exciteブログ ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
PROFILE
5月生まれ。9歳の時、家族でニューヨークに移住。
97年1月、Ryuichi Sakamoto featuring Sister M名義でデビュー。
99年、本名で本格的に音楽活動を開始し、映画「鉄道員」の主題歌、そしてフルアルバム「DAWN PINK」をリリース。
05年11月16日、Honda企業CMに使用されている『The Never Ending Story』をリリース。
現在、音楽活動に加え、連載や映画評などの執筆、翻訳、ジュエリー・ブランド「aquadrops」のプロデュースなど 創作の幅を拡げ、日本/NYを行き来しながら猫と一緒に音楽漬けの生活をしている。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
INFORMATION
ニューアルバム『Zoy』発売中!
『zoy』

MIU SAKAMOTO MY SPACE

坂本美雨がプロデュースするジュエリー「aquadrops」ネットストア

"フジロック出演決定"
フジロックフェスティヴァルに、
おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)として 出演します。
是非遊びにいらして下さい

<FUJI ROCK FESTIVAL 09>

会場:新潟県苗場スキー場(新潟県湯沢町三国202)
7月25日19:45~(予定)
@AVLONステージ

詳しくは、 オフィシャル・サイトまで。

「横浜開港150周年 開国博 Y150」
開国博『Y150』のパビリオン内で上映される
スーパーハイビジョン映像作品
「gift~未来へのおくりもの」テーマソングの作詞・歌を担当しました!

http://event.yokohama150.org/

場所:ベイサイドエリア/スーパーハイビジョンシアター

日時:4月28日(火)~9月27日(日)
10:00~22:00(1時間に3回上映予定)

詳しくは、 オフィシャル・サイトまで。

<ZIP-FMレギュラー番組>
『中部電力 Future Standard』
ZIP-FM(ラジオ)
毎週日曜日/9:35~9:50

名古屋のFMラジオ、 ZIP-FM [77.8MHz] でレギュラー番組をナビゲートしています。
メッセージ募集中です!

詳しくは、 オフィシャル・サイトまで。


アイスランドに行ってきました。
PAPER SKY(NO.27)の特集で掲載されています。
『PAPER SKY』

CLICK!?アイコン
「デコレ村の絵文字たち」

【sorato for au design project】
'sorato' for au design project
/Takagi Masakatsu+Miu Sakamoto
『sorato』
iTUNES Music Storeで配信が始まりました。
また、日本国内モバイル配信は、レーベルモバイル、ドワンゴ、ハドソン、ツタヤオンラインでも5月21日から開始されました。

詳しくは、 オフィシャル・サイトまで。


川井憲次コンサートDVD発売
◆川井憲次さんの集大成として 昨年11月に行われたコンサート、 「川井憲次コンサート2007 Cinema Symphony」の LIVE DVDが発売されます。 サカモトもゲスト出演し、2曲唄っています。

amazonで購入する


細野晴臣 STRANGE SONG BOOK/V.A. -Tribute to Haruomi Hosono 2-
2008年1月23日発売(¥3999税込)
RZCM-45783~4/B
教授のレーベルcommmonsからリリースされる、 細野晴臣さんのトリビュート・アルバムの第2弾に参加します。
サカモトは、蓮実重臣さんと一緒に参加します。


詳しくは、オフィシャル・サイトまで。


“せかいでいちばんあたまのいいいぬ ピートがっこうへいく”
矢野さんと一緒に絵本の和訳をしました。

NY在住の実力派デザイナー・イラストレーターで、 人気ブランド「ケイト・スペード」とのコラボレーションでも有名な マイラ・カルマン著の、とっても楽しい絵本です。

10月以降より店頭に並ぶ予定ですが(日程未定) アマゾンにて予約が始まりました。

「せかいでいちばあたまのいいいぬ」
¥1890(税込)
出版社:リトル・ドッグ・プレス
発売日:10月25日

購入はこちら!

詳しくは、オフィシャル・サイトまで。


坂本美雨の着うた(R)・着うたフル(R)を好評配信中!
着うた(R)サイト『Excite Music』では「THE NEVER ENDING STORY」をはじめ、着うた(R)・着うたフル(R)を好評配信中です!
是非アクセスしてみてください!
◆アクセスURL
http://music.excite.co.jp/
◆QRコード
QRコード

iTUNES MUSIC STOREにて配信決定!
5月24日リリースのニューアルバム“Harmonious”よりの9曲に DJ CLAZZIQUAI による「The Never Ending Story」の リミックスをiTUNES限定トラックとして新たに加えた 特別アルバムの配信が決まりました。

是非チェックしてください♪
D/L価格:¥150(1曲)/¥1500(10曲アルバム)
配信開始:6月14日予定

詳しくは、オフィシャル・サイトまで。

12月12日、NEWアルバム発売決定!
「朧の彼方、灯りの気配」
YCCW-10041/ ¥2,000(Tax in)
『朧の彼方、灯りの気配』
「朧の彼方、灯りの気配」発売中
YCCW-10041/ ¥2,000(Tax in)

SPECIALコンテンツはコチラ


『Harmonious』 発売中!
『Harmonious』
YCCW-10024/ ¥2940(Tax in)
購入はこちら!

「The Never Ending Story」
シングルCD発売中!
The Never Ending Story
2005.11.16発売 CCW-30004
1,050(税抜価格1,000)
購入はこちら!

坂本美雨 NEWS LETTER配信!
春には、ニュー・アルバムの発売も決まったり、ワンマン・ライブも予定している坂本美雨の情報を、いち早く早くお届けする予定です。
配信には、登録が必要になりますので是非登録してください!
登録は、坂本美雨オフィシャル・サイトより!

坂本美雨へのメッセージはコチラへ
aquascape@miuskmt.com
LINK
CATEGORY 
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

カテゴリ:books・movies( 53 )
『七人の侍』を観なおし、
かっこよすぎてニヤニヤしっぱなし。

久蔵〜〜ラブ〜〜〜
『まるでキノコでも取りに行く様に種子島を取りに行った男』!!



夜、ジュリー・デルピーが監督・主演した
『2 days in Paris』を観に、
おなじみ、Angelika Film Centerへ。

奔放なフランス人女性と神経質なアメリカンのカップルの
価値観のズレがおかしい、ラブコメ。

ストーリーはシンプルすぎるけど、
ジュリー・デルピーらしい、ガーリーな映画。いい意味で。
会場にいる人々がそれぞれのツボで笑っていて
とてもいい雰囲気だった。


眠れなくて、
ブローディガンの『西瓜糖の日々』を読み返し、
途中でなぜか大江健三郎の『静かな生活』の話が
どういう結末だったかどうしても気になって読み返し、
白州正子の『風姿抄』を読み始める。


ある、映画の日_f0064823_21103831.jpg



しかし『Mr. & Mrs. Smith』のDVDがうちにあったので
朝7時から観てしまい、脱力。

(母よ、、、何故買ってあったの…?)

いえ、私はアンジェリーナのファンですから
その後腹筋腕立てに励んだのは言うまでもありませんが。



ある、映画の日_f0064823_2110558.jpg


うちのプーは、映画見ようとソファに座ったとたんに
もう隣にいる(笑)。
激しいゴロゴロとともに
ひとしきりモミモミしたあと(←飼ってらっしゃる方にしかわからない表現)
眠ってしまう。
そして必ずどこか体の一部をくっつけているので身動きが取れず。

それにしてもこれは乙女を放棄しすぎ。




ふくとごま ブログの、めめのシャンプー姿・・・萌え死に。
by miuskmt | 2007-08-23 21:18 | books・movies
3ヶ月いないと、街にあちらこちらが変わっている。

とてもとても好きだったレンタルビデオ屋さんが、
つぶれてた。

ウエスト・ヴィレッジも、終わった。
と思った。



10年以上通っている映画館 Angelika Film Centerで
ナタリー・ポートマンの「GOYA's GHOSTS」を観ようと思ったら
別の映画館にうつっていたので、
『Becoming Jane』を観ました。


「高慢と偏見」「エマ」などを残した
作家ジェーン・オースティン(1775 - 1817)自身の
一生に一度の恋を描いた映画。

結婚することなく、ひたすら書き続けた人。

主人公は『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイ。
…かわいすぎます。
(前半はハサウェイのかわいさでもっているような…)
あの首のライン。お人形さんの瞳。

そしてジェーンが好きになる弁護士見習い役の
James McAvoyがものすごくセクシー。

しかしやはり ものづくりをする女性の姿を描いた
物語に、弱いです。

甘えてるんじゃない、と自分に喝がはいります。

(なまりがきつい+古風な英語が時折聞き取れず、くやしい・・・。)

ジェーン・オースティン。_f0064823_193878.jpg

by miuskmt | 2007-08-18 01:26 | books・movies
先日。
歌入れがスムーズに終わったので
夜 ヒマになり
ずっと観たかった
アキ・カウリスマキ監督の
『街のあかり』をやっと観にいけました。


抱きしめたい映画だった。

ものすごく静かに深く 愛に飢えている主人公が
なにが起こっても淡々と生き抜いていて。
テーマは「希望が灯る」ことだけれど
希望が降ってくるわけじゃなくて
それは最初から確かにそこにある、彼の中の灯りで。
ほんとうに、愛おしい映画。
愛おしい主人公だった。

そして、彼の 独特の間とか 色合いとか
ん?っていう長まわしとか、
ほんとツボでした。
by miuskmt | 2007-08-11 23:44 | books・movies
本谷由希子さん原作の、
現在公開中の映画
『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』
…衝撃的でした。

すげーーー!

佐藤江梨子さん主演。
サトエリさん、じつは何年も前からずっと気になってる人。
このひとぜったい変な人だな、、、って。
雑誌「KING」の文学連載とか、おもしろすぎる。

あんなに美しい人なんだけど、
脳内毒がたくさんありそうでシンパシーを感じてしまう。
惹かれてる人です。


“注目の新人映画監督”役に
なんと明和電機の土佐社長・・・!
山本浩司さんも、またまた持っていっちゃうし。


この映画、ほんとに、不思議なリズム。
すごい、プレッシャー。
だらりとした田舎の空気の中で、
人間の存在や不在、
そこに居ないのに強烈な威圧感に押しつぶされてる。

しかし、見終わって、
ほんとうに爽快な映画だった。
人と人がちゃんとぶつかって、
爆発的エモーショナル。


チャットモンチーの主題歌を口づさみながら、
興奮して帰ったのでした。

これは、試写で見せていただいたんだけど、
今 公開中なので、
ぜったい、もう一回観にいくつもり。


* * *
by miuskmt | 2007-07-20 04:45 | books・movies

いいかげんに自分を本好きと認めなきゃいけないかもしれない。

さも、物に執着は無いですみたいな顔しているが
好きな本がそばにないと不安。
ちょっとさみしくなるとすぐ本屋徘徊して
買い込んでしまう。

これは、編集者の祖父の血か。
しかし、おじいちゃんと本の距離はどんなものだったのだろうか。
所有することには興味はなかっただろうか。
…でも、膨大な本の詰まった書庫があったな。
あの書庫がひとつの憧れの風景になってしまっている。


今まで、物を増やすまいとして
本棚は買わないんです、と自分に言い聞かせてきたけれど
もう限界です。

本の山が崩れて足の指に当たったり
本の角でスネを擦りむいたり。

でも捨てるなんてできない。
伊坂幸太郎、星新一、谷川俊太郎、村上春樹、花村萬月、
小川洋子、中原中也、宮本輝、池澤夏樹(あら、春樹と夏樹だ)、
ばななさん、後藤繁雄さん…
所有していたいものばかり。

友達が、引っ越しのため
本格的に身軽になりたいと、
一生モンと思って買ったベッドを売り
本もどんどん処分していった時には
ほんとにすごいと思った。
本だけは捨てられないと思っていたが
やればできるものなのかもしれない。

…と、思いつつ、
やっぱり本を積んでおくラックを買ってしまった。


でもねー 漫画は買わないように、自粛しているのです。
(あ、『ばか姉弟』以外。)
手塚治虫や『のだめ』や『ピアノの森』や『20世紀少年』‥
全部うちに並べたいけど
どんどん増えてしまうものだから、これだけはガマンして、
どうしても読みたいときに、
持ってる人のうちに行く or 漫画喫茶へ行く。


最近 感動したのは古谷実氏の『わにとかげぎす』。
この間出た4巻で完結したのですが、
涙したのです。
この作品を生むのに、作者がどれだけ身を切ったのかと・・・


あと松尾スズキさんの『クワイエットルームへようこそ』
痛く、笑った。
鬱をわずらった、ごく真っ当な神経の持ち主の、物語。
なんで、わかるの?松尾さん。という感じでした。


さてこれからコーヒーを煎れて
たのしみにとっておいた
村上春樹著訳『ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック』を読むのです。

むふふ。
by miuskmt | 2007-07-19 22:52 | books・movies

ASTALAVISTAというフリーペーパーに
エッセイを依頼されたのをきっかけに、
フランスで生まれたアニメ映画
『王と鳥〜Le Roi et l'Oiseau』を、観た。

ポール・グリモーとジャック・プレヴェールによる
アニメーション映画で、
1952年に『やぶにらみの暴君』という題名で
2人の意に沿わない形で発表され、
随分あとに『王と鳥』に改名された。
制作から60年近く経っている。

その『王と鳥』が4月4日にジブリからDVD発売された。

“戦争直後に作られた”、
また、“ジブリの原点である”ということは
聞いていたのだけど、
なんの先入観も無く、深読みせずに、観た。

でも見終わったら、うーーーん
何を書こうか本当に困ってしまった。
誰が何を象徴している、と分析もできないし、
オススメです!と一方的にも書けない。
個人的な記録としてしか、書けなかった。

しかし本当に観てほしい。

抑圧からの解放というテーマを扱っているものの、
キャラクターのさまざまな行動や、背景や、表情から、
一方的に「悪」を「悪」としては思えない何かがあったり、
純粋さがとんでもない方向へ向かっていったり、
「知らないこと」の恐ろしさも感じるし、

『この国は、罠だらけだ』
と、鳥は警告する。
でもその罠は、決して「悪」だけではないと思うのだ。

『王と鳥』公式サイト


いろいろと考えているうち、ふと、
女優アンジェリーナ・ジョリーの肌に刻まれた
『What nourishes me destroys me』
”自分の滋養となるものが、同時に自分を破壊する”
という意味合いのラテン語の入れ墨を思い出した。
by miuskmt | 2007-04-09 04:22 | books・movies


菊池凛子さんと寺島進さん主演の
『空の穴』をひさしぶりに観た。

ずいぶん前に観て、
最初はふに落ちなかったのだけど
じわじわと痛く、なんか好きだったと思い出し、2回目。


菊池凛子さん、
この時はまだ菊池百合子さんだったけど
この"妙子"の菊池さんがすごく引っかかる存在で。

見てるとすごくイライラしたり、
でもふとした目線にゾクッとしたり。

コロコロ変わるんだけど
つかみ所が無いっていうわけでもなくて。

女の人って二面性どころか二十面くらい持っているから
それが、リアル。

これは、"妙子"の魅力じゃなくて
菊池さんがもともと持ってる魅力じゃないか、と思った。
(演じてる人にそんなこと言ったら本末転倒かもしれないけど)

"穴"の向こう側。

周りに、リセットの風が吹いてる。

* * *
by miuskmt | 2007-03-29 02:23 | books・movies


今月の『ダ・ヴィンチ』は、伊坂幸太郎さん特集。
見た瞬間に、レジの前に立っていました。


伊坂幸太郎作品が、大好きです。


言いたくて言いたくてウズウズしてるのに
どれだけ好きかを説明するのはものすごくしんどくて、
全部伝えたいから
10伝わらないなら1も言いたくない、
そう思っちゃうくらい。


最初は姉貴分に勧められて。
彼女が描写してくれた「黒澤」という人物に惹かれて
読み始めたら、
あっという間に恋に落ちてしまった。


伊坂さんの作品は、好きすぎて、
全作品マイナス1、読んでいる。
その最後の、読んでない一冊をなかなか読めないでいる。
全制覇してしまうのが寂しくてしょうがないから。

私は“作家読み”が癖なので
好きになったら執着心といえるくらいの熱をもって
その人の全作品を読破することが多い。
(去年は小川洋子さん、その前は花村萬月さんだった)

まだ文庫本になっていない過去の単行本は
大型書店にしか在庫が残っていなかったりするので、
一冊一冊自分の足で探し回るワクワクったらない。

もちろんamazonでワンクリックで買って
二日後には送料無料で自宅に届く、というシステムも
普段はよく利用するけれども
好きすぎる人の作品は、ほとんど足で探す。
ワンクリックで手に入れてはいけない気がして。

本を手にして、
“この人の脳みそをもう1ページ開ける”と、
待ちきれない思いでめくる…
それが無くなるのが、悔しくて、
伊坂さんの過去の作品は、一冊だけ、まだ読んでいない。


『オーデュボンの祈り』や『重力ピエロ』は
何度も読み返してすでにぼろぼろだし
『アヒルと鴨のコインロッカー』は何回読んでも
おなじところで泣く。

私は夢みがちな少女でもなんでもないのだが、
伊坂作品の登場人物には、
恋をしています。


初夏に公開になる(仙台のみ5月)、
映画版『アヒルと鴨のコインロッカー』も楽しみでなりません。


それにしても『ダ・ヴィンチ』はおもしろい。

本が好きでよかった。

伊坂さんがいて本当によかった。
by miuskmt | 2007-03-08 01:06 | books・movies
食の空間 のマジシャン達がいます。

小岩里佳さんと三原寛子さん。
2人の女性による料理ユニット南風食堂

様々なイベントや展覧会やパーティーで
そのテーマに沿った「食」だけでなく
「空間」をケータリングしてしまう人達。

その南風食堂さんによる、「スープの本」の発売記念で
『Three Soup Gathering』というスープの会があった。

スープの会_f0064823_637319.jpg


場所はkurkku(クルック)。
友人の森本千絵ちゃんがデザインした
レストラン、雑貨屋さん、植物屋さん、本屋さん、カフェ
という5つの空間からなる、
気持ちのいいビル。


この本は、南風食堂の2人があみだした
オリジナルのほくほくスープがいっぱい載っていて、
イラストは、先日新風社から創刊された詩の本「未来創作」でも
コラボしたイラストレーター・大塚いちおさん。
スープの会_f0064823_7113239.jpg


そして写真は、ものすごぉぉぉく美人で
その女性的なやわらかさのある写真はもちろんのこと
被写体としても素晴らしいと思われる中川正子さん。

なんともかわいいスープ本です。


今日のスープの会のメニューは
この本に載っているレシピのうちの3つ。

「いか団子とれんこんのスープ」
「牛すね肉とごぼうのス−プ」と、
これ、「さといもと酒粕のスープ」。
スープの会_f0064823_7114627.jpg


んまいっっっ。
とくに「いか団子〜」がたまんない。
これはそっこーうちで作ってみるしかない。


友達ととりかえっこして3種類とも味わい、
心身ともにあったまって
千絵ちゃん達とkurkkuの屋上でぼーーっとした。

夕方の”すきま”の時間を、
ちょっと湿った土の上で。

この余韻もふくめて、
南風のマジック。


* * *

スープの会_f0064823_7103865.jpgちなみに。
今月のデザインノートの”アートディレクターとミュージシャンの関係”特集で千絵ちゃんと対談しています。
恋のような出逢いの話を。




*今日の友*
Polaris
”流星”
by miuskmt | 2007-02-17 01:20 | books・movies

昨日は、Angelika Film Centerで
エドワード・ノートンとナオミ・ワッツ主演の新作
『The Painted Veil』を観た。


この映画館もずいぶんひさしぶり。
相変わらずここの映画のセレクトはセンスいいので
ダウンタウンの映画好きが集まっていて良い雰囲気。
土曜日の夕方なのでとても混んでいる。

Cate Blanchetteの新しいのか、これか迷って、
題材でこっちに決める。

原作はサマセット・モーム 「五彩のヴェール」。
監督はジョン・カーラン。
エドワード・ノートンとナオミ・ワッツ、
この2人が主演にも関わらず、インディペンデント映画で、
主演の2人がプロデュースもしている。


ある夫婦の物語。
お嬢様のキティと寡黙な医学博士のフェーン。
一組の男女が「夫婦」というものになって
それぞれの成長によって
その関係が大きく変化していく様は
常に緊張感があって見事だった。

中国の田舎の
美しい風景の中で。






もう、あと数時間で東京へ出発。


猫たちと離れたくないな・・・
by miuskmt | 2007-01-28 19:52 | books・movies
Copyright ©1997-2005 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム