exciteブログ ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
PROFILE
5月生まれ。9歳の時、家族でニューヨークに移住。
97年1月、Ryuichi Sakamoto featuring Sister M名義でデビュー。
99年、本名で本格的に音楽活動を開始し、映画「鉄道員」の主題歌、そしてフルアルバム「DAWN PINK」をリリース。
05年11月16日、Honda企業CMに使用されている『The Never Ending Story』をリリース。
現在、音楽活動に加え、連載や映画評などの執筆、翻訳、ジュエリー・ブランド「aquadrops」のプロデュースなど 創作の幅を拡げ、日本/NYを行き来しながら猫と一緒に音楽漬けの生活をしている。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
INFORMATION
ニューアルバム『Zoy』発売中!
『zoy』

MIU SAKAMOTO MY SPACE

坂本美雨がプロデュースするジュエリー「aquadrops」ネットストア

"フジロック出演決定"
フジロックフェスティヴァルに、
おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)として 出演します。
是非遊びにいらして下さい

<FUJI ROCK FESTIVAL 09>

会場:新潟県苗場スキー場(新潟県湯沢町三国202)
7月25日19:45~(予定)
@AVLONステージ

詳しくは、 オフィシャル・サイトまで。

「横浜開港150周年 開国博 Y150」
開国博『Y150』のパビリオン内で上映される
スーパーハイビジョン映像作品
「gift~未来へのおくりもの」テーマソングの作詞・歌を担当しました!

http://event.yokohama150.org/

場所:ベイサイドエリア/スーパーハイビジョンシアター

日時:4月28日(火)~9月27日(日)
10:00~22:00(1時間に3回上映予定)

詳しくは、 オフィシャル・サイトまで。

<ZIP-FMレギュラー番組>
『中部電力 Future Standard』
ZIP-FM(ラジオ)
毎週日曜日/9:35~9:50

名古屋のFMラジオ、 ZIP-FM [77.8MHz] でレギュラー番組をナビゲートしています。
メッセージ募集中です!

詳しくは、 オフィシャル・サイトまで。


アイスランドに行ってきました。
PAPER SKY(NO.27)の特集で掲載されています。
『PAPER SKY』

CLICK!?アイコン
「デコレ村の絵文字たち」

【sorato for au design project】
'sorato' for au design project
/Takagi Masakatsu+Miu Sakamoto
『sorato』
iTUNES Music Storeで配信が始まりました。
また、日本国内モバイル配信は、レーベルモバイル、ドワンゴ、ハドソン、ツタヤオンラインでも5月21日から開始されました。

詳しくは、 オフィシャル・サイトまで。


川井憲次コンサートDVD発売
◆川井憲次さんの集大成として 昨年11月に行われたコンサート、 「川井憲次コンサート2007 Cinema Symphony」の LIVE DVDが発売されます。 サカモトもゲスト出演し、2曲唄っています。

amazonで購入する


細野晴臣 STRANGE SONG BOOK/V.A. -Tribute to Haruomi Hosono 2-
2008年1月23日発売(¥3999税込)
RZCM-45783~4/B
教授のレーベルcommmonsからリリースされる、 細野晴臣さんのトリビュート・アルバムの第2弾に参加します。
サカモトは、蓮実重臣さんと一緒に参加します。


詳しくは、オフィシャル・サイトまで。


“せかいでいちばんあたまのいいいぬ ピートがっこうへいく”
矢野さんと一緒に絵本の和訳をしました。

NY在住の実力派デザイナー・イラストレーターで、 人気ブランド「ケイト・スペード」とのコラボレーションでも有名な マイラ・カルマン著の、とっても楽しい絵本です。

10月以降より店頭に並ぶ予定ですが(日程未定) アマゾンにて予約が始まりました。

「せかいでいちばあたまのいいいぬ」
¥1890(税込)
出版社:リトル・ドッグ・プレス
発売日:10月25日

購入はこちら!

詳しくは、オフィシャル・サイトまで。


坂本美雨の着うた(R)・着うたフル(R)を好評配信中!
着うた(R)サイト『Excite Music』では「THE NEVER ENDING STORY」をはじめ、着うた(R)・着うたフル(R)を好評配信中です!
是非アクセスしてみてください!
◆アクセスURL
http://music.excite.co.jp/
◆QRコード
QRコード

iTUNES MUSIC STOREにて配信決定!
5月24日リリースのニューアルバム“Harmonious”よりの9曲に DJ CLAZZIQUAI による「The Never Ending Story」の リミックスをiTUNES限定トラックとして新たに加えた 特別アルバムの配信が決まりました。

是非チェックしてください♪
D/L価格:¥150(1曲)/¥1500(10曲アルバム)
配信開始:6月14日予定

詳しくは、オフィシャル・サイトまで。

12月12日、NEWアルバム発売決定!
「朧の彼方、灯りの気配」
YCCW-10041/ ¥2,000(Tax in)
『朧の彼方、灯りの気配』
「朧の彼方、灯りの気配」発売中
YCCW-10041/ ¥2,000(Tax in)

SPECIALコンテンツはコチラ


『Harmonious』 発売中!
『Harmonious』
YCCW-10024/ ¥2940(Tax in)
購入はこちら!

「The Never Ending Story」
シングルCD発売中!
The Never Ending Story
2005.11.16発売 CCW-30004
1,050(税抜価格1,000)
購入はこちら!

坂本美雨 NEWS LETTER配信!
春には、ニュー・アルバムの発売も決まったり、ワンマン・ライブも予定している坂本美雨の情報を、いち早く早くお届けする予定です。
配信には、登録が必要になりますので是非登録してください!
登録は、坂本美雨オフィシャル・サイトより!

坂本美雨へのメッセージはコチラへ
aquascape@miuskmt.com
LINK
CATEGORY 
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

『降りくるもののなかで―とばり』
一昨日、世田谷パブリックシアターで
山海塾の新作『降りくるもののなかで―とばり』を観てきました。


ステージ中央には大きな楕円のプラットフォームがあり、
その中に無数の星が瞬いたり、
マットな質感になったりもする。

それは宇宙の隅っこから覗き込んでいるようにも、
ブラックホールのようにも、銀河のようにも見える。

ステージの背景も、一面、降るような星になる。


いくつかのシーンがあり、
それは何の説明もないけれど、
太陽、惑星、砂漠、誕生、水面、
生き長らえること、"生き物"であること、
星の裏側、時が同じ方向に進むこと、
細胞がぶつかること、
昼が夜になり、また昼になること、
脈略がないけれどそんなことが浮かんでくる。


ぽやーっと引き込まれて、
遠近感も無くなるようでした。


そしてその楕円の上で踊る、
天児牛大氏のソロは、鳥肌でした。

何に対しての叫びなのかうまく言い表せないけれど、
人間みんなが身体の中に持っている畏れに
直に触れられたようで、
言葉にならない震えがくる。


山海塾official site

ココでダイジェスト映像が見れます。


来週はなんと、別の公演を上演。
『時のなかの時―とき』。
楽しみ・・・。


* * *


ところで、このチケットは、
いつもはeplusなどネット販売のヘビーユーザーなのだけど、
一ヶ月前、ついでの用があった時にパブリックシアターの
チケットセンターに直接買いに来ました。


その時に、座席表を見ながら、
どの日にちのその席がまだ空いている…と教えてもらいつつ、
席はもうかなり埋まっていて、
一階の少し端よりの席か、
二階の2列目の真ん中よりの席か、、で迷っていたのです。

私は目がものすごく悪いので、ちょっと端のほうでも
少しでも距離が近いほうを選んでしまうのだけど、

その受付の方が
『この公演は、正面から観たほうがいいので、
二階の真ん中をお勧めします。』と断言してくださったのだ。


実際に公演を観てみてその意味がよく解り、
受付の方のあの時のプロフェッショナルぶりに
改めて感激してしまった。


正面に楕円があるというのが、とても大事だったから。
上から見下ろす、楕円の中の星たち。

楕円のプレートは平たいので、
二階からは、
星で埋まった楕円と
踊る人の関係性を俯瞰で眺めることができる。
そのことでより、宇宙を感じられた気がする。


ただチケットを売ればいい、ということじゃなくて、
それがどんな公演であるかを
その方が把握していてくださったからこそだし、
お客がより満喫できるようにアドバイスするという
プロの仕事をしてくれたんだと思った。


それに、それは勇気のいることだとも思う。
"人それぞれだから"といって何も言わないのは簡単だから。

自分の好みを押し付けないのは大事なことだけれど、
そうなりすぎてもよくないと思う。

自分が強く思うことや、
自分の知識や体験に基づいて言えることは
堂々と言い切ってもいいんじゃないかと。

その方は『一階も、二階の正面も、まぁ好きずきですから…』
と言うこともできたわけだし、
特にこういう公演の場合は本当に好きずきだし、
実際一階の端でも充分楽しんだと思うけれど、

でもやっぱり"ここがいいと私は思う"と、
教えてもらえて、よかった。


小さな出来事を長々と書いてしまいましたが…


公演の素晴らしさと共に、
一ヶ月の時間差で受付の方にも感謝を抱いたのでした。
by miuskmt | 2008-10-05 10:59 | theater/dance
<< やって来ました! ちょうどこれからOAです。 >>
Copyright ©1997-2005 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム