Woman.excite

これからの日本の医療

“これからの医療福祉のあり方を考える”をテーマに、
医療福祉業界関係者を対象に定期的に開催しているセミナーで、
先日、元・厚生労働事務次官で、東京大学高齢社会総合研究機構特任教授の
辻 哲夫さんのお話を伺いました。この日は司会のお手伝い。

世界に例のないスピードで高齢化が進んでいる日本で、首都圏に75歳以上が激増するのはまもなく。
救命、延命を軸として発展した“病院医療”を中心に進められてきた日本は、
「治す医療」から「治して、生活を支える医療」への方向転換を求められていると、辻さんは強調します。
つまり、これまで以上に、自宅をベースに、夜間早朝も含め必要なときに十分な医療介護サービスを
安心して受けられる環境を整えることが重要だということ。

その具体例として、これまで病院が担ってきた役割を“地域”で担うことをめざした、
千葉県柏市の「柏プロジェクト」についてご紹介いただきました。

これは、柏市の豊四季台団地を中心とする豊四季台地域において、
「柏市」「東京大学高齢社会総合研究機構」「UR都市機構」の3者で協力しておこなう、
“長寿社会に向けたまちづくり”プロジェクトです。

診療所、訪問看護ステーション、ケアマネジャー、介護サービス事業者、薬剤師、歯科医師、管理栄養士…etc.の
多職種が連携することで可能になった柏市の在宅医療を支えるシステム。
鍵を握ったのは医師会と市役所で、両者がコーディネーターとなって、
病院から自宅に戻るとき、自宅で介護が必要になったときの医療・介護サービスを、
確実に提供できる体制を作り上げ、まもなく稼働するそうです。

この新しいモデルには、医師を始めとする専門職の意識改革とモチベーション、
サービスを受ける住民の意識改革が必要。
柏市でも3年以上かけて取り組んでいるそうです。

柏市に限らず、都市部では特に、いま真剣に医療・介護サービス体制について考えなければ、
団塊の世代が後期高齢者となる2025年を乗り切ることは難しい。
これからの医療・介護政策の方向性に私たちの未来がかかっているのです!

12、3年前、スカパー!「医療福祉チャンネル774」の開局当時に、
当時審議官だった辻さんと医療制度改革の特別番組で共演させていただきました。
時を経て、またご一緒する機会をいただいたことに感謝。今回も多くのことを学ばせていただきました。
柏プロジェクトが本格始動したときには、ぜひ取材に伺いたいと思います♪

by mori-mado | 2013-07-02 23:58 | 医療キャスターのおしごと | Comments(0)

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム