多くの人が「がん検診」を定期的に受けるようになることを、私も願っています。

医療についてダイレクトにお伝えできる場は、医療キャスターとしてとてもやりがいを感じます。
このような機会をいただいたことに今日も感謝♪ 関係者のみなさま、ありがとうございました。

★このセミナーのようすは10月28日の秋田魁新聞紙面に掲載されるそうです。

by mori-mado | 2012-10-05 08:23 | 医療キャスターのおしごと | Comments(0)

医療の隙間を埋める

がん哲学外来市民学会」の記念すべき第1回大会が長野県佐久市で開かれ、
総合司会を担当してまいりました。
a0231828_23325174.jpg

「がん哲学外来」は、がん患者とその家族が生きることの根源的な意味について語れる“対話”の場で、
「がんであっても笑顔を取り戻し、その人生を生ききることが出来るように支援したい」と願う
順天堂大学医学部の樋野興夫教授が、2008年に順天堂医院で立ち上げました。

患者さんや家族の安心につながるこの対話の場を望む声は、全国から寄せられ、
樋野教授と各地の病院が連携しながら、「がん哲学外来」が少しずつ広がりをみせています。

さらに、「街角にもっと、がん患者さんががんについて気軽に語り合う場があれば、
“医療の隙間”を埋めることができるのではないか」と、
樋野教授が中心となって、“市民”をコーディネーターに養成するプログラムを開始し、
今年1月に学会が設立され、第1回大会が開催されるまでに至ったのです。
a0231828_01578.jpg

冷たい雨が降る中でも大勢が参加し、450人入る会場はほぼ満席。
各地の「がん哲学外来」の活動報告、
「医療の隙間を埋める~がん哲学外来の使命~」と題したパネルディスカッション、
元NHKアナウンサーで軽井沢朗読館の青木裕子館長による絵本の朗読、
ノンフィクション作家の柳田邦男さんによる特別講演など、充実したプログラムとなりました。

私もこの学会の世話人の1人。
市民のムーブメントとして、がん患者や家族をサポートしていくための学会が立ち上がったことは
画期的、かつ大きな1歩であり、これから長寿社会を生きる私たちにとって心強いことだと思っています。
そんなことを思いつつ、ステージの袖でプログラムを聴いていました。
a0231828_093385.jpg

“2人に1人ががんになる”“がんは国民病”といわれている現在の日本では、
がんはもはや特別な病気ではないかもしれません。
それでも、いまだ本人や家族ががんを受け入れて向き合うまでには時間を要し、
精神的なダメージが大きいという厳しい現実があります。
私もがん患者の家族です。家族ががんと診断されたとき、
本人を含め家族中が「がん」の圧倒的なプレッシャーに負けそうになったあの感覚は、
いまでも忘れられません。

一方、日々医療取材をする中で、
検査や治療の機器や技術は10年20年前とは比較にならないほど進歩し、
“がん=不治の病”ではなく、コントロールしながら生活できる時代であるということも知りました。

ならば、がんに対する先入観から自らを解放し、がんとうまくつきあっていくことが
今後私たちにとって大切になるのではないでしょうか。

1人1人のがんに対する感覚が変わることで、がんに対する社会の常識が変わります。
悲しみや苦しみの対象としてだけではなく、「穏やかに」がんを語り合える社会が実現してこそ、
自分自身が、家族が、友人が、知らない誰かが、もしがんで悩んだときでも
落ち着いて考え、向き合っていくことができるはずです。

きれいごとかもしれない…、でも、そんな期待をこめて、この市民学会が発展していくことを願っています。
来年、東海大学医学部の安藤潔教授が大会長となり、東京か横浜で第2回大会が開催される予定です。

by mori-mado | 2012-09-23 23:29 | 医療キャスターのおしごと | Comments(0)

「がんを知る展」in東京ミッドタウン

今日と明日、ミッドタウンのアトリウムで「がんを知る展」を開催♪
見て、聞いて、触れて、ぜひ、がんのいまを知ってください。
a0231828_7215525.jpg

肺、肝臓、胃、大腸、乳、子宮、前立腺の7部位のがんの検査や治療情報満載です。
アフラックと、創立50周年を迎えた国立がん研究センターの共催でお届けします。

by mori-mado | 2012-09-15 07:23 | 医療キャスターのおしごと | Comments(0)

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム