Woman.excite

輝け!未来のアスリート

司会を務めている、
東京都のスポーツ教育推進事業「輝け!未来のアスリート」。

a0231828_19043371.jpg

今回は女子バレーボールの元全日本代表、
北京オリンピックに出場した狩野美雪さんが、東京都立中央ろう学校を訪問。
子どものころはサッカーをやっていて、中学になってバレーボールを始めたという狩野さん。
中学高校時代は“背が高いだけで自分はできない”という気持ちが強く、
ご本人曰く“エリートではない”選手人生を送ってきたそう。

「オリンピックに出る人は決して最初から特別な人ばかりではない。
山に登るスピードやコースはそれぞれでいい。
登った山の先に同じ景色を見ることができるから、
あきらめずに自分の山の頂上をめざして努力し続けてほしい」

と、中高校生にエールを贈っていました。

現在はデフバレーボール(聴覚障がい者のバレーボール)の女子日本代表監督を務める狩野さん。

「監督となって初めてデフバレーボールや聴覚障がいのある人と出会いましたが、
何も特別なことはなかった。
手話通訳の人が理解しやすい言葉を選んだり、ゆっくり話したりすることは、
手が誰であっても心がけるべき配慮で、だから特別難しく考える必要ないんだと知りました」

コミュニケーションがうまくとれているからこそ、
デフリンピックで金メダルを獲得できる強いチームにまとめることができたのでしょう。

今日の中高校生たちもみるみる上達していたし、
ボールを落とさない!という強い気持ちがみなさんから伝わってきました。


右上の写真は久々に通った下高井戸の駅前商店街。
以前と変わらない雰囲気に懐かしくなりました。

by mori-mado | 2018-08-29 17:56 | morimado的日常 | Comments(0)

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム