PROFILE

宮沢和史

THE BOOMのボーカリスト。ソロ・アルバムはこれまでに4枚をリリース。海外でのリリース、ツアーも活発に行ない、一昨年にはヨーロッパ、昨年は南米ツアーを敢行。
ベストアルバムも昨年ブラジル、アルゼンチン、ヨーロッパでそれぞれ発売。「島唄」は国境を越え、今回のツアー先である東欧各国でも愛されている。

INFORMATION

★ライブ

【MIYAZAWA-SICK '05】
1月28日(金)
フランス・パリ 日本文化会館
1月29日(土)
フランス・パリ 日本文化会館
2月1日(火)
ブルガリア・ソフィア 国立文化宮殿
2月4日(金)
ポーランド・プシェミシル
プシェミシル市体育館
2月6日(日)
ポーランド・ヴロツワフ
IMPART HALL
2月9日(水)
ロシア・ モスクワ
ゴーリキ記念モスクワ・
アカデミック芸術劇場
2月10日(木)
ロシア・モスクワ クラブB2
2月12日(土)
イギリス・ロンドン
ICA Theatre "Future World Funk Night"
2月23日(水)
大阪・フェスティバルホール
2月25日(金)
東京・渋谷公会堂

大阪公演詳細

2月23日(水)大阪・フェスティバルホール
開場=18時15分/開演=19時
チケット=6,300円(全席指定・税込)
一般発売日=12月19日(日)
問=キョードー大阪
06-6233-8888(10時〜19時)

東京公演詳細

2月25日(金)東京・渋谷公会堂
開場=18時15分/開演=19時00分
チケット6,300円(全席指定・税込)
一般発売日=12月19日(日)
問=ディスクガレージ
03-5436-9600(平日12時〜19時)

【大阪・東京公演】

※6歳未満入場不可。※小・中・高校生のお客様は、割引いたし ます。チケットをご購入の上、当日入場時に身分証明書を提示してください。3,000 円をご返金いたします。
 
★リリース

宮沢和史作品
MIYAZAWA-SICK

『MIYAZAWA-SICK』
TOCT-24930
[ この商品を購入する ]
SPIRITEK

『SPIRITEK』
TOCT-25275
[ この商品を購入する ]
THE BOOM作品
百景

『百景』
TOCT-25378
[ この商品を購入する ]
 

パリのラジオ局で。中央がCATIAさん、右端が番組DJ。
パリでレコーディング――1月27日_c0035682_1594471.jpg

ボサノヴァのスタンダード「イパネマの娘」をCATIAさんとセッション!
パリでレコーディング――1月27日_c0035682_204519.jpg

 午前、ラテン専門のFM局「Radio LATiNA」にCATIAさんと共に出演しました。CATIAさんはパリに住むブラジル人シンガー。昨年12月、彼女の東京でのライブを宮沢が観に行き、今回のパリでの共演を約束しました。
 ラジオ局のDJは宮沢の音楽にとても興味を持ってくれて、質問もばしばし飛んできます。「なぜブラジル音楽に惹かれているのか?」という質問に、「ブラジル音楽には、絶望と喜びが同居している。人間が持っている喜怒哀楽が全て音楽で表現されている。そこに自分は惹かれている」と宮沢が答えると、「国や言葉が違っていても、音楽でそれを共有できる喜びをMIYAZAWAは知っている。それがとても素晴らしいことだ。MIYAZAWAは“音楽の根元”を今もなお探しているようだ」とCATIAさんもコメント。
 DJも「MIYAZAWAの音楽はアバンギャルドから伝統まで多岐に渡っている希有なアーティストだ」と大絶賛。そして、「ぜひ弾き語りで歌ってもらえないか?」というリクエストに応じた、なんの打ち合わせもなしの宮沢とCatiaさんによる「イパネマの娘」セッションに、ブースの中はとても盛り上がりました。
「メルスィ・ボク(ありがとう)! 僕はこの放送局がとても好きです。こんな専門チャンネルが東京にもあればいいのに」と、宮沢は名残惜しそうにスタジオを後にしました。


歌詞についての打ち合わせ。会話はポルトガル語で。
パリでレコーディング――1月27日_c0035682_12481517.jpg

「MIYAZAWA-EYES」のこの写真はこうやって撮りました。
パリでレコーディング――1月27日_c0035682_241718.jpg

 「Radio LATiNA」を出て、パリ16区のはずれにあるレコーディング・スタジオへ向かいます。一軒家を改造したスタジオはとても居心地のいい造りになっていて、ロビーに入ると、ギターを改造したオブジェがあちらこちらに飾ってある。宮沢は自分の写真blog「MIYAZAWA-EYES」用の撮影に余念がない様子(笑)。
 ツアーに来ていながらレコーディングというのは、今回のツアーでは宮沢の新曲「ひとつしかない地球」を各国のゲスト・ミュージシャンと各地、旅先でレコーディングしていく計画があるからなのです。
 では早速、とボーカルブースに入るCATIAさん。CATIAさんはこの日のレコーディング用に、日本語とポルトガル語をミックスした歌詞を書いてきてくれていました。CATIAさんが一声出しただけで、さわやかな風が吹いてきました。


ヘルシーなレバノン料理
パリでレコーディング――1月27日_c0035682_263637.jpg

 レコーディングが終わった後は、ちょっと遅いランチ。日本でもどのスタジオにも置いてあるお馴染みの出前ファイルがここにも! パリの出前はというと、ピザはもちろん、イタリアン、お寿司、インド料理など多種多様。ここで私達が選んだのは、なんとレバノン料理。レバノン???食べたことない、んじゃ食べてみよう!ということで、頼んだところ、野菜中心の煮込み料理でした。特に子羊を煮込んだものが、
やわらくて癖もなくてすごくおいしかった。
 食事中もCATIAさんと楽しいおしゃべりが続きました。CATIAさんはほんとに明るくてかわいらしい方でした。
# by miyazawa-sick05 | 2005-02-01 02:09
 

夕暮れのパリを移動。

 2002年のスペイン、2003年のヨーロッパ(ポルトガル、ポーランド、ドイツ)、2004年の南米(アルゼンチン、ブラジル)に続く宮沢和史(THE BOOM)のソロ・プロジェクト、MIYAZAWA-SICK海外ツアーがいよいよ始まりました。
 今回はフランス、ブルガリア、ポーランド、ロシア、イギリス、そして日本の6カ国をまわります。これから次々に起こるはずの感動や、出会いや、驚き、それに各国料理などなどをこのツアーに同行しているマネージャーのワタクシが、写真とともにレポートしていきます。

成田空港にて。

パリ到着! あくびがとまらない。

 ツアーの出発地は成田空港。吹雪の中、午前9時に集合でしたが遅刻者はなし。宮沢はギターを背負って登場です。宮沢のギターバッグはリュックの代わりにもなっていて、いつもはこれひとつで世界中を旅しています。とはいえ、今回は3週間に渡る長旅なのでトランクも併用しています。
 12時間35分の空の旅で夕方、パリ・シャルルドゴール空港に到着。パリでの2日間のライブを主催してくださる日本文化会館のスタッフが出迎えてくれました。クボジュン似の美人! 「パリは今、寒波が来ていてものすごく寒いですよ」と言われ、空港の外に出ると、これが想像以上の寒さ。風も強いので体感気温は零下10度ぐらいかも。この調子だとモスクワはどのくらい寒いのか、想像つきません! 渋滞のパリ市街を走り、まずは28日、29日のライブ会場となる日本文化会館へ。ガラス張りの美しい施設で、中にはとても立派なホールがありました。日本から運んだ機材を下ろし、会場近くのホテルに到着。バンド・メンバーたちはイタリアン・レストランへ食事に出かけて行きました。
# by miyazawa-sick05 | 2005-01-28 20:55
 
 

 
 

最新のトラックバック

 

ファン

 

記事ランキング

 

ブログジャンル

 

画像一覧

 
 

excite music exciteホーム ミュージックトップ サイトマップ