恐るべしタイプーサム☆

恐るべしタイプーサム☆_e0319202_21475842.jpg

めざましテレビでもお伝えしましたが、シンガポールの奇祭タイプーサム
本当に凄まじいお祭りでした。
テレビでは細部まで放送できなかったので、この場をかりてお伝えします♪
(針や痛そうなのが苦手な方はご遠慮くださいませ)

お祭りは時間ごとに区切られていて、今回同行したのは夕方5時スタートのラジャさん一家
ゴール地点となるお寺は前夜からお祭り騒ぎです
恐るべしタイプーサム☆_e0319202_21464018.jpg

『スリ・タンダユタパニ寺院』
 いつもは静かなエリアもインド人でごった返してます
一歩足を踏み入れると、ここはもうインド!?(゜▽゜☆)
恐るべしタイプーサム☆_e0319202_2145187.jpg

お寺の中では無料でドリンクが配られてました
恐るべしタイプーサム☆_e0319202_21441976.jpg

バケツから注がれていたビジュアル的にかなりパンチのある謎の飲み物。
しか〜し、これが想像以上の美味しさで感激(*^ー゚)v
ミルクにローズシロップが入っててまろやかなお味です
恐るべしタイプーサム☆_e0319202_21444714.jpg

さらに、無料で振る舞われるランチを待つ人々
頭を剃るのは、お祭りだからだそうで、黄色い色は直射日光から頭皮を守るための
日焼け止めなんですって! 取材するわれわれをガン見であります(¬з¬)
もちろんランチはカレーですよ
私も食べたかったのですが・・・取材時間がなく断念

いよいよタイプーサムの行列を取材。
体につける飾りはそれぞれご自宅に保存しているので、同行するラジャさんのお宅へ
恐るべしタイプーサム☆_e0319202_22211047.jpg

針もご覧のようにズラリ
そしてこの飾り全てあわせ一体100万円以上するのですΣ(゚∀´
何年も使えるといっても途中でカスタマイズして、電気をつけたり、装飾を増やしたり
ラジャさんのお家のものは120万円!!!ヒャー
気合いのほどが感じられます。

さらに凄いのが
実はこのタイプーサム、体に針をさすのですが方法が2パターンあって
一つはこのように、お腹にベルトを巻いて、そこに飾りを支える太い支柱をつけるタイプ
恐るべしタイプーサム☆_e0319202_21424693.jpg

もう一つは、自分のお腹に直接支柱を刺して体全体で飾りを支えるタイプ(゚Д゚;)
恐るべしタイプーサム☆_e0319202_21432943.jpg

もちろん苦行をすればするほどご利益があるので直接体に刺す方がいいと信じられているのですが、これがもう痛そうで痛そうで・・・・(o´д`o)
ラジャさんはもちろん後者です

他にも体に直接飾りをつける方や
恐るべしタイプーサム☆_e0319202_2147229.jpg

この方は・・・もうどうなっているのでしょうか ぉお(゚ロ゚屮)屮
恐るべしタイプーサム☆_e0319202_21472323.jpg

凄すぎます・・・・

さて5時からスタートのラジャさん、準備は1時間くらいまえからスタート
大音量の中、トランス状態になりながら親族達が体に針をさしていきます
恐るべしタイプーサム☆_e0319202_232632.jpg

まずは、支柱となる針を四カ所。あんなに太い針なのに、血は全くでません。

消毒は・・・してるのでしょうか?この白い粉(牛のフンの灰だそうです)を振りかけてはいるのですが
恐るべしタイプーサム☆_e0319202_233264.jpg

どんどん針が体にさされていきます(*□*)
見てくださいラジャさんのこの凛々しい表情
恐るべしタイプーサム☆_e0319202_2324147.jpg

家族が見守る中、淡々と作業は続けられるのですが‥‥
実は、このときから私の中で何かが変わりはじめていました。
ラジャさん...
格好良すぎます(≧V≦*)

正直、取材するまではなぜこんな痛いことをあえてするのか、なんのために!?
と理解し難かったのですが、ラジャさんやそのご家族の話を聞いて
家族の幸せのために苦行を続けるお父さんの姿に感激。
かなり胸がキュンとしてしまいました。
こんな痛そうな現場で、こんなコメントしたら引かれるかな?と思って躊躇していたのですが、
実はコーディネーターさんも同じ事を思っていたようで、女子全員心が一つに。

夕方5時からスタートしてゴールの寺院までトータル8時間。一度も辛いなんて言いません
時々簡易イスで休んでいる人もいましたが、体に直接針をさしているので座れないんです(*- -)
どんなに辛くてもリタイヤはありえないお祭り、お手洗いも、休憩も絶対ムリ
自分との闘いです。
さらに最後の最後で
恐るべしタイプーサム☆_e0319202_21481611.jpg

釘をたくさん打ったサンダルを履いて寺院の階段をのぼります。
時刻は日付がかわって夜中の1時!!
私たち取材陣もクタクタですが、そんな事言ってる場合じゃありません。
ラジャさんの精神力、そして宗教も違うのに私たち日本人をこのお祭りに参加させてくれた優しさ、心の広さに感謝。

しかも取材終了後に、私たちの体調まで気遣ってくださって・・・・
もう
本当に
今まで経験したことのない気持ち(●´Д`●)

これぞ男の中の男!!
わたし生まれ変わって、ラジャさんと同じ宗教だったらムリかもしれないけど
一度は針刺してみます。

それくらい感動して、目から鱗のお祭りでありました。
来年も必ず必ず観に行きます!!
そして男の勇姿をこの目に焼き付けようと、心に誓った一日なのでした。
恐るべしタイプーサム☆_e0319202_214832100.jpg


さて、次回『支局長』のコーナーはガラリと変わって、シンガポールのアニメブームに迫ります。
私も・・・・
コスプレしてみました(゜▽゜☆)
【オリンピックウィークで放送がイレギュラーのため26日放送予定です】
by minako-nakano | 2014-02-10 00:19 | singapore life | Comments(0)