PROFILE

宮沢和史

THE BOOMのボーカリスト。ソロ・アルバムはこれまでに4枚をリリース。海外でのリリース、ツアーも活発に行ない、一昨年にはヨーロッパ、昨年は南米ツアーを敢行。
ベストアルバムも昨年ブラジル、アルゼンチン、ヨーロッパでそれぞれ発売。「島唄」は国境を越え、今回のツアー先である東欧各国でも愛されている。

INFORMATION

★ライブ

【MIYAZAWA-SICK '05】
1月28日(金)
フランス・パリ 日本文化会館
1月29日(土)
フランス・パリ 日本文化会館
2月1日(火)
ブルガリア・ソフィア 国立文化宮殿
2月4日(金)
ポーランド・プシェミシル
プシェミシル市体育館
2月6日(日)
ポーランド・ヴロツワフ
IMPART HALL
2月9日(水)
ロシア・ モスクワ
ゴーリキ記念モスクワ・
アカデミック芸術劇場
2月10日(木)
ロシア・モスクワ クラブB2
2月12日(土)
イギリス・ロンドン
ICA Theatre "Future World Funk Night"
2月23日(水)
大阪・フェスティバルホール
2月25日(金)
東京・渋谷公会堂

大阪公演詳細

2月23日(水)大阪・フェスティバルホール
開場=18時15分/開演=19時
チケット=6,300円(全席指定・税込)
一般発売日=12月19日(日)
問=キョードー大阪
06-6233-8888(10時〜19時)

東京公演詳細

2月25日(金)東京・渋谷公会堂
開場=18時15分/開演=19時00分
チケット6,300円(全席指定・税込)
一般発売日=12月19日(日)
問=ディスクガレージ
03-5436-9600(平日12時〜19時)

【大阪・東京公演】

※6歳未満入場不可。※小・中・高校生のお客様は、割引いたし ます。チケットをご購入の上、当日入場時に身分証明書を提示してください。3,000 円をご返金いたします。
 
★リリース

宮沢和史作品
MIYAZAWA-SICK

『MIYAZAWA-SICK』
TOCT-24930
[ この商品を購入する ]
SPIRITEK

『SPIRITEK』
TOCT-25275
[ この商品を購入する ]
THE BOOM作品
百景

『百景』
TOCT-25378
[ この商品を購入する ]
 

ポーランド・プシェミシルでのライブ――2月4日

トメック・マコビェツキと宮沢
c0035682_2024405.jpg

 午後1時、ホテルから車で10分ほどの所にあるプシェミシル市体育館に到着。かなり古い建物。体育館の廊下を仕切って楽屋代わりに使う。楽屋にはプシェミシルで合流したスタッフからの差し入れ「赤いきつね」。初日のパリ以降、日本食レストランがあまり無い国にばかりをツアーしているため、MIYAZAWA-SICK旅団は一度も日本食にありついていない。そんな状況下にやってきた「赤いきつね」に、一同感激し、みんなで回し食い。見よ、この至福の笑顔。この写真を誰か「マルちゃん」に送ってやってください。

c0035682_2024264.jpg

c0035682_20241157.jpg


 あらかた楽屋のセッティングを終えて、ホールに入ると、迷彩服の若者達が働いている。今日のライブは、国境警備隊の人達も舞台の設営などにボランティアで参加してくれている。本当に街ぐるみでこのライブを盛り上げようとがんばってくれている。本番直前、いつものように宮沢はポーランド語のMCを一生懸命練習している。今回は5カ国全て言語が違うから、本当に大変の一言につきる。ポーランドでの共演者、トメック・マコビェツキは昨日プシェミシルにマネージャーのアニャと2人で入ってくれた。楽屋でのインタビューがこちらに載っています。


c0035682_20242226.jpg

 開場時間。体育館には町中の人がやってきたの?というくらいに、多種多様な人々が訪れていました。約1300人近くの人が入ったそうです。ライブが始まると、なんだか異様な盛り上がり。ウクライナとの国境にあるこの小さな街プシェミシルでは、ロックコンサートというものに触れたことが無いであろう人達ばかり。反応が今までのコンサートとは全く違う。静かな曲の時にも、子供達がざわざわとしている。観ていた私は、すごく戸惑った。でもすぐにこの感覚がつかめた。あぁ、今までTHE BOOMが3年間野外で全世代に向けてやってきたライブ、あのときの肌触りに近い。土地土地によって、年齢層もお客さんのタイプも全く違う。なにせ今回は国まで違う! そう感じたその頃から、客席の反応も徐々にヒートアップしてきて、最後にはやはりこのバンドのペースに客席が巻き込まれていった。

c0035682_20243342.jpg

 アンコールで登場したトメック(ポーランド人なら誰もが知ってるロックシンガー。22歳!)に、客席も大興奮。トメックは宮沢と目を何度も合わせながら「ひとつしかない地球」を美しい日本語で熱唱してくれた。
 ライブが終わったあと、急いで出口に設置したCDとTシャツを販売するための机で、「プイタ!!(ポーランド語で「CD」という意味)プイタ!!」と叫んでいると、「5枚ちょうだい」と言ってくれた男の子、「今日のライブの曲はたくさん入ってる!?」と興奮しながら話しかけてくれた女の子など、たくさんの人が集まってくれた。楽屋に戻り、宮沢にそんな反応を伝えつつ、弾き語りコーナーの時のことを話すと、「うるさいのは気にならないよ、俺。国も地方も違うんだから、反応が様々なのは当たり前。俺はベストを尽くす。今日の弾き語りはすごく満足がいく歌が歌えたよ」と言っていた。
 バンドメンバーも今日は様々な感想を持っていたと思う。高野さんの日記を読んで感じることも沢山ありました。高野さんの日記を読むと、泣かされて、奮起させられます。
by miyazawa-sick05 | 2005-02-09 20:32
 

 
 

最新のトラックバック

もう古いとらばになります..
from ヒナタにただあたりに
宮沢和史、ロシアでの記者会見
from Clue
みんなで創り上げるということ
from 情報の溜り場 ~無駄に書き留..
ミヤに会いに宮島に行って..
from TEENAGE FANCLUB
EURO ASIA ~M..
from MIYAZAWA/THE B..
好きなアーティスト
from Otog
宮沢和史 コシカ / ひ..
from メメント・モリ 
宮沢和史『EURO AS..
from puppy dog〜負け犬の..
宮沢和史 present..
from 俺は音楽家!
☆☆☆R25宮沢和史☆☆☆
from n☆a☆o diary
 

ファン

 

記事ランキング

 

ブログジャンル

 

画像一覧

 
 

excite music exciteホーム ミュージックトップ サイトマップ