Woman.excite

帰京前に京を味わう

東京に住む私からすると“いかにも京都らしい”と感じる、
しっとり落ち着いた雰囲気の「花見小路」界隈。

a0231828_12002006.jpg


土用の丑の日近し…ということで、
東京に帰る前に、
京都の叔父叔母と、その友人で私も長くお付き合いいただいている母娘と、
西花見小路にある「祇をん う桶屋「う」」で、鰻をいただきました。

a0231828_12031832.jpg


5人分の鰻が杉桶に入って出てきて、びっくり。これが「う桶」。
祇園のお茶屋さんや、歌舞伎の楽屋見舞いに、この桶を持っていくそうです。

a0231828_12051542.jpg

a0231828_12045639.jpg


鰻は関東流の焼き方。
ご飯にはあらかじめタレが混ぜ込んでありました。冷めても美味しいようにという工夫だそう。
このご飯の上に鰻を1尾、最初だけお店の方が1人前ずつ取り分けてくれます。

a0231828_12101011.jpg

もう1回ずつ取り分けて、ちょうど5人前。
飽きもこず、お腹いっぱいになるくらいのボリュームです。
身がふっくら、タレも甘すぎず濃すぎずの程よいお味で、
とてもとても美味しい鰻でした。
固めに炊いたご飯はタレが染みても1粒1粒がしっかり。鰻の存在に負けていません。
「ミシュランガイド」で1つ星を獲得したそうで、
確かに、外国人の方も興奮しそうな、圧巻の「う桶」でした!



食後は三条の「イノダコーヒー」へ。
ここもまた京都ならではのコーヒーの老舗です。

a0231828_12183155.jpg


ミルクとお砂糖が入るのがイノダコーヒーのスタンダードですが、
鰻をいただいた後だったので、ブラックで。
まろやかな苦味とわずかな酸味が絶妙で、食後に口と胃がすっきりしました。

a0231828_12215208.jpg



美味しく楽しい時間をゆっくり過ごして、京都駅へ。
ヘビーローテーションの相棒RIMOWAとともに、東京へ帰ります。

a0231828_12252525.jpg

訪れる土地の味には、その土地ならではのストーリーがあります。
それが食文化。
出張が多いこの頃、各地の文化に五感で触れられることは楽しみであり、感謝です♡

by mori-mado | 2014-07-28 12:41 | 美味しいものたち | Comments(0)

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム