exciteエンターテイメント ExciteホームExcite Entertainment!トップサイトマップ
2007年 07月 14日 ( 1 )
当たり前にみえるもの・・・
今日の朝まで仕事。
無理してるなぁ~と思うが
やらねば終わらない。
仕事を終えて
倒れ込むようにベットに

13時過ぎに起きて
メールを見ると友人から。
内容を見てびっくり。
地元仲間の親父さんが亡くなられたとの知らせ。
年齢は76歳。

今日お通夜で明日葬儀。
近くなら顔でも出したいが
そうもいかず。。。
本人に電話を一本いれて少し話す。
「いつまでも居るもんやと思ってたわ・・・」
と言われて、改めてドキッとした。

生まれた時に初めて目にしたのは
きっと笑顔の両親だったはずで
その瞬間からそんな二人が
いつまでも自分の側に居てくれるもんだと
思っている。
しかし現実はそうではない。
人は必ず死ぬ
それもいつ来るか分からない。
今日かも
そして明日かも
こんな凄いことを
僕らは毎日忘れて生きている。
信じられないことだ
そんな凄いことを不安にも思わず
忘れている

今日、友人が電話で僕にこんなことを言った。
「車いすに乗って、食べ物を口に入れてあげても
 だらだらこぼす親父を見ていると、この人は生きてて
 本当に幸せなんだろうか・・・」と思ったと。

外国の映画などで
家族全員で食卓を囲み
神に感謝しているシーンを見ると
「なんだかめんどくさい儀式だななぁ~」
といつも思っていたが、その気持ちが変わった。

目の前に
お腹を満たしてくれる食べ物があって
家族が全員が、笑ってちゃんとそこに居る
当たり前で、しごく日常なことだが
これに感謝しないといかん。
電話で話してくれた友人の言葉でそう思う


友人Kへ
雨降る東京より
ご冥福を祈りつつ・・・


高須光聖オフィシャルHP「御影屋」
by kyte-mikageya | 2007-07-14 15:21 | ┗高須 | Trackback | Comments(40)


Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム