exciteエンターテイメント ExciteホームExcite Entertainment!トップサイトマップ
【更新情報:御影歌】 (2006.07.25)
『御影歌』vol.6 タカハタ秀太さん

第四回を更新しました! 次回 最終回は来週7/31頃を予定しています。
感想など、こちらにコメントをお寄せ下さい。
どうぞよろしくお願いします。


高須光聖オフィシャルHP「御影屋」
by kyte-mikageya | 2006-07-25 15:23 | ┗HP更新情報 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/mikageya/tb/4219835
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by de at 2006-07-25 18:32 x
CXの社長が、めちゃイケは打ち切らないと明言したそうですね。ほっとしました!
Commented by GM at 2006-07-25 19:44 x
現場の空気の作り方はどんな仕事でも大事ですよね
良い物を作るには下準備も手を抜いてはいけないのですね
改めて考えさせられました
Commented by 良太郎 at 2006-07-26 04:46 x
演出論が読めたのは凄い新鮮でした。

で、
高須さんが思う日本一の放送作家は誰なんだろう???
でも「バラエティ」という世界だったら
高須さんが一番だと思いますよ。
Commented by katopee at 2006-07-27 10:11 x
自分も「バラエティ」という世界だったら高須さんが一番かなぁと思います。
『未来日記』~『ハニカミ!』~『オーラの泉』・・・。
ここをテレビに出来るのもすごいし。
Commented by 流れ星 at 2006-07-28 00:42 x
こちらの対談を拝読して興味がわき、「ホテル ビーナス」拝見しました。
『これが「鳩」か…。あっ「猫」…。おっ「海鳥」!』などと、
そんな風にも楽しめました。

「ワイフ」の、熱病のような美しさに魅了されたり、美しいシーンの数々。
「サイ」の生命力が、一気にほとばしる瞬間が、とても印象的でした。

この世界中、誰も、タカハタさん以外には
生み出す事の出来ない世界を、感じさせて頂きました。

その世界の創造者の「ひととなり」を知る事のできる
こちらの対談は、とても興味深いです。



<< 放送作家のバッグコレクション【... サイドミラー >>


Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム