エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ
<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
受粉っていったい、どうすれば??
先日、ミニトマトの花が咲いたことはお伝えしましたが
黄色い花のかわいさ&キレイさにうっとりしすぎて、
肝心の「受粉」を忘れていた私。

気づくと花はすっかり枯れて落ちてしまったのですが、
「そういえば……」と慌てて園芸書を開いてみると、
一番花は確実に受粉させないと、実がなりません
なる衝撃的な記述を発見!

わーっ!せっかくここまで育てたのに実がならなかったら
どうしよう……おろおろ

実は、最近雨が多くて風も強いためミニトマトは
ずっと室内で育てていたのです。
なので、蜂などの虫が花粉を運んでくれるわけもなければ、
風によって自然に受粉……なんてこともなさそう。

支柱を立てる以前、倒れたときの衝撃で受粉してくれてたら
いいのになぁ~と今さらながらムシのいいことを考えたりも。
家の者にその話をしてみたところ、
実は、自分も倒れている苗をひそかに起こしたことがある
との衝撃告白!
そうすると、苗は2~3回は倒れてたことになるわけですね……

受粉っていったい、どうすれば??_b0122120_12405359.jpg


そして先週咲いた花の写真を改めて確認してみたのですが、
どれがおしべでどれがめしべなのか、さっぱりわからない……。 花の中心は先のすぼまった袋状になってるし。
なんでしょうか、この花は。

なので「ミニトマト 受粉」で検索をかけたところ、どうもこの
袋の中におしべとめしべがおさまっていて振動で受粉するとのこと
なんか、こっぱずかしい気もする記述ですがお許しくださいませ(照)。

受粉の方法としては、
「綿棒でこする」「支柱を叩いて振動を与える」などのほか、
「着花ホルモンをスプレーする」なんて方法もあるらしい。

しかし、大玉トマトと違ってミニトマトの場合
なにもしなくても大丈夫」と書いてあるブログなども発見し、
ちょっとだけ安心!!

受粉っていったい、どうすれば??_b0122120_12411553.jpg


そして今日、花が落ちたあとの部分をよーく観察してみると
ものすごく小さな丸いものがポチッとあるような、ないような……。
これが実になるもと? それとも、単に花が落ちたあとの茎??
ああ~っ、どうか実でありますように~~
そう祈りつつ、引き続き様子を見守っていきたいと思います。
by minute_tomato | 2008-04-23 12:45
接ぎ木苗が急生長! 大急ぎで支柱立て
春だというのに、風が強くて肌寒い日が続きますね。

さて、先日外出から帰って「接ぎ木苗」の鉢にふと目をやった
私は衝撃的な光景を目のあたりにしました。
なんと、2本の苗が横向きに倒れそうになっていたのです!
慌てて助け起こしたところ、どうもやっぱり大きくなりすぎて
自分の重さを自分で支え切れなくなったもよう。

接ぎ木苗が急生長! 大急ぎで支柱立て_b0122120_10583890.jpg

そんなわけで、大急ぎで支柱を買いに走りました。


接ぎ木苗が急生長! 大急ぎで支柱立て_b0122120_1059824.jpg

支柱の種類も本当にたくさんあって、またもやどれを選べば
よいのか迷いまくり。が、よく見るとパッケージにミニトマトの
写真が載っている『菜園支柱』というのがあったのでこれに決定。


接ぎ木苗が急生長! 大急ぎで支柱立て_b0122120_10592567.jpg

タテ支柱と、ヨコ支柱の交叉するところにあるジョイントを
ぱちん、ぱちんと次々にはめこんでいきます。
長さ105cmの支柱で、ジョイントは全部で18箇所ありました。


接ぎ木苗が急生長! 大急ぎで支柱立て_b0122120_10594840.jpg

付属品に、針金入りの園芸テープのようなものがついていたので
これで支柱と苗を結びつけてみました。
生長にしたがって茎はどんどん太くなっていくので、
ぎゅっときつく縛りつけるのではなく
「8の字」にしてゆとりをもたせるといいそう


接ぎ木苗が急生長! 大急ぎで支柱立て_b0122120_1101083.jpg

できました!さあ~、これでどんなに大きくなっても
大丈夫!!


接ぎ木苗が急生長! 大急ぎで支柱立て_b0122120_1103682.jpg

そういえば、ここにきて実はひとつ心配ごとが……。
「コンパニオンプランツ」として植えたシソ(プランターの方)が、
なんか日々精気を失っていってるような気がするんですよね~。
植え替え時に上手く根づかなかったのでしょうか…。
全体的にひとまわり縮んで、葉っぱもしょぼーんとしている感じ。
ああ……大丈夫でしょうか


接ぎ木苗が急生長! 大急ぎで支柱立て_b0122120_1105459.jpg

りすも応援しています。がんばれーー
by minute_tomato | 2008-04-17 11:10
いきなりの開花!? そして、初めての「わき芽摘み」
植え替え作業もなんとか一段落し、
せっかくなのでなにか家庭菜園っぽいあしらいをしてみることに。

いきなりの開花!? そして、初めての「わき芽摘み」_b0122120_10533039.jpg

どうでしょう? このテラコッタ製のネームプレート。
いや、ほぼ1種類しか育ててないのでプレートなんぞなくても
何を植えたか忘れる心配はないわけですが。
そのまんま「ミニトマト」と記すのもなんだったので
フランス語(以前、ちょっとだけ習ってザセツした経験あり)で
トマトを意味する「Pomme d'amour(ポム・ダムール)」と
書いてみました。直訳すると「愛のリンゴ」となるそうな。

本来、tomatoの語源は古代アステカ帝国の言葉、
「tomatl=トマトゥル(「膨らむ果実」の意)」が元だそうですが、
それ以外にもいろいろな呼び名があったようなのです。

パスタ屋さんなどでよく耳にするイタリア語の
「Pomod'ro(ポモドーロ)」は「黄金のリンゴ」の意味なんですって。

英国ではフランスと同じ意味の「Love Apple(ラブ・アップル)」、
ドイツでは「Paradeisapfel(パラディースアプフェル)」(舌かみそう)
=これは「天国のリンゴ」の意。

いきなりの開花!? そして、初めての「わき芽摘み」_b0122120_10535948.jpg

リンゴにばかりたとえられて、なんか可哀相な気もするトマト君。

ちなみに、日本にトマトが伝来したのは江戸時代だそうで
中国から伝えられたため当時は「唐柿」なんて呼ばれていたのだそう。
確かに、かたちだけを見るとリンゴよりは柿に似ていますよね!?

ところで、植え替え作業が完了してから花見などで忙しくしていて(笑)
あまりじっくり苗を見ていなかったのですが
今日なにげなく「接ぎ木苗」の鉢を眺めていて驚愕!!

いきなりの開花!? そして、初めての「わき芽摘み」_b0122120_10543477.jpg

全然気づいていなかったのですが、ひっそりと
つぼみができてました

いきなりの開花!? そして、初めての「わき芽摘み」_b0122120_10545261.jpg

翌日には、こんなに開いてきました。生長が早くてビックリ。
きれいなイエローの、小さくてとってもかわいい花です……うっとり

いきなりの開花!? そして、初めての「わき芽摘み」_b0122120_10552055.jpg

さらに、園芸書であらかじめ読んでいた「わき芽」をついに発見!
「わき芽」とは、本葉と茎のあいだから伸びてくる芽のこと。
伸ばす枝は主枝1本だけで、それ以外は摘み取ってしまわないと
全体に勢いがなくなり、実のつき方が悪くなってしまうのだそうです。

いきなりの開花!? そして、初めての「わき芽摘み」_b0122120_10554731.jpg

こんなふうに手で「ぷちっ」と摘み取ります。
これを「わき芽かき」といいます。ちょっと、菜園のプロっぽい?(笑)
ハサミを使うと茎を傷つけたり、ウイルス病にかかる恐れがあるので
かならず手で摘み取るのがポイントとか。

これから支柱を立てたり、まだまだやることがいっぱい!!
当分は忙しい日々が続きそうですが、どうぞおつきあいくださいませ。
by minute_tomato | 2008-04-14 11:04
そ~っとそ~っと、ドキドキの植え替え作業
今日は朝から張り切って、苗をプランターに植え替える作業に挑戦!

実は、苗や土を買いにいった翌日から風邪を引いて寝込んでしまい
しばらくのあいだ、苗達は窓辺に置きっぱなしになっていたのでした。
そのあいだにけっこう、育ってしまったような気も……(汗


そ~っとそ~っと、ドキドキの植え替え作業_b0122120_10584467.jpg

まずは、プランターの穴を網でふさぎ、水はけをよくするための
「鉢底石」を入れていきます。


そ~っとそ~っと、ドキドキの植え替え作業_b0122120_10591332.jpg

そ~っとそ~っと、ドキドキの植え替え作業_b0122120_10593298.jpg

次に、先日買った『トマトの肥料』と培養土を混ぜ合わせたものを
入れていきます。これを「元肥(もとごえ)」というのだそう。
この肥料が、ミニトマトの根づきと初期の生長を助けてくれる
活力源となるそうな……根がふれない、深い位置に仕込むのがポイント。
肥料が多すぎたり、入れる位置が浅いと
根にふれていたんでしまうことがあるんだそうですよー。


そ~っとそ~っと、ドキドキの植え替え作業_b0122120_1101313.jpg

土の上にポットのまま苗を並べて置き、
だいたいの配置とイメージをあらかじめ決めておきます。
プランターにはとりあえず、「ペペ」を植えてみることに。
あ、ちなみに真ん中の苗は「コンパニオンプランツ」として急きょ、
買い足した「シソ」の苗ですー。
(「コンパニオンプランツ」についてはあとで説明しますね)

あとはポットから苗を出してどんどん培養土を足していきます。


そ~っとそ~っと、ドキドキの植え替え作業_b0122120_1103842.jpg

ふぅ~。できました! こんな感じでいいんでしょうか??(不安)


そ~っとそ~っと、ドキドキの植え替え作業_b0122120_111181.jpg

「接ぎ木苗」の方は、以前観葉植物が入っていた鉢に植えてみました。

ところで、さっきの「コンパニオンプランツ」とは、その名の通り
「共栄植物」の意味。苗がまだ小さいこともあってなんだか鉢が
さみしいな~と思っていたところ、園芸の本で存在を知ったのでした。

なんでも、野菜の苗にハーブ系の植物を組み合わせることで、
ハエやアブラムシなどの害虫を寄せつけない効果があるんですって!
しかも、野菜がよく育ち味がよくなる相乗効果もあるとか。
これは植えるしかないでしょう!ということでミニトマトと相性のいい
コンパニオンプランツを調べてみたところ「バジル」がいいと判明。

で、さっそくバジルの苗を買いにいったのですがなんと品切れ中(涙。
あきらめきれずに、ネットであれこれ検索してみたところ「シソ」の葉を
代用にしている人がいたので、今回は私もシソでやってみることに。

うまくいけば、トマトスライスに山盛りのシソの葉とかつおぶしなど
をのせた大好きな居酒屋メニューが家でつくれるかも~。

ちなみに、コンパニオンプランツにはいろんな組み合わせがあって
たとえば、
■トマト×バジル
■キャベツ×タイム
■ホウレンソウ×ワイルドストロベリー


などなどが相性抜群のベストマッチな組み合わせなのだそう。

逆に、相性が悪い組み合わせというのも存在するそうで色々調べてみると
おもしろそうです。植物同士にも相性があるくらいなんだから、
人間関係に相性の良し悪しがあるのは当然ですよね!(と思えてきました)

どうか、順調に育ちますように…これからも見守っていてくださいまし。
by minute_tomato | 2008-04-10 11:15
はやくもピンチ!?売場での苗選び
ミニトマトは種子からでも育てられるそうですが、
今回はひとまず手軽にはじめられるという苗から挑戦することにした私。

が、実はその苗を選ぶ際にもいくつかポイントがあるそうなので、
今日はそのレクチャーから……。

最初に気をつけたいのは、トマトの苗は「桃太郎」などの大玉の苗も、
ミニトマトの苗も見た目は変わらないこと。
ベランダに置いたプランターで育てる場合、さすがに大玉はムリだと
思うので、まちがえて買わないように気をつけたいところです。

はやくもピンチ!?売場での苗選び_b0122120_10144655.jpg


購入したのは、「接ぎ木苗」というのと「ペペ」という品種の2種類。
手前の小さめの2つが「ペペ」で、奥の大きい2つが「接ぎ木苗」です。

「接ぎ木苗とは何ですか?」と素人まるだしの質問を売場の方に
ぶつけてみたところ、2種類の苗をくっつけて育てた苗のことだそう。
お値段もふつうの苗の倍以上するのですが、
「優秀な品種の苗を接ぐことで、丈夫で病気に強く、おいしい実が
たくさん収穫できるのです」とのことでほ~っと感心しちゃいました。

それにしても、洋服や靴など買いなれているものは自分なりの基準が
すでにできているので、売場でもめったに迷ったりしない私。
が、なにしろ苗なんて買うのは初めてなのでどれを選んでいいものやら
サッパリわからず、またも売場の方に救いを求めてみました。

すると、選ぶ際に基準にするべきポイントというのは

はやくもピンチ!?売場での苗選び_b0122120_10152588.jpg


■葉っぱが濃い緑色(枯れたり、黄色くなっていない)
■節間が短い
■茎が太く、子葉がついている
■ポットを手のひらにのせたとき、ふらつかずしっかりしている
(根がしっかり張っている)

以上。

売場では、ひょろっと背が高くて、よく育っているように見える苗に
ついつい目がいきがちなのですが
実は「節間(茎から出ている、節と節のあいだの間隔のこと)」が短く、
「ずんぐりした感じの苗」がおすすめなのだそうです。

うーん、人間の男子にたとえると
「背はそんなに高くないが、
がっしりした健康なスポーツマンタイプ」

というところでしょうか。(たとえなくていいって……?)

そんなわけで、一応私の目で見て理想的?と思われる子たちであります。
前置きばかり長くなってしまいましたが、次回はいよいよ植えてみます!
by minute_tomato | 2008-04-03 10:17
都心にあるマンションの限られたベランダスペースで、朝顔しか育てたことのない筆者がミニトマトづくりに初チャレンジ。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム