Woman.excite

がんQ&A 抗がん剤治療の進歩

テレ玉がんQ&A」第5回の放送でした。
今回のテーマは「ここまで進歩したがん医療2」、抗がん剤について伺いました。

抗がん剤というと“苦しい治療”というイメージがありますが、
この10年で副作用を抑える薬、とくに吐き気を抑える薬が劇的に進歩し、
かなりの割合で患者さんの吐き気をコントロールできるようになったそうです。

a0231828_22245124.jpg
(写真は放送画面のスクリーンショット。出演は酒井洋先生、スタジオは椿姫彩菜さん、山田香菜子アナウンサー)


また、がん細胞にある特定の遺伝子やたんぱく質に働きかけて
がんを狙い打つ「分子標的薬」の登場で、
副作用をなるべく少なく、かつ効果を高くという治療が可能になったことや、
あらかじめ遺伝子を調べて各々の薬剤に効果のありそうな人を選別できるようになったことも、
非常に大きな進歩だと、埼玉県立がんセンター呼吸器内科の酒井洋先生は話します。

薬剤の進歩と環境の進歩で、最近では多くの施設で抗がん剤治療を“通院”で行えるようになり、
仕事や家事と両立している方もたくさんいるそうです。

病気はご本人たちにとって苦しい局面が多いと思うので、
それですべてが解決しているとは言えませんが、
少しずつでも負担が少なくなり、安心してがん治療を継続できるようになっている、
現在の医療の進歩についてご紹介しました。

次回は10月28日の放送。日本人女性にいちばん多い「乳がん」についてお送りします。

by mori-mado | 2014-09-30 22:31 | 医療キャスターのおしごと | Comments(0)

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム