Woman.excite

「AYA世代」のがん ~わたしたちにできること。

神様はいるのだろうか…と思うほど衝撃を受けたニュース。

日々進歩する医療の力を信じ、心より回復を祈るのみです。

 

18歳、未来に向かって夢を追いかける時期。

白血病と診断されたことを公表した池江璃花子選手、

そして日本中、世界中に、

ティーンエイジャーや若い世代でもがんとたたかっている人たちがいます。


わたしたちがもっとそれを知り、社会全体で支えていけるように、

以前「がんQ&A(テレ玉)」のインタビューで

埼玉県立がんセンター血液内科の川村眞智子先生に伺ったことを改めて書きます。


a0231828_13215309.jpg


50代頃から増えていく高齢期のがんや

「小児がん(15歳未満のがんの総称)」ともまたちがった特徴を持つ

思春期~若年成人のがんがあり、

これを「AYA(アヤ)世代」のがんと呼びます。

高齢期のがんは胃がんや肺がんなどが多いですが、

この世代に多いのは白血病やリンパ腫などの“血液がん”や“肉腫”など。

その種類は非常に多く、あらわれる症状も様々で、

年齢的に最初から「がん」を疑わないことで

発見が遅れる原因となることもあるそうです。

数が少ないため、小児科や高齢期のがんを診療、研究する医師にくらべて

専門家の数が少ないというのも、

この世代のがんの難しさだといいます。

近年、国も「AYA世代」のがん対策を推進する必要があると、

取り組みをはじめました。

“治療”ももちろんですが、川村先生が「とても大切」と強調するのは、

“療養環境”をサポートする体制の整備。

身体的にも精神的にも発育途中の年代なので、

治療環境は高齢のがん患者さんと大きく異なります。

学校、進学、就職、友達、きょうだい、

薬による肥満や脱毛など思春期における容姿の変貌…など、

この世代に特有の問題を少しでも解決していくためにも、

医師、看護師、臨床心理士に思春期や若年成人を専門とする人が

増えていくことが望まれています。

また、教育支援を始めとした環境の整備は、

治療効果にも影響があると、川村先生。

将来の希望を失わないことや、学校や友達とつながって復学をめざすことは、

病気克服の目標となると言います。

しかし、現在、義務教育ではない高校生の支援体制はまだ不十分で、

出席日数や単位が不足し、学校生活を続けられなくなるケースも少なくないそうです。

この解決には学校や都道府県の理解が必要です。

10代、20代…、治療後もつづいていく長い人生の、

方向を決める重要な時期だからこそ、

“病気を治すだけ”ではない治療をしなければならないと、

AYA世代」の患者さんたちと共にがんとたたかっている川村先生は

くりかえしていました。

池江璃花子選手への応援の気持ちから

「何か自分にもできることはないか」と感じた人も多いと思います。

AYA(アヤ)世代」のがんを知ること、

この世代特有の問題と課題を知り、社会全体で共有していくこと、

支援体制が整うよう身近なところから働きかけていくこと、

それもわたしたちにできることだと思い、

わたしもまずできることを。…と思って書きました。



by mori-mado | 2019-02-13 13:08 | 医療キャスターのおしごと | Comments(0)

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム