Woman.excite

参拝のあとは♪ (Vol.4)

お伊勢参りのあとは、三重に住む元・同僚のIクン&奥様のTちゃんと合流。
名物「てこね寿司」をいただき、2人のナビゲートで門前町をぷらぷらと散策。
a0231828_17315889.jpg

この日から大型連休がはじまるとあって、どこへ行っても人、人、人の賑わいです。

Tちゃんお薦めの「白鷹 三宅商店」は、伊勢神宮に供えられる御料酒「白鷹」を販売しているお店。
a0231828_17434454.jpg

カウンターでお酒を立ち飲みできるということで、Iクン以外のお酒愛好家3人、もちろんいただきます♪
私が選んだのは、「にごり酒 伊勢詣で しろき」。御料酒に選ばれているものとはちがいますが…。
a0231828_1743054.jpg

ふくよかで、ほんのり甘味があって、でも後味はすっきりしているお酒でした。
グラス1杯200円。お酒の味を引き立てる「岩戸の塩」もサービスでついてきます。

門前町を離れて少し歩き、今度は「猿田彦神社」を参拝。
“みちひらきの大神”、つまり、人生の道を最も善い方向へ開いてくださる神様です。
境内には「佐瑠女(さるめ)神社」もあり、こちらは芸能の祖神として崇敬されているそう。
私は、目標としている到達点まで“話す仕事”を長く続けられるよう、しっかりお参りし、お願いしました。

午後になって気温はさらに上昇した感じで、初夏を思わせる陽気です。
五十鈴川沿いをここちよく散歩しながら、少々早いおやつに、川沿いの「赤福」へ。
a0231828_1414100.jpg

絶えず行列ができている本店と比べて、ここ五十鈴川店は“穴場”なのだと、Tちゃんが教えてくれました。
たしかに、待つことなくお店へ入り、念願の「夏季限定 赤福氷」をいただくことができました♪
a0231828_184581.jpg

抹茶蜜のかかったかき氷の中に、「赤福」らしく、こし餡とお餅が入っています。
この餡と餅は、「赤福餅」そのものではなく、冷たい氷になじむよう特製なんだとか。
今シーズン初のかき氷は、数日前に販売開始となった「赤福氷」となりました。美味しい♪♪
2人で半分コがちょうどよいボリュームです。

ちなみに、お店でいただく「赤福餅」はこちら。お餅3個とお番茶がセットになった「盆」。
a0231828_1152398.jpg

やわらかくも腰のあるお餅と、甘すぎない餡。
長く愛され、私も子どもの頃からお土産菓子として親しんできた、定番の美味しさです。

お参りして、歩いて、食べて、歩いて、また食べて、お参りして…。
伊勢をだいぶ味わったので、今度は車に乗って20分。二見浦の海岸に案内してもらいました。
海岸にある「二見興玉神社」は良縁の神様として知られています。
a0231828_1221575.jpg

4人(2組)とも夫婦のご縁はいただいているので、絆が長く続くよう「夫婦岩」をお参り。
ここは日の出が美しいことでも有名で、
2つの岩の間に太陽が昇り、お天気が良ければその上に小さく富士山が見えるのだそうです。

朝から楽しんだ伊勢巡りも終盤。
松阪経由で、松阪牛の卸販売のお店に寄り道し、Tちゃんイチオシの揚げたて松阪牛コロッケ(←絶品!)をつまみ、
Iクン夫妻の自宅近くの津駅まで送ってもらいました。Iクン&Tちゃん、お世話になりました。感謝♪♪

最後は、名古屋駅でみつけた地ビール。その名も「金しゃちビール」!
a0231828_1304295.jpg

旅の余韻に浸りながら、帰りの新幹線車内で美味しくいただきました。

伊勢志摩+αを満喫した1泊2日旅♪
海に癒され、山に魅せられ、伊勢神宮や神社で力強いパワーをいただき、三重の豊かな食材を堪能し、
“おかげさま”で、ココロもお腹も満たされた素敵な旅となりました。 おしまい♥

by mori-mado | 2013-04-28 22:22 | morimado的日常 | Comments(2)

Commented by マドンナ at 2013-05-05 21:27 x
去年、私も三重県の石神さんに行ってきました。女性であれば願いを1つだけ叶えてくれるんですって。お願いした事が、叶うといいなーと思ってる毎日です。
Commented by mori-mado at 2013-05-20 23:40
>マドンナさま
石神さんのお話、案内してくれたTちゃんから私も聞きました。私は時間の都合で行けなくて残念でしたが、Tちゃんもお願い事をしたと言っていましたよ。
マドンナさんのお願い事、きっと叶いますよ♪早く叶うといいですね♪♪
woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム