PROFILE

宮沢和史

THE BOOMのボーカリスト。ソロ・アルバムはこれまでに4枚をリリース。海外でのリリース、ツアーも活発に行ない、一昨年にはヨーロッパ、昨年は南米ツアーを敢行。
ベストアルバムも昨年ブラジル、アルゼンチン、ヨーロッパでそれぞれ発売。「島唄」は国境を越え、今回のツアー先である東欧各国でも愛されている。

INFORMATION

★ライブ

【MIYAZAWA-SICK '05】
1月28日(金)
フランス・パリ 日本文化会館
1月29日(土)
フランス・パリ 日本文化会館
2月1日(火)
ブルガリア・ソフィア 国立文化宮殿
2月4日(金)
ポーランド・プシェミシル
プシェミシル市体育館
2月6日(日)
ポーランド・ヴロツワフ
IMPART HALL
2月9日(水)
ロシア・ モスクワ
ゴーリキ記念モスクワ・
アカデミック芸術劇場
2月10日(木)
ロシア・モスクワ クラブB2
2月12日(土)
イギリス・ロンドン
ICA Theatre "Future World Funk Night"
2月23日(水)
大阪・フェスティバルホール
2月25日(金)
東京・渋谷公会堂

大阪公演詳細

2月23日(水)大阪・フェスティバルホール
開場=18時15分/開演=19時
チケット=6,300円(全席指定・税込)
一般発売日=12月19日(日)
問=キョードー大阪
06-6233-8888(10時〜19時)

東京公演詳細

2月25日(金)東京・渋谷公会堂
開場=18時15分/開演=19時00分
チケット6,300円(全席指定・税込)
一般発売日=12月19日(日)
問=ディスクガレージ
03-5436-9600(平日12時〜19時)

【大阪・東京公演】

※6歳未満入場不可。※小・中・高校生のお客様は、割引いたし ます。チケットをご購入の上、当日入場時に身分証明書を提示してください。3,000 円をご返金いたします。
 
★リリース

宮沢和史作品
MIYAZAWA-SICK

『MIYAZAWA-SICK』
TOCT-24930
[ この商品を購入する ]
SPIRITEK

『SPIRITEK』
TOCT-25275
[ この商品を購入する ]
THE BOOM作品
百景

『百景』
TOCT-25378
[ この商品を購入する ]
 

アウシュビッツ、そしてヴロツワフへ移動――2月5日

c0035682_2045054.jpg

 朝、今日はヴロツワフまで10時間のバスの旅。覚悟をしてホテルの外に出ると、信じられない光景が。雪があまりの寒さに氷の結晶となって、朝日にキラキラと光っている。どうやらこれが「ダイヤモンドダスト」らしい。黒いダウンジャケットにくっついた雪は、肉眼で「雪印」のマークそのものに見える。本当に美しい光景で、みんな眠い目をこすりながらも見とれていた。バスはひたすら西へ向かう。


c0035682_21393217.jpg

 午後2時、今回のポーランド・ツアーで宮沢がどうしても立ち寄りたいと言っていた場所、アウシュヴィッツ強制収容所に到着した。そこにはアウシュヴィッツでただひとりの日本人ガイド、中谷さんが待っていてくれた。抜けるような青い空の下、雪に覆われたアウシュヴィッツ。そこは想像以上に「なにもなかった」。そのまま収容所の中に展示された、ひたすら「髪の毛」だけのブース。ひたすら「子供の靴」だけのブース。ひたすら「こわれたメガネ」だけのブース。特にかかとがすり減った子供や大人の靴は、その人達が生きていた証が伝わってくる。胸が苦しいっていうよりは、吐き気がしてきた。
 中谷さんの説明は「こんなひどいことがあった、ひどい時代でした」というようなものではなく、事実をシンプルに説明しながらも常に私達の心の中に問いかけをしてくる、今までに出逢ったことのないガイドでした。1時間という短い時間だったけど、本当に行ってよかったと思いました。
 中谷さんは最後にこっそりと「実はこれから車を5時間走らせて、家族全員でヴロツワフまでライブを観に行きます。今日は宮沢さんにアウシュヴィッツを観てもらえて、本当によかった」と言ってくれました。宮沢はこの夜、ヴロツワフに到着後、すぐに部屋で原稿を書いていました。その原稿は今月22日発売の『小説新潮』の連載「言の葉摘み」に掲載されます。

 一緒にバス移動しているトメックは、既にMIYAZAWA旅団の一員のように、マルコス・スザーノやtatsuさん達とトイレ休憩のドライブインでわいわいしている。そんなトメックを、こそこそと「あ!トメックよ!」と言って偶然出くわした子供達が指さしている。ポーランドでアイドル的人気があるシンガーだっていうことを既に忘れそうになるくらい、トメックは私たちにとけ込んでいます。

 19時。ようやくヴロツワフに到着。気温は寒いけど、雪は無い。ホテルにチェックインして、今日はベトナム系の中華レストランへ! ヴロツワフには1年半前のワルシャワでのライブに尽力してくれた八島さんを始め(ポーランドで「島唄」が広まったのは、彼が赴任先のポーランドの高校で「島唄」を歌ったことがきっかけなのです。そして今回、八島さんは昨年11月からヴロツワフにに住み、フライヤを作ったり、ラジオやテレビに自らが出演したりしてプロモーションしてくれています)、多くの日本人が私たちのライブをサポートしてくれています。今夜のレストランを探してくれたのも、その中のひとり、というか一家族、露草さんファミリー。人々の親切や、久々のアジア料理に感動。でも、「原稿書かなきゃ」とホテルに籠もっている宮沢のことを考えると申し訳ない気持ちもいっぱい……。
 前日のプシェミシルでのライブ写真が、プシェミシル市のホームページに掲載されています!
by miyazawa-sick05 | 2005-02-09 20:48
 

 
 

最新のトラックバック

もう古いとらばになります..
from ヒナタにただあたりに
宮沢和史、ロシアでの記者会見
from Clue
みんなで創り上げるということ
from 情報の溜り場 ~無駄に書き留..
ミヤに会いに宮島に行って..
from TEENAGE FANCLUB
EURO ASIA ~M..
from MIYAZAWA/THE B..
好きなアーティスト
from Otog
宮沢和史 コシカ / ひ..
from メメント・モリ 
宮沢和史『EURO AS..
from puppy dog〜負け犬の..
宮沢和史 present..
from 俺は音楽家!
☆☆☆R25宮沢和史☆☆☆
from n☆a☆o diary
 

ファン

 
 

ブログジャンル

 

画像一覧

 
 

excite music exciteホーム ミュージックトップ サイトマップ