アーカイブ

2017.04.01 O.A

d0378149_13264600.jpeg


.平戸祐介 (以下:H):さて、Stellaちゃんが先週で番組を卒業しまして・・今週からはどうなるの?と思っていた方も多いと思います。先週は4月からの放送の事を何も言わずに終わってしまいましたので・・実はね!新しいアシスタントの方に来ていただく事に決まりました!自己紹介をお願いします!

Emily Styler (以下:E):はい!新アシスタントのEmily Stylerです。よろしくお願いしまーす!

H:はーい!よろしくお願いします!41日の放送ですよ、今日!41日に新アシスタントのEmiliStylerが誕生しました!なんかね、嬉しいですね。

E:よろしくお願いします!

H:え~、実は番組スタート当初に1度ね、ゲストに来ていただいた事がありますよね?みなさん覚えていらっしゃいますでしょうか!4月からこの2人で平戸祐介Radio Monocreationをお送りしていきます。みなさん、よろしくお願いいたします!今週は新アシスタントのEmilyちゃんがどんな人物なのか改めてじっくりとお話しを伺っていきます。よろしくお願いしまーす!そして今週のファーストソングはですね、ロシアが生んだ文豪、トルストイの血をひくシンガーと言うことで一世を風靡しましたスウェーデンの人気ヴォーカリスト、の約5年ぶりの新作が出ましたので、そちらをお聞き頂きたいと思います。アルバムには『Meat Me at the Movies』というタイトルがついております。そこから新曲をお聞きください、Viktoria Tolstoyで「Calling you

d0378149_15481882.jpeg

Viktoria TolstoyMeat Me at the Movies

iTunes https://itun.es/jp/Hb-ygb

H:まずはね、Emilyちゃんが音楽をはじめるきっかけというのは?

E:私の母がですね、実はオペラ歌手で、もともと小さい頃から自然と音楽が流れているような家だったんです。母親がカルメンを歌いながら料理を作っていたり・・そういう家庭だったので、割と自然にピアノをはじめたんですね。それで、自宅がピアノ教室になっていて母がピアノも教えていたので、習いながら音楽大学に進学しました。ただその頃歌を歌うことは恥ずかしくて(笑)母親とは違うことをやりたかった気持ちもあったかもしれないんですが、私はピアノ!と思ってずっと勉強していました。ただクラシックばかり勉強していたので、今歌っているような曲とは全然違うことをやっていましたね。その勉強をしている中で、音楽大学では歌も副科として一緒にレッスンを受けていたんですよね。それで歌うことに触れた時に、あれ?こっちの方が直接的に自分の感情とか思っていることが出しやすいんじゃないかな・・と思って、そっちも楽しくなっててしまいとい流れで歌をうたいはじめました。

H:なるほどね~!やっぱりこう家庭環境によるものが、すごく大きかったんですね!

E:そうですね。だいぶ母の影響は大きかったかと思います。

H:なるほどですね。学生時代は音楽大学。差し支えなければどこの?

E:東京音楽大学という池袋にある大学です。通いはじめてからやっと自分でいろいろ作曲者の人物像や背景を調べたり、この作曲者についてもっと知りたいなぁという感情がちゃんと芽生えたりしたのは、もしかしたら大学生になってからかもしれないです(笑)

H:なるほどね!まぁ大学生になると、本当に大人になってますし、自分がやりたい音楽とかね、取捨選択が出来るような年齢になってきますしね。

E:はい。そこで一気に自分で意欲的に動くようになりましたね。

H:なるほどね。今Emilyちゃんの所属っていうとMonocreationレーベルになる?

E:そうです!前アシスタントのStella.J.Cと一緒のレーベルなんです。もともとレーベルに入る事の発端は、友達に紹介されてオーディションがあるよー!と聞いて受けたのが始まりです。

H:それは歌で?

E:オーディションはピアノも歌も両方ありました。

H:なるほど、なるほど。でもオーディション結構厳しかったでしょう?

E:うーん・・厳しかったですし、何より緊張しましたね!演奏会とはまた違った空気感で。

H:違うよねぇ!なんかプロフィールを拝見してると、Emilyちゃんが培ってきたクラシックと、それとHipHopかなぁ?それを融合させてるっていうのをプロフィールでみたんだけど。その辺は今も意識的に?ベースのしてるのかな?

E:そうですね!1stアルバムを出させていただいた時は、もともとクラシックをやっていたこともあって、ピアノだけの曲が入っていたり、歌にはHipHopということでラップが入っていたりします。それでデビューして、こう2年経って平戸さんともよくライブでお世話になれるようになってきました。最近はJazzなんかも歌わせていただく場面なんかも増えてきましたね!なので次回またアルバムを出させていただく際には、もう少し進化したものが出せればと思っています!

H:そうだね~!Stellaちゃんもそうだったけれども、Emilyちゃんも同じレーベルメイトということで、僕はStellaちゃんともセッションしたりとかEmilyちゃんともセッションしたじゃない?そこで思うのは2人とも音楽に対してすごく真面目だし、真剣に取り組む姿勢がすごく好感が持てますね。

E:ありがとうございます!!

H:まぁ僕と演奏してもらったりとか、沢山アーティストとの方のコラボレーションも始めてらっしゃいますよね?

E:はい。今まで小さい頃から出ていたような演奏会っていうのは、一人で楽譜のあるものを演奏するという流れだったので、今こうやって色々な方々とご一緒させていただいたり、セッションっていうものが、自分の中ですごく楽しくて!何もないところからみんなで作りあげる感じがすごく楽しいです。なのでもっと自分の幅を広げられるように、これから頑張っていきたいと思います。

H:はい!と言うことでそんなEmilyちゃんなんですけれども。もうね!みなさん!彼女は2枚もアルバム出していますから。なのでせっかくなので1曲聴きましょうか。

E2ndアルバム『Tragedy』の中から「LastRomanceAlbum ver)」という曲がありますので、そちらを是非聴いてください。

d0378149_15484717.jpeg

Emily styler Tragedy

H:お送りした曲はEmily stylerで「Last Romance」でした。今週は新アシスタントのEmilyちゃんがどんな人物なのか?じっくりと伺っております。ところでEmilyちゃんは長崎って行ったことあります?

E:長崎はまだハウステンボスしか行ったことが無いんですよね。

H:十分です。(笑)

E:本当ですか(笑)他にも夜景が有名と言われて是非そこにも行ってみたいなぁと思っています。

H:あ、なるほどね!

E:市内はきちんと回れていないので、ゆっくり観光に行きたいです。

H:観光というか収録に行きましょう!

E:行きたいですー!

H:みんなで長崎行こう!まぁ長崎はね、今後一緒に行くことになると思うんですが。他はね、さっきEmilyちゃんが言った通りライブ、イベントもね一緒にやらせていただくことが多いからね!

E:多いですね!

H:この前、新宿のPIT INNで演奏したじゃないですか?DJの須長辰雄さんの100回記念もイベントで。

E:はい!素晴らしい方々に囲まれて、私は小さくなっておりました(笑)

H:いやいやいや、大きかったですよ!(笑)さっきも楽譜だけの表現っていう言葉が出てきたじゃないですか。でもあの夜は楽譜だけの表現じゃないところで、Emilyちゃんも挑戦してたよね!

E:誰も楽譜は見てませんでしたよね!もうあれは、私にとってはすごく新ジャンルな、新しい挑戦で、刺激的な夜になりました。

H:そうだよね。あの夜は須長辰雄さんが、やっぱりジャズDJという側面を持っているから、ジャズな選曲だったもんね。

E:そうですね!ミュージカルとかで知っている曲もジャズになると全然違う曲になって、聴くのも弾くのも歌うのも、すごく楽しいんだなぁと思いながら・・・まだそんな状態なんですが、本当に楽しかったです!

H:やっぱり音楽する上でも予定調和だよね。もちろんそれが様式美として美しいときもあるけれども、たまにはね!冒険するのも面白いと思うので、今後も色々チャレンジしていきたいですね。

E:はい、是非頑張りたいです!!

H:あの夜すごかったもんね!だってさ、元晴君がすごくフロントマンで!

E:すごかったですね!もう圧巻でした。

H:もうね、ここ!ここでEmily来いよー!!みたいなね(笑)

E:もうその期待に応えられるように必死に食らいつかなければ!!という感じでした!

H:いや~十分応えてましたよ。本当に素敵な夜でした。ところで今後は、まぁもちろんこの番組の新アシスタントとして頑張ってもらうんですけれども、アーティストとして目指すEmily Stylerとしての将来の音楽像みたいなものはありますか?

E:うーん。今デビューして2年ほど経つんですけれども、毎年1枚ずつアルバムを出させていただいていて、また今年も出す予定なので、ライブを定期的に行っていって、沢山経験を積みつつ地道にこつこつと頑張っていきたいです。

H:もう2枚ですからね。完璧に良いスタートを切っているんではないですかね。是非みなさんもチェックしてください。Emilyちゃんは自分のオフィシャルのWebサイトとかあるんだっけ?

EMonocreationのオフィシャルサイトの中で紹介されているだけで、私個人のものはないです。でもInstgramTwitterはやっています!

H:あ、じゃあ是非みなさんフォローしてあげてくださいね。

E:お願いしまーす!

H:先程聴かせてもらったのが「Last Romance」で2ndアルバムの方に入ってるんだったよね?そしたらせっかくだから1stアルバムも聴きたいね。

E:是非!聴いていただきたいです。私の1stアルバム『My PrimalAntitheses』の中から「Verse inThe Raven」という自分の中でお気に入りの1曲を!


d0378149_15491238.jpeg


Emily StylerMy Primal Antitheses

iTunes https://itun.es/jp/RUIa5

H:今週は新アシスタントのEmilyちゃんがどんな人なのか、じっくり話を伺ってきましたけれどもいかがだったでしょうか?これから一緒に頑張っていきましょうね!

E:はい!少しずつみなさんにも知っていただければと思います。

H:そして今週のテーマは〝エイプリルフール〟です!と言うことで今日のエンディングソングは、ピアニストのHank JonesとベーシストのRedMitchel2人での演奏であります「I'll Remember April」という曲です。今週のテーマはエイプリルフールなんですけれども、この曲は逆に全く嘘がない、間違いない演奏と言うことで選ばせて頂きました!

d0378149_15493986.jpeg


HankJonesRed MitchelDUO

iTunes https://itun.es/jp/27Yhs

Hみなさんカジュアル&リラクシングな週末を!


H&E:バイバーイ!!



by mono-creation | 2017-04-27 20:00 | アーカイブ | Comments(0)

YUSUKE HIRADO Radio Mono Creation

  • FM長崎
  • 毎週金曜 19:30~19:55
  • DJ / 平戸祐介  Emily Styler

日本のジャズ・クラブ シーンを牽引し、様々なミュージシャンとも親交もある平戸祐介(長崎出身のジャズ・ピアニスト)によるProgram。 新進気鋭のシンガーEmily Stylerがアシスタントを担当。JAZZをメインにスタイリッシュなブラックミュージックを普段着感覚のトークとともに。また、2人の親交あるミュージシャンやゆかりのある方々をゲストに迎えて様々なカルチャーにもフォーカス。