PROFILE

宮沢和史

THE BOOMのボーカリスト。ソロ・アルバムはこれまでに4枚をリリース。海外でのリリース、ツアーも活発に行ない、一昨年にはヨーロッパ、昨年は南米ツアーを敢行。
ベストアルバムも昨年ブラジル、アルゼンチン、ヨーロッパでそれぞれ発売。「島唄」は国境を越え、今回のツアー先である東欧各国でも愛されている。

INFORMATION

★ライブ

【MIYAZAWA-SICK '05】
1月28日(金)
フランス・パリ 日本文化会館
1月29日(土)
フランス・パリ 日本文化会館
2月1日(火)
ブルガリア・ソフィア 国立文化宮殿
2月4日(金)
ポーランド・プシェミシル
プシェミシル市体育館
2月6日(日)
ポーランド・ヴロツワフ
IMPART HALL
2月9日(水)
ロシア・ モスクワ
ゴーリキ記念モスクワ・
アカデミック芸術劇場
2月10日(木)
ロシア・モスクワ クラブB2
2月12日(土)
イギリス・ロンドン
ICA Theatre "Future World Funk Night"
2月23日(水)
大阪・フェスティバルホール
2月25日(金)
東京・渋谷公会堂

大阪公演詳細

2月23日(水)大阪・フェスティバルホール
開場=18時15分/開演=19時
チケット=6,300円(全席指定・税込)
一般発売日=12月19日(日)
問=キョードー大阪
06-6233-8888(10時〜19時)

東京公演詳細

2月25日(金)東京・渋谷公会堂
開場=18時15分/開演=19時00分
チケット6,300円(全席指定・税込)
一般発売日=12月19日(日)
問=ディスクガレージ
03-5436-9600(平日12時〜19時)

【大阪・東京公演】

※6歳未満入場不可。※小・中・高校生のお客様は、割引いたし ます。チケットをご購入の上、当日入場時に身分証明書を提示してください。3,000 円をご返金いたします。
 
★リリース

宮沢和史作品
MIYAZAWA-SICK

『MIYAZAWA-SICK』
TOCT-24930
[ この商品を購入する ]
SPIRITEK

『SPIRITEK』
TOCT-25275
[ この商品を購入する ]
THE BOOM作品
百景

『百景』
TOCT-25378
[ この商品を購入する ]
 

ブルガリア・ソフィアに到着――1月30日

c0035682_2154520.jpg

 まだ日も昇らない早朝7時。ホテルを出発してフランスからブルガリアへ。エールフランスの機内食は、ちゃんとフランス料理でした。ちなみにローストビーフ。っていうかローストビーフはフランス料理なのか?
 飛行機に乗って2時間半後、窓から見えてきたのは一面の雪景色! 想像以上に寒そう……。ソフィア空港に到着し、飛行機から降りると、パリとは比べモノにならない寒さ! 「身を切る寒さ」とはまさにこのこと。

 空港では3週間ぶりに在ブルガリア日本大使館の山岸さんと、通訳のニコリーナさんに再会。このふたりに再会できるということだけで、ブルガリアに来るのが楽しみでした。
※1月上旬のブルガリア・ソフィアへの訪問については、このヨーロッパツアーについてまとめたページ“MIYAZAWA-SICK '05 travelogue”をご覧ください。


ソフィア第18高校の校長先生も空港まで来てくれました。
c0035682_216167.jpg

 税関を通って外に出ようとすると、聞き覚えのあるメロディーが聞こえてきました! なんとそこには前回訪問したソフィア第18高校の生徒さんたちが「島唄」を歌いながら出迎えてくれていたのです! あまりの驚きに、MIYAZAWA旅団一行はぼーぜんとしています。笑顔の素敵な校長先生も来てくれていて「みんなコンサートを楽しみにしていますよ」とにっこり。日本からこんなにも遠く離れた国で、こんなにたくさんの人が待ってくれてるなんて、なんて幸せな事なんだろう。 さらには、ブルガリア国営テレビまで私たちの到着を待ち受けていました。宮沢和史はブルガリアのヨン様か? それくらいの盛り上がりでした。こちらの記事を見てください。見出しが「JAPANESE MUSIC STAR RETURNS TO SOFIA」! STAR!?


c0035682_2163260.jpg

c0035682_2165095.jpg

c0035682_217825.jpg

 車に荷物を載せて、一路ホテルへ。ホテルでもサプライズが待っていました。ブルガリアの伝統音楽を継承しているグループが「ぜひMIYAZAWAにこの音楽を聴いて欲しい」とホテルのロビーで待っていたのです。
 突然始まった演奏会。羊の胃の皮でできたバグパイプのようなブルガリアの伝統楽器「ガイダ」と縦笛の「カバル」や太鼓など、ヨーロッパと中近東が混ざりあったような音色、つまりまさにブルガリアの歴史と重なる伝統音楽なのです。
 最初は「聞かせる」タイプのゆっくりとした音楽が、最後には太鼓を駆使した誰もが踊らずにはいられなくなる、ダンスミュージックに。口笛も合いの手で入り、これはまさにカチャーシー! 宮沢はもちろん、メンバー、スタッフ、ホテルの従業員までもが輪になって踊り出しました。
 演奏が終わって、グループのリーダーが、「ブルガリアはいろんな国の文化が混ざり合う、まさに交差点のような国です。ギリシャ、マケドニア、ルーマニア、トルコ……。お互いに影響しあって、“バルカン音楽”ができるのです。MIYAZAWAにぜひ聴いてもらいたかった」と説明してくれました。「もちろんMIYAZAWAのライブも行くよ!」とにっこり。ブルガリアに到着してまだ2時間も経ってないのに、起こることの濃さといったら目が回りそうです。

 夕食は大使館のみなさんが招待してくれた、ブルガリア料理の食事会。素敵な一軒家のレストラン。臓物スープや、チーズ、パプリカを炒めたもの、そして最後には、やはりブルガリアといえばヨーグルト! ということで、おなかいっぱい頂きました。

 さて、ここで濃い一日もおしまい、と言いたいところですが、最後に予想だにしなかった出来事が! レストランの外に出ると、乗ってきたハズのマイクロバスが忽然と消えているではないですか! ドライバーさん顔面蒼白……。どうやら、というか間違いなく盗難にあった模様。結局タクシーを呼んでホテルへ帰ったものの、ドライバーさんのことを考えると……。波乱含みのブルガリア初日でした。
by miyazawa-sick05 | 2005-02-01 21:09
 

 
 

最新のトラックバック

もう古いとらばになります..
from ヒナタにただあたりに
宮沢和史、ロシアでの記者会見
from Clue
みんなで創り上げるということ
from 情報の溜り場 ~無駄に書き留..
ミヤに会いに宮島に行って..
from TEENAGE FANCLUB
EURO ASIA ~M..
from MIYAZAWA/THE B..
好きなアーティスト
from Otog
宮沢和史 コシカ / ひ..
from メメント・モリ 
宮沢和史『EURO AS..
from puppy dog〜負け犬の..
宮沢和史 present..
from 俺は音楽家!
☆☆☆R25宮沢和史☆☆☆
from n☆a☆o diary
 

ファン

 
 

ブログジャンル

 

画像一覧

 
 

excite music exciteホーム ミュージックトップ サイトマップ