PROFILE

宮沢和史

THE BOOMのボーカリスト。ソロ・アルバムはこれまでに4枚をリリース。海外でのリリース、ツアーも活発に行ない、一昨年にはヨーロッパ、昨年は南米ツアーを敢行。
ベストアルバムも昨年ブラジル、アルゼンチン、ヨーロッパでそれぞれ発売。「島唄」は国境を越え、今回のツアー先である東欧各国でも愛されている。

INFORMATION

★ライブ

【MIYAZAWA-SICK '05】
1月28日(金)
フランス・パリ 日本文化会館
1月29日(土)
フランス・パリ 日本文化会館
2月1日(火)
ブルガリア・ソフィア 国立文化宮殿
2月4日(金)
ポーランド・プシェミシル
プシェミシル市体育館
2月6日(日)
ポーランド・ヴロツワフ
IMPART HALL
2月9日(水)
ロシア・ モスクワ
ゴーリキ記念モスクワ・
アカデミック芸術劇場
2月10日(木)
ロシア・モスクワ クラブB2
2月12日(土)
イギリス・ロンドン
ICA Theatre "Future World Funk Night"
2月23日(水)
大阪・フェスティバルホール
2月25日(金)
東京・渋谷公会堂

大阪公演詳細

2月23日(水)大阪・フェスティバルホール
開場=18時15分/開演=19時
チケット=6,300円(全席指定・税込)
一般発売日=12月19日(日)
問=キョードー大阪
06-6233-8888(10時〜19時)

東京公演詳細

2月25日(金)東京・渋谷公会堂
開場=18時15分/開演=19時00分
チケット6,300円(全席指定・税込)
一般発売日=12月19日(日)
問=ディスクガレージ
03-5436-9600(平日12時〜19時)

【大阪・東京公演】

※6歳未満入場不可。※小・中・高校生のお客様は、割引いたし ます。チケットをご購入の上、当日入場時に身分証明書を提示してください。3,000 円をご返金いたします。
 
★リリース

宮沢和史作品
MIYAZAWA-SICK

『MIYAZAWA-SICK』
TOCT-24930
[ この商品を購入する ]
SPIRITEK

『SPIRITEK』
TOCT-25275
[ この商品を購入する ]
THE BOOM作品
百景

『百景』
TOCT-25378
[ この商品を購入する ]
 

ロンドンでのライブ――2月12日

 14時。本日の会場ICAへ向かう。会場はロンドンの超中心部、バッキンガム宮殿の真横にあって、ギャラリーやカフェ、ライブハウスなどの複合施設。

c0035682_16135426.jpg

 楽屋に入ろうとすると、見覚えのある顔が!
 フォトグラファーの中川正子さんが「このヨーロッパ・ツアーを見届けるべし!」と仕事の合間を縫って、ロンドンへ飛んできてくれたのです。もちろん、カメラも持参! 楽しみにしてます!

 スタッフが既にセッティングをしている会場内に入ると、そこは500人も入ればぎゅうぎゅうになる位のスペース。

 リハーサルの合間を縫って、フジテレビの深夜番組『UK JACK!』が取材に来る。ディレクター兼インタビュアーの佐藤さんが宮沢に「お久しぶりです」と話しかける。眼鏡をかけていなかったMIYAさんは一瞬「???」となるが、眼鏡をかけて「あ~~!」と驚く。なんと佐藤さんは宮沢が初めて出演した連続ドラマ『二千年の恋』のアシスタント・ディレクターだったのです。「転勤で半年前からロンドンに住んでいるんですが、こうやって宮沢さんとまた仕事が出来るなんてすごく嬉しいです」とおっしゃってくれました。宮沢もすごーく嬉しそうでした。3月12日の深夜にフジテレビで予定です。お楽しみに!


c0035682_161447.jpg

 リハーサルも順調に進み、夕方、一旦ホテルへ戻る。楽屋が狭い為、ホテルでステージに向けての身支度を終えたメンバーと再びICAへ。入り口を見ると「MIYAZAWA SOLD OUT」の文字が。


c0035682_16141399.jpg

 そして22時30分。遂にヨーロッパ・ツアーのファイナル、ロンドン公演がスタートした。

c0035682_16142146.jpg

c0035682_16143923.jpg

 客席は1曲目から会場をつんざく大歓声。日本人が7割以上、今回のヨーロッパツアーでは一番の日本人率かも(ちなみにポーランドのプシェミシルでは日本人のお客さんは6人だったそうです)。でも日本でのライブとも雰囲気が違う。うねるような盛り上がり。その盛り上がりに背を押されるように、ステージはどんどんヒート・アップしていく。日々進化していくこのバンド、間違いなく今日のステージはその最高峰のグルーヴ。ステージ上のメンバーみんな、音を出すのがうれしくてしょうがない、音楽を始めたばかりの少年・少女のような顔をしている。この時間が終わってほしくない! 客席に居る人もステージの上に居る人も、全員がそう思った瞬間だったと思います。

c0035682_16144859.jpg

 本編が終わると、足をドンドンと踏みならしてのアンコール!メンバー全員が出てきて演奏された曲は、
「My Heart, My Soul, My Fear」
「Save Yourself」。
 宮沢和史が初めてソロとして1997年、単身ここロンドンに渡りレコーディングした2曲をアンコールの曲として歌いきりました。

c0035682_16145668.jpg

c0035682_161542.jpg

c0035682_16151812.jpg

 全員がステージに並びました。
 これ以上ない笑顔で全員が肩を組み合いました。

 ライブが終わり、ステージ裏ではみんなが抱き合い、喜びを分かち合っていた。

 急いで楽器を片づけ、メンバー、スタッフ関係なく、みんなでバスに機材を積み込みます。
 帰りのバスの中、楽屋ではあれだけわいわいとしていたメンバーやスタッフが、誰一人としてしゃべらない。オレンジ色に染まるロンドン市内の街を見つめながら思い思いの気持ちに浸っていた。宮沢がポロンポロンと弾くギターの音色だけがバスの中に響いていました。

 走るバスの中、宮沢の声が聞こえた。
「三好さんの為に歌おうかな」
 今回のヨーロッパ・ツアーの為に、寝る間もなく働き、成功へと導いてくれたプロデューサー、三好さん。彼が愛してやまない、ボブ・マーリィの「No Woman, No Cry」を宮沢が歌い始めた。
 メンバーも声を合わせて歌う。パーカッション代わりに椅子を叩く。
 私の隣に座っていた三好さんは、嗚咽をしながら男泣きをしていた。

 バスはポールさんの家に到着。今日はポールさん夫妻がリビングで打ち上げパーティーを企画してくれたのです。暖かい雰囲気の中で始まった打ち上げ。
 美味しそうなベトナム料理が並んでいる。
 宮沢の「これからもここに居る全員と一緒に夢を追って行きたい」という力強い言葉の後、手がちぎれる程の乾杯!!!!

c0035682_16223332.jpg

 乾杯の後「実はメンバーからスタッフに…」とスタッフひとりひとりの為に、ツアー中にメンバーが選んでくれていたプレゼントを手渡しされる。
 スタッフのみんな、本当に嬉しそう。
 MIYAZAWA-SICKのスタッフは、少数精鋭とはまさにこの人達のことを言う!という位に、少ない人数で最高の仕事をしてくれている。寝る間もなく、言葉もロクに通じない国で最高のステージを作ろうとしてくれている。そしていつも笑顔で。そんなスタッフへの感謝とリスペクトを込めて…。その光景を見ているだけで、ワタクシ号泣でした。そんな幸せな打ち上げは朝まで続きました。
by miyazawa-sick05 | 2005-02-17 16:26
 

 
 

最新のトラックバック

もう古いとらばになります..
from ヒナタにただあたりに
宮沢和史、ロシアでの記者会見
from Clue
みんなで創り上げるということ
from 情報の溜り場 ~無駄に書き留..
ミヤに会いに宮島に行って..
from TEENAGE FANCLUB
EURO ASIA ~M..
from MIYAZAWA/THE B..
好きなアーティスト
from Otog
宮沢和史 コシカ / ひ..
from メメント・モリ 
宮沢和史『EURO AS..
from puppy dog〜負け犬の..
宮沢和史 present..
from 俺は音楽家!
☆☆☆R25宮沢和史☆☆☆
from n☆a☆o diary
 

ファン

 
 

ブログジャンル

 

画像一覧

 
 

excite music exciteホーム ミュージックトップ サイトマップ