PROFILE

宮沢和史

THE BOOMのボーカリスト。ソロ・アルバムはこれまでに4枚をリリース。海外でのリリース、ツアーも活発に行ない、一昨年にはヨーロッパ、昨年は南米ツアーを敢行。
ベストアルバムも昨年ブラジル、アルゼンチン、ヨーロッパでそれぞれ発売。「島唄」は国境を越え、今回のツアー先である東欧各国でも愛されている。

INFORMATION

★ライブ

【MIYAZAWA-SICK '05】
1月28日(金)
フランス・パリ 日本文化会館
1月29日(土)
フランス・パリ 日本文化会館
2月1日(火)
ブルガリア・ソフィア 国立文化宮殿
2月4日(金)
ポーランド・プシェミシル
プシェミシル市体育館
2月6日(日)
ポーランド・ヴロツワフ
IMPART HALL
2月9日(水)
ロシア・ モスクワ
ゴーリキ記念モスクワ・
アカデミック芸術劇場
2月10日(木)
ロシア・モスクワ クラブB2
2月12日(土)
イギリス・ロンドン
ICA Theatre "Future World Funk Night"
2月23日(水)
大阪・フェスティバルホール
2月25日(金)
東京・渋谷公会堂

大阪公演詳細

2月23日(水)大阪・フェスティバルホール
開場=18時15分/開演=19時
チケット=6,300円(全席指定・税込)
一般発売日=12月19日(日)
問=キョードー大阪
06-6233-8888(10時〜19時)

東京公演詳細

2月25日(金)東京・渋谷公会堂
開場=18時15分/開演=19時00分
チケット6,300円(全席指定・税込)
一般発売日=12月19日(日)
問=ディスクガレージ
03-5436-9600(平日12時〜19時)

【大阪・東京公演】

※6歳未満入場不可。※小・中・高校生のお客様は、割引いたし ます。チケットをご購入の上、当日入場時に身分証明書を提示してください。3,000 円をご返金いたします。
 
★リリース

宮沢和史作品
MIYAZAWA-SICK

『MIYAZAWA-SICK』
TOCT-24930
[ この商品を購入する ]
SPIRITEK

『SPIRITEK』
TOCT-25275
[ この商品を購入する ]
THE BOOM作品
百景

『百景』
TOCT-25378
[ この商品を購入する ]
 

ブルガリア・ソフィアに到着――1月30日_c0035682_2154520.jpg

 まだ日も昇らない早朝7時。ホテルを出発してフランスからブルガリアへ。エールフランスの機内食は、ちゃんとフランス料理でした。ちなみにローストビーフ。っていうかローストビーフはフランス料理なのか?
 飛行機に乗って2時間半後、窓から見えてきたのは一面の雪景色! 想像以上に寒そう……。ソフィア空港に到着し、飛行機から降りると、パリとは比べモノにならない寒さ! 「身を切る寒さ」とはまさにこのこと。

 空港では3週間ぶりに在ブルガリア日本大使館の山岸さんと、通訳のニコリーナさんに再会。このふたりに再会できるということだけで、ブルガリアに来るのが楽しみでした。
※1月上旬のブルガリア・ソフィアへの訪問については、このヨーロッパツアーについてまとめたページ“MIYAZAWA-SICK '05 travelogue”をご覧ください。


ソフィア第18高校の校長先生も空港まで来てくれました。
ブルガリア・ソフィアに到着――1月30日_c0035682_216167.jpg

 税関を通って外に出ようとすると、聞き覚えのあるメロディーが聞こえてきました! なんとそこには前回訪問したソフィア第18高校の生徒さんたちが「島唄」を歌いながら出迎えてくれていたのです! あまりの驚きに、MIYAZAWA旅団一行はぼーぜんとしています。笑顔の素敵な校長先生も来てくれていて「みんなコンサートを楽しみにしていますよ」とにっこり。日本からこんなにも遠く離れた国で、こんなにたくさんの人が待ってくれてるなんて、なんて幸せな事なんだろう。 さらには、ブルガリア国営テレビまで私たちの到着を待ち受けていました。宮沢和史はブルガリアのヨン様か? それくらいの盛り上がりでした。こちらの記事を見てください。見出しが「JAPANESE MUSIC STAR RETURNS TO SOFIA」! STAR!?


ブルガリア・ソフィアに到着――1月30日_c0035682_2163260.jpg

ブルガリア・ソフィアに到着――1月30日_c0035682_2165095.jpg

ブルガリア・ソフィアに到着――1月30日_c0035682_217825.jpg

 車に荷物を載せて、一路ホテルへ。ホテルでもサプライズが待っていました。ブルガリアの伝統音楽を継承しているグループが「ぜひMIYAZAWAにこの音楽を聴いて欲しい」とホテルのロビーで待っていたのです。
 突然始まった演奏会。羊の胃の皮でできたバグパイプのようなブルガリアの伝統楽器「ガイダ」と縦笛の「カバル」や太鼓など、ヨーロッパと中近東が混ざりあったような音色、つまりまさにブルガリアの歴史と重なる伝統音楽なのです。
 最初は「聞かせる」タイプのゆっくりとした音楽が、最後には太鼓を駆使した誰もが踊らずにはいられなくなる、ダンスミュージックに。口笛も合いの手で入り、これはまさにカチャーシー! 宮沢はもちろん、メンバー、スタッフ、ホテルの従業員までもが輪になって踊り出しました。
 演奏が終わって、グループのリーダーが、「ブルガリアはいろんな国の文化が混ざり合う、まさに交差点のような国です。ギリシャ、マケドニア、ルーマニア、トルコ……。お互いに影響しあって、“バルカン音楽”ができるのです。MIYAZAWAにぜひ聴いてもらいたかった」と説明してくれました。「もちろんMIYAZAWAのライブも行くよ!」とにっこり。ブルガリアに到着してまだ2時間も経ってないのに、起こることの濃さといったら目が回りそうです。

 夕食は大使館のみなさんが招待してくれた、ブルガリア料理の食事会。素敵な一軒家のレストラン。臓物スープや、チーズ、パプリカを炒めたもの、そして最後には、やはりブルガリアといえばヨーグルト! ということで、おなかいっぱい頂きました。

 さて、ここで濃い一日もおしまい、と言いたいところですが、最後に予想だにしなかった出来事が! レストランの外に出ると、乗ってきたハズのマイクロバスが忽然と消えているではないですか! ドライバーさん顔面蒼白……。どうやら、というか間違いなく盗難にあった模様。結局タクシーを呼んでホテルへ帰ったものの、ドライバーさんのことを考えると……。波乱含みのブルガリア初日でした。
# by miyazawa-sick05 | 2005-02-01 21:09
 
パリでのライブ2日目――1月29日_c0035682_1625069.jpg

 今日はホテルから徒歩で会場に向かいます。途中でパーカッショニストのマルコス・スザーノがおいしそうなケーキ屋さんを発見! 「オォ! イチゴタルトネ!」と大好物を買って、幸せそうです。


パリでのライブ2日目――1月29日_c0035682_1631125.jpg

パリでのライブ2日目――1月29日_c0035682_1632820.jpg

 パリ2日目。本日も満員御礼です。宮沢のフランス語のMCも心なしか流暢になっているようで、客席も前日よりも言葉のひとつひとつに盛り上がっていました。ライブも前日にも増した盛り上がり!
※宮沢和史のオフィシャルサイト内ニュースページに、パリでのライブを観に来てくれた人たちの感想も載っていますので、そちらもご覧ください。


パリでのライブ2日目――1月29日_c0035682_1634387.jpg

 ライブが終わり、CATIAさんが「これはMIYAZAWAにプレゼントよ」とワインを差し出してくれた。そのワインにはラッピングのように便せんが1枚巻かれていて、そこには「この数日間一緒にいて、MIYAZAWAに触発されて、歌詞を3編書きました。この歌詞にぜひ曲を付けて、いつか一緒にセッションしましょう」と書かれてあったのです! 宮沢は大事そうにその瓶を抱えていました。

 打ち上げ会場のビストロへ移動。地元のパリっ子で既にお店は盛り上がっていました。出てくる料理(当然フランス料理)は今まで結婚式のオードブルでしかお目に掛かることがなかったテリーヌや生ハムなど。食べてみると、そりゃもうウマイ! 地ビールを飲みながら盛り上がっていると、BGMに聞き覚えのある歌が。
「YMCA」! 万国共通、パリッ子もメンバーも、そしてライブを主催してくださった日本文化会館のスタッフも、みんな一斉に「ワーイ・エム・シー・エ!」と振り付けで踊る。なんだかすごく幸せな時間だった。
 まだまだこの先は長いけど、素晴らしいツアーのスタートを切ることができました。メルスィ・ボク!

パリでのライブ2日目――1月29日_c0035682_164980.jpg

パリでのライブ2日目――1月29日_c0035682_1642373.jpg

# by miyazawa-sick05 | 2005-02-01 16:10
 
MIYAZAWA-SICKライブ・パリ初日――1月28日_c0035682_1533799.jpg

MIYAZAWA-SICKライブ・パリ初日――1月28日_c0035682_15335664.jpg

 いよいよ、本当の意味でのツアー初日、パリでのライブです。
 午後、会場である日本文化会館に到着。チケットは完売! お客さんは日本人とフランス人が半分ずつぐらいという感じです。続々と入場してくるお客さんにツアーのスタートを実感します。
 

開場します!
MIYAZAWA-SICKライブ・パリ初日――1月28日_c0035682_1534922.jpg

 ライブは20時40分に始まりました。まずはCATIAさんがふたりのミュージシャンとともに登場し、ポルトガル語で、ボサノヴァ・スタイルでカバーした「島唄」を含む5曲を歌いました。
 続いて宮沢和史MIYAZAWA-SICKが登場。一昨年のヨーロッパ・ツアー、昨年の南米ツアーと、一緒に海外ライブを続けてきたこのバンドは強力です! 
※MIYAZAWA-SICKのギタリスト、高野寛さんがご自身のサイト内のツアー日記にもこのライブの感想を書いてますので、ぜひチェックしてください。
 

MIYAZAWA-SICKライブ・パリ初日――1月28日_c0035682_15341940.jpg

MIYAZAWA-SICKライブ・パリ初日――1月28日_c0035682_15342896.jpg

 アンコールを求める、拍手とフロアを踏みならす足音には本当に感動的でした。アンコールではCATIAとともに前日にレコーディングしたばかりの新曲「ひとつしかない地球」を初披露。ポルトガル語と日本語のデュエットです。


MIYAZAWA-SICKライブ・パリ初日――1月28日_c0035682_15343877.jpg

 大歓声の中、ライブが終わりました。私は急いでCDとツアーTシャツを売るためにロビーへ。CDは昨年10月にヨーロッパでリリースされた、ヨーロッパ独自編集の宮沢和史ベストアルバム『TOKYO STORY』です。
 お客さんから「今日のライブでやった曲はこのCDに入ってるの?」と訊かれた(と思う)ので「ウィ!」と答えてみた。そしたら、なんとなく通じた! それからはお客さんたちにとにかく「メルスィ!」を連発していたら、勢い余って日本人のお客さんにも「メルスィ!」と言ってしまい、プッと笑われました……。


MIYAZAWA-SICKライブ・パリ初日――1月28日_c0035682_15345123.jpg

 CDもあと残り数枚という時に、写真の女性が近づいて来て、「このCDをちょうだい!」と英語で話しかけてきました。彼女はすごい勢いで話し始め、「私はセネガル出身で、今はフランスに住んでいるの。今日の『島唄』でMIYAZAWAのMCに感動して涙が出たわ。セネガルでは黒人が大量虐殺された歴史があるの。オキナワの歴史ととても重なるものを感じたわ。他の曲もアグレッシヴで最高のライブ! 明日は当日券が出るのかしら? 絶対に明日も来るからね!」と言ってくれました。彼女はミュージシャンだと言い、「いつかMIYAZAWAと一緒にやりたいわ!」と去っていきました。私は泣きそうになりました。
 楽屋に戻ったあと、宮沢にその話を伝えると「俺のフランス語のMC、通じてたんだね」と嬉しそうでした。

 初日にして最高潮のライブ。恐るべし!
# by miyazawa-sick05 | 2005-02-01 15:47
 
 

 
 

最新のトラックバック

 

ファン

 
 

ブログジャンル

 

画像一覧

 
 

excite music exciteホーム ミュージックトップ サイトマップ