Woman.excite

「東レ先端材料展」レポート①

3月の「日本再生医療学会」の市民公開講座でコーディネーターをして以来関心が高まり、
「東レ先端材料シンポジウム」にて理化学研究所・高橋政代先生の講演を拝聴。

a0231828_21425924.jpg


高橋先生の言葉を借りれば“世界中ができっこないと思っていた”ips細胞を使った網膜移植を
「必ずできる」と信じ、その未来ビジョンから遡って
やるべきことを進めてきた&進めている研究姿勢は、本人曰く「せっかち」。

先手先手で環境を整えるのは、
日本人の国民性までを考えてのことだそうです。

そして何より強調された
「再生医療は患者さんのケアまでやって初めて完成する」
という言葉が響きました。

技術が結果ではなく、
新しい医療とそれを受ける患者さんがこの社会の中で

どう理解を得るか、
どう存在するか、
どう価値を創造するか、

までをしっかり見据えたビジョン。

冷静かつクリアな頭脳と行動で一筋ずつ実現しているところが
本当にすごいなと思いました。

by mori-mado | 2016-10-06 17:40 | 医療キャスターのおしごと | Comments(0)

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム