PROFILE

宮沢和史

THE BOOMのボーカリスト。ソロ・アルバムはこれまでに4枚をリリース。海外でのリリース、ツアーも活発に行ない、一昨年にはヨーロッパ、昨年は南米ツアーを敢行。
ベストアルバムも昨年ブラジル、アルゼンチン、ヨーロッパでそれぞれ発売。「島唄」は国境を越え、今回のツアー先である東欧各国でも愛されている。

INFORMATION

★ライブ

【MIYAZAWA-SICK '05】
1月28日(金)
フランス・パリ 日本文化会館
1月29日(土)
フランス・パリ 日本文化会館
2月1日(火)
ブルガリア・ソフィア 国立文化宮殿
2月4日(金)
ポーランド・プシェミシル
プシェミシル市体育館
2月6日(日)
ポーランド・ヴロツワフ
IMPART HALL
2月9日(水)
ロシア・ モスクワ
ゴーリキ記念モスクワ・
アカデミック芸術劇場
2月10日(木)
ロシア・モスクワ クラブB2
2月12日(土)
イギリス・ロンドン
ICA Theatre "Future World Funk Night"
2月23日(水)
大阪・フェスティバルホール
2月25日(金)
東京・渋谷公会堂

大阪公演詳細

2月23日(水)大阪・フェスティバルホール
開場=18時15分/開演=19時
チケット=6,300円(全席指定・税込)
一般発売日=12月19日(日)
問=キョードー大阪
06-6233-8888(10時〜19時)

東京公演詳細

2月25日(金)東京・渋谷公会堂
開場=18時15分/開演=19時00分
チケット6,300円(全席指定・税込)
一般発売日=12月19日(日)
問=ディスクガレージ
03-5436-9600(平日12時〜19時)

【大阪・東京公演】

※6歳未満入場不可。※小・中・高校生のお客様は、割引いたし ます。チケットをご購入の上、当日入場時に身分証明書を提示してください。3,000 円をご返金いたします。
 
★リリース

宮沢和史作品
MIYAZAWA-SICK

『MIYAZAWA-SICK』
TOCT-24930
[ この商品を購入する ]
SPIRITEK

『SPIRITEK』
TOCT-25275
[ この商品を購入する ]
THE BOOM作品
百景

『百景』
TOCT-25378
[ この商品を購入する ]
 

MIYAZAWA-SICKライブ・パリ初日――1月28日

MIYAZAWA-SICKライブ・パリ初日――1月28日_c0035682_1533799.jpg

MIYAZAWA-SICKライブ・パリ初日――1月28日_c0035682_15335664.jpg

 いよいよ、本当の意味でのツアー初日、パリでのライブです。
 午後、会場である日本文化会館に到着。チケットは完売! お客さんは日本人とフランス人が半分ずつぐらいという感じです。続々と入場してくるお客さんにツアーのスタートを実感します。
 

開場します!
MIYAZAWA-SICKライブ・パリ初日――1月28日_c0035682_1534922.jpg

 ライブは20時40分に始まりました。まずはCATIAさんがふたりのミュージシャンとともに登場し、ポルトガル語で、ボサノヴァ・スタイルでカバーした「島唄」を含む5曲を歌いました。
 続いて宮沢和史MIYAZAWA-SICKが登場。一昨年のヨーロッパ・ツアー、昨年の南米ツアーと、一緒に海外ライブを続けてきたこのバンドは強力です! 
※MIYAZAWA-SICKのギタリスト、高野寛さんがご自身のサイト内のツアー日記にもこのライブの感想を書いてますので、ぜひチェックしてください。
 

MIYAZAWA-SICKライブ・パリ初日――1月28日_c0035682_15341940.jpg

MIYAZAWA-SICKライブ・パリ初日――1月28日_c0035682_15342896.jpg

 アンコールを求める、拍手とフロアを踏みならす足音には本当に感動的でした。アンコールではCATIAとともに前日にレコーディングしたばかりの新曲「ひとつしかない地球」を初披露。ポルトガル語と日本語のデュエットです。


MIYAZAWA-SICKライブ・パリ初日――1月28日_c0035682_15343877.jpg

 大歓声の中、ライブが終わりました。私は急いでCDとツアーTシャツを売るためにロビーへ。CDは昨年10月にヨーロッパでリリースされた、ヨーロッパ独自編集の宮沢和史ベストアルバム『TOKYO STORY』です。
 お客さんから「今日のライブでやった曲はこのCDに入ってるの?」と訊かれた(と思う)ので「ウィ!」と答えてみた。そしたら、なんとなく通じた! それからはお客さんたちにとにかく「メルスィ!」を連発していたら、勢い余って日本人のお客さんにも「メルスィ!」と言ってしまい、プッと笑われました……。


MIYAZAWA-SICKライブ・パリ初日――1月28日_c0035682_15345123.jpg

 CDもあと残り数枚という時に、写真の女性が近づいて来て、「このCDをちょうだい!」と英語で話しかけてきました。彼女はすごい勢いで話し始め、「私はセネガル出身で、今はフランスに住んでいるの。今日の『島唄』でMIYAZAWAのMCに感動して涙が出たわ。セネガルでは黒人が大量虐殺された歴史があるの。オキナワの歴史ととても重なるものを感じたわ。他の曲もアグレッシヴで最高のライブ! 明日は当日券が出るのかしら? 絶対に明日も来るからね!」と言ってくれました。彼女はミュージシャンだと言い、「いつかMIYAZAWAと一緒にやりたいわ!」と去っていきました。私は泣きそうになりました。
 楽屋に戻ったあと、宮沢にその話を伝えると「俺のフランス語のMC、通じてたんだね」と嬉しそうでした。

 初日にして最高潮のライブ。恐るべし!
by miyazawa-sick05 | 2005-02-01 15:47
 

 
 

最新のトラックバック

 

ファン

 

記事ランキング

 

ブログジャンル

 

画像一覧

 
 

excite music exciteホーム ミュージックトップ サイトマップ